めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

Jヴィレッジ新駅着工、未来は暗い

 Jヴィレッジ(福島県楢葉・広野町)近くのJR常磐線に、来年4月開業予定の「Jヴィレッジ駅」(仮称)の起工式と安全祈願祭が5月22日に行われました(1)。
 ①汚染され周辺の人口が大幅に減っている
 ②福島では、おでかけに鉄道はあまり使わない
などの事情があり、利用は見込めず未来は暗いと思います。
 Jヴィレッジは福島県楢葉町と広野町にまたがって立地する日本サッカー界初のナショナルトレーニングセンターです。東京電力が東京電力は、1994年に地元への貢献として地域振興施設の造営・寄贈を行うという提案を行った。この時、ちょうど地域密着を掲げて人気を博していたサッカーと結びつけた整備が適当と判断され、日本サッカー協会が協力する形でナショナルトレーニングセンターを設立する合意がなされました。福島事故で避難区域になり、原発事故の対応拠点となりました。以後はトレーニング施設としては活動閉鎖しています(2)。以下に位置を示します。
事故から7年経て汚染されたままのJヴィレッジ付近
 ※1(3)の数値データを元に(4)に示す手法で3月11日時点に換算
 ※2 旧避難区域は(5)による
 図-1 Jヴィレッジ
 
 図に示す通り周囲は国が除染を必要とする毎時0.23マイクロシーベルト(6)を超えています。事故7年以上を経てJヴィレッジの辺りは汚染されたままです。それでも「安全」とされ、2018年7月28日より部分的に再開されることになりました(2)。さらには来年の4月には近くに新駅が開業することになりました。その「Jヴィレッジ駅」(仮称)の起工式と安全祈願祭が5月22日に行われました。地元・楢葉町の町長は「新駅の建設により交通アクセスが一層強化され、交流人口の拡大につながる」とあいさつしたそうですが(1)、どの程度の利用が見込めるか心配です。
 以下に新駅付近を示します。
 Jヴィレッジ新駅付近
※Google Mapで作成
 図―2 Jヴィレッジ新駅付近

 新駅の周囲にはJヴィレッジ他には東京電力の火力発電所があるくらいで、Jヴィレッジ利用者以外に利用者は見込めません。Jヴィレッジは
 ①5000人収容可能な観客席つきスタジアム
 ②9面のピッチ(人工芝、天然芝)
 ③サッカーの屋内練習場
 ④最大470人収容可能なホテル
 ⑤フィットネスクラブ
などが開設されるよていです。9面のピッチ(人工芝、天然芝)やサッカーの屋内練習場は確かに魅力的ですが、同時にピッチに立てるのは22人で10面(含む屋内練習場)で220人でそれ程の集客力はありません。集客が見込めそうなのは5000人収容可能な観客席つきスタジアムとフィットネスクラブでしょうか?
フィットネスクラブは利用すと話す地元民
 ※(8)を引用
 図―3 フィットネスクラブは利用すと話す地元民


 スタジアムが収容人員5000人なので大きなイベントはできないと思います。例えば地元のリーグ戦、あるいは学校の試合くらにしか使えないと思います。事故前にはなでしこリーグに所属していた東京電力女子サッカー部マリーゼの本拠地が置かれていました(9)。このチームは2011年の女子ワールドカップで優勝した日本代表チーム(10)のメンバーであった鮫島彩さん等が所属しており(11)、それなりの名門チームでしたが、今は解散しました(9)。サッカーイベントといってもパブリックビューイングが中心かもしれません(12)。結局は来訪者は地元の方が中心と思います。
 今は避難指示が解除された部分もありますが図―1に示すり北側は避難区域でした。ここにはJFAアカデミー福島が置かれていましたが、日本サッカー協会(JFA)が福島県・広野町・楢葉町・富岡町と連携して運営していました(13)。この辺りが「地元」でしょうか?南側の広野町も事故によって緊急時避難準備区域指定され町民が避難しました。事故前の2010年の人口は3町合わせて29,119人(広野町5,418人(14)、楢葉町7,700人(15)、富岡町16,001人(16))です。現在の町内在住者は3町合わせて7,945人(広野町4,029人(17)、楢葉町3,302人(18)、富岡町614人(19))です。2010年の27%に減っています。事故前の2010年にJヴィレッジに451,555人方が訪れていました(21)。この割合で計算すると再開後のJヴィレッジを訪れるのは123,205人(451,555×7,945÷29,119)です。
 福島では会津鉄道に観光地の門前駅ともいえる駅があります。塔のへつり駅は名前の通り「塔のへつり」の最寄駅で2015年の乗車人員は1日当たり33人です(22)。「塔のへつり」を2015年に訪れた観光客は283,525人です(23)。同じく以下は2015年の数字ですが、養鱒公園駅の1日当たりの乗車人員は11人(24)、同駅が最寄りの「養鱒公園いこいの広場」の観光客は39、374人です(23)。湯野上温泉駅の1日当たりの乗車人員は90人(25)、同駅が最寄りの観光地の大内宿が802,400人、同じく湯野上温泉が43,205人で(23)合計で845,605人です。以上の数値から以下のグラフができました。
観光客入り込み数と最寄駅の乗車人員
 ※(22)~(25)で作成
 図-4 観光客入り込み数と最寄駅の乗車人員

