FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

新規移住者が多数を占める福島県富岡町

 2017年4月に大部分で避難指示が解除された福島県富岡町(1)の
  避難指示解除後から2020年5月末での転入者累計 1,088人
  2020年6月1日時点の町内居住者        1,443人
で、町内居住者の大部分は新規転入者です。新規転入者は男性が多いので概ね原子力関係者です。
 福島県富岡町(とみおかまち)は、福島県沿岸部、中部ある町で、東京電力福島第二原子力発電所が立地します(2)。原発事故によって全域は避難地域となりました(1)。以下に示します。
事故10年目も汚染されている福島   凡例 
 ※1(3)(4)にて作成
 ※2 避難区域は(5)による。
 図-1 福島県富岡町

図に示す様にICRPが公衆の被ばく限度とする年1ミリシーベルト(6)を超えた地域が広がっています。それでも、安倍出戻り内閣は「安全」だとして(7)、2017年4月1日に大部分で避難指示を解除しました(1)(5)。
 同町には多くの原子力や関連した施設があります。
 ・福島第二発電所(2)
 ・指定(放射性)廃棄物処分場(8)。
 ・リンプルふくしま(指定廃棄物処分場PR施設)(9)。
 ・「東京電力廃炉資料館」(10)。
また北隣の大熊町には福島第一原発や中間貯蔵施設があります(11)(12)。福島第一では安定化作業では6千人以上の方が(14)、中間貯蔵施設では約4500人の方が働いています(15)。福島第二も含め同町や同町周辺には原子力の仕事が溢れています。
 富岡町は町の復興に力を注いできました。
 2016年10月 町営診療所再開(16)
 2017年 3月 ショッピングセンターのグランドオープン(17)
 2017年 4月 一部を除き避難指示解除(6)(18)
 2017年10月 JR富岡駅再開(19)
 2018年 4月 学校再開(19)
 2018年 8月 リンプルふくしま開館(10)
 2018年11月 東京電力廃炉資料館開館(11)
 2019年 4月 こども園開園(20)
 2019年 7月 富岡漁港再開(21)、福島第二原発廃炉の正式決定(22)
 2020年 3月 事故以降、一部区間が不通になっていた同町を走る常磐線が再開(23)。
 それでも住民は戻りません。以下に富岡町民の居住先を示します。
住民が戻らない富岡町
 ※(24)を集計
 図―2 富岡町民の居住先

 図に示す様に町内居住があまり進んでいません。避難指示解除後3年2か月目の6月1日時点で
  住民登録 12,560人中で町内在住は1,443人(11%)
です(25)。でも増えたものをあります。以下に富岡町への転入者数を示します。
2017年4月以降に増えた富岡町への転入者
 ※(26)を集計
 図―3 富岡町内の転入者数

 図に示す様に避難指示が解除された2017年4月以降に急に増えています。避難指示解除によって富岡町内に住居を確保できれば誰もが富岡町に住むことができるようになりました。多くの方が富岡町に新たに移り住んだようです。
 以下に在住者の増減と新規転入者を示します。
居住者増分と転入者数がほぼ同じになった福島県富岡町
 ※1(24)(26)を集計
 ※2 過去分を含む
 図―4 富岡町内在住者の増減と新規転入者数

 避難指示解除直後は町内居住者増加数が新規転入者に比べ多かったのですが、その後は町内居住者増加数と新規転入者数がほぼ同じになりました。富岡町で町内在住者が増えている要因は住民の帰還でなく、新規の転入者です。避難指示解除後から5月末までの累計は
  避難指示解除後から2020年5月末での転入者累計 1,088人
  2020年6月1日時点の町内居住者        1,443人
で、町内居住者の大部分は新規転入者です。元の住民は殆ど帰還していません。図―3に示すように転入者は大部分が男性です。避難指示解除後から5月末までの累計は
  男性 840人
  女性 248人
です。
 福島第一で働くのは大部分が男性です(27)。富岡町や周囲には原子力関係の仕事が沢山あります。
 避難指示解除は町の再生のスタートでなく、別の町ができるスタートです。廃炉に従事する男性の町、これが新たな富岡町です。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 もっと戻らないのは子供たちです。この春、富岡町では小中学校合わせて8人の新入生がいました(28)。福島県の発表(26)を集計すると,小学1年生に相当する2013年度に富岡町民として生まれた方は116人、中学1年生に相当する2007年度生まれは(29)122人で236人です。小中学の1年生に相当する子供の帰還割合は3.4%(8÷236×100)です。 富岡町は学校教育に力を入れています(30)。移り住んだ方が家族で暮らすための町営住宅も用意しています(31)。それでも原子力ムラの皆様は子供を連れて来るのにはためらいがあるようです。そして、福島の皆様も不安なようでうす。
 福島県に水揚げされる魚のなかで、年間の水揚げ額が最も高いのがカツオです。福島県の小名浜港は全国主要43港のなかでも水揚げ額で上位を誇ります。福島のかつおは季節に応じて味の変化が楽しめるのが魅力です(32)。福島県は福島のカツオは「安全」だと主張しています(33)。でも、福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシには福島産カツオはありません。
他県産はあっても福島産カツオが無い福島県いわき市小名浜のスーパーのチラシ
 ※(34)を引用
 図―5 福島産カツオが無いいわき市小名浜のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県いわき市の皆様を見習い福島産は食べません。
  


