めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島、特急リバティ出発、未来は暗い

 東京・東武浅草と福島県南会津町の会津鉄道・会津田島駅の間て昨日(4月21日)から直通の特急列車のリバティ会津の運行が始まりました(1)。これについて福島のマスコミは社説(2)(3)で期待感を論じていました。でも沿線の人口は減り続け、事故後に減った観光客も回復していません。未来は暗いようです。
 会津鉄道は福島県を走る3セク鉄道で、西若松駅(会津若松市)と会津高原尾瀬口(南会津町)を結ぶ57.4kmの鉄道です(4)。
会津鉄道線
 ※1 (5)のデータを(6)に示す手法で4月1日に換算
 ※2 避難区域は(7)による
 図-1 会津鉄道

 西若松駅で只見線と接続しており、会津高原尾瀬口では野岩鉄道に接続しており、時刻表を見ると主にJR只見線会津若松駅 - 会津田島駅間を結ぶ普通列車と、東武鉄道鬼怒川温泉方面と会津田島駅間を結ぶ普通列車により構成されいます(8)。また会津田島から南(浅草方面)は電化されています(4)。
 東京・東武浅草と福島県南会津町の会津鉄道・会津田島駅の間て昨日(4月21日)から直通の特急列車のリバティ会津の運行が始まりました(1)。
福島では南会津町しか走らないリバティ会津
 ※1 (5)のデータを(6)に示す手法で4月1日に換算
 ※2 避難区域は(7)による
 図-2 リバティ会津の運行区間

これについて福島のマスコミは社説で
「4往復の各列車とも乗車率はまずまずで、出足は好調だ。この勢いを年間を通して維持できるよう、誘客作戦と積極利用策を強化していきたい。」(2)

「 東武鉄道の新型特急「リバティ会津」が運行を開始した。会津の春の訪れとともにやってきた特急電車が、たくさんの観光客を会津、さらには県内各地へ、いざなってくれることを期待したい。」(3)
と期待感を論じていました。だけど状況は厳しいようです。
 時刻表(8)を見ると福島県内の停車駅は全て南会津町です。ここから先(下郷町や会津若松市)に行くには連絡列車に乗り換える必要があります。従前にも東武鉄道鬼怒川温泉駅で東武特急に連絡する列車があったので(9)、南会津町以外の駅を利用する人には恩恵がありません。福島県檜枝岐村には鉄道は走っていませんが、会津高原尾瀬口が最寄の駅のようなので(10)、南会津町と檜枝岐村の皆さんにはメリットがあるのでしょうか?以下に福島県南会津町と檜枝岐村の人口を示します。
人口減少が続く福島県南会津町・檜枝岐村
 ※(11)(12)(13)(14)にて作成
 図―3 福島県南会津町と檜枝岐村の人口

 図に示すようにどんどん減っています。以下に観光客入り込み数を示します。
事故後に減少したままの福島県南会津町・檜枝岐村の観光客数
 ※(15)にて作成
 図―4 福島県南会津町と檜枝岐村の観光客入り込み数

 図に示す通り事故前は120万人前後でしたが、事故後は80万人程度に減り回復の兆しがありません。沿線人口が減り観光客が来なくなればリバティ会津に乗る人はおらず未来は暗いと思います。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 図―4に示すように福島の観光客の回復の兆しは無く、多くに方が福島を避けています。これは福島の皆様も同じだと思います。
 福島を代表する春野菜にアスパラガスがあります。今が季節です(16)。福島のアスパラガスは甘~くて美味しいそうです(17)。福島県は福島産アスパラガスは「安全」だと主張しています(18)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産アスパラガスはありません。
他県産はあっても福島産アスパラガスが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(19)を引用
 図―5 福島産アスパラガスが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)リバティ会津出発 首都圏へ特急直結 会津田島-浅草駅間 | 県内ニュース | 福島民報
(2)【リバティ運行】会津全域に効果を(4月22日) | 県内ニュース | 福島民報
(3)【4月22日付社説】リバティ会津発車/周遊型の観光増やす弾みに:社説:福島民友新聞社 みんゆうNet
(4)会津鉄道会津線 - Wikipedia
(5)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成28年9月14日~11月18日測定) 平成29年02月13日 (KMZ, CSV)」
(6)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2016年)
(7)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(8)時刻表 │ 会津鉄道-会津鉄道で行く、会津の列車たび
(9)AIZUマウントエクスプレス - Wikipedia
(10)会津高原尾瀬口駅 - Wikipedia
(11)南会津町 - Wikipedia
(12)檜枝岐村 - Wikipedia
(13)平成27年国勢調査 人口等基本集計結果(確定値)について - 福島県ホームページ
(14)福島県の推計人口(平成29年3月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(15)福島県観光ホームページ 統計資料一覧 - 福島県ホームページ
(16)春 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(17)南会津の特産品あれこれ「アスパラガス」 - 福島県ホームページ
(18)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(19)イオン福島店
スポンサーサイト
  1. 2017/04/22(土) 19:40:59|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