 (=^・^=)なりに解析すると年間観光客1万人に対して1.15人の乗車人員です。福島のお出かけは自動車が中心のようです。この数字を掛けるとJヴィレッジ新駅の乗車人員は1日当たり33人です。
 これでも過大見積もりです。会津線に並行して高速道路はありませんが、Jヴィレッジ新駅ができる常磐線には並行して常磐道が走っています。図―2に示す様に直ぐ側に常磐道の広野ICがあります。車が便利です。またこの辺りに戻っているのは中年男が中心で子どもや女性は戻ってません(26)。中年男だけでお出かけしますかね?
 Jヴィレッジ新駅が着工しました。完成しても最大でも1日当たり30人程度の乗車人員しか見込めず、未来は暗いと思います。
 
 
<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 地元の楢葉町の町長は
 「新駅の建設により交通アクセスが一層強化され、交流人口の拡大につながる」
と言っていますが(1)、そのような事はありません。福島復興を見ていると出来もしない事を「できる」ようにいっています。そうしないと福島の若い女の子が逃げて行くからでしょうか(27)。負けじと国側の官僚も平気で嘘をつくようです(28)。
 森友文書破棄等を報じる福島の地方紙・福島民報
※(29)を5月24日に閲覧
 図―5 森友文書破棄等を報じる福島の地方紙・福島民報

 官僚の皆さんは福島産は「安全」であり、避ける行為を「風評被害」と呼んでんいます(30)。でも、これだって「嘘」の可能性があります。(=^・^=)は不安なので
 「買わない」「食べない」「出かけない」
の「フクシマ3原則」を決めています。でも、これって(=^・^=)だけではないみたいです。
 福島県郡山産米の全量・全袋検査数が125万件を超えました。福島県随一です(31)。同市のお米はあさか舞と呼ばれる美味しいブランド米です(32)。勿論、安全だそうです(33)。同市の人口は約33万人なので(34)、市民が食べるには充分な量です。でも、福島県郡山市のスーパーのチラシには福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(35)を引用
 図―6 福島産米が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)Jヴィレッジ新駅着工 楢葉で起工式 | 県内ニュース | 福島民報
(2)Jヴィレッジ - Wikipedia
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(4)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(5)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(7)ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ
(8)ニュース|福島中央テレビ
(9)東京電力女子サッカー部マリーゼ - Wikipedia
(10)2011 FIFA女子ワールドカップ - Wikipedia
(11)鮫島彩 - Wikipedia
(12)サッカー日本代表親善試合パブリックビューイングの開催について|楢葉町公式ホームページ
(13)JFAアカデミー福島 - Wikipedia
(14)広野町 - Wikipedia
(15)楢葉町 - Wikipedia
(16)富岡町 - Wikipedia
(17)広野町
(18)楢葉町内居住者数について|楢葉町公式ホームページ
(19)県内外の避難・居住先別人数【平成30年5月1日現在】(平成30年5月2日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(20)統計資料一覧 - 福島県ホームページ
(21)(20)中の22年観光客入込状況調査 [PDFファイル/732KB]
(22)塔のへつり駅 - Wikipedia
(23)(20)中の26年観光客入込状況調査 [PDFファイル/960KB]
(24)養鱒公園駅 - Wikipedia
(25)湯野上温泉駅 - Wikipedia
(26)めげ猫「タマ」の日記 緊急時避難準備区域解除5年、女性と子供は戻らない
(27)めげ猫「タマ」の日記 2018年も若い女性が逃げて行く福島
(28)東京新聞:森友交渉記録 佐川氏答弁後に廃棄 昭恵氏隠し 鮮明に:経済(TOKYO Web)
(29)福島民報
(30)第5回「福島県産農林水産物の風評払拭対策協議会」を開催します (METI/経済産業省)
(31)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報
(32)郡山の味自慢「あさか舞」/郡山市
(33)JA郡山市の米「あさか舞」(コシヒカリ・ひとめぼれ)ネット通販サイト
(34)郡山市の現住人口/郡山市
(35)イトーヨーカドー 郡山店
スポンサーサイト
  1. 2018/05/26(土) 19:43:13|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島の水産物、首都圏の5店で常時販売、安全なの?

