FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島米、食べて応援、あの世行(2018年産)

 福島は11月から新米に切り替わるようです。そこで11月からの葬式を集計すると。
 6割の方が福島産米を許容する福島県郡山市は
  事故前(2009年11-10年10月)2,919人
  今年(2018年11月-19年10月)3,443人
で、18%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら約200億分の1でした。一方で2割方が許容する相馬市・南相馬市の葬式数をしらべたら
  事故前(2009年11-10年9月)1,181人
  今年(2018年11-11年9月) 1,223人
で、少し増えていますが、統計的な差はありません。(=^・^=)は
「フクシマ米、食べて応援、あの世行(2018年産米)」
と思ってしました。
 福島は事故によって放射能汚染されました。
事故から8年8ヶ月が過ぎて汚染されている福島
 ※1(1)のデータを(2)に示す手法で11月1日に換算
 ※2 旧避難地域は(3)による。
 図―1 事故から8年8ヶ月が過ぎて汚染されている福島

 事故の後、多くの皆様が「フクシマ産米」に不安を抱いたと思います。それでも福島県は2011年10月12日に「フクシマ産米」の安全宣言をだしました(4)。ところが、翌月がら当時の暫定基準を超えるフクシマ汚染米が続々と見つかりました。

表―1 福島産セシウム汚染米の発見状況
 ※1 (5)を集計
 ※2 年は11,12月が2011年、1,2月が2012年
 基準超の福島産米リスト

 追加の検査は出荷前の検査だけであり、流通品に対しては実施されておらずどれ程の汚染米が市場に流出したかは不明です。
 2012年産米からは福島産米を全量検査する全量全袋検査が導入されました(6)(7)。以下に流れを示します。
福島産米全量全袋検査の流れ
 ※1(1)を引用加筆
 ※2 縦横比はいじってます。
 図―2 福島産米は全袋検査で安全が担保されていると主張する安倍出戻り内閣

 福島産米の全量・全袋検査は2段階になっています。1段目は袋ごとに簡易検査装置で検査し、一定の値(スクリーニングレベル)以下なら「安全」とされそのまま出荷されます。スクリーニングレベルを超えたものは、従来からの詳細検査に回されます(6)(7)。
 事故から8年8ヵ月以上になりますが、図―1に示す通り、福島県では国が除染が必要だとする国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた地域が広がっています(8)。
福島米は9シーズン連続で汚染された地で作られています。
 以下に福島産米の詳細検査結果を示します。
セシウムが見つかり続ける福島産米
 ※1(9)(10)にて作成
 ※2日付は概ね検査日
 ※3 NDは検出限界未満(みつからない事)を示す。
 図―3 福島産米の詳細検査結果

 図にや表―1と合わせ、事故後9年間、セシウムが見つかり続けています。
 以下に新潟産米の検査結果を示します。
殆どセシウムが見つからない新潟産米
 ※1(9)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは検査日
 図―4 新潟産米の詳細検査結果

 図に示す様にほどんどセシウムは殆ど見つかっていません。過去に1件見つかっていますが、消費地の検査によるもので、福島産が偽装された可能性があります(11)。福島産米を食べることは、福島産以外のお米に比べ、セシウムを食べてしまうリスクが高くなっています。
 福島産米を食べて良いか心配です。
 これについて、安倍出戻り総理(12)、福島県(13)、東京電力(14)は、福島は「安全」であり、避ける行為を「風評被害」と主張しています。
 出戻る前の安倍総理は質問主意書の回答で「我が国において、非常用ディーゼル発電機のトラブルにより原子炉が停止した事例はなく、また、必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない」「原子炉施設の安全を図る上で重要な設備については、法令に基づく審査、検査等を厳正に行っている」「地震、津波等の自然災害への対策を含めた原子炉の安全の確保に万全を期している」「経済産業省としては、原子炉の冷却ができない事態が生じないように安全の確保に万全を期している」とし、今後も原子力の安全確保に万全をつくすことを回答したそうです(15)。その後に福島原発事故が起き、およそ原子力の安全確保に万全をつくしていない事が、事故報告書(16)(17)で明らかになりなした。 
 福島県は2011年2月25日に福島第一原発3号機は「安全」と発表しました(18)。でも、2週間後には大事故です。 当然ながら、東京電力も事故前は自社の原発は「安全」だと主張していました(19)。さらには、世界貿易機関(WTO)は、韓国が実施している福島産等の水産物の輸入制限を是認しました(20)。福島産忌避を認めたことになります。そして、(=^・^=)が調べた限りでは、全量・全袋検査でフクシマ産米の「安全」が確保できる根拠はありません(21)。
 安倍等の主張を信じて良いか分かりません。そこで、(=^・^=)なりに調べて見ることにしました。福島県内で福島産を許容する所と、しない所を比較し、差が無ければ福島産は「安全」、差があれば「安全」とは言えないです。
 心配なので(=^・^=)なりに調べて見ることにしました。
 全量全袋検査の結果を福島県は公表しています
福島米の流通量は約23万トンのうち半分以上の約13万トンが福島県内で流通しています(22)。そこで、福島県内で福島産米を許容するところと、しない所を比較し、差が無ければ福島産米は「安全」、差があれば「安全」とは言えないです。
 以下に福島県のひらた中央病院が発表した福島産米を許容するか否かのアンケート結果を示します。

