めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい福島原発(7月4週)―凍土壁の完全凍結は困難―

 東京電力福島原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、7月4週(7月17日から23日)もしっかりトラブルが起こっています。
 ①危険物屋外貯蔵所で油漏れ
 ②地下水ドレン等からの汲みあげ量は減らず
 ③凍土壁の完全凍結は困難

1.危険物屋外貯蔵所で油漏れ
 7月21日、午後3時14分頃、福島第一原子力発電所構内の危険物屋外貯蔵所で油漏れが見つかりました。漏れた油は約7m×7mに広がり、深さは深い箇所で約3mmとのことです。消防所からは「危険物の漏えい」であると判断されたました。
 油はドラム缶からもれたようで、ドラム缶1本の底部(底面から約2cmの高さ)に穴(ピンホール)が見つかったとのことです。油漏れを起こしたドラム缶には潤滑油が入っていたとの事です(2)。

2.地下水ドレン等からの汲みあげ量は減らず
 福島第一原発では汚染水の海洋への流出を抑える為に、海岸に水の流れを遮る「海側遮水壁」を設けています(3)。水の流れを遮るので、「海側遮水壁」の内側に汚染水が溜り、放置すると溢れてしまうので汲み上げて、タービン建屋に入れています。東京電力はこれを「地下水ドレン」と呼んでいます(4)。この地下水ドレンからも汲み上げは福島第一の汚染水増加の要因になっています(5)。そこで、タービン建屋と海岸(海側遮水壁)の間に氷の壁(凍土壁)を作り(6)、海への汚染水の流れをブロックする試みがなされています。地下水ドレンからの汲みあげ量について7月19日に開かれた原子力規制委員会・第44回特定原子力施設監視・評価検討会で(7)これまでの値が公表されました。
凍土壁凍結開始後も減らない地下水ドレン等の汲み上げ量
 ※1(8)を編集
 ※2 下側の数値は月平均の1日当たりの汲みあげ量
 図-1 地下水ドレンからの汲みあげ量

 図に示す通り、地下水ドレンの汲みあげ量は
  凍土壁凍結開始直前の3月 1日当たり267トン
  凍結開後3ヶ月目のの6月 1日当たり321トン
で逆に増えています。会議の様子(9)を見ていると東京電力は無理無理に「効果あった」と主張していましたが、原子力規制は効果があったことは認めていません。会議の結論として日量70から100トンまで減ったら効果を認めるとなりました(10)。現状の3分の1以下ですが、東京電力は会見で「時間がかかる」とも言っていましたが(11)、永遠の時間がかかりそうです。

3.凍土壁の完全凍結は困難
 7月19日に開かれた原子力規制委員会・第44回特定原子力施設監視・評価検討会で(7)東京電力は「完全に凍らせても地下水の流入を完全に止めるのは技術的に困難」「完全閉合は考えていない」と明言しました(9)(12)。
凍土壁完全凍結困難を伝える福島県の地方紙・福島民報
 ※(13)を引用
 図-2「凍土壁の完全凍結は困難」を1面トップで報じる福島県の地方紙・福島民報

 これについて東京電力は
 「 本日、一部報道において『第一原発凍土壁 東電「完全凍結は困難」』との記事が掲載されています。
 陸側遮水壁(凍土壁)の目的は建屋への地下水流入量を減らすことです。そのために、計画している範囲を凍結し、段階的に閉合範囲を増やして最終的に100%閉合を目指しています。」
とのコメントを発表しました(14)。いうまでも無く「目指しています。」であって実行するとは言っていません。
 東京電力は海岸部や凍土壁の周辺に井戸を掘っており地下水位を観測しています。以下にそのうちの幾つかの井戸の位置を示します。
凍土壁と地下水位観測点
 ※1(15)(16)にて作成
 ※2 ×A,×Bは後で使用
 図-3 東京電力が水位を観測する井戸(例)

以下に各井戸の水位を示します。
海側との地下水位差が縮まらない福島第一の凍土壁の海側
 ※(15)(16)(17)(18)(19)にて作成
 図-4 福島第一の地下水位

 東京電力は凍土壁を挟んで配置してあるGi-17とGo-13の水位を比較して、水位差が開いたとして凍土壁の効果を主張しています(7)(8)。でも流量を決めるのは上流と下流の落差です(20)。流量をきめるのは凍土壁海側井戸Co-13と海岸近傍の井戸No2,No2-5、No2-6の水位差です。こちらは殆ど縮まっていません。流量は落差の平方根(√)に比例します(20)。流量が2項で記載したように3分の1にあるには落差は9分の1にならなくてはなりません。図―4でみれば10cm程度でしょうか?そのような効果は見えません。
 以下に図―3に示すばA-B間断面の温度分布を示します。
0℃以下に下がらない「穴」が開いたままの凍土壁
 ※(15)にて作成
 図-5 凍土壁断面の温度分布