 福島で出店問題を抱える大手スーパーチェーンが(1)、首都圏の店舗で福島県産水産物を陳列するコーナーを常設すると発表しました。福島県の担当者は
「福島産の安全性を理解してもらい」
と言っているようですが(2)、(=^・^=)なりに調べると福島産海産物は
①福島第一原発から海洋への放射能流出が続いている。
②他よりも低く出る検査で安全とされている。
③ストロンチウム90が検査されていない。
等の特徴があり「安全」と言うには無理があります。
 (=^・^=)の住む街にしつこく福島産を並べている不愉快なスーパーチェーンがあります。このスーパーチェーンは福島県伊達市に新規出店を計画していますが、それには福島県が許可が必要です(1)。当然ながら福島県にスリスリするはずです。そのスーパーチェーンが5月24日に首都圏の5店舗で6月1日から福島県産水産物を陳列するコーナーを常設すると発表しました(2)。
大手スーパーチェーンの福島産水産物販売を報じる福島民報
 ※(3)を5月25日に閲覧
 図―1 大手スパーチェーンの福島産魚販売を報じる福島県の地方紙・福島民報

でも、福島産の魚って安全なののか心配です。
 福島のお魚は「『常磐もの』として東京の築地市場などで高く評価された」等との喧伝がママなされます(1)(4)。福島を代表する魚にヒラメがあります(5)。以下に各年4月のヒラメの取引価格を示します。
事故前から安値だった福島産ヒラメ
 ※(6)を集計
 図―2 各年4月のヒラメの取引価格(東京中央卸売市場)

 図に示す様に事故前より福島産ヒラメは全国平均より安く取引されています。福島産魚は「常磐もの」として高く評価されてはいません。
 福島第一原発では幾つかの排水路があります。以下に示します。
福島第一構内から海に続く福島第一排水路
 ※(7)にて作成
 図―3 福島第一排水路

 以下に各排水路のセシウム137濃度を示します。
法定限度を超えたセシウム137に汚染された福島第一排水路
 ※1(7)にて作成
 ※2 法定限度は(8)による。
 図―4 福島第一排水路のセシウム137

 以下に各排水路の全ベータ濃度を示します。
法定限度を超えた全ベータ汚染水が流れる福島第一排水路
 ※1(7)で作成
 ※2 法定限度は(8)に示すストロンチウム90の基準値を(9)にて全ベータに換算
 図―5 福島第一路排水の全ベータ濃度

 図に示す通り事故から7年近く経ちましたが、福島第一から海へは法定限度を超える放射能を含む汚染排水が流されています。 
 それでも「試験操業」との名目で福島県が安全を確認したと主張する魚種を対象に漁がおこなわれています(10)。この試験操業に新たにスズキなど6種が追加になることになります(4)。法定限度を超える放射能を含む汚染水が海に流れ続けているのに本当に「安全」か心配です。以下にスズキの検査結果を示します。
隣県産では見つかっても福島産スズキからは見つからないセシウム
 ※1(11)を集計
 ※2 日付けは捕獲日
 ※3 NDは検出限界未満(みつからな事)を示す
 ※4()内は検査先
 ※5 淡水は除く
 図―6 スズキの検査結果