 表ー1 福島産米を許容すかのアンケート結果
 ※ (23)を集計
福島産米許容する郡山市、許容しない相馬・南相馬市

表に示す通り、地域によって大きな差があります。相馬市・南相馬市では福島産米を許容する方は23%ですが、福島県郡山市では57%が許容しています。
 福島産米の全量・全袋検査は出荷前に行われています(6)(7)。検査数を集計すれば、福島産米の出荷時期が分かります。以下に2018年度産米の累積の検査件数を示します。
11月に入る前に大部分が終わる福島産米の全量全袋検査
 ※(24)を集計
 図―5 2018年度産米の累積の全量・全袋検査数

 図に示すように10月初旬に始まり11月で大部分が終わっています。福島は11月からは新米に切り替わります。そこで各地区の11月からの葬式数を集計し、比較することにしました。
 以下に郡山市の各年11月から翌年10月までの葬式数を示します。
事故後に増えた福島県郡山市の葬式
 ※1(25)を各年11月から翌年10月までの1年間で集計
 ※2 震災犠牲者は(26)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―6 福島県郡山市の各年11月から翌年10月までの葬式(死者)数

福島県郡山市の葬式(死者数)は
  事故前(2009年11-10年10月)2,919人
  今年(2018年11月-19年10月)3,443人
で、18%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら約200億分の1でした。

 表―2 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(27)による。 
有意差検定表

以下に相馬・南相馬市の各年11月から翌年9月までの葬式数を示します。
事故後も震災犠牲者を除けばあまり増えていない福島県相馬・南相馬市の葬式
 ※1 (28)を各年11月から翌年9月までで集計
 ※2 震災犠牲者は(26)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 ※3 相馬市・南相馬市の合計
 図―7 福島県相馬市・南相馬市の各年11月から翌年9月の葬式(死者)数

福島県相馬市・南相馬市の葬式(死者数)は
  事故前(2009年11-10年9月)1,181人
  今年(2018年11-11年9月) 1,223人
で、少し増えていますが、統計的な差はありません。
 福島県の人口動態の発表(28)が今のところ(2019年11月11日時点)9月末までなので9月までの集計としました。
 福島産米を許容する方が多い福島県郡山市では葬式が増えていますが、多くの方が避けてる福島県相馬・南相馬してはそのような事はありません。
 以下に各年11月から翌年10月までの福島県いわき市の葬式数を示します。
事故後そこそこ増えた福島県いわき市の葬式
 ※1(29)を各年各年11月から翌年10月までの1年間で集計
 ※2 震災犠牲者は(26)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―8 福島県いわき市の各年11月から翌年10月までの葬式(死者)数

福島県いわき市の葬式(死者数)は
  事故前(2009年11-10年10月)3,918人
  今年(2018年11月-19年10月)4,265人
で8%増えています。郡山と相馬・南相馬市の中間でしょうか?表―1と図―2、3、4を纏め福島産米を許容する割合と葬式の増加率をプロットしてみました。
福島産米を許容する程に増えている葬式
 ※(23)(25)(28)(29)で作成
 図―9 福島産米を許容する割合と葬式の増加率

 図に示す通り福島産米を許容する地域程に葬式が増えています。
 以下に相関を示します。
ほぼ直線に並ぶ福島産米許容率と葬式増加率の相関
 ※(23)(25)(28)(29)で作成
 図―10 福島産米を許容する割合と葬式の増加率の相関

 ほぼ直線に並んでいます。
 (=^・^=)は
「福島産米、食べて応援、あの世行(2018年産)」
って思ってしまいました。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 こんなデータが出て来ると(=^・^=)は不安なので
 「買わない」「食べない」「出かけない」の「フクシマ3原則」
を決めています。でも、これって(=^・^=)だけではありません。
 福島では輸出用の柿の出発式が11月5日に行われました(30)。福島は柿の季節です。福島の柿は食味がよいそうです(31)。福島県は福島産柿は「安全」だと主張しています(32)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産柿はありません。
他県産はあっても福島産柿が無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(33)を引用
 図―11 福島産柿が無い福島県福島市のスーパーのチラシ

<蛇足>
 当該スーパーチェーンの山形県と店舗のチラシに掲載された柿は山形産でした(34)。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(2)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(3)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(4)asahi.com(朝日新聞社):福島知事、県産米「安全宣言」 二本松産一部は買い上げ - 東日本大震災
(5)報道発表資料 |厚生労働省
(6)東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う各国・地域の輸入規制強化への対応:農林水産省中の「2.英語版(全体版)(PDF:4,500KB)」中の分割版1(PDF:1,680KB)
(7)全量全袋検査 - Wikipedia
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)報道発表資料 |厚生労働省
(10)農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(11)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A Q26.少量の被ばくは問題ありませんか?
(12)平成30年3月10日 福島県訪問 | 平成30年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ
(13)福島県風評・風化対策強化戦略について - 福島県ホームページ
(14)風評被害に対する行動計画の策定について|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(15)衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書
(16)東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会
(17)国会事故調 | 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会のホームページ
(18)福島第一原子力発電所3号機におけるプルサーマル実施に係る安全確認 - 福島県ホームページ
(19)原子力安全・品質保証会議|東京電力
(20)日本の「敗訴」確定 WTO、韓国禁輸容認の報告書採択:朝日新聞デジタル
(21)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A Q4.福島産米の全量・全袋検査で「安全」が担保されますか?
(22)流通関連情報 - 福島県ホームページ中の?米穀の生産と流通に関する資料(H29) [PDFファイル/775KB]
(23)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(24)ふくしまの恵み
(25)郡山市の現住人口/郡山市公式ウェブサイト
(26)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(月1回更新) - 福島県ホームページ
(27)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A Q18.統計的な差ってなんですか?
(28)福島県の推計人口(令和元年10月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(29)地区別世帯数・男女別人口 | いわき市役所
(30)会津身不知柿を海外へ 美里で輸出発送式 | 福島民報
(31)みしらず柿 | JA会津よつば
(32)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページくだもの編 [PDFファイル/200KB]
(33)イオン 福島店のチラシ・特売情報 | トクバイ
(34)イオン山形北店 | お買物情報やお得なチラシなど
スポンサーサイト