 図に示すように図中で黄色で示す0℃以上の穴が開いています。流れる水は凍りません(21)。凍結が遅れた場所に流れが集中し、凍らない場所が必ず出て来るはずです。東京電力は完全凍結を目指すとしていますが、できる訳がありません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 トラブル続きの福島原発では福島の皆様は不安だと思います。
 今日(7月23日)から福島県はモモとキュウリのTVCMを流すそうです(22)。
福島産CMの開始を報じる福島県の地方紙・福島民報
 ※(23)を引用
 図―6 福島産農産物のCM放映開始を報じる福島県の地方紙・福島民報

モモは福島市・伊達市・桑折町・国見町等の福島盆地が主産地です(24)。キュウリは伊達市、二本松市、須賀川市などのが主産地です(25)。以下に産地を示します。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ 他県産はあっても福島産キュウリが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 (a)モモ             (b)キュウリ
 ※(36)を引用
 図―9 福島産キュウリもモモも無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県会津若松市の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(7月3週)―福島第一石棺化提案、福島を怒らす―
(2)2016年07月22日福島第一原子力発電所の状況について(日報)【午後4時現在】
(3)海側遮水壁|東京電力
(4)サブドレン・地下水ドレンによる地下水のくみ上げ|東京電力
(5)報道配布資料|東京電力中の「建屋への地下水ドレン移送量・地下水流入量等の推移 」
(6)陸側遮水壁|東京電力
(7)第44回特定原子力施設監視・評価検討会 | 原子力規制委員会
(8)(7)中の「資料1:陸側遮水壁の状況[東京電力]【PDF:18MB】」(https://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/yuushikisya/tokutei_kanshi/00000031.html
(9)(7)中の「会議映像」(https://www.youtube.com/watch?v=RFNc-JPCVWE
(10)(7)中の「当日作成資料:特定原子力施設監視・評価検討会(第44回会合)議論のまとめ[原子力規制庁]【PDF:259KB】」(https://www.nsr.go.jp/data/000157791.pdf
(11)2016/07/19(火) 原子力定例記者会見
(12)東電「完全凍結は困難」 第一原発凍土遮水壁 規制委会合で見解 | 東日本大震災 | 福島民報
(13)福島民報を7月20日に閲覧
(14)福島第一原子力発電所 陸側遮水壁に関する報道について|お知らせ|東京電力ホールディングス株式会社
(15)2016年7月21日陸側遮水壁の状況(第一段階フェーズ2)(PDF 4.73MB)
(16)2016年7月22日タービン建屋東側における地下水及び海水中の放射性物質濃度の状況について(PDF 2.77MB)
(17)2016年6月10日タービン建屋東側における地下水及び海水中の放射性物質濃度の状況について(PDF 3.04MB)
(18)2016年5月13日タービン建屋東側における地下水及び海水中の放射性物質濃度の状況について(PDF 2.84MB)
(19)2016年4月15日タービン建屋東側における地下水及び海水中の放射性物質濃度の状況について(PDF 2.37MB)
(20)水力発電所の出力と有効落差の関係
(21)0℃でも凍らない水
(22)県CM 今年もTOKIO 23日から放映 農産物PR | 県内ニュース | 福島民報
(23)福島民報を7月23日に閲覧
(24)めげ猫「タマ」の日記 果物作りが盛んな、汚染された福島盆地
(25)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(26)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV」
(27)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(28)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(29)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(30)めげ猫「タマ」の日記 福島産について
(31)めげ猫「タマ」の日記 1(μSV/h)で葬式40%増、原発事故5年目の福島
(32)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(33)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月3週)―福島・モモはセシウム入り―
(34)フルーツランド北会津
(35)夏の収穫に感謝!「飯寺(にいでら)きゅうり祭り」(会津若松市) | ふくしま 新発売。
(36)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ
スポンサーサイト
  1. 2016/07/23(土) 19:49:57|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南相馬市小高、避難指示解除、ウラン238生成物は大丈夫?

 7月12日に福島県南相馬市小高等で避難指示が解除されました(1)。復興に向け頑張っている方もいるようです。福島第一ではウラン238の生成物によるダストモニタの警報が出ています(2)(3)。(=^・^=)なりに計算すると、この物質は時間と共に増えていきます。
 7月12日に福島県南相馬市小高等で避難指示が解除されましれ、常磐線の小高―原ノ町間が再開しました(1)。
事故から5年4ヶ月過ぎても汚染が広がる福島
 ※1 2015年11月時点の測定データを半減期を考慮し7月1日時点に換算
 ※2 (1)を転載
 図-1 南相馬市と常磐線

 復興にみ向けて頑張っている方もいるようです。もっとも頑張ったと思ったのが以下に示す高校1年生です。
福島の綺麗な女性(NHK)   福島の綺麗な女性(FCT)  福島の綺麗な女性(FTV)
 (a)NHK                       (b)FCT                          (c)FTV
 ※(1)を転載
 図―2 3局のインタビューに登場する福島の綺麗な女性