 図に示す通り岩手産、宮城産、茨城産や千葉産スズキからセシウムが見つかっています。ところが福島県が検査した福島県産からは見つかっていません。海が繋がっているのに汚染源がある福島産だけからは見つからないとはおかしな話です。
 厚生労働省の発表(11)を見るとスズキ等の福島県産農水産物を出荷前検査を実施している福島県農業総合センターは福島県農林水産部に属します(12)。中立性に疑問がまります。福島産は他よりも低く出る検査で安全とされ出荷されます。
 図―5に示す様に福島第一からは法定限度を超えた全ベータを含む汚染水が海に流れ続けています。
全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質で、全ベータの半分がストロンチウム90由来です(9)。当然ながらセシウムだけでなくストロンチウム90の汚染も心配です。
 ところが厚生労働省はストロンチウム90の検査は必要ないとしています。ストロンチウム90はセシウムに対し一定の割合を想定すればよいとの説明です。厚生労働省は放射性物質がセシウムだけなら1キログラム当たり120ベクレルまで「安全」であり、基準値は100ベクレルとしています(13)。するとセシウム20ベクレル相当がストロンチウム90等の放射性物質よる被ばく分です。1ベクレルの放射性物質を取り込んだとして
 セシウム137では  0.013マイクロシーベルト
 ストロンチウム90では0.028マイクロシーベルト
の被ばくをします(14)。この割合から考えると厚生労働省が想定しているストロンチウム90の限度は1キログラム当たりで
  9ベクレル(20×0.013÷0.028)
になります。現行の基準値を下回った食品から1キログラム当たり9ベクレルを超えるストロンチウム90が見つかれば、基準値以下でも「安全」とは言えなくなります。
以下に福島原発沖20km圏内の魚のストロンチウム90の検査結果を示します。
過去最高のストロンチウム90が見つかった今年の福島の魚
 ※(15)を集計
 図―7 20km圏内の魚のストロンチウム90の検査結果

 図に示す様に本年は過去最高となる1キログラム当たり30ベクレルのストロンチウム90を含む魚が見つかりました(13)。最高値を出した魚(クロダイ)セシウムは基準値以下の50.2ベクレルですので、危険なレベルのストロンチウ90です。この件は福島の魚はストロンチウム90が検査されていない限り「安全」とは言えません。
 以上をまとめると福島産海産物は
 ①福島第一原発から海洋への放射能流出が続いている。
 ②他よりも低く出る検査で安全とされている。
 ③ストロンチウム90が検査されていない。
等の特徴があり「安全」と言うには無理があります。 

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島県は出店許可をちらつかせ、安全とは言えない福島産を当該スーパーに販売させているみたいです。福島県のやりか方は悪質です。こんなところが「風評被害」を主張しても(16)、福島の皆様は信じないと思います。
 福島県相馬市産米の全量・全袋検査数が13万件を超えました(17)。同市は人口4万に満たない市(18)なので、市民が食べるには充分なりょうです。同市辺りのお米は年間を通して穏やかな気候の中で育まれた銘柄米です(19)。福島県は福島産は「安全」だと主張しています(20)。でも、福島県相馬市のスーパーのチラシには福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県相馬市のスーパーのチラシ
 ※(21)を引用
 図―8 福島産米が無い福島県相馬市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県相馬市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。




―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)【ふくしまプレミア】県都福島市が隣接・伊達市へのイオン進出に横やり 流出食い止めたい伊達市VS空洞化懸念の福島市(1/4ページ) - 産経ニュース
(2)<イオン>福島の水産物、首都圏の5店で常時販売へ | 河北新報オンラインニュース
(3)福島民報
(4)6魚種6月試験操業 県漁連31日に正式決定 | 東日本大震災 | 福島民報
(5)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(6)東京都中央卸売市場-統計情報検索を「大分類:鮮魚」⇒「中分類:そのた鮮魚」⇒「品目(小分類):ひらめ(国内)」で検索
(7)中長期ロードマップ|東京電力⇒中長期ロードマップの進捗状況⇒2018年4月26日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第53回事務局会議)⇒【資料3-6】環境線量低減対策(9.52MB)PDF
(8)サンプリングによる監視|東京電力中の「サブドレン・地下水ドレンに関するサンプリング」
(9)めげ猫「タマ」の日記 全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質
(10)試験操業の流れ - 福島県ホームページ
(11)報道発表資料 |厚生労働省
(12)農林水産部 - 福島県ホームページ
(13)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(14)報道配布資料|東京電力中の「201*年度 第*四半期採取分」
(15)2017年7月13日魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所20km圏内海域> 2016年度 第4四半期採取分(PDF 756KB)
(16)福島県風評・風化対策強化戦略について - 福島県ホームページ
(17)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報
(18)福島県相馬市ホームページ
(19)特産品情報 | 地区別くらし情報 そうま地区 | JAふくしま未来
(20)ふくしまプライド。
(21)Webチラシ情報 | フレスコキクチ中の「相馬店」
  1. 2018/05/25(金) 19:41:34|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富岡町、新規町内居城者の3分の2は新規転入者、未来は原子力ムラ