  1. 2019/11/12(火) 19:43:25|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大熊町・新町長決定、道のりは厳しい

 福島県大熊町の町長選で元副長の方が当選しました(1)。祝福したのですが、道のりは厳しい状況です。
 福島県大熊町は福島県沿岸部中部に立地する町です。事故を起こした福島第一原発や(2)、除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設が立地します(3)。先の原発事故では全町が避難行に指定されました(2)。名前は大熊町であり、「クマ」は町のマスコットキャラクターにもなっています(4)。
大熊町のマスコットキャラクターはクマ
 ※(4)を引用
 図―1 大熊町のマスコットキャラクター

だだし、「クマ」はいません(5)。1954年11月1日に大野村と熊町村が合併し大熊町になりました。熊町村の「熊」は元々は「苦麻」です(2)。以下に示します。
事故から8年8ヶ月以上が過ぎて汚染されている福島
 ※1(6)のデータ(7)に示す方法で11月1日に換算
 ※2 避難区域は(8)による。
 図―2 福島県大熊町と周辺の町 

 図に示す様に国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた地域(9)が広がっています。それでも、安倍出戻り内閣は「安全」だとして(10)4月10日に避難指示を解除しました(2)(8)。
 避難指示解除で町は4つの地域に分けられました。
 ・住民が暮らすことができる避難指示解除区域
 ・将来的に避難指示解除を目指す特定復興拠点(11)
 ・今の所はなにも決まっていない特定復興拠点以外の避難区域
 ・福島県全域の除染廃棄物を集約する中間貯蔵施設(3)
以下に示します。
4つに区分された大熊町
 ※1(6)のデータ(7)に示す方法で11月1日に換算
 ※2 避難区域は(8)による。
 ※3 中間貯蔵施設、福島第一原発は(3)、特定復興拠点は(12)による。
 図―3 大熊町の町内区分 

 大熊町では昨日(11月10日)に町長選がありました。現町長は立候補せず、元副町長と元町議会議長の2人の新人の方との争いになりました。この結果、元副町長が当選しました(1)。投票率は53%で、得票数は
 元副町長   3,539
 元町議会議長   863
で、元副町長の圧勝です(13)。
 元副町長なので、現町長の方針を引き継ぐと思います。だたし、役割はまったく別のものになりそうです。現町長は事故前の2007年9月20日に就任し、2019年11月19日に退任予定です(2)。原発事故以降は、大部分は全町民が避難する中で町長を務めました。2015年3月に発表された復興計画では「町民生活再建支援」と「町土復興」を目標にしていました(14)。避難先での町民の生活を守りながら、なんとか大熊町に戻れるようにすることだと思います。そして現町長の最終年である2019年4月10日に一部地域で雛指示が解除されました(2)。4月14日には安倍出戻り総理ご臨席の元、役場の開庁式(15)、5月7日に大熊町内に新たにできた本庁舎での業務を開始しました(16)。現町長は大熊町に戻る足ががりを築くことを達成しました。
 2019年3月20日改定された復興計画では
「避難先及び 大熊町内での安定した生活」
「帰町を選択できるとともに、町外からも人が来たくなる環境づくり 」
とです。また
「次世代へつなぐ大熊 」も掲げています。ただし、避難されている方については
「利用者が見込めなくなったサービスは縮小・廃止をし、必要に応じて避難先行政への移行を促す取り組みを行っていきます。 」
との記述があります(17)。すなわち、避難さえれている方の行政サービスは避難先に依頼し、大熊町としては「帰町を選択できるとともに、町外からも人が来たくなる環境づくり 」を進め「大熊町内での安定した生活」実現することです。そしてこれを次世代の引き継ぐことが次期町長の課題だと思います。次期町長は「町に戻る人だけでなく、戻らない人や新たに入って来る人と協力して町を再生したい」と抱負を述べたそうです(18)。
 図―3を見ると、大熊町の避難解除区域はそこそこ広さがあるように見えますが、住んでいた人は全町民の4%です(2)。殆ど人が住んでいませんでした。ここに人が住むようにするには、町を復興するのでなく新たな町を作る必要があります。人が住む街には産業、住宅、商店、医療機関や福祉施設、交通インフラなどが必要と思いますが、これを作らなくてはなりません。
 大熊町辺りの最大の産業は「福島第一の廃炉」と「中間貯蔵施設」です。他に農業がありますが(19)(20)、規模は大きくありません。以下に福島第一で働く方の人数を示します。
ピークに比べ半減した福島第一での廃炉従事者
 ※(21)(22)にて集計
 図―4 福島第一原発で働く方の推移

 図に示す様に2015年春をピークに減少が続いています。原子力規制委は必要な人が投入されていないとの見方をしてます(23)。最大の産業である「廃炉」は衰退に向かっています。
 以下に大熊町と福島第一周辺の2町の今年4月から9月までの累計の転入者数を示します。
転入者が少ない大熊町
  ※(24)を集計
 図‐5 4月から9月までの転入者数