NHKの報道(7月12日19時台の番組)を見る限り電車を利用するですが、(c)図にあるように避難先から小高に来たようです。電車利用ですが、時刻表を見ると利用できる電車は
 原ノ町発 7:15
 小高着  7:25
 小高発  7:30
 原ノ町着 7:39
しかありません(4)。5分の間に電車降りて、3局のインタビューに応じ、再び電車で凄いスピーディな動きです。
 昨年の12月に南相馬市長が台湾を訪問したそうです。この時、市長と写真に写った女性がいます。
南相馬市長と写真に写る綺麗な女性 綺麗な女性の過去拡大
 (a)南相馬市長の3人の写真           (b)女性の顔を拡大
 ※(5)を引用
 図-3 南相馬市長と写真に写る綺麗な女性

 台湾で撮られた写真なので現地の方の可能性が高いと思いますが(同行者の可能性もあります)、ソフトムードを演出し南相馬市の復興に役立ったと思います。
 7月17日には南相馬市小高で朝市が開かれたそうです(6)。
福島県の綺麗な女性
 ※(7)をキャプチャー
 図-4 小高の朝市で活躍する綺麗な女性
 
 図の女性は相馬農業高校の生徒さんだそうです(6)。
 原発から11kmしか離れていない所でシイタケの栽培を再開した方もいます(8)。
福島第一から11km地点でシイタケ栽培を再開した除染
 ※(8)をキャプチャー
 図-5 福島第一から11kmの所でシイタケ栽培を再開した女性

 名前は泉恵子さんとおっしゃるそうです。

彼女達が意図したは分かりませんが、報道側には意図があるようです。図ー4で引用した番組の最後は以下の画面で終わっています。
最後に「嘘」に負けない勇気と放送したNNNの番組
※(8)をキャプチャー
 図-6 「噂に負けない勇気」と報じるNNN

避難指示が解除され若い女性が戻ることを印象づけたことだと思います。原発事故から5年4ヶ月以上が経過しましたが、今も福島の若いお母さんには放射線に対する不安が残っています(9)。彼女達の動きはそうした不安を除くのに一役かったと思います。
 でも(=^・^=)には心配な事があります。福島第一の空気中の放射性物質を監視するダストモニタ(11)が今年(2016)年6月1日と7月3日に空気中の放射性物質濃度が高くなったと警報だしています。原因となったのはビスマス214です(2)(3)。東京電力はビスマス214を「天然由来」と主張していますが(2)(3)、ウラン238から生まれる物質です。放射線を出して別の物質になることを「崩壊」と呼びますが(11)、ウラン238が崩壊してできた放射性物質はまた崩壊しやがてビスマス214に到達します(12)。物質の変遷を見ると
 ウラン238⇒トリウム234⇒ プロトアクチニウム234m⇒プロトアクチニウム234⇒ウラン234⇒トリウム230⇒ラジウム226⇒ラドン222⇒ポロニウム218⇒鉛214⇒ビスマス214
と崩壊を繰り返しビスマス214に到達します(12)。ここまでの過程は何段にも渡るのでそこそこ時間がかかります。
 放射性物質には「半減期」呼ばれるものがあります。放射線を出して半分になるまでの時間です(13)。この半減期を利用すれば、一定量のウラン238を想定した時にウラン238から生まれる放射性物質の量を計算することができます。仮に1ベクレルにウラン238があると仮定します。1ベクレルとは1秒間に1個の放射線がでることを指すので(14)、ウラン238は毎秒1個、1日で86,400個(60×60×24)がトリウム234の半減期は24.1日なので、翌日にはトリウム234は83、950個(86,400×0.5(1÷24.1))に減ります。減った2,450個はプロトアクチニウム234mに変わります。一方でウラン238は翌日も86,400個がトリウム234が加わるので、総量は17,0350個になります。この過程を丹念に追っていけばビスマス214の量を求めることができます。以下に(=^・^=)の計算結果を示します。
時間が経つと急激に増えるビスマス214(線形) 時間が経つと急激に増えるビスマス214(対数)
 (a)線形表示            (b)対数表示
 ※ 最初の警報が出た6月1日を1とした相対値
 図―6 ビスマス214の見積もり(相対値)