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)富岡町 - Wikipedia
(2)福島第二原子力発電所 - Wikipedia
(3)
航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(令和元年8月29日~11月2日測定)PDF
(4)第13回原子力規制委員会 | 原子力規制委員会資料1 帰還困難区域の放射線防護対策について(特定復興再生拠点区域外における土地活用関連)【PDF:440KB】
(5)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(6)ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08) - ATOMICA -
(7)国連報告者、福島事故の帰還で日本を批判  :日本経済新聞
(8)福島第二原子力発電所 - Wikipedia
(9)処分に向けた取組み|福島県における取組み|放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト|環境省
(10)アクセス|特定廃棄物埋立情報館リプルンふくしま|環境省
(11)東京電力廃炉資料館|廃炉資料館|東京電力ホールディングス株式会社
(12)福島第一原子力発電所事故 - Wikipedia
(13)中間貯蔵施設の概要|中間貯蔵施設情報サイト:環境省
(14)福島第一原子力発電所作業者の被ばく線量の評価状況について - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社⇒2020年⇒ 6月
(15)【動画あり】【最終処分場化】本誌記者が見た【中間貯蔵施設】|月刊 政経東北|note
(16)広報とみおか/富岡町
(17)広報とみおか(平成28年11月号) (PDF: 11.2MB)
(18)(16)⇒2017年⇒広報とみおか(平成29年3月号) (PDF: 10.6MB)
(19)(16)⇒2018年⇒広報とみおか(平成30年4月号) (PDF: 15.2MB)
(20)みんなで遊ぶの楽しみ、富岡・こども園開園 | 河北新報オンラインニュー
(21)福島・富岡漁港が再開、被災漁港の全てが再開 | 河北新報オンラインニュース
(22)福島第二原子力発電所の廃止に伴う発電事業変更届出書の提出について|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(23)常磐線 - Wikipedia
(24)広報とみおか/富岡町
(25)(24)⇒広報とみおか7月号 (PDFファイル: 6.7MB)
(26)福島県の推計人口(令和2年6月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(27)「あのとき、おなかに子供がいました」福島第一原発の女性オペレーターは、5年後も現場にいた。 | ハフポスト
(28)(24)⇒広報とみおか(令和2年5月号) (PDF: 14.3MB)
(29)令和2年度(2020年度)学年早見表 小学 1 年生 平成 25 年
(30)富岡町の学校教育に関するお知らせ | 富岡町文化交流センター 学びの森
(31)借上げ型町営住宅『上の町団地』(うえのまちだんち)の随時募集について/富岡町
(32)小名浜のカツオ|福島県|全国のプライドフィッシュ|プライドフィッシュ
(33)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ海産魚介編 [PDFファイル/183KB]
(34)小名浜店 | お店を探す | ヨークベニマル
スポンサーサイト



  1. 2020/07/09(木) 19:47:08|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月7日発表)―岩手県産サワラからセシウム、福島産は177件連続ND―食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月7日発表)―岩手県産サワラからセシウム、福島産は177件連続ND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)(3)。7月7日に6月26日までの食品中のセシウム検査結果が11日遅れで発表になりました(4)。まとめてみたので、お買い物のの参考に頂ければ幸いです。先回に続き今回もしっかりセシウム汚染食品が見つかっています(5)。しかも出荷制限なしです。牛肉を除く厚労省発表分の検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数 1,291件中1件の基準超え
  ②平均は、1キログラム当たり3.4ベクレル、最大101ベクレル(群馬県産タラノメ)。
 群馬県産タラノメから基準値の1キログラム当たり100ベクレル(6)を超える同101ベクレルのセシウムが見つかっていますが、出荷制限はありません(8)。
 従前や今回のデータを解析すると
 ・岩手県産サワラからセシウム、福島産は177件連続ND
 ・福島産モモのキャンペーンが始まる。汚染がひどく出生異常が起きている伊達市産は検査していません。
 ・上昇する福島県喜多方市産干しシイタケのセシウム
等の特徴があり、福島産は「安全」とは言えません。


1.岩手県産サワラからセシウム、福島産は177件連続ND
  茨城県産スズキからセシウムが見つかったと発表がありました(8)。以下に検査結果を示します。
 隣県では見つかっても福島産サワラからは見つからないセシウム
 ※1(1)(2)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは捕獲日
 図―1 サワラの検査結果