福島第一サブドレン、トリチウム排出量倍増

 東京電力の発表(1)(3)を集計するとサブレドンからのトリチウム排出量が1月の1日当たり3億ベクレルから4月は6億ベクレルに倍増しました。そして福島第一港湾口の海水からは2週連続でトリチウムが見つかっています(4)(5)。サブドレンの処理能力倍増工事が終わり(6)、今後も排出量は増える筈です。福島の海のトリチウム汚染はこれから本格化します。
 サブドレンは、原子炉建屋とタービン建屋近傍にある井戸のことです。福島第一では、サブドレンで地下水をくみ上げることにより、原子炉建屋およびタービン建屋へ流入する地下水が低減することが期待できます。 また、海側に流れ込む地下水についても、海側遮水壁を設置してせき止め、護岸に設置した井戸(地下水ドレン)によりくみ上げます。汲み上げた水は浄化装置を通した後で、福島の海に放出されますが、トリチウムは浄化されてること無くそのまま福島の海に放出されます(7)。
 以下にサブドレン排水のトリチウムン濃度を示します。
上昇するサブドレン排水のトリチウム濃度
 ※(3)を集計
 図-1 サブドレン排水のトリチウム濃度

 図に示すように徐々に上昇していき最近は1リットル当たり1000ベクレル程度で推移しています。海洋汚染が心配です。
 濃度×排水量でトリチウムの排出量を求めることができます。以下に月別の1日当たりのトリチウム排出量を示します。
排出量が増加傾向にあるサブドレンのトリチウム
 ※1(1)(3)を集計
 ※2 4月は16日まで
 図―2 サブドレンの1日当たりのトリチウムの排出量

 図に示す通り1月は1月の1日当たり3億ベクレル程度でしたが、4月は6億ベクレル近くになり、ほぼ倍増しました。
 以下に港湾口のトリチウム濃度を示します。
2週連続でトリチウムが見つかった福島第一港湾口
 ※1(8)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す。
 図―3 港湾口のトリチウム濃度

 図に示すように1~3月は殆どで検出限界未満(ND)だったのですが、4月に入り2週連続でトリチウムが見つかっています。サブドレンの処理能力を強化する工事が完了し、処理能力が倍増したそうです(6)。これからますます福島の海のトリチウム汚染が酷くなりそうです。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 事故から7年目になりましたが、福島第一から海への放射能漏れは止まる気配がありません。福島の皆様は不安だと思います。
 福島県二本松市のお酒が「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017」のスパークリングSAKE部門で4年連続の最高金賞に輝いたそうです(9)。同市の酒造メーカーは「安全」だと主張しています(10)。でも、福島県二本松市のスーパーのチラシには福島産酒はありません。
福島産お酒が無い福島県二本松市のスーパーのチラシ
 ※(11)を引用
 図―4 福島産酒が無い福島県二本松市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県二本松市の皆様を見習い「フクシマ産」は飲食しません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)集水タンク・一時貯水タンクの運用状況|東京電力
(2)報道配布資料|東京電力
(3)(2)中の「サブドレン・地下水ドレン浄化水分析結果 」
(4)2017年4月11日福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(PDF 500KB)
(5)2017年4月18日福島第一原子力発電所構内排水路のサンプリングデータについて(PDF 1.32MB)
(6)<福島第1>地下水浄化2系列に 処理能力倍増 | 河北新報オンラインニュース
(7)サブドレン・地下水ドレンによる地下水のくみ上げ|東京電力
(8)(2)中の「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果 」
(9)4年連続最高金賞 二本松の人気酒造 ワイングラスでおいしい日本酒 | ホッとニュース | 福島民報
(10)NINKI INC. : 人気酒造 :
(11)店舗・チラシ検索|ベイシア beisia 豊かな暮らしのパートナー
  1. 2017/04/20(木) 19:37:48|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島産を許容する郡山市の2016年度の葬式は16%増(対2009年度)、相馬・南相馬は別