 図は最初に警報が出た6月1日を1とした相対値で示してます。図に示す通りビスマス214の量は今後もどんどん増えて行きます。
 福島原発事故前は福島第一のウラン238は5重の壁で守られていました(15)。ウラン238からビスマス214が出来ても、外に出ることはなかったはずです。原発事故によって5重の壁は一気に壊れました(16)。福島第一のウラン238はムキ出しで放置されています。今後もビスマス214は増え続けます。(=^・^=)は安全性たいする評価が必要だと思いますが、そのような評価は知りません。
 7月20日に原子力損害賠償・廃炉等支援機構は、東京電力福島第一原発の廃炉作業に関する新たな戦略プランの修正版を公表しました(17)(18)。そこには「石棺」の文字は消えていますたが
「燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)の取り出しの戦略の検討においては、燃料デブリ取り出し作業に付
随するリスク(作業中の不具合などに起因する放射性物質の漏えいや作業者の被ばくなど)が、
許容される範囲を超えるほど高い場合には、取り出し作業自体が正当化されないことに注意が必
要である。」
と記載しており(19)、燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)を取り出さない可能性も残しています。図―2から4に記載する女性達がパートナーを見つけ、子供を作り南相馬市で育てることもあると思います。その時に周りがビスマス214だらけになっていたら大変です。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島県の射線健康リスク管理アドバイザーの高村昇氏は、福島県の地方紙の福島民報に寄稿した「「放射線・放射性物質Q&A」(20)で「報告されていません」とか「考えにくい」を使っています。分からない事は無い事であり、調査の必要がないようです。ムキ出しで放置されたウラン238の例として、湾岸戦争で使われた劣化ウラン弾があります。これについて危険性を指摘する向きもあります(21)。ムキ出しで放置される福島のウランについても安全性を検討する必要があると思います。図-6に示すようにウラン238の生成物は時間と共に増大しそのリスクを増します。しかし評価される事はないと思います。5年4ヶ月間を見ているとこうした問題は「不安をあおる」とか(22)、「風評を助長」どか(23)で切り捨てられてきた気がします。調査され明確な結論が出ていかい事項は単なる『噂」です。「福島差別」等との論調もあります(24)。これでは福島の皆様は心配だと思います。
 7月20日に福島ではモモのタイへの輸出が始まり(25)、桃の主力品種「あかつき」の本格的な出荷も始まりました(26)。福島はモモの季節です(27)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(28)。でも福島県福島市のスーパーのチラシには福島産「モモ」ありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(29)を引用
 図―7 福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 南相馬市避難指示解除、NHKは見物人を使って「解除してくれてよかった」と放送
(2)福島第一原子力発電所の状況について(日報)|福島原子力事故に関する更新|東京電力ホールディングス株式会社
(3)福島第一原子力発電所の状況について(日報)|福島原子力事故に関する更新|東京電力ホールディングス株式会社
(4)JR常磐線 原ノ町駅~小高駅間の運転再開について - 南相馬市
(5)東日本大震災関連 « 台湾新聞 BLOG
(6)朝市で小高に活気 相馬農高生ら野菜など販売 | 県内ニュース | 福島民報
(7)スイッチ20160718 TUFchannel
(8)福島復興へ 女性シイタケ農家の思い|日テレNEWS24
(9)<原発事故>母親の放射線不安 今も根底に 2016年07月21日 河北新報
(10)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(6月1週)―凍土遮水壁に大穴―
(11)放射性崩壊 - Wikipedia
(12)ウラン系列 - Wikipedia
(13)半減期 - Wikipedia
(14)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(15)5重の壁 - Wikipedia
(16)【column】原子炉の構造と破られた5重の壁 - Case#3.11 地震≫原発≫復興 科学コミュニケーターとみる東日本大震災
(17)機構「石棺」文言を削除 第一原発廃炉プランの修正版公表 | 東日本大震災 | 福島民報
(18)原子力損害賠償・廃炉等支援機構 廃炉支援部門
(19)(18)中の「●「東京電力ホールディングス㈱福島第一原子力発電所の廃炉のための技術戦略プラン2016」」(http://www.dd.ndf.go.jp/jp/strategic-plan/book/20160720_SP2016FT.pdf)の4-2
(20)「放射線・放射性物質Q&A」アーカイブ | 東日本大震災 | 福島民報
(21)劣化ウラン弾 - Wikipedia
(22)報道を萎縮させる「原発タブー」を一人歩きさせない
(23)「美味しんぼ」の原発描写「風評被害助長、断固容認できない」
(24)みんゆうNet 原発災害・「復興」の影-【4】反原発デモに違和感や反感 「福島差別」を助長した側面(福島民友ニュース)
(25)福島県産モモ、タイへ第1便 風評払拭へ大きな一歩:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(26)トピックス | JAふくしま未来
(27)ふくしま 新発売。
(28)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(29)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ
  1. 2016/07/22(金) 19:44:50|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島産・スモモの価格差は広がる(2016年6月)、当然の結果です。

 東京中央卸売市場が2016年6月のスモモの取引価格を発表しました(1)。福島産と全国平均の価格差を見ると
 2014年6月  △60円安
 2015年6月  △90円安
 2016年6月 △121円安
で価格差が拡大しています。これは消費者の福島産に対する正しい理解が広がった結果であり、当然の事です。
 福島県は果樹王国と言われていますが(2)、福島県内全てで果物作りが盛んな訳ではありません。果物作りが盛んなのは、福島県内陸北部の福島盆地が中心です。ここは
 ①避難地域を除けば福島でも汚染が酷い。
 ②原発事故以降、6年連続でセシウム入り
 ③他県より低く出る検査で「安全」とされる。
 ④原発事故以降に葬式が増えている。
等の特徴があります(3)(4)。福島産果物が消費者に受け入れらるか興味があるところです。福島県のスモモの生産量は全国6位で(5)、スモモの生産がそこそこ盛んな所だと思います。ただし、福島県全域で栽培されているわけではなく福島盆地に属する伊達市と国見町(3)が中心です。
福島県のスモモの生産量
 ※(6)を集計
 図―1 福島県のスモモ生産量