 原子力関係は男性が多い職場です(25)。図に示す様に男性が多くなっています。転入者は概ね原子力関係者と推定できます。ただ、人数を見ると大熊町が少なくなっています。原子力関係者に人気があるのは富岡町です。
 大熊町は、大熊町に移り住む人なら概ね応募できる復興公営住宅(26)を40戸整備しました(27)。避難指示が解除後に廃炉などの原子力関係者に入居してもらうつもりだと思います。10月には入居ができたようです(28)。今、住んで入るのは40戸中6戸で(29)、残りの34戸は追加募集になりました(26)。
  以下に大熊町の居住状況を示します。
住民が戻らない大熊町
 ※1(30)を集計
 ※2 帰還者は居住者のうち大熊町に住民票を有する方、居住者は住民票を移さずに大熊町に居住している方(例えば廃炉関係者)
 図―6 大熊町の居住状況

 住民票の有無にかかわらず大熊町に住んでいる方は707人ですが、住民票を持っているかたは
  対象 10,305人中119人(1%)
です(2)。帰還は進まないようです。
 以下に各年10月から翌年9月までの1年間の赤ちゃん誕生数を示します。
減り続ける大熊町の赤ちゃん誕生数
 ※(31)を集計
 図―7 大熊町の赤ちゃん誕生数(各年10月から翌年9月までの1年間)

 図に示す通り減り続けています。数値を記載すると
  事故前(2009年10月から10年9月) 129人(男の子 60、女の子69)
  近々1年(2018年10月から19年9月) 63人(男の子 37、女の子26)
で、近々1年は事故前の半分以下になっています。お母さんになり得る年代の女性の皆さんが、大熊町民を止めています。
 大熊町町立の幼稚園、小学校、中学校の大熊町内での再開は2022年春を予定しています(32)。現状は会津若松市にあります(2)。今、大熊町町立の幼稚園、小学校、中学校に通学しているのは1,463人(幼298、小751、中414)中18人(幼3、小12、中3)(1.2%)です。大熊町は子供への求心力を失っています。大多数が避難先の学校に通っています。学校を再開した時に、大熊町の学校に戻るとも思えません。
 大熊町の新しい町長が決まりました(1)。「町に戻る人だけでなく、戻らない人や新たに入って来る人と協力して町を再生したい」と抱負を述べたそうです(18)。でも、
 ・宛てにしていた廃炉関係者の新規転入はあまり無い。
 ・避難している住民もなかなか戻らない。
 ・子供が生まれなくなり、次世代に町を引き継げない。
などの現象があり、次期町長には厳しい道のりが待っています。特に、2022年に学校を再開した時に児童、生徒が集まるかは疑問です。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 大熊町への帰還進まない理由には、町の中心部が避難指示が出たままであり、中間貯蔵施設もあり大多数の方が元場所に戻れない事もあるとは思います。他に放射能汚染への不安もあると思います。少なくとも多くの福島の皆様は福島の放射能に不安を抱いています。
 福島では輸出用の柿の出発式が11月5日に行われました(32)。福島は柿の季節です。福島の柿は食味がよいそうです(33)。福島県は福島産柿は「安全」だと主張しています(34)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産柿はありません。
他県産はあっても福島産柿が無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(35)を引用
 図―8 福島産柿が無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県福島市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)吉田氏が初当選 大熊町長選 | 福島民報
(2)大熊町 - Wikipedia
(3)中間貯蔵施設情報サイト:環境省
(4)ツキノワグマ生態調査の結果について - 福島県ホームページ
(5)大熊町のマスコットキャラクター - 大熊町公式ホームページ
(6)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(7)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(8)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(9)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(10)国連報告者、福島事故の帰還で日本を批判  :日本経済新聞
(11)復興庁 | 特定復興再生拠点区域復興再生計画
(12)(11)中の「大熊町特定復興再生拠点区域復興再生計画」の認定について[平成29年11月10日]
(13)大熊町長選挙の開票結果をお知らせします - 大熊町公式ホームページ
(14)大熊町第二次復興計画について - 大熊町公式ホームページ
(15)新庁舎開庁式を行いました - 大熊町公式ホームページ
(16)町役場が本庁舎で業務を開始しました - 大熊町公式ホームページ
(17)>大熊町第二次復興計画を改訂しました - 大熊町公式ホームページ
(18)大熊町長に吉田氏初当選 域外活動中心、異例の戦い - 産経ニュース
(19)いちご栽培施設から出荷開始 - 大熊町公式ホームページ
(20)豊作に笑顔、大川原で稲刈り - 大熊町公式ホームページ
(21)プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社の各月の「福島第一原子力発電所作業者の被ばく線量の評価状況について」(2018年7月まで)
(22)福島第一原子力発電所作業者の被ばく線量の評価状況について - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社
(23)ミス多発、人手不足影響か=規制委が福島第1、東電幹部から聴取へ:時事ドットコム
(24)福島県の推計人口(令和元年10月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(25)「あのとき、おなかに子供がいました」福島第一原発の女性オペレーターは、5年後も現場にいた。 | ハフポスト
(26)第1期大熊町再生賃貸住宅の入居者を追加募集します - 大熊町公式ホームページ
(27)>2019年度施政方針 - 大熊町公式ホームページ
(28)大熊町再生賃貸住宅を整備します - 大熊町公式ホームページ
(29)大熊町民の被害・避難状況 - 大熊町公式ホームページ
(30)居住・避難状況 - 大熊町公式ホームページ
(31)令和元年11月1日現在の居住・避難状況 - 大熊町公式ホームページ
(32)会津身不知柿を海外へ 美里で輸出発送式 | 福島民報
(33)みしらず柿 | JA会津よつば
(34)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページくだもの編 [PDFファイル/200KB]
(35)鎌田店|店舗・チラシ情報|リオン・ドール
  1. 2019/11/11(月) 19:42:06|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(11月6日発表)―福島産セシウム汚染食品を半年・隠する安倍出戻り内閣―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)(3)。11月6日に4月1日からの福島産農水産物の出荷前県の食品中の放射性セシウムの検査結果が半年以上の遅れで発表になりました(4)。まとめてみたので、お買い物のの参考に頂ければ幸いです。先回に続き今週もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(5)。しかも基準超です。牛肉を除く厚労省発表分の検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数6494件3件の基準越え
  ②平均は、1キログラム当たり1ベクレル、最大160ベクレル(福島県産ワラビ)。
 事故から8年8ヶ月が経過しましたが、危険なセシウム汚染食品が見つり続けています。
事故8年目も見つかる福島産セシウム汚染食品
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2019年9月2日)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