 図に示すように岩手県産だけでなく、宮城、茨城、千葉県産からも見つかっています。一方で福島県が検査した福島産サワラは厚生労働省や福島県の発表(1)(2)を数えると177件連続で検出限界未満(ND)です。。
 海が繋がっているのに隣県で見つかっても、汚染源がある福島産から見つからないなどおかしな話です。サワラ等の福島産農水産物の出荷前検査は厚生労働省の発表(1)を見ると、全てを福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(10)で実施しています。中立性に疑問があります。
 福島産は他よりも低くでる検査で「安全」とされ、出荷されます。


2.福島産モモのキャンペーンが始まる。汚染がひどく出生異常が起きている伊達市産は検査していません
 福島県伊達市の花はモモであり(11)、モモは同市の特産品です(12)。以下に示します。
伊達市産モモを検査していない福島県 凡例
 ※1(13)にて作成
 ※2 旧避難区域は(14)による。
 ※3 はモモの検査1件を示し、(16)による。
 図-2 福島県伊達市

 図に示す様にICRPが公衆の被ばく限度とする年1ミリシーベルト(16)を超えた地域が広がっています。。福島のモモは10シーズン連続で汚染された地で作られています。また、避難指示が出たエリアに隣接しています。また、伊達市は避難指示が出なかった市町村で唯一、放射線量が高く避難が推奨された特定避難勧奨地点(17)が設定されました。同市は避難指示が出なかった市町村のなかでは最も汚染がひどい市です。
 同市の過去2年間の過去2年間(2018年6月から20年5月)の赤ちゃん誕生数は、福島県の発表(18)を集計すると
 男の子 280人
 女の子 346人
です。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.8%でした(19)。通常は男の子が多く生まれるので(20)異常な事態です。被ばくの影響は積算線量が決めるとされています(21)。積算線量は日々増えています。事故直後には見られない現象が出てきても不思議はありません。
 今年も福島産モモのキャンペーンが始まりました(22)。汚染がひどく、出生に異常が生じた伊達市です。しっかり検査して欲しいと思います。でも、図に示すように伊達市産モモを福島県は検査していません。  それでも福島県は福島産は検査で「安全」が確認されていると主張しています(23)。
 福島産は汚染がひどく、出生に異常が出た産地を検査していなくても「検査で安全」が主張され販売されます。
 なお、農協の自主検査(24)の発表もありません。

3.上昇する福島県喜多方市産干しシイタケのセシウム
 以下に福島県喜多方市産干しシイタケ(水戻し)の検査結果を示します。
上昇する喜多方市産干しシイタケのセシウム
※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは製造日
 図―3 福島県喜多方市産干しシイタケ(水戻し)の検査結果

 図に示すように上昇しています。
 福島産はセシウムが上昇することがあります。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・他より低く出る検査で「安全」とされ出荷される福島産
 ・出生に異常が出た産地を検査していなくても「検査で安全」が主張され販売される福島産
 ・セシウムが上昇することがある福島産
 これでは「福島産、食べて応援、あの世行き」
です(25)。(=^・^=)は心配なので
  「買わない」「食べない」「出かけない」の「フクシマ3原則」
を決めています。でも、これって(=^・^=)だけでは無いようです。
 福島を代表する野菜にトマトがります(26)。今が季節です。福島のトマトは美味しいとの事です(27)。福島県は福島産トマトは「安全」だと主張しています(23)。でも、福島県会津若松市のスーパーのチラシには福島産トマトはありません。
他県産はあっても福島産トマトが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(28)を引用
 図―4 福島産トマトが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)野生鳥獣の放射線モニタリング調査結果 - 福島県ホームページ
(4)食品中の放射性物質の検査結果について
(5)>めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月1日発表)―茨城県産スズキからセシウム、福島産は128件連続ND―
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)(4)⇒1 自治体の検査結果⇒検査結果(Excel:125 KB)
(8)(7)⇒ No248
(9)(7)⇒ No181
(10)農林水産部 - 福島県ホームページ
(11)福島盆地 - Wikipedia
(12)くだものづくりがさかんな福島盆地
(13)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(令和元年8月29日~11月2日測定)PDF
(14)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(15)品目から探す | 福島県農林水産物・加工食品モニタリング情報⇒果物⇒ま行⇒も⇒モモ、モモ(施設)で検索
(16)ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08) - ATOMICA -
(17)めげ猫「タマ」の日記 今年も低迷、福島のイチゴ価格
(18)福島県の推計人口(令和2年6月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(19)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月25日発表)―宮城県産ホウボウからセシウム、福島産は429件連続ND―
(20)出生性比
(21)放射線の健康への影響は積算線量が決める | 原子力災害専門家グループ | 東電福島原発・放射能関連情報 | 首相官邸ホームページ
(22)「ミスピーチ」始動!国見で初モモPR コロナ負けず元気発信:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(23)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(24)JAふくしま未来
(25)めげ猫「タマ」の日記 福島産、食べて応援、あの世行き、(2020)
(26)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(27)あいづ食の陣ホームページ
(28)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2020/07/08(水) 19:50:04|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島米食べて応援、あの世行き(事故10年目4か月)