 以下に伊達市と国見町の位置を示します。
除染が必要な区域が広がる福島県伊達市と国見町
 ※1(7)の数値データを元に(8)に示す手法で7月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(9)による
 図-2 福島県伊達市と国見町

 図に示す通りここは国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超える(10)地域が広く広がっています。以下に福島県伊達市・国見町産スモモのセシウム濃度を示します。
6年連続でセシウムが見つかる福島産スモモ
 ※1(11)を集計
 ※2 日付は収穫日
 ※3 NDは検出限界未満を示す。
 図-3 福島県伊達市・国見町産スモモのセシウム濃度

 図に示すように6年連続でセシウム入りです。
 以下にスモモの月別の卸売数量を示します。
6月から出荷が始まるスモモ
 ※(12)を編集
 図-4 スモモの月別の卸売数量

 図に示す通り6月から出荷が始まります。そこで福島産と全国平均の6月のスモモ価格を調べて見ました。
事故後は全国平均より安くなった福島産スモモ
 ※1(1)を集計
 ※2 2011、12、13年は福島産のデータはなし
 図-5 各年6月のスモモ価格の推移

 図に示す通り原発事故前は福島産スモモは全国平均より高値で取引されていましたが、原発事故後は下回るようになりました。全国平均との価格差を見ると
 2014年6月  △60円安
 2015年6月  △90円安
 2016年6月 △121円安
で価格差が拡大しています。これは消費者の福島産に対する正しい理解が広がった結果であり、当然の事です。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 セシウムは福島産スモモだけでなくモモからも見つかっています(12)。福島の皆様は不安だと思います。
 7月20日に福島ではモモのタイへの輸出が始まり(13)、桃の主力品種「あかつき」の本格的な出荷も始まりました(14)。福島はモモの季節です(15)。福島県福島市の市の花は「モモ」です(16)。福島市はモモの栽培が盛んな市です(17)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(18)。でも福島県福島市のスーパーのチラシには福島産「モモ」ありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
※(19)を引用
 図―6 福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。



―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)東京都中央卸売市場-統計情報検索を「果実」⇒「すもも類」で検索
(2)果樹王国 - Wikipedia
(3)めげ猫「タマ」の日記 果物作りが盛んな、汚染された福島盆地
(4)めげ猫「タマ」の日記 今年(2016年)も、福島産果物はセシウム入り
(5)すもも(スモモ)収穫量ランキング: 教えて!全国ランキング 2016  ~都道府県ランキング 日本の統計~
(6)作物統計調査>市町村別データ>平成18年産市町村別データ>年次>2006年
(7)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV」
(8)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(9)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(10)その他|東京都環境局 その他について
(11)報道発表資料 |厚生労働省
(12)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月3週)―福島・モモはセシウム入り―
(13)福島県産モモ、タイへ第1便 風評払拭へ大きな一歩:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(14)トピックス | JAふくしま未来
(15)ふくしま 新発売。
(16)市の木・花・鳥、市民憲章について - 福島市ホームページ
(17)統計データ
(18)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(19)イトーヨーカドー 福島店
  1. 2016/07/21(木) 19:42:52|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月3週)―福島・モモはセシウム入り―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。7月3週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかりセシウム汚染食品が見つかっています(4)。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数960件中30件の基準超え(全体の3.1%)
  ②平均は、1キログラム当たり9.2ベクレル、最大960ベクレル(福島県イノシシ)。
事故から5年4ヶ月以上が過ぎても見つかり続けるセシウム汚染食品
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2016年7月3週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県


 危険なセシウム汚染食品が福島・栃木で見つかっています。今週のデータを見ると
 ①宮城のヒラメからはセシウム、福島・相馬は28件全てがND
 ②福島・須賀川市で「きうり天王祭」、主力の露地栽培の検査結果はありません。
 ③福島・モモはセシウム入り
等の特徴があります。

1.宮城のヒラメからはセシウム、福島・相馬は28件全てがND
 先週の記事で宮城県産ヒラメからはそこそこセシウムが見つかっているのに、宮城県に隣接する福島県相馬地方のヒラメが全て検出限界未満との報告をしましたが(4)、データが追加になったので再度記載します。
宮城では見つかるが福島相馬では見つからないセシウムの検査結果
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満を示す
 ※3 日付は捕獲日ないし購入日
 図―2 ヒラメのセシウム濃度

 以下に相馬地方などを示します。
宮城県に隣接する福島・相馬地方、除染が必要な場所が広く広がる伊達市、二本松市、須賀川市
※1(7)の数値データを元に(8)に示す手法で7月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(9)による
 ※3 相馬地方の範囲は(10)による。
 ※4 集計は6月以降、7月19日発表分まで
 図-3 本記事で取り上げる地域