 昨年4月に避難指示が解除された福島県富岡町(1)で 
  3、4月の町内居住者増加数 156人
  3、4月の新規転入者    106人
3,4月に富岡町に移った156人の3分の2は新規転入者です。新規転入者の大部分は男性であり、原子力関係者です。富岡町の未来は、原子力関係者が多数を占める原子力ムラです。
 福島県富岡町は地図でみると福島第一原発から約10km程にある町で、先の原発事故によって全域が避難地域となりした(1)。  
避難指示解除も汚染されたままの福島県富岡町
 ※1(2)の数値データを元に(3)に示す手法で5月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(4)による
 図-1 福島県富岡町

 図に示す通り事故から7年以上になりますが、今も国が除染が必要だとする毎時0.23シーベルトを超えて(5)います。それでも安倍出戻り内閣は「安全」だとして、今年4月1日に避難指示を解除しました(1)(4)。
 同町には多くの原子力や関連した施設があります。
 ・福島第二発電所(6)
 ・東京電力エネルギー館(7)
 ・指定(放射性)廃棄物処分場(8)。
また北隣の大熊町には福島第一原発や中間貯蔵施設があります(9)(10)。福島第一では安定化作業の為1万人弱の方が勤務しています(11)。中間貯蔵施設でも毎日2000人以上の方が働いています(12)。福島第二も含め同町や同町周辺には原子力の仕事が溢れています。
 以下に富岡町民の居住先を示します。
避難指示解除後も進まない富岡町の帰還
 ※1(13)~(24)にて作成
 ※2 1部過去分を使用
 図―2 富岡町民の居住先

 図に示す様に町内居住があまり進んでいません。避難指示解除後1年1ヶ月の今年5月時点で
   対象 13,220人中で町内在住は614人(4.6%)
です(24)。 
 富岡町には仕事もたっぷりあります。町は避難指示解除前から生活環境の整備に取り組んできました(25)。
 2016年10月 町営診療所再開(25)
 2017年 3月 ショッピングセンターのグランドオープン(26)
 2017年 4月 一部を除き避難指示解除(1)(5)(25)
 2017年10月 JR富岡駅再開(25)
 2018年 4月 学校再開(25)
です。それでも帰還は進まないようです。
 でも増えたものをあります。以下に富岡町への転入者数を示します。
避難指示解除後に増えた富岡町の新規転入者
 ※(27)を集計
 図―3 富岡町内の転入者数

 図に示す様に避難指示が解除された昨年4月以降に急に増えています。特に今年の3,4月は2ヵ月連続で40人を超えています。避難指示解除によって富岡町内に住居を確保できれば誰もが富岡町に住むことができるようになりました。多くの方が富岡町に新たに移り住んだようです。図に示す通り男性がおおくなっています。避難指示解除(2017年4月)以降の1年1ヶ月の新規転入者数は
 男性 217人
 女性  62人
で男性が圧倒的です。福島第一で働くのは大部分が男性です(28)。富岡町や周囲には原子力関係の仕事が沢山あります。概ね原子力関係者です。以下に在住者の増減と新規転入者をしめします。
町内居住者増加分の過半数を新規転入者が占めている富岡町
 ※1(13)~(24)(27)にて作成
 ※2 1部過去分を使用
 図―4 富岡町内在住者の増減と新規転入者数