 福島産米を許容する方が6割近い福島県郡山市の事故10年目4か月の死者数は
  事故前(2010年3~6月)     948人
  事故10年目(2020年3~6月)1,121人
で18.2%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら、0.01%でした。一方で福島産米を許容する方は2割程度の福島県相馬・南相馬市の3・4月の葬式(死者数)は
  事故前(2010年3~5月)   330人
  事故10年目(2020年3~5月)346人
ほとんど変わりません。統計的な差はありません。(=^・^=)は
「福島産米、食べて応援、あの世行(事故10年目4か月)」
って思ってしまいました。
 事故によって福島は汚染されました。
事故10年目も汚染されている福島  凡例  
 ※1(1)にて作成
 ※2 旧避難地域は(2)による。
 図―1 福島県郡山市、相馬・南相馬市

 図に示す様にICRPが公衆の被ばく限度とする年1ミリシーベルト(5)を超えた地域が広がっています。福島のお米は9シーズン連続で汚染された地で栽培されています。福島産米を食べて良いか心配です。
 これについて、安倍出戻り総理(4)、福島県(5)、東京電力(6)は、福島は「安全」であり、避ける行為を「風評被害」と主張しています。一方で世界貿易機関(WTO)は、韓国が実施している福島産等の水産物の輸入制限を是認しました(7)。福島産忌避を認めたことになります。どちらを信じて良いか分かりません。
 心配なので(=^・^=)なりに調べて見ることにしました。福島米の流通量は約23万トンのうち半分以上の約13万トンが福島県内で流通しています(8)。そこで、福島県内で福島産米を許容するところと、しない所を比較し、差が無ければ福島産米は「安全」、差があれば「安全」とは言えないです。
 以下に福島県のひらた中央病院が発表した福島産米を許容するか否かのアンケート結果を示します。

 表ー1 福島産米を許容すかのアンケート結果
 ※ (9)を集計
福島産米許容する郡山市、許容しない相馬・南相馬市

表に示す通り、地域によって大きな差があります。相馬市・南相馬市では福島産米を許容する方は23%ですが、福島県郡山市では57%が許容しています。3月中の郡山市の人口動態が発表になったので(10)郡山市と相馬・南相馬市の死者数を比較してみました。以下に郡山市の2019年度の葬式(死者)数を示します。
事故後に葬式が増えた福島県郡山市
 ※1(10)を各年3~6月の4か月間で集計
 ※2 震災犠牲者は(11)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―2 福島県郡山市の各年度の葬式(死者)数

福島県郡山市の葬式(死者数)は
 福島産米を許容する方が6割近い福島県郡山市の事故10年目4か月の葬式数(死者数)は
  事故前(2010年3~6月)     948人
  事故10年目(2020年3~6月)1,121人
で18.2%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら、0.01%でした。
以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―2 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(12)による。
有意差検定表


 以下に相馬市・南相馬市合計の各年3から5月の死者数を示します。
事故後も葬式が増えていない福島県相馬・南相馬市
 ※1(13)を各年3・5月の3か月で集計
 ※2 震災犠牲者は(10)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―3 福島県相馬・南相馬市の各年3月から5月までの死者数