 宮城県でセシウム入りヒラメが見つかるのに、汚染源に近い福島県相馬地方で見つからないなどおかしな話です。宮城県産ヒラメは複数の検査機関で検査されており、このうち(株)総合水研究所、(財)日本冷凍食品検査協会、(財)新潟県環境分析センター、ユーロフィン日本環境(株)の検査でセシウムが見つかっています(1)。複数の検査機関でセシウムが見つかっり検査結果が一致してるので正しい検査です。一方で福島県相馬地方産ヒラメの検査は福島県農林水産部に属する「福島県農業総合センター」が全てを実施しています(1)。ここは福島県農林水産部に属し(11)、中立性に疑問があります。そして福島産の農水産物の検査を一手に実施しています。
 福島産は他より低く出る検査で「安全」とされ出荷されます。

2.福島・須賀川市で「きうり天王祭」、主力の露地栽培の検査結果はありません。
 福島県を代表する夏野菜にキュウリがあります。主産地は伊達市、二本松市、須賀川市等です(12)。このうち、須賀川市では同市の特産品であるキュウリ(13)をメインテーマにした「きうり天王祭」が7月14日に開かれました(14)。福島はキュウリのシーズンです。
 図―3に示す通り3市には国が除染が必要とする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた地域が広く広がっています。特に伊達市が属する福島盆地(15)や二本松市が属する安達地区(16)では原発事故直前の2010年3月~11年2月に比べ事故後5年目の2015年3月~16年2月の葬式が増えています。
キュウリ栽培が盛んな安達や福島盆地で増えている福島の葬式
 ※(17)を転載
 図―4 原発事故直前の1年間に対する5年目の葬式増加率

 図に示す通り安達や福島盆地では葬式が増えていますが、福島県内でも汚染がマシな所ではそれ程には増えていません。確り検査して欲しいと思います。
 福島県のキュウリは露地栽培が中心です(18)。そこで施設(ハウス)栽培を除くキュウリの検査結果を調べてみました。キュウリの主産地の主産地は伊達市、二本松市、須賀川市産キュウリの検査結果が出てきません(1)(20)。
 福島産は汚染が酷く、葬式が増えた産地の検査が避けられ「安全」とされ出荷されます。

3.福島・モモはセシウム入り
 福島を代表する果物にモモがります(12)。福島のモモは7月から9月がシーズンですが、暁星⇒あかつき⇒川中島白桃・ゆうぞらと品種を変えていきます。主力はあかつきだそいです(21)。あかつきの出荷が今日(7月20日)から始まります(22)。福島はモモのシーズンです(23)。以下に福島産モモの2015年以降の福島県よる検査結果を示します。
突然にセシウムが見つかり出した福島産モモ
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満を示す
 ※3 日付は収穫日
 図―5 福島産モモのセシウム濃度

 図に示す通り、福島産のモモは昨年(2015年)はセシウムが見つからなかったのですが、今年(2016年)のモモはセシウム入りです。それでも、福島県の地方紙の福島民報は福島産モモからセシウムが見つかっていない旨の記事を掲載し続けています(24)。
 福島県福島市は市の花をモモ(25)にするほどにモモの栽培が盛んなん市です(26)。主力のあかつきの出荷が始まります(22)。検査結果が気になる所です。今年の福島県福島市のモモの検査結果は6月29日に収穫された物が1件あるだけです(1)(27)。時期からみて主力の「あかつき」でなく、早稲品種の「暁星」のようです(28)。地元の農協の自主検査結果にはモモは含まれていません(29)。主力品種は検査されずに出荷が始まっているようです。福島市が属する福島盆地は避難地域に次いで汚染が酷く、葬式が増えています(15)。それでも福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(30)。
 セシウムが突然見つかったのは福島産モモだけではありません。南相馬市小高は7月12日に避難指示が解除されました(31)。早々に朝市が復活したそうです(32)。その様子を福島のローカルTV局(TUF)が配信していました。
カボチャが出品された南相馬市小高の朝市
 ※(33)をキャプチャー
 図-6 「カボチャ」が出品された南相馬市の朝市

 図に示す通り「カボチャ」が出品されています。以下に南相馬市産カボチャのセシウム濃度を示します。
 突然にセシウムが見つかり出した福島県南相馬市産カボチャ
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満を示す
 ※3 日付は収穫日
 図―7 福島県南相馬市産カボチャのセシウム濃度