 福島県のひらた中央病院が発表したアンケート結果(1)を(=^・^=)なりに集計すると、福島産米や野菜を共に許容する割合は
  福島県郡山市  46%
  福島県相馬市・南相馬市 7%
で、郡山市が断然に多くなっています。郡山市の2016年度中の人口動態(2)が全て発表になったので(=^・^=)なりに集計してみました。郡山市の2016年度の葬式(死者数)は
 事故前(2009年度) 2,776人
 2016年度      3,210人
で、事故前に比べ16%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら1億分の2でした。
一方で福島県が発表している相馬市・南相馬市の各年4月から翌年2月の人口動態(3)を集計したら
 2009年度(2009年4月~10年2月)1,216人
 2016年度(2016年4月~17年2月)1,144人
で増えていません。
 原発事故で福島は汚染されました。
事故7年目も汚染されたままの福島
 ※1 (4)のデータを(5)に示す手法で4月1日に換算
 ※2 避難区域は(6)による
 図-1 郡山市・相馬市・南相馬市といわき市

 事故から7年目ですが、図に示す通り福島では 国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超える(7)地域が広がっています。事故から7年目の福島は汚染されたままです。それでも安倍出戻り総理、福島県、東京電力は「福島産」は「安全」であり(8)(9)(10)、これを避ける行為は「風評被害」だと主張しています(11)。でもこの方達は事故前には原発は「安全」であると主張していました(12)(13)(14)。
 安倍出戻り総理は事故前に
「(原発の安全について)御指摘のような事態が生じないように安全の確保に万全を期しているところである。」と言っています(12)。でもその後の事故報告書で万全期していない事が明らかになりました(15)(16)。
 福島県は2011年1月に、福島第一原発3号で進められているプルサーマル計画について「安全」だと発表しました(9)。でも2にヶ月後には「大爆発」です。
 この方達の言い分を信じて良いか疑問です。そこで(=^・^=)なりに調べて見ることにしました。福島産を避けている地域とあまり避けていない地域を比較し、両者に差が無ければ福島産は「安全」、避けていない地域に「異常」あるのに、避けている地域では「異常」がなければ安全とは言えないです。
 福島県内でも福島産に対しては温度差がるようです。福島県郡山市は事故があった2011年度産米すら「安全」だとして学校給食に使い(17)、子供達に強制的に食べさせました。一方で福島県南相馬市では事故から6年近くが過ぎましたが、地元産や近隣の米を使っていません(18)。
 福島県のひらた中央病院が福島産米や野菜を避けるか、避けないかのアンケート結果を発表しています(1)。以下に結果を示します。

 表ー1 福島産米や野菜を許容すかのアンケート結果
 ※ (1)を集計
福島産許容する割合が多い郡山市、少ない相馬・南相馬市

 表に示す通り、地域によって大きな差があります。相馬市・南相馬市では福島産米と野菜を共に許容する方は7%ですが、郡山市では46%の方が共に許容しています。いわき市はその中間です。そこで郡山市と相馬・南相馬市の葬式(死者)数を比較してみました。
 各年度の福島県郡山市の葬式数を示します。
 それなりに増えた福島県郡山市の葬式
※1(2)を各年度月について集計
 ※2 震災犠牲者は(19)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―2 福島県郡山市の各年度の葬式(死者)数

郡山市の葬式(死者数)は
 事故前(2009年度) 2,776人
 2016年度      3,210人
で、事故前に比べ16%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら1億分の2でした。
 以下に相馬・南相馬市の各年3月~翌年1月までの葬式数を示します。
増えていない相馬市・南相馬市の葬式
 ※1 (3)を各年4月~翌年2月で集計
 ※2 震災犠牲者は(19)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 ※3 相馬市・南相馬市の合計
 図―3 福島県相馬市・南相馬市の各年4月~翌年2月の葬式(死者)数