 基準超のワラビは2件ですが、検査は5月28日に終っています(8)。イワナは6月26日に終っています(9)。安倍出戻り内閣は危険な福島産セシウム汚染食品の存在を知りながら半年近く、隠しました。
 従前や今回のデータを解析すると
 ・上昇する福島産米のセシウム
 ・岩手、宮城、茨城、千葉産サワラからはセシウム、福島産は155件連続ND
 ・福島はヤマイモの季節、主産地で汚染が酷い主産地・本宮市産は検査していません。

等の特徴があり、福島産は「安全」とは言えません。

1.上昇する福島産米のセシウム
 従前の記事で、福島産米から2016年以降で最大濃度のセシウムが見つかったと報告しましたが(5)、それより高い1キログラム辺り77ベクレルのセシウムが見つかったと発表がありました(10)。
上昇する福島産米セシウム
 ※1(1)(2)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※3 日付けは検査日
 図―2 福島産米の検査結果

 図に示す様に上昇傾向です。最高値を記載すると1キログラム当たりで
  2016年度検査 検出限界未満(ND)
  2017年度検査 47べクレル
  2018年度検査 39ベクレル
  2019年度検査 77ベクレル
で、2016年以降の最高値です。
 福島産米はセシウムがしています。

 図に示す様に上昇しています。

2.岩手、宮城、茨城、千葉産サワラからはセシウム、福島産は155件連続ND
 従前の記事で岩手、宮城、茨城、千葉産サワラからはセシウムが見つかっていることを報告しました(5)。厚生労働省の発表(1)(4)にはありませんが、福島県の検査結果が追加になりました(2)。以下に検査結果を示します。
隣県では見つかっても福島産サワラからは見つからないセシウム ※1(1)(2)を集計
 ※2 福島産は全てを福島県が検査
 ※3 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 ※4 日付けは捕獲日
 図―3 サワラの検査結果

 図に示す様に隣県ではセシウムが見つかっているのですが、福島県が検査した福島産サワラからは見つかっていません。厚生労働省の発表を数えると155件連続で検出限界未満(ND)です。海は繋がっているのに、汚染源がある福島産からだけ見つからないなどはおかしな話です。サワラ等の福島産農水産物の出荷前検査は厚生労働省の発表(1)を見ると福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(11)が実施しています。中立性に疑問があります。
 福島産は他よりも低く出る検査で「安全」とされ出荷されます。
 
 
2.福島はヤマイモの季節、主産地で汚染が酷い主産地・本宮市産は検査していません。
 11月に入り福島はヤマイモの季節です。本宮市が主要な産地です(12)。以下に示します。
 本宮市産ヤマイモを検査していない福島県
 ※1(13)のデータを元に(14)に示す手法で11月1日に換算
 ※2 避難区域は(15)による。
 ※3 安達地区の範囲は(16)による。
 ※3 1個が検査1件を示し(17)による。
 図―4 福島産ヤマイモの検査状況

 図に示す通り本宮市は国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(18)エリアが広がっています。福島産ヤマイモは事故から9シーズンの間、汚染された地域で作られています。
 以下に本宮市が属する安達地区(16)の各年1-9月の葬式数を示します。
2011年急に増えた福島・安達の葬式 ※1(19)を各年度で集計
 ※2 震災犠牲者は(20)により、行方不明を含み、関連死を含まず
 図―5 安達地区の葬式の推移

 図に示す通り事故があった2011年に急に葬式が増えています。その後は元に戻ることな増え続けています。本宮市が属する安達地区の葬式(死者数)は
  事故前(2010年1-9月)809人
  今年(2019年1-9月) 943人
で17%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.1%でした。
。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(21)による。
有意差検定表
 福島県のひらた中央病院が福島産野菜を避けるか、避けないかのアンケート結果を発表しています(22)。以下に結果を示します。

 表―2 福島産米や野菜を許容すかのアンケート結果
 ※ (22)を集計
福島産許容する割合が多い郡山市、少ない相馬・南相馬市

 表に示す通り、地域によって大きな差があります。相馬市・南相馬市では多くの方が福島産野菜を避けています。ヤマイモ等の芋類も同じだと想像されます。事故前と今年の葬式数は
 事故前(2010年1月から8月)878人
 今年(2018年1月から8月) 877人
で、殆ど変わりありません。
 福島のヤマイモの主要産地では葬式が増えていますが、そうではない相馬市・南相馬市では増えていません。
 これに対し福島県は福島産は検査で「安全」を確認してると喧伝しています(23)。でも、図―1に示す様に本宮市産ヤマイモを福島県は検査していません。それでも福島県は福島産リンゴの「安全」を検査で確認したと喧伝しています。
 福島産は汚染され、葬式が増えた主要産地を避けた検査で安全とされ出荷されます。