 しばらく検出限界未満が続いていたのですが、突然にセシウムが見つかりだしました。
 福島産はセシウム濃度が上昇する事があります。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・セシウム汚染が酷い産地を避けた検査で安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事もある福島産
 これでは福島の皆様は不安だと思います。福島は今はモモのシーズンであることは本文に記載した通りです。今年の福島のモモは「糖度が12度以上あり甘さは充分」との事です(34)。でも福島県南相馬市のスーパーのチラシには福島産モモはありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県南相馬市のスーパーのチラシ
※(35)を引用
 図―8 福島産モモが無い福島県南相馬市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県南相馬市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第990報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月2週)―福島・エゾボラモドキから13.1ベクレル、福島県検査は122件全数ND―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV」
(8)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(9)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(10)相馬地方とは | 相馬広域観光案内
(11)農林水産部 - 福島県ホームページ
(12)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(13)きうり天王祭/須賀川市公式ウェブサイト
(14)無病息災キュウリに願う 須賀川で「きうり天王祭」 | 県内ニュース | 福島民報
(15)めげ猫「タマ」の日記 果物作りが盛んな、汚染された福島盆地
(16)めげ猫「タマ」の日記 福島産について
(17)めげ猫「タマ」の日記 1(μSV/h)で葬式40%増、原発事故5年目の福島
(18)東京都 JA全農東京-月報 野菜情報−産地紹介−2014年5月
(19)農林水産物モニタリング情報 - ふくしま新発売。
(20)(19)を「キュウリ 」と「二本松市、伊達市、須賀川市」で7月20日に検索
(21)食べ頃カレンダー
(22)トピックス | JAふくしま未来
(23)ふくしま 新発売。
(24)放射線 放射性物質 Q&A 本県産のモモからセシウムは検出されているのか | 東日本大震災 | 福島民報
(25)市の木・花・鳥、市民憲章について - 福島市ホームページ
(26)統計データ
(27)(19)を「果物」⇒「モモ」、「福島市」で7月20日に検索
(28)暁星(早生あかつき)(期間:7/15~7/25)予約販売 - 大野農園
(29)農作物自主検査 | 農業 | JAふくしま未来
(30)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(31)めげ猫「タマ」の日記 南相馬市避難指示解除、NHKは見物人を使って「解除してくれてよかった」と放送
(32)朝市で小高に活気 相馬農高生ら野菜など販売 | 県内ニュース | 福島民報
(33)スイッチ20160718 TUFchannel
(34)トピックス | JAふくしま未来
(35)Webチラシ情報 | フレスコキクチ中の「鹿島店」(http://fresco-k.com/okaidoku/03/tirasi.pdf)。

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2016/07/20(水) 19:44:15|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島健飯舘村、避難指示解除決定、村の崩壊が始まった

  全村避難が続く福島県飯舘村が先月(2016年6月)に来年3月の避難指示解除がきまりました(1)。6月中の避難者の増減は
 6月1日時点 6,707人(2)
 7月1日時点 6,180人(3)
で、8%減です。年に直すと60%以上の減になります。避難指示解除決定で村民は帰還か避難先への定住かを迫られ、避難先への定住を選んだようです。避難指示解除決定で飯舘村村の崩壊が顕在化したようです。
 福島県飯舘村は福島県北部に位置する山村です(4)。
事故から5年4ヶ月過ぎても汚染されたままの福島県飯舘村
 ※1(5)の数値データを元に(6)に示す手法で5月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(7)による
 図-1 福島県飯舘村

 図に示す通り、原発事故から5年3ヶ月以上が経過した今も汚染されたままです。ただし避難地域に指定されたのは事故から1ヶ月後の2011年4月11日で、避難が完了したのが同年6月22日で(3)、いわば逃げ遅れた「村」です。
 以下に福島第一原発事故以降の飯舘村の赤ちゃん誕生数を示します。
原発事故後に女の子が多く生まれるようになった福島県飯舘村
※(8)を集計
 図―2 福島県飯舘村の累積の赤ちゃん誕生数

 図に示す通り女の子が多く生まれています。原発事故があった2011年3月から16年5月末を集計すると
 男の子 115人
 女の子 155人
で、女の子が多くなっています。(=^・^=)が過去の記事にした手法(9)で偶然に起こる確率を計算したら1%なので、偶然を言うには無理があります。通常は男の子が多く汲まれるので(10)、異常な事態です。福島県飯舘村の女性は子供はともかく、男の子は産めなくなったようです。男の子でも女の子でも生まれてくれば良いと多くの方が考えるでしょうし、福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても綺麗です。
福島の綺麗な女性
 ※(11)を引用
 図―3 福島の綺麗な女性

 むしろ好ましいと考える方もいると思います。でも、放射線影響研究所は広島や長崎で遺伝的影響が出ていない根拠の一つに生まれて来る赤ちゃんの男女比に異常がなかったことを挙げていまが(12)、飯舘村では確り異常が起こっています。
 先月(2016年6月)に飯舘村の来年3月の避難指示解除が正式に決まりまあした(1)。これまでの例を見ると避難指示が解除されると避難者へのサポートが打ち切られます。昨年、9月に避難指示が解除された福島県楢葉町の例をみると以下の通りです。
 2015年9月 避難指示解除(13)
 2017年3月 避難先の小中学校、こども園の閉鎖予定(14)
 2018年3月 避難による賠償打ち切り(15)、避難先の住宅提供終了予定(16)。
です。同様に飯舘村では
 2016年7月 避難先の役場を閉鎖し、飯舘村内に移転(17)
 2017年3月 避難指示解除(1)
 2018年3月 避難先の小中学校の閉鎖予定(18)、賠償打ち切り(19)
まで決まっています。楢葉町の例からしてそのうち避難先での住宅提供も終わるともいます。これで避難者保護を主眼においた「福島亡命役場」(20)の機能が失われます。飯舘村村民は避難先に定住するか村へかえるかの決断を迫られると思います。
 以下に飯舘村が発表している同村からの避難者数の推移を示します。
6月中に急に減った飯舘村の避難者数
 ※(2)(3)にて作成
 図-4 飯舘村避難者数推移