福島産米を許容する方は2割程度の福島県相馬・南相馬市の3から5月の葬式(死者数)は
  事故前(2010年3~5月)   330人
  事故10年目(2020年3~5月)346人
ほとんど変わりません。統計的な差はありません。
福島県の人口動態の発表(13)が今のところ(2020年7月7日時点)2020年5月末までなので3から4月までの集計としました。
 福島産米を許容する方が多い福島県郡山市では葬式が増えていますが、多くの方が避けてる福島県相馬・南相馬してはそのような事はありません。
 (=^・^=)は
「福島産米、食べて応援、あの世行(事故10年目4か月)」
って思ってしまいました。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。福島原発事故は2010年度に起こったことに留意してください。
 安倍出戻り総理、福島県、東京電力の主張でなく、WTOの判断が正しいようです。出戻る前の安倍総理は質問主意書の回答で「我が国において、非常用ディーゼル発電機のトラブルにより原子炉が停止した事例はなく、また、必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない」「原子炉施設の安全を図る上で重要な設備については、法令に基づく審査、検査等を厳正に行っている」「地震、津波等の自然災害への対策を含めた原子炉の安全の確保に万全を期している」「経済産業省としては、原子炉の冷却ができない事態が生じないように安全の確保に万全を期している」とし、今後も原子力の安全確保に万全をつくすことを回答したそうです(14)。その後に福島原発事故が起き、およそ原子力の安全確保に万全をつくしていない事が、事故報告書(15)(16)で明らかになりなした。 
 福島県は2011年2月25日に福島第一原発3号機は「安全」と発表しました(17)。でも、2週間後には大事故です。
 当然ながら、東京電力も事故前は自社の原発は「安全」だと主張していました(18)。
 安全ではない原発を「安全」と言ったように、「安全」とは言えない福島産を「安全」といっても不思議はありません。この思いは福島の皆様も同じだと思います。
  福島を代表する果物にモモがります(19)。今年もキャンペーンが始まりました。福島はモモの季節です。福島のモモは美味しいとの事です(20)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています。でも、福島県鏡石町のスーパーのチラシには福島産モモはありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県鏡石町のスーパーのチラシ
 ※(22)を引用
 図―4 福島産モモが無い福島県鏡石町のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県鏡石町の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(令和元年8月29日~11月2日測定)PDF
(2)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(3)ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08) - ATOMICA -
(4)平成30年3月10日 福島県訪問 | 平成30年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ
(5)福島県風評・風化対策強化戦略について - 福島県ホームページ
(6)風評被害に対する行動計画の策定について|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(7)日本の「敗訴」確定 WTO、韓国禁輸容認の報告書採択:朝日新聞デジタル
(8)流通関連情報 - 福島県ホームページ中の?米穀の生産と流通に関する資料(H29) [PDFファイル/775KB]
(9)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(10)郡山市の現住人口/郡山市公式ウェブサイト
(11)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(月1回更新) - 福島県ホームページ
(12)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A Q18.統計的な差ってなんですか?
(13)福島県の推計人口(令和2年6月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(14)衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書
(15)東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会
(16)国会事故調 | 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会のホームページ
(17)福島第一原子力発電所3号機におけるプルサーマル実施に係る安全確認 - 福島県ホームページ
(18)原子力安全・品質保証会議|東京電力
(19)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(20)「ミスピーチ」始動!国見で初モモPR コロナ負けず元気発信:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(21)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(22)鏡石店 – イオンスーパーセンター公式ウェブサイト
  1. 2020/07/07(火) 11:15:33|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川俣町山木屋商業施設3周年、未来は暗い

 2017年3月末に避難指示が解除された福島県川俣町山木屋(1)に設置された商業施設、「とんやの郷」が今月でオープン3年になりました(2)。お祝いしたのですが
・山木屋に住民が戻らず利用者が見込めない
・面する道路の交通量が減少する
などの状況にあり、未来は暗そうです。
 福島県川俣町は阿武隈高地の北部に位置する山村です。福島事故で放射能が飛んで来て町は汚染されました。
事故10年目も汚染されている福島  凡例
 ※1(3)にて作成
 ※2 旧避難区域は(4)による。
 図―1 福島県川俣町

 図に示す様にICRPが公衆の被ばく限度とする年1ミリシーベルト(5)を超えた地域が広がっています。事故10年目ですがが川俣町は今も汚染されたままです。
 事故後5年間(2011年3月から2016年2月)に生まれた赤ちゃんは
 男の子 141人
 女の子 182人
で女の子が多く生まれています。偶然に起こる確率を(=^・^=)なりに計算すると統計的に差があるとされる5%を下回る2.3%でした(6)。
 通常は男の子が多く生まれるので(7)異常な事態です。福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。
福島の綺麗な女性
 ※(8)を引用
 図―2 福島の綺麗な女性

でも喜んでばかりはいられないようです。放射性影響研究所は広島や長崎で遺伝的な影響が無かった根拠の一つに生まれて来る赤ちゃんの男女比(出生性比)に異常がなかったことをあげています(9)。さらには福島事故で設定された避難区域の全てないし大部分が「計画的避難区域」だったのは川俣町の他に飯舘村、葛尾村がありますが、どちらも川俣町と同じように事故後に女の子が多く生まれています(10)。広島や長崎で起きて無い事が福島では起きているようです。
 それでも安倍出戻り内閣は「安全」であるとして(11)2017年3月31日に川俣町山木屋の避難指示を解除しました(1)(4)。そして2017年7月1日にい物や飲食、交流機能を中心に、避難から帰還された方々の生活支援や人が集まり、にぎわいを生み出すために、また、避難によって散り散りになってしまった地域コミュニティの再生に貢献する施設として「とんやの郷」オープンしました(2)。今月でオープン3年になります。以下に外観を示します。
とんやの郷
 ※(12)にて作成
 図―3 「とんやの郷」