 図に示すように3、4月は町内在住者の増加人数に近い新規転入者がいます。町内在集者は帰還者と新規転入者ですが、帰還者より新規転入者が多い事を示します。数値を記載すると
  3、4月の町内居住者増加数 156人
  3、4月の新規転入者    106人
3、4月に富岡町に移った156人の3分の2は新規転入者です。新規転入者の大部分は男性であり、原子力関係者です。富岡町の未来は、原子力関係者が多数を占める原子力ムラです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
3、4月の町内居住世帯の増加数は106世帯です(23)(24)。居住者の増加が156人なので、大部分が単身で来ています。原子力ムラの皆さんも単身で来られているようです。富岡町は学校教育に力を入れており(29)、一つの問題を除けば子育てに最適です。でも原子力ムラの皆様は富岡町へは単身赴任です。家族は連れて来たくないようです。これでは福島の皆様は不安になると思います。
 福島を代表する野菜にアスパラガスがあります(30)。福島ではアスパラガスをテーマにしたイベントが行われています(31)。福島はアスパラガスの季節です。福島県二本松市辺りのアスパラガスは肥沃な大地の恩恵を受けた極上品だそうです(32)。福島県は福島産アスパラガスは「安全」だと主張しています(33)。でも、福島県二本松市のスーパーのチラシには福島産アスパラガスはありません。
他県産はあっても福島産アスパラガスが無い福島県二本松市のスーパーのチラシ
 ※(34)を引用
 図―5 福島産アスパラガスが無い福島県二本松市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県二本松市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)富岡町 - Wikipedia
(2)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(3)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(4)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(5)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(6)福島第二原子力発電所 - Wikipedia
(7)【東京電力福島第二原子力発電所エネルギー館】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet
(8)処分に向けた取組み|福島県における取組み|放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト|環境省
(9)福島第一原子力発電所事故 - Wikipedia
(10)中間貯蔵施設の概要|中間貯蔵施設情報サイト:環境省
(11)福島第一原子力発電所作業者の被ばく線量の評価状況について|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(12)第8回 中間貯蔵施設環境安全委員会 開催報告 - 福島県ホームページ
(13)県内外の避難・居住先別人数【平成29年5月1日現在】(平成29年5月9日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(14)県内外の避難・居住先別人数【平成29年6月1日現在】(平成29年6月2日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(15)県内外の避難・居住先別人数【平成29年7月1日現在】(平成29年7月4日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(16)県内外の避難・居住先別人数【平成29年8月1日現在】(平成29年8月2日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(17)県内外の避難・居住先別人数【平成29年9月1日現在】(平成29年9月4日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(18)県内外の避難・居住先別人数【平成29年10月1日現在】(平成29年10月3日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(19)県内外の避難・居住先別人数【平成29年11月1日現在】(平成29年11月2日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(20)県内外の避難・居住先別人数【平成29年12月1日現在】(平成29年12月4日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(21)県内外の避難・居住先別人数【平成30年1月1日現在】(平成30年1月5日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(22)県内外の避難・居住先別人数【平成30年2月1日現在】(平成30年2月1日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(23)県内外の避難・居住先別人数【平成30年4月1日現在】(平成30年4月2日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(24)県内外の避難・居住先別人数【平成30年5月1日現在】(平成30年5月2日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(25)広報とみおか(平成30年4月号)
(26)春の大感謝祭 さくらモールとみおか グランドオープン1周年イベント|イベント・催し情報 | 富岡町役場
(27)福島県の推計人口(平成30年5月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(28)<「あのとき、おなかに子供がいました」福島第一原発の女性オペレーターは、5年後も現場にいた。/a>
(29)
広報とみおか | 富岡町役場中の広報とみおか(平成30年5月号)
(30)富岡町の学校教育に関するお知らせ | 富岡町文化交流センター 学びの森
(31)富岡町の学校教育に関するお知らせ | 富岡町文化交流センター 学びの森
(32)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(33)旬の食材ーアスパラガス | あいづ食の陣ホームページ
(34)特産品情報 | 地区別くらし情報 安達地区 | JAふくしま未来
(35)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(36)安達店 | ベイシア
  1. 2018/05/24(木) 19:51:21|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2018年も若い女性が逃げて行く福島

 2018年1-4月の福島県の20代前半の社会増減を集計するとを集計すると
  男性 △1,043人減
  女性 △1,668人減
で男性の1.6倍の20代前半女性が福島から逃げたしています。3月、4月は進学・就職・転勤で人が移動する時期です。4月までを集計すればおおよその傾向がつかめます。2018年も福島から若い女性が逃げ出しています。
 事故によって福島は汚染されました。
事故から7年以上経て汚染されたままの福島
 ※1(1)の数値データを元に(2)に示す手法で3月11日時点に換算
 ※2 避難区域は(3)による
 図-1 原発事故7年目も汚染されたままの福島

図に示す通り広い範囲で国が除染を必要とする毎時0.23マイクロシーベルト(4)を超えています。事故7年以上を経て福島は汚染されたままです。若い皆様の反応が気になります。3月、4月は進学・就職・転勤で人が移動する時期です。4月までの人の移動を集計すればおおよその年傾向がつかめます。以下に事故7年目(2017年3-8月)の社会的増減(転入者―転出者)を示します。
20代前半女性で顕著な福島の社会減
 ※(5)を集計
 図―2 2018年1-4月の福島県の社会的増減

 図に示す様に20代前半女性で顕著です。2018年1-4月の福島県の20代前半の社会増減を集計するとを集計すると
  男性 △1,043人減
  女性 △1,668人減
で男性の1.6倍の20代前半女性が福島から逃げたしています。
 20歳前後は就職や大学進学といった新たな一歩を踏み出す時期です。福島の方には福島から踏み出すか、福島を出るか選択を迫られる時でもあります。そして多くの若い女性が福島県外からのスタートを決断したようです。以下に20代前半の各年1から4月までの社会的増減の推移を示します。
若い女性の脱出が続く福島
 ※1(5)を集計
 ※2 各年1~4月を集計
 図-3 20代前半のの社会的増減