<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・基準超が半年近く隠される福島産
 ・セシウムが上昇することがある福島産
 ・他より低く出る検査で「安全」とされ出荷される福島産
 ・主産地を避けた検査で「安全」とされてる福島産
 (=^・^=)は不安なので
  「買わない」「食べない」「出かけない」の「フクシマ3原則」
を決めています。でも、これって(=^・^=)だけでは無いようです。
 福島では輸出用の柿の出発式が11月5日に行われました(24)。福島は柿の季節です。福島の柿は食味がよいそうです(25)。福島県は福島産柿は「安全」だと主張しています(26)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産柿はありません。
他県産はあっても福島産柿が無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(27)を引用
 図―6 福島産柿が無い福島県福島市のスーパーのチラシ


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)野生鳥獣の放射線モニタリング調査結果 - 福島県ホームページ
(4)食品中の放射性物質の検査結果について  (緊急時モニタリング)
(5)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月11日発表)―上昇する福島産米セシウム―
(6)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(7)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(8)(4)⇒検査結果(PDF:11MB)
(9)(8)⇒No2451、2452
(9)(8)⇒No4108
(10)(2)中の令和元年10月25日公表:穀類(R元.10.21採取分) [PDFファイル/77KB]
(11)農林水産部 - 福島県ホームページ
(12)ふくしまの農林水産物パンフレット中の6 ふくしまの農林水産物カレンダー① (1,056KB)
(13)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(14)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(15)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(16)福島県 - Wikipedia
(17)福島県農林水産物・加工食品モニタリング情報⇒根菜・芋類⇒な行⇒な⇒ナガイモ、ナガイモ(施設)で検索
(18)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(19)福島県の推計人口(令和元年10月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(20)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(月1回更新) - 福島県ホームページ
(21)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A Q18.統計的な差ってなんですか?
(22)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(23)食の安全に関する取組 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(24)会津身不知柿を海外へ 美里で輸出発送式 | 福島民報
(25)みしらず柿 | JA会津よつば
(26)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページくだもの編 [PDFファイル/229KB]
(27)イオン 福島店のチラシ・特売情報 | トクバイ

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2019/11/10(日) 19:49:47|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

子供が間もなく消える避難指示解除の山木屋

 2017年3月末に避難指示が解除された福島県川俣町山木屋(1)の15歳以下の町内在住者は、今月1日(2019年11月1)で9人(3)です。昨年度の小学6年生から中学3年生までの総数は15人でしたので(4)、全員が中学生以上です。同地区からはまもなく15歳以下の子ども(5)は居なくなります。 
 福島県川俣町は阿武隈高地の北部に位置する山村です。福島事故で放射能が飛んで来て町は汚染されました。
事故から8年8ヶ月を経て汚染されている福島
 ※1(6)のデータを元に(7)に示す手法で11月1日に換算
 ※2 旧避難区域は(8)による。
 図―1 福島県川俣町

 図に示す通り国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(9)地域が広がっています。事故9年目ですが川俣町は汚染されたままです。
 事故後5年間(2011年3月から2016年2月)に生まれた赤ちゃんは
 男の子 141人
 女の子 182人
で女の子が多く生まれています。偶然に起こる確率を(=^・^=)なりに計算すると統計的に差があるとされる5%を下回る2.3%でした(10)。
 通常は男の子が多く生まれるので(11)異常な事態です。福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。
福島の綺麗な女性
 ※(12)を引用
 図―2 福島の綺麗な女性

でも喜んでばかりはいられないようです。放射性影響研究所は広島や長崎で遺伝的な影響が無かった根拠の一つに生まれて来る赤ちゃんの男女比(出生性比)に異常がなかったことをあげています(13)。さらには福島事故で設定された避難区域の全てないし大部分が「計画的避難区域」だったのは川俣町の他に飯舘村、葛尾村がありますが、どちらも川俣町と同じように事故後に女の子が多く生まれています(14)。広島や長崎で起きて無い事が福島では起きているようです。
 それでも安倍出戻り内閣は「安全」であるとして(15)一昨年(2017年)3月31日に川俣町山木屋の避難指示を解除しました(1)。以下に川俣町山木屋の帰還者・避難者数を示します。
帰還が進まない川俣町山木屋
 ※1(2)を集計
 ※2 避難者数には転出者等も含まれており、現在の住民登録人数と一致しない。
 図―3 川俣町山木屋の帰還・避難者数

 避難指示解除時(2017年4月1日)の対象者は1,154人でした(2)。このうち11月1日時点で帰還している方は355人です(3)。
 以下に15歳未満の子ども(多分全員が避難中(16))人数を示します。
減り続ける山木屋の子供
 ※(2)を集計
 図―4 川俣町山木屋の15歳未満の人口(含む避難者)

 図に示す通りどんどん減っています。11月1日時点で川俣町内に在住する15歳以下の子どもは9人です(3)。昨年度(2018年度)に山木屋の小中学校に在籍してたのは小学6年生5人、中学2年生3人、3年生7人の合計15人です(4)。昨年度中学3年生だった方の一部は15歳以下が想定されるので、今は全員が中学生以上です。このままですと3年以内に山木屋から15歳未満の子どもは消えます。
 福島原発事故で避難指示が出た川俣町山木屋に子供が戻ることはありません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 昨年(2018年)4月に山木屋で小中学校を再開しました(17)。この春には小学校の児童がいなくなり(18)事実上の「廃校」です。小学校の卒業生は山木屋中学校に進みません(19)。昨年度(2018年度)の山木屋中学校は2,3年生だけだったので、今年度は3年生だけです。あと半年で、彼ら(全員が男(4))が卒業し、後は生徒がいなくなります。事実上の廃校です。
  山木屋の学校再開に校舎の改修等で約13億円かかったそうです(20)。学校に通った生徒は15人(4)なので、一人当たり1億円を使いました。それでも、結局は子供がいなくなります。
 そして川俣町山木屋に子供が戻らいだけでなく産業の復興も困難なようです。
 川俣町山木屋では事故前に行われていた養豚が復活しました(21)。そこの豚肉は美味しいとの事です(22)。福島県は福島産豚肉は「安全」だと主張しています(23)。でも、福島県川俣町のスーパーのチラシには福島産豚肉はありません。
他県産はあっても福島産豚肉が無い福島県川俣町のスーパーのチラシ
 ※(24)を引用
 図―5 福島産豚肉が無い福島県川俣町のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県川俣町の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。