 なかなか立派な施設です。でも、中に入っている商業施設は日用品や食料品を扱う小売店とランチ営業のみの飲食店のみです(2)。以下に帰還者数を示します。
住民が帰還しない山木屋
 ※1(13)を集計
 ※2 避難者数には転出者等も含まれており、現在の住民登録人数と一致しない。
 図―4 川俣町山木屋の帰還・避難者数

 図に示すように住民は戻っていません。2020年7月1日時点で山木屋に住んでいるのは348人です。ピークの2019年11月1日の355人より減っています。住民の帰還の流れは止まりました。だいたい福島は車社会です(14)。Goole Mapで調べると車で20分ほどでスーパーがあります。品揃えを考えればそちらが便利です。
 子供たちは車が運転できません。以下に15歳未満の子ども人数を示します。
減り続ける山木屋の子供
 ※(2)を集計
 図―5 川俣町山木屋の15歳未満の人口(含む避難者)

 図に示す通りどんどん減っています。数値を記載すると
  2017年4月1日(避難指示解除翌日) 72人(町内30人、町外42人)
  2020年7月1日           25人(町内 7人、町外18人)
です。2018年4月に再開した小学校は、6年生5人が19年3月に卒業し、児童が「0」になりました(15)。小学校を卒業した児童は全員が山木屋の中学には進学しませんでした(16)。山木屋の中学(山木屋中学校)には1年生2人、2年生1人の3人の方が在学しています(17)。ただし、昨年は入学式がおこなれておらず(18)途中から転校された方です。今年は入学式は行われたのですが(19)、昨年の山木屋小学校の児童は「0」なので(15)、よその小学校を卒業され山木屋に来ています。多分全員が避難中です(20)。子供がいない以上は子供たちの利用は期待できません。
 中通り(福島県内陸部)と浜通り(同沿岸部)を結ぶ国道を通行される方々にもご利用も想定しているようですが(2)、地図で見ると10kmほど北側に中通りと浜通りを結ぶ高規格道路の建設が進められており、今年度中の完成予定です(21)。そうなれば、「とんやの郷」を通り中通りと浜通りを行き来する車は減ります。
「とんやの郷」が今月でオープン3年になりました(2)。お祝いしたのですが
・山木屋に住民が戻らず利用者が見込めない
・面する道路の交通量が減少する
などの状況にあり、未来は暗そうです。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 このままでは山木屋から人が消え、「とんやの郷」の火は消えると思います。川俣町は住民が帰還する環境をととのえても、住民が帰還するような積極策はとれません。
  お隣の飯舘村では、こども園や小中学校の諸経費(給食費、教材代、制服代)は無料にしています(22)(23)。村を継続のために子供たちを村に囲い込もうとしています。川俣町は原発事故で避難指示が出た山木屋とそれ以外に分けられました(4)。山木屋の皆さんは東京電力から精神的賠償として850万が支払われましたが、それ以外の方は12万円です(24)。いわゆる「賠償格差」です。とくに自主避難された方は面白くないと思います。同じ川俣町からの避難者でも、山木屋の方は850万円、自主避難は12万円です。ただし、山木屋の58歳の女性が避難生活で精神的に追い詰められ、うつ状態になり、自殺したと事例を裁判所が認定しました(25)。山木屋は強制避難であり、避難によるストレスは大きかったともいます。川俣町は飯舘村のように山木屋の皆様にだけにこども園や小中学校の諸経費(給食費、教材代、制服代)は無料するような特別な扱いはできないと思います。すれば、山木屋とそれ以外の対立が激化します。子供たちや山木屋に戻る積極策はとれません。そして、子供が戻らくなり山木屋は滅びます。子供が戻らにのには不安もあると思います。そして、他の福島の皆様も不安なようです。住民が戻らない理由には不安もあると思います。そして福島の皆様も不安なようです。
 福島県いわき市産米の全量全袋検査は約44万件です(26)。同市の人口は約34万人なので(27)、市民が食べるには充分な量です。福島のお米はおいしいとの事です(28)。福島県は福島産米は「安全」だと主張しています(29)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシに福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(30)を引用
 図―6 福島産米が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県郡山市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。
 