 この集計は福島県発表のデータ(3)を元にしていますが、今の所(4月19日時点)で今年2月中の発表がないので1月までとしました。相馬市・南相馬市の各年4月から翌年2月の人口動態(3)を集計したら
 2009年度(2009年4月~10年2月)1,216人
 2016年度(2016年4月~17年2月)1,144人
で増えていません。
 各年3月から翌年2月の福島県いわき市の葬式数を示します。
そこそこ増えた福島県いわき市の葬式
 ※1(20)を各年度で集計
 ※2 震災犠牲者は(19)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―4 福島県いわき市の各年度の葬式(死者)数

 郡山市の葬式(死者数)は
 事故前(2009年度) 3,802人
 2016年度      4,242人
で、事故前に比べ13%増えています。表―1とこれらの結果をまとめると以下の図ができました。
福島産を許容する程に増える葬式
 ※表―1と本文で作成
 図―5 葬式(死亡)増加率と福島産を許容する割合

 図に示すように福島産を許容する地域程、葬式が増えています。以下に相関図を示します。 
直線状に並ぶ葬式増加率と福島産許容率のプロット
※表―1と本文で作成
 図―6 葬式(死亡)増加率と福島産を許容する割合の相関

 綺麗に直線状に並んでいます。なんか
  福島産、食べて応援、あの世行
って感じです。
 以下に郡山市について偶然に起こる確率の計算結果をしめします。
 
 表―2 偶然に起こる確率の計算結果
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事(21)による。
有意差検定表
<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島産の扱いは色々と議論があると思います。安全に疑念があるなら敢て福島産を食べる事はないと考えるのが普通ではないでしょうか?少なくとも福島の皆様はそのように考えていると思います。
 福島県が力を入れている農畜産物に牛肉があります(22)。福島県相馬市は産地の一つです。同市辺りの牛肉は福島県内の枝肉共励会などで優秀な成績を収めています(23)。福島県は福島産牛肉は「安全」だと主張しています(24)。でも、福島県相馬市のスーパーのチラシには福島産牛肉はありません。
他県産はあっても福島産牛肉が無い福島県相馬市のスーパーのチラシ
 ※(25)を引用
 図―7 福島産牛肉が無い福島県相馬市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県相馬市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(2)郡山市の現住人口/郡山市
(3)福島県の推計人口(平成29年3月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(4)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成28年9月14日~11月18日測定) 平成29年02月13日 (KMZ, CSV)」
(5)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2016年)
(6)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(7)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(8)安倍内閣総理大臣 東日本大震災三周年記者会見 | 首相官邸ホームページ
(9)農林水産物 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(10)2015年1月16日(いわき市漁協組合員説明会資料)風評被害対策について(PDF 325KB)
(11)福島県風評・風化対策強化戦略について - 福島県ホームページ
(12)衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書
(13)福島第一原子力発電所3号機におけるプルサーマル実施に係る安全確認 - 福島県ホームページ
(14)原子力安全・品質保証会議|東京電力
(15)日本政府、事故調、東京電力発表報告書
(16)国会事故調 | 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会のホームページ
(17)JA郡山市|事業PR
(18)学校給食食材等放射能分析結果(平成28年12月) - 南相馬市中の•学校給食食材等放射能分析結果 グループD [36KB pdfファイル]No2
(19)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(週1回更新) - 福島県ホームページ
(20)地区別世帯数・男女別人口 | いわき市役所
(21)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(22)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(23)特産品情報 | 地区別くらし情報 そうま地区 | JAふくしま未来
(24)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(25)Webチラシ情報 | フレスコキクチ中の「相馬店」
  1. 2017/04/19(水) 19:42:03|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(4月3週)―千葉産ブリからセシウム、福島産は74件連続ND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。4月3週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(4)。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
 ①検査数694件
 ②平均は、1キログラム当たり2ベクレル、最大92ベクレル(福島産イワナ)。

 基準超はありませんが、今週のデータを解析すると 
 ①千葉産ブリからセシウム、福島産は74件連続ND
 ②安倍出戻り総理が福島・楢葉町のヨーグルトを試飲、検査結果はありません。
 ③福島市産イワナのセシウムは上昇中
との特徴が読み取れ、およそ安心できるものではありません。