―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)川俣町 - Wikipedia
(2)山木屋地区の居住の状況 - 川俣町公式ホームページ
(3)(2)中の避難者数一覧(令和元年11月1日現在) [PDFファイル/27KB]
(4)児童・生徒数 - 川俣町公式ホームページ
(5)15歳未満の子ども数は38年連続、人口に占める子どもの割合は45年連続で減少―総務省 | GemMed | データが拓く新時代医療
(6)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(7)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(8)避難区域の変遷について-解説- - 福島県ホームページ
(9)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(10)めげ猫「タマ」の日記 福島・川俣町山木屋、学校再開、子供の帰還は「0」
(11)出生性比
(12)浸水被害の幼稚園と高校が再開 2019/11/05 TUFchannel
(13)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 ? 公益財団法人 放射線影響研究所 RERF
(14)めげ猫「タマ」の日記 女の子が多く生まれる福島県
(15)東京新聞:子ども帰還見合わせ要請 国連報告者「年間1ミリシーベルト以下に」:国際(TOKYO Web)
(16)めげ猫「タマ」の日記 福島・川俣町山木屋、学校再開、子供の帰還は「0」
(17)原発被災地の学校、再開1年で休校 若い世代にためらい:朝日新聞デジタル
(18)福島・川俣の山木屋小、来春休校も 今春再開も新規入学予定なし | 河北新報オンラインニュース
(19)<避難指示解除2年>川俣町長に聞く/山木屋小にまた児童を | 河北新報オンラインニュース
(20)福島・川俣の山木屋小卒業式 在校生ゼロ 原発事故後の再開1年で休校 | 河北新報オンラインニュース
(21)グローバルピッグファーム株式会社 » Blog Archive » 直営農場本場の再開および柳津農場工事開始のお知らせ
(22)和豚もちぶた|製品・サービス|グローバルピッグファーム株式会社
(23)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(24)チラシ情報 | スーパーマーケットいちい
  1. 2019/11/09(土) 19:45:27|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島第一、廃炉費用をケチる東京電力

 11月6日の原子力委員会で(1)、原子力規制庁・福島第一原子力規制事務所長が説明者として登場し、福島第一原発の現状を「リーソス不足」と説明していました(2)。
 東京電力は福島第一で働く下請けさんや東電社員様の被ばく線量の分布を1回のペースで発表してます(3)(4)。これを集計すれば福島第一構内で働く方の人数が分かります。以下に示します。
ピークに比べ半減した福島第一での廃炉従事者
 ※(3)(4)にて集計
 図―1 福島第一原発で働く方の推移

 図に示しように2015年3月頃をピークに減っています。数値を示すと
  ピーク(2015年3月)12,313人(東電社員様 1,142人、下請けさん12,313人)
  近々(2019年9月)  6,505人(東電社員様 953人、下請けさん5,552人)
で、ほぼ半減しています。
 福島第一原発では最近、基本的なミスやトラブルが相次いいます。
 電気製品は電気が流れることでさまざまな機能を発揮します。電気製品の中を流れる電気は、外へ流れ出るといろいろと問題を起こすので、流れ出ないように対策が必要です。そのために電気製品では漏れだた電流を地面に流すアース(接地)線を取ります(5)(6)。
 2019年7月25日に福島第一原発5.6号機に電気を送る装置から煙が発生ししました。雷に対する保護装置が燃えていました(7)
燃えた福島第一送電線付属装置
 ※(7)を引用
 図―2 燃えていた雷に対する保護装置

 以下に煙をだした装置の配線図を示します。
アースを忘れて工事された福島第一送電線
 ※(7)にて作成
 図―3 煙を出した装置の配線図

 図に示す様に、本来はアース(設置)線を取らなくてはならないのですが、図に示しように忘れていいました。このため,雷を逃がす雷による電流を逃がす保護装置に電流が流れ過熱,焼損したようです(7)。
 一言で言えば、アース(設置)の取り忘れによる火災です。東京電力は電力会社です。電気につては詳しいはずです。極めて初歩的なミスです。
 放射線管理区域は人が放射線の不必要な被ばくを防ぐため、放射線量が一定以上ある場所を明確に区域し人の不必要な立ち入りを防止するために設けられる区域です(8)。福島第一には放射線管理区域と区域外が混在しています。福島第一ではエリアをR,Y,Gの3つに分け、R,Yを放射線管理区域に準じた扱いをしているようです(9)。以下に示します。
福島第一の放射線管理区分
 ※1(9)に加筆
 ※2 5、6号機および1-4号機周辺防護区域警備員詰所は(10)、サイバンカ建屋は(11)による。
 図―4 福島第一の放射線管理区域分け