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)川俣町 - Wikipedia
(2)山木屋地区復興拠点商業施設「とんやの郷」 - 川俣町公式ホームページ
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(令和元年8月29日~11月2日測定)PDF
(4)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(5)ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08) - ATOMICA -
(6)めげ猫「タマ」の日記 福島・川俣町山木屋、学校再開、子供の帰還は「0」
(7)出生性比
(8)ミスピーチ 5日から活動開始へ|NHK 福島県のニュース
(9)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 ? 公益財団法人 放射線影響研究所 RERF
(10)めげ猫「タマ」の日記 女の子が多く生まれる福島県葛尾村(事故から8年9ヶ月)
(11)国連報告者、福島事故の帰還で日本を批判  :日本経済新聞
(12)google map
(13)山木屋地区の居住の状況 - 川俣町公式ホームページ(過去分を含む)
(14)東京から福島にIターン、地方移住で分かったWeb ... - Wantedly(15)「小学校」存続へ正念場 川俣・山木屋、粘り強く郷土愛育む授業:東日本大震災7年7カ月特集:福島民友新聞社 みんゆうNet
(16)原発被災地の学校、再開1年で休校 若い世代にためらい:朝日新聞デジタル
(17)児童・生徒数 - 川俣町公式ホームページ
(18)平成31年度 - 山木屋小学校/山木屋中学校 - 川俣町公式ホームページ
(19)【4月6日(月曜日)】入学式 - 川俣町公式ホームページ
(20)めげ猫「タマ」の日記 福島・川俣町山木屋、学校再開、子供の帰還は「0」
(21)相馬福島道路が2020年度までに全線開通します - 福島県伊達市ホームページ
(22)幼保連携型認定こども園「までいの里のこども園」園児募集 - 飯舘村ホームページ
(23)義務教育学校開校に関する説明会(次年度就学予定園児の保護者対象) - 飯舘村ホームページ
(24)原発】【福島】10分で分かる原発賠償の全容|月刊 政経東北|note
(25)原発避難で自殺、東電に4900万円賠償命令 福島地裁 (写真=共同) :日本経済新聞
(26)ふくしまの恵み
(27)>いわき市 - Wikipedia
(28)食の宝庫ふくしま | ふくしま満天堂(ふくしまプライド。)
(29)全量全袋検査に関するよくある質問 - 福島県ホームページ
(30)マルト 平尼子店のチラシ・特売情報 | トクバイ
  1. 2020/07/06(月) 19:46:20|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月1日発表)―茨城県産スズキからセシウム、福島産は128件連続ND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)(3)。7月1日に6月19日までの食品中のセシウム検査結果が12日遅れで発表になりました(4)。まとめてみたので、お買い物のの参考に頂ければ幸いです。先回に続き今回もしっかりセシウム汚染食品が見つかっています(5)。牛肉を除く厚労省発表分の検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数 364件中1件の基準超え
  ②平均は、1キログラム当たり4ベクレル、最大150ベクレル(コシアブラ、流通品)。
 事故10年目ですが、危険なセシウム汚染食品が流通品(コシアブラ)から見つかっています。
 従前や今回のデータを解析すると
 ・茨城県産スズキからセシウム、福島産は128件連続ND
 ・福島ではモモの出荷が始まる。汚染がひどく、出生に異常が生じた産地は検査しません。
 ・セシウム汚染食品が市場流出、発表は23日後
等の特徴があり、福島産は「安全」とは言えません。
 なお基準値等は厚生労働省の発表(6)を参照してください。

1.茨城県産スズキからセシウム、福島産は128件連続ND
  茨城県産スズキからセシウムが見つかったと発表がありました(7)。以下に検査結果を示します。
隣県では見つかっても福島産スズキからは見つからないセシウム
 ※1(1)(2)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは捕獲日
 ※4 淡水を除く
 図―1 スズキの検査結果

 図に示すように茨城県産だけでなく、宮城、千葉県産からも見つかっています。一方で福島県が検査した福島産スズキは厚生労働省や福島県の発表(1)(2)を数えると128件連続で検出限界未満(ND)です。。
 海が繋がっているのに隣県で見つかっても、汚染源がある福島産から見つからないなどおかしな話です。スズキ等の福島産農水産物の出荷前検査は厚生労働省の発表(1)を見ると、全てを福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(8)で実施しています。中立性に疑問があります。
 福島産は他よりも低くでる検査で「安全」とされ、出荷されます。


2.福島ではモモの出荷が始まる。汚染がひどく、出生に異常が生じた産地は検査しません。
 福島はくだもの王国を自称しています(9)。ただし、福島県全域でくだもの作りが盛んな訳ではなく、福島市、伊達市、桑折町、国見町に広がる福島盆地(10)に集中しています(11)。以下に示しますます。
福島市、伊達市、桑折町、国見町のモモを検査していない福島県 凡例
 ※1(12)にて作成
 ※2 旧避難区域は(13)による。
 ※3 はモモの検査1件を示し、(14)による。
 図-2 福島のくだもの主産地