 図に示す通り、避難指示解除が決まった6月から7月にかけて大幅に減っています。
6月中の避難者の増減は
 6月1日時点 6,707人(2)
 7月1日時点 6,180人(3)
で、8%減です。年に直すと60%以上の減になります。以下に飯舘村の福島県内に避難されている方の避難先での居住形態を示します。
飯舘村避難者の居住形態
 ※(2)(3)を集計
 図-5 飯舘村村民避難先の居住形態


 図に示す通り借上等が減り自宅取得を含む個人手配が増え、4割を超えました。これからも増えて行きそうです。避難指示解除決定で村民は帰還か避難先への定住かを迫られ、避難先への定住を選んだようです。避難指示解除決定で飯舘村村の崩壊が顕在化したようです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 図-1に示す通り、事故から5年4ヶ月以上が過ぎましたが飯舘村の放射線量は高いままです。それでも安倍出戻り内閣は避難指示解除や賠償打ち切りを決めました。
 福島県いわき市で7月16日に海開きが行われました(21)。これについて柏崎刈羽原発の再稼働問題を抱える新潟県(22)の地方紙の新潟日報は
 「福島の海 風評被害は依然深刻、本県関係者『人ごとではない』」
と報じていました(23)。こうした報道がふえれば原発の再稼働は困難になっていきます。現在は唯一原発が稼働している鹿児島県では脱原発派の知事が誕生します(24)。アメリカのバイデン米副大統領が中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席に
 「日本が明日にでも核を保有したらどうするのか。彼らはほとんど一夜で核を開発する能力がある」
と語ったそうです(25)。日本の原子力技術は日米の安全保障戦略に重要な意味がありそうです。日米の安全保障戦略を重視するなら「原発再稼働」は重要なテーマです。それを急ぐ方もいると思います。そのような方にとって福島原発事故の影響は小さく見せる必要があると思います。当然ながら安全であろうが無かろうが「安全」と叫び、避難指示を強引に解除し、賠償を打切り、さらには避難先の住宅提供も終わらすと思います。これでは福島の皆様は不安だと思います。
 福島を代表する果物にモモがあります(26)。福島県は6月下旬からモモの出荷が始まり(27)、モモの季節を迎えました(28)。甘さも十分だそうです(27)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(29)。でも福島県棚倉町のスーパーのチラシには福島産「モモ」ありません。
他県産はあてっも福島産モモが無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ
 ※(30)を引用
 図―6 福島産モモが無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県棚倉町の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)描けぬ将来図 揺れる長泥の住民 帰還困難区域近く見通し | 東日本大震災 | 福島民報
(2)平成28年6月1日までの村民の避難状況 | 飯舘村災害情報サイト
(3)平成28年7月1日現在の村民の避難状況について | 飯舘村災害情報サイト
(4)飯舘村 - Wikipedia
(5)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(6)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(7)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(8)福島県の推計人口(平成28年5月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(9)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(10)出生性比
(11)スイッチ20160718 TUFchannel
(12)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 - 放射線影響研究所
(13)避難指示解除に係る町長メッセージ|楢葉町公式ホームページ
(14)29年春の町内再開決定 楢葉の小中3校 | 東日本大震災 | 福島民報
(15)<原発事故>賠償請求断念 節目の給付 | 河北新報オンラインニュース2016/05/29
(16)東日本大震災に係る応急仮設住宅の供与期間の延長について(平成28年7月15日公表) - 福島県ホームページ
(17)飯舘村役場、5年ぶり村内で再開 「までいの村」復興へ前進:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(18)飯舘村避難指示来年3月末解除 学校再開は30年4月 | 東日本大震災 | 福島民報
(19)福島避難指示「解除遅れなら賠償の延長を」河北新報-2015/12/05
(20)めげ猫「タマ」の日記 福島亡命役場
(21)夏本番 ビーチに歓声! 勿来、四倉で海開き | 県内ニュース | 福島民報
(22)東京電力ホールディングス株式会社|企業別一覧|東京電力報
(23)福島の海 風評被害は依然深刻|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア
(24)鹿児島県に脱原発知事が誕生したのは衝撃だ | 原発再稼働の是非 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
(25)木語:頭越しの米中核論議=坂東賢治 毎日新聞 2016年06月30日
(26)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(27)トピックス | JAふくしま未来
(28)ふくしま 新発売。
(29)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(30)エコス/棚倉店のチラシと店舗情報|シュフー Shufoo! チラシ検索
  1. 2016/07/19(火) 19:41:37|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