1.千葉産ブリからセシウム、福島産は74件連続ND
 千葉産ブリからセシウムが見つかったと発表がありました(8)。福島産が気になります。以下にブリの検査結果を示します。
他県産では見つかっても福島産ブリからは見つからないセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 図―1 ブリの検査結果

 図に示す通り千葉の他に北海道、青森、岩手、宮城、茨城産ブリからセシウムが見つかっているのですが、何故か福島産からは見つかっていません。厚生労働省の発表(1)を数えると福島産は74件連続で検出限界未満です。
 従前の記事で福島産スズキからセシウムが見つかからないのに、他県産では見つかっている旨の記事を書きました。今週も千葉産スズキからセシウムが見つかりました(9)。一方で福島産からは見つかっていません(11)。以下にスズキの検査結果を示します。
他県産では見つかっても福島産スズキからは見つからないセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 ※4 淡水は除く
 図―2 スズキの検査結果

 千葉だけでなく、宮城産や茨城産のスズキからもそこそこセシウムが見つかっています。今回の発表を加えると97件連続で検出限界未満(ND)です。
 ブリにしてもスズキにしても汚染源がある福島産から見つからないのに他県産で見つかるなどはおかしな話です。ブリ、スズキやマダラを含め福島産の農水産物を検査しているのは厚生労働省の発表(1)を見ると福島県農林水産部に所属する「福島県農業総合センター」です(12)。中立性に疑問があります。
 福島産は他よりも低い値が出る検査で「安全」とされ出荷されます。

2.安倍出戻り総理が福島・楢葉町のヨーグルトを試飲、検査結果はありません。
 4月8日に安倍出戻り総理が福島県楢葉町を訪れ、ヨーグルトを試飲したそうです(13)。
事故から7年目も除染が必要な福島県楢葉町
 ※1(14)の数値データを元に(15)に示す手法で4月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(16)による
 図-3 福島県楢葉町

 図に示す通り福島県葛尾村は国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(17)を超えて汚染されており、長らく避難区域でしたが一昨年9月に避難指示が解除されました(16)。検査結果が心配です。厚生労働省の発表(1)や福島県のデータ(18)を確認したのですが、福島県楢葉町産ヨーグルトの検査結果が出て来ません。
 福島県は避難地域が設定されていた農産物の拡販に力をいれるそうです(19)。これも福島産です。これからも検査されていない福島産が出てきそうです。

3.福島市産イワナのセシウムは上昇中
 福島県福島市産イワナから基準値ギリギリの1キログラム当たり92ベクレルのセシウムが見つかったと発表がありました(20)。以下に福島市産イワナのセシウム濃度の推移を示します。
上昇する福島県福島市産イワナのセシウム濃度
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからないと)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 図―4 福島市産イワナの検査結果

図に示す通り、近々は上昇傾向を示しています。福島産はセシウム濃度が上昇する事があります。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・セシウム汚染が酷い産地を避けた検査で安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事がある福島産
 敢て福島産を食べる理由などないと思います。この思いは福島の皆様も同様だと思います。福島ではネギが旬だそうです。福島県は福島産ネギの安全性をPRしています(21)。福島のネギは特有のやわらかさと甘さ、そして風味があるそうです(22)。でも、福島県郡山市のスーパーのチラシには福島産ネギはありません。
他県産はあっても福島産ネギが無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(23)を引用
 図-5 福島産ネギが無い福島県郡山市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県郡山市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第1029報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月3週から4月2週)―茨城産シラウオからセシウム、福島産は全数ND―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)(3)中の「1 自治体の検査結果⇒ 検査結果(PDF:797KB)
(8)(7)中のNo2958
(9)(7)中のNo1829
(10)(3)中の「2 緊急時モニタリング又は福島県の検査結果⇒検査結果(PDF:105KB)
(11)(10)中のNo42,43,233
(12)農林水産部 - 福島県ホームページ
(13)8日の安倍首相の動静  :日本経済新聞
(14)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成28年9月14日~11月18日測定) 平成29年02月13日 (KMZ, CSV)」
(15)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2016年)
(16)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(17)除染の目標・計画などについて | 除染・放射線Q&A | 除染情報プラザ:環境省
(18)加工食品の放射性物質検査情報 - ふくしま新発売。を「乳製品(発酵乳) 」「楢葉町」で検索
(19)県、販路拡大支援へ 避難区域12市町村生産の農産物 | 県内ニュース | 福島民報
(20)(10)中のNo100
(21)福島の農業を学ぶスタディーツアー ~今が旬!ふくしまのねぎ~ ふくしま新発売。
(22)郡山市の伝統野菜「阿久津曲がりねぎ」/郡山市
(23)ヨークベニマル/お店ガイド