 図に示す通り5、6号機および1-4号機周辺防護区域警備員詰所はYとGエリアの境界に位置します。
 2019年7月30日、発電所構内にある5・6号機警備員詰所および1-4号機周辺防護区域警備員詰所の入り口付近にある装備脱衣エリア(管理対象区域)に、それぞれウォーターサーバー(5・6号)とクーラーボックス(1-4号)が設置され、当該区域において水等の摂取をしていた事実が判明しました。これは下請け企業が5・6号機警備員詰所︓2016年5月、1-4号機周辺防護区域警備員詰所︓2018年5月に設置したものです(9)。5・6号機警備員詰所では2年以上、1-4号機周辺防護区域警備員詰所では1年以上も規則違反の状態で設置されたままになっていましたが、気付かれないままになっていました。
 図―4に示すサイバンカ建屋内には第3セシウム吸着装置が設置されていますが、第3セシウム吸着装置のY靴交換エリア(以下「当該エリア」)においては、Y靴からY靴への履き替え、ならびに、履き替え時においては直接履き替える(床面に足裏を着地させない)運用となっています。10月11日に東電社員様6名が、HP掲載用動画撮影の事前現場確認を行った際に、当該エリアで床面に足裏を着地させ、靴の履き替えを行った。そのうち東電社員様5名の、足の裏等から汚染が見つかりました。さらに4名について身体汚染も見つかりました(12)。
 福島第一では初歩的なミスによるトラブルが続発しています。
 リソースとは経営資源のことで(13)、経営を行う上で必要とされる要素。ヒト・モノ・カネ・情報の4つを指します(14)。
 11月7日の原子力規制員会で(1)、福島第一では初歩的なミスによるトラブルが続発が議題になり、原子力規制庁・福島第一原子力規制事務所長が説明者として登場し、福島第一原発の現状を「リーソス不足」と説明していました(2)。福島第一原子力規制事務所長が見るには、東京電力は福島第一に必要な経営資源を配分しなきが為に「トラブル」続発と見方を示しました。東京電力は福島第一、廃炉費用をケチっているとゆうのが原子力規制委の見方のようです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 11月7日に東京電力の会見が開かれました。この問題を質問されました(15)。会見を持ていると、質問がでることを想定し「原稿」を読んで回答しているようです。
現行を読むように回答する東京電力会見者
 ※(15)を引用
 図―5 原稿を読んでいるような感じで回答する東京電力の会見者

 回答は原子力規制員会の「リソース不足」との指摘をのらりくらりと逃げる内容でした。
 東京電力は極めて不誠実だと思います。自らに不都合な事実は、のらりくらりと逃げるます。東京電力は福島第1原発事故の裁判外紛争解決手続き(ADR)で、センターの和解案を拒否し続けています(16)。東京電力は原発事故による損害の全額を賠償する気はないようです。今、東京電力は同社の柏崎刈羽原発の再稼働に向けて新潟県内各地で説明会を開いていまう(17)。もし、柏崎刈羽が事故って損害がでたら全額補償していくれるかと聞いたら、明言を避けのなりくらりと逃げると思います。本音は全額補償するきないはずです。このような東京電力では福島の皆様は信用していないと思います。
 東京電力は福島産は安全であり、避けることは「風評被害」と主張しています(18)。でも信用されていないようです。
 福島では輸出用の柿の出発式が11月5日に行われました(19)。福島は柿の季節です。福島県会津若松市辺りの柿は食味がよいそうです(20)。福島県は福島産柿は「安全」だと主張しています(21)。でも、福島県会津若松市のスーパーのチラシには福島産柿はありません。
他県産はあっても福島産柿が無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(22)を引用
 図―6 福島産柿が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ


 (=^・^=)も福島県会津若松市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)>第40回原子力規制委員会 | 原子力規制委員会
(2)第40回原子力規制委員会(2019年11月06日) NRAJapanの48分過ぎ位から
(3)プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社の各月の「福島第一原子力発電所作業者の被ばく線量の評価状況について」(2018年7月まで)
(4)福島第一原子力発電所作業者の被ばく線量の評価状況について - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社
(5)アース線とは何?アース線はちゃんとつけないといけないの?|リキュー | 節電・節約情報web|電力自由化・格安SIM・ポイントなど
(6)アース(接地) | 一般財団法人 九州電気保安協会
(7)2019年7月25日福島第一原子力発電所 5.6号機送電線(双葉線1号)での発煙事象について(195KB)
(8)放射線管理区域 - Wikipedia
(9)管理対象区域の区域区分及び 放射線防護装備の適正化の運用 ...
(10)2019年7月31日 福島第一原子力発電所 管理対象区域内における水等の摂取について(216KB)
(11)2019年のアーカイブ - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社⇒2019年10月31日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第71回事務局会議)⇒資料2】中長期ロードマップの進捗状況(概要版)(6.28MB)
(12)2019年10月17日福島第一原子力発電所 第3セシウム吸着装置のY靴交換エリアでの靴履き替え時における身体汚染について (264KB)
(13)経営資源 - Wikipedia
(14)経営資源(けいえいしげん)とは - コトバンク
(15)動画アーカイブ|写真・映像ライブラリー|東京電力ホールディングス株式会社
(16)【原発事故和解】東電の拒否は「二枚舌」だ|高知新聞
(17)新潟県の皆さまへ(新潟本社)|東京電力ホールディングス株式会社
(18)発見!ふくしま|東京電力ホールディングス株式会社
(19)会津身不知柿を海外へ 美里で輸出発送式 | 福島民報
(20)みしらず柿 | JA会津よつば
(21)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページくだもの編 [PDFファイル/229KB]
(22)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ
  1. 2019/11/08(金) 19:40:56|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