 図に示すように20代前半女性の社会減が事故後の8年間、男性の社会減を大きく超えています。若い女性が去っていけばママになる人もいなくなります。赤ちゃんが生まれなくなります。以下に福島県の各年5月から翌年4月までの赤ちゃんの誕生数を示します。
減り続ける福島の赤ちゃん誕生数
 ※1(5)を集計
 ※2 各年5月から翌年4月を集計
 図-4 福島の赤ちゃん誕生数

 図に示す通り年々減っていきます。
 事故の年(2010年5月から11年4月) 16,124人
 近々1年(2017年9月から18年2月)  13,177人
で約2割減っています。これからも減って行きます。
 福島からは若い女性が去って行き子供が生まれなくなり、老人と男だけになりやがて滅びます。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。福島の女性は 福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べ大変に綺麗です。
ミズあだたら
 ※(6)をキャプチャ-
 図―5 福島の綺麗な女性

 何処へいっても歓迎されます。さらには福島復興バブルが終息に向かっています(7)。福島県の景気は足踏みしています(8)。汚染された福島に残る理由はないと思います。そして福島に残った方も不安だと思います。
 福島を代表する野菜にキュウリがあります。須賀川市等が主要な産地です(9)。同市では同市産キュウリを使った「カッパ麺」の販売が始まりました(10)。福島県須賀川市はキュウリの季節です。同市辺りのキュウリはみずみずしい香りでパリッとした歯切れのよいそうです(11)。福島県は福島産キュウリは「安全」だと主張しています(12)。でも、福島県須賀川市のスーパーのチラシには福島産キュウリはありません。
他県産はあっても福島産キュウリが無い福島県須賀川市のスーパーのチラシ
 ※(13)を引用
 図―5 福島産キュウリが無い福島県須賀川市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県須賀川市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。



―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(2)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(3)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(4)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(5)福島県の推計人口(平成30年5月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(6)安達太良山で山開き|NHK 福島県のニュース
(7)めげ猫「タマ」の日記 原発賠償3割減、崩壊に向かう福島復興バブル
(8)ローカルTime FNN被災地発...
(9)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(10)2018年版須賀川かっぱ麺取扱店マップが完成しました!|すかがわ岩瀬産きゅうりは、夏秋露地栽培の収穫量が日本トップクラス! その「きゅうり」をテーマに開発された「須賀川かっぱ麺」。 - 新着情報
(11)特産品 - すかがわ岩瀬 | JA夢みなみ
(12)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(13)ヨークベニマル/お店ガイド
  1. 2018/05/23(水) 19:43:52|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島牛は10%安

 東京卸売市場の福島産牛肉が全体平均の10%安で推移してます。福島産牛肉は
 ①主要産地は汚染されている。
 ②主要産地では葬式が増えているが、福島産を拒絶しているであろう相馬・南相馬市では増えていない。
 ③他より低く出る検査で安全され出荷される。
 ④産地では放射能が舞い散っている
等の特徴があります。福島産牛肉の価格低下は消費者が福島産の特徴を正しく理解したためであり当然の事です。
 福島県が力を入れている農畜産物に牛肉があります(1)。以下に福島県の肉牛の飼育頭数を示します。
田村市、郡山市、須賀川市、二本松市で盛んな福島の肉牛飼育
 ※(2)を集計
 図―1 福島県の肉牛の飼育頭数

 図に示す様に田村市、郡山市、須賀川市、二本松市で多くなっています。一方で、南相馬市や相馬市は4市に比べ少ないっています。以下に位置を示します。
事故から7年以上経て汚染が広がる福島県田村市、郡山市、須賀川市、二本松市
 ※1(3)のデータを元に(4)に示す方法で5月1日に換算
 ※2 避難区域は(5)による。
 図―2 福島の牛肉産地と相馬・南相馬市

 図に示す様に福島の牛肉産地は国が除染が必要だとする0.23マイクロシーベルトを超えた地域が広がっています(6)。事故から7年以上が経過しましたが福島の肉牛は汚染された産地で飼育されています。
 これで本当に安全なのか心配です。福島県のひらた中央病院が福島産米や野菜を避けるか、避けないかのアンケート結果を発表しています(7)。以下に結果を示します。
表ー1 福島産米や野菜を許容すかのアンケート結果
 ※ (7)を集計
福島産許容する割合が多い郡山市、少ない相馬・南相馬市