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2017/04/18(火) 19:40:23|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

福島第一地下水流入量は1日当たり100トンを切れず。

 安倍出戻り内閣は2015年6月に、今年3月末でに福島第一の建屋への地下水流入量を1日当たり100トン以下にすると発表しました(2)。期限から半月が過ぎましたが東京電力の発表(3)を見る限り1度も100トンを切った事が無く、最新の発表(4)では倍の1日当たり210トンでした。福島第一の廃炉はなかなか計画通りには行かないようです。
 福島第一原発では原子炉やタービン建屋に汚染水が流れ込み(5)、日々汚染水が増え続けています。
増え続ける福島第一汚染水
 ※(6)を集計
 図―1 日々増え続ける福島第一汚染水

 最新のデータ(7)を(=^・^=)なりに集計すると約104万トンになります。増え続ける汚染水に合わせ、汚染水タンクを作り続けなくてはなりません。東京電力は福島第一の汚染水増加を抑える対策を実施するとし(8)、2015年6月に今年(2017年)3月末までには福島第一の建屋への地下水流入量を1日当たり100トン以下にすると発表しました(2)。
 以下に「福島第一の建屋への地下水流入量」の推移を示します。
4月に入り突然に増えた福島第一地下水流入量
 ※(3)を集計
 図―2 福島第一の建屋への地下水流入量

 図に示すように地下水の流入量は徐々に減って行き3月30日の週には1日当たり110トンまで減りました。ただし100トンを切ることはできませんでした。それでも東京電力は3月30日に
「至近の平均では120m3/日程度(2017/3の平均値)まで低減しており,前回の中長期ロードマップ改訂時に目標としていた水準(100m3/日未満)に概ね到達している。」
と発表しました(9)。さらには最新の最新の発表(4)では倍の1日当たり210トンでした。福島第一の廃炉はなかなか計画通りには行かないようです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 東京電力の会見(10)を聞いていると盛んに言い訳をしていました。上手く行きそうなデータが一瞬でもでると、上手く行った「喧伝」します。このような姿勢では福島の皆様は不安だと思います。
 福島県が力を入れいている農畜産物に鶏肉(地鶏)があります(11)。この月末には福島では軍鶏祭も開かれます(12)。福島県は福島産鶏肉は「安全」だと主張しています(13)。でも、福島県相馬市のスーパーのチラシには福島産鶏肉はありません。
他県産はあっても福島産鶏肉が無い福島県相馬市のスーパーのチラシ
 ※(14)を引用
 図―3 福島産鶏肉が無い福島県相馬市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県相馬市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)中長期ロードマップ|東京電力
(2)(1)中の「2015年6月12日(廃炉・汚染水対策関係閣僚等会議第2回)⇒(資料1)中長期ロードマップ改訂案について(133KB)PDF
(3)報道配布資料|東京電力中の「建屋への地下水ドレン移送量・地下水流入量等の推移 」
(4)2017年4月17日建屋への地下水ドレン移送量・地下水流入量等の推移(PDF 206KB)
(5)原子炉の安定化|東京電力
(6)プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社中の「福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について」
(7)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第299報)|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(8)汚染水対策の主な取り組み|東京電力
(9)(1)中の「中長期ロードマップの進捗状況⇒2017年3月30日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第40回事務局会議)【資料3-1】汚染水対策(31.8MB)PDF
(10)2017/4/17(月) 原子力定例記者会見
(11)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ(*)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(12)第13回川俣シャモまつりin四季の里開催 - 川俣町公式ホームページ
(13)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(14)Webチラシ情報 | フレスコキクチ中の「相馬店」
  1. 2017/04/17(月) 19:41:25|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