 図に示す様にICRPが公衆の被ばく限度とする年1ミリシーベルト(15)を超えた地域が広がっています。。福島のモモは10シーズン連続で汚染された地で作られています。また、避難指示が出たエリアに隣接しています。避難指示が出なかった地域としては福島の中でも汚染がひどい場所です。
 そして心配な事があります。モモづくりが盛んな福島市、伊達市、桑折町、国見町(以下単に2市2町と略す)の死者数は、福島県の発表(16)を集計すると
  事故前(2009年6月から10年5月) 3,909人
  近々1年(2019年6月から20年5月)4,467人
で14.3%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら約10億分の1でした(17)。
 福島県にあるひらた中央病院は、福島産米や野菜について避けるか否かのアンケート結果を発表しています(18)。それを集計すると相馬・南相馬市では71%の方(751人中530人)が福島産野菜を拒否しています。同様に福島産果物も多く方が避けていると思います。
 福島産果物をさけているであろう相馬・南相馬市の死者数は、福島県の発表(16)を集計すると
  事故前(2009年6月から10年5月) 1,293人
  近々1年(2019年5月から20年4月)1,331人
でほとんど変わりません。むろん統計的な差はありません。
 また、2市2町では福島県の発表(16)を集計すると。近々2年は女の子が多く生まれています。数値を記載すると
事故前(2009年6月から10年5月) 男の子1,541人、女の子1,452人
  近々1年(2019年6月から20年5月)男の子1,056人、女の子1,060人
です。このような事が偶然に起こる確率を計算したら事故前の2009年6月~10年5月との比較で0.16%でした。通常は男の子が多く生まれるので(19)、異常な事態です。
 福島盆地が広がる2市2町の花はすべてモモです(10)。モモは福島の主力の果物です。今年も出荷が始まりました(20)。
モモの出荷開始を報じる福島県の地方紙・福島民報
 ※(21)を7月2日に閲覧
 図―3 モモの出荷開始を報じる福島県の地方紙・福島民報

 福島のモモの主産地は汚染され、葬式が増え、出生異常が起きています。しっかり検査して欲しいと思います。でも、図―1に示すように主要産地ではなく、福島の中では比較的汚染が少ない場所での3件だけす。地元の農協の簡易検査結果は発表もありません(22)。それでも福島県は福島産は検査で「安全」が確認されていると主張しています(23)。
 福島産は汚染がひどく、出生に異常が出た産地を検査していなくても「検査で安全」が主張され販売されます。

3.セシウム汚染食品が市場流出、発表は23日後
 福島県福島市の検査で市場で売られているコシアブラから、基準値の1キログラム当たり100ベクレル(6)を超える同130ベクレルのセシウムが見つかったと発表がありました。事故10年目ですが、セシウム汚染食品の市場流出が続いています。検査は6月8日に終わったのですが、安倍出戻り内閣が発表したのは23日後の7月1日です(24)。
 事故10年目ですが、セシウム汚染食品の市場流出が続いています。見つかったとしてもすぐには発表されまん。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・他より低く出る検査で「安全」とされ出荷される福島産
 ・出生に異常が出た産地を検査していなくても「検査で安全」が主張され販売される福島産
 ・市場流出が見つかってもすぐには発表されないセシウム汚染食品
 これでは「福島産、食べて応援、あの世行き」
です(25)。(=^・^=)は心配なので
  「買わない」「食べない」「出かけない」の「フクシマ3原則」
を決めています。でも、これって(=^・^=)だけでは無いようです。
 福島を代表する野菜にトマトがあります。7月になり福島はトマトの季節です(26)。福島県棚倉町もトマトの産地です。同町辺りのトマトは美味しいとの事です(27)。福島県は「フクシマ産」トマトは安全だとも主張しています(23)。でも、福島県棚倉町のスーパーのチラシには福島産トマトはありません。
 他県産はあっても福島産トマトが無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ
※(28)を引用
 図―4 福島産トマトが無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ

 

―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)野生鳥獣の放射線モニタリング調査結果 - 福島県ホームページ
(4)食品中の放射性物質の検査結果について(1191報)
(5)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月25日発表)―宮城県産ホウボウからセシウム、福島産は429件連続ND―
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)(4)⇒1 自治体の検査結果⇒ 検査結果(Excel:114 KB)⇒No109
(8)農林水産部 - 福島県ホームページ
(9)くだもの図鑑 – くだもの消費拡大委員会
(10)福島盆地 - Wikipedia
(11)くだものづくりがさかんな福島盆地
(12)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(令和元年8月29日~11月2日測定)PDF
(13)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(14)品目から探す | 福島県農林水産物・加工食品モニタリング情報⇒果物⇒ま行⇒も⇒モモ、モモ(施設)で検索
(15)ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え (09-04-01-08) - ATOMICA -
(16)福島県の推計人口(令和2年6月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(17)めげ猫「タマ」の日記 福島はモモの季節、食べて大丈夫?
(18)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(19)出生性比
(20)トピックス | JAふくしま未来
(21)福島民報社
(22)JAふくしま未来
(23)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(24)(4)⇒2 緊急時モニタリング又は福島県の検査結果⇒ 検査結果(Excel:20KB)⇒No37
(25)めげ猫「タマ」の日記 福島産、食べて応援、あの世行き、(2020)
(26)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(27)みりょく満点ブランド|JA東西しらかわ
(28)エコス棚倉店

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2020/07/05(日) 19:46:08|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