 表に示す通り、地域によって大きな差があります。相馬市・南相馬市では福島産米と野菜を共に許容する方は7%ですが、牛肉産地の郡山市では46%の方が共に許容しています。表―1から郡山市等の牛肉産地では福島産を許容する方が多いと推定できます。一方で、相馬・南相馬市では許容する方は少ないと推定できます。これは牛肉も同じだと思います。
 以下に福島の牛肉の主要産地(田村市、郡山市、須賀川市、二本松市)の各年度(4月から翌年3月までの1年間)の葬式(死者数)を示します。
事故後に葬式が増えた福島の牛肉主要産地
 ※1(8)を各年度(4月から翌年3月)1年間で集計
 ※2 震災犠牲者は(9)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 ※3 福島事故は2010年度に発生
 図―3 福島の牛肉主要産地(田村市、郡山市、須賀川市、二本松市)葬式数

 各年度の1年間の牛肉主要産地の葬式(死者)数は
  事故前年度(2009年4月から10年3月)4,930人
  事故7年目(2017年4月から18年3月)5,706人
で16%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら20兆分の1でした。

 表―2 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(10)による。
有意差検定表

 福島県の発表(8)集計すると牛肉の主要産地ではない相馬・南相馬市の葬式数を集計すると
  事故前年度(2009年4月から10年3月)1,336人
  事故7年目(2017年4月から18年3月)1,332人
で殆ど変りません。
 福島の牛肉の主要産地では葬式が増えているますが、福島産を拒絶しているであろう相馬・南相馬市では増えていません。
以下に事故直後に福島産牛肉の検査結果を示します。
消費地の検査でのみ基準超が見つかった福島産牛肉
 ※1(11)を集計
 ※2 NDは検出限界未満を示す
 ※3 日付は牛さんがお肉になった日
 図―4 福島産牛肉の検査結果

 図に示す通り福島県の検査では見つからないのに「消費地」の検査では基準を超えるセシウムに汚染された牛肉が見つかりました。いわゆる「稲わら牛」問題です(12)。この対策として福島県は全ての牛を検査する全頭検査を実施しました(13)。ただし全頭検査で安全を担保するには福島県の検査が正しいことが必要です。
 以下にスズキの検査結果を示します。
隣県産では見つかっても福島産スズキからは見つからないセシウム
 ※1(11)を集計
 ※2 日付けは捕獲日
 ※3 NDは検出限界未満(みつからない事)を示す
 ※4()内は検査先
 ※5 淡水は除く
 図―5 スズキの検査結果

 図に示す通り岩手産、宮城産、茨城産や千葉産スズキからセシウムが見つかっています。ところが福島県が検査した福島県産からは見つかっていません。海が繋がっている汚染源がある福島産から見つからないとはおかしな話です。
 厚生労働省の発表(11)を見るとスズキ等の福島県産農水産物を出荷前検査を実施している福島県農業総合センターは福島県農林水産部に属します(14)。中立性に疑問がまります。福島産は他よりも低く出る検査で安全とされ出荷されます。
 これは牛肉も同じです。(=^・^=)は福島産汚染牛肉が市場に流出した原因は福島県の検査が他よりも低く出る検査だからと思っています。全頭検査になってもその状況は変わっていません。厚生労働省の発表(11)を見ると、牛肉について言えば流通品の検査はなくなりました。
 以下に福島県の牛肉主要産地の2016年11月から1年間で舞い降りた福島の放射性セシウムの量を示します。
放射能が舞い散る福島県田村市、郡山市、須賀川市、二本松市
 ※(15)に示す元データと手法で計算
 図―6 福島県牛肉主要産地の2016年11月から1年間に舞い降りた放射性セシウムの量

 図に示す様に福島県牛肉主要産地の広い範囲でセシウムが降り注いでいます。
 以上を纏めると福島産牛肉は
 ①主要産地は汚染されている。
 ②主要産地では葬式が増えているが、福島産を拒絶しているであろう相馬・南相馬市では増えていない。
 ③他より低く出る検査で安全され出荷される。
 ④産地では放射能が舞い散っている
等の特徴があります。
 それでも安倍出戻り内閣の官僚は福島産は「安全」であり、これを避ける事を「風評被害」と主張しています(16)。でも、彼らは平気で「嘘」を言います(17)。福島産が「安全」との彼等の主張を消費者が受け入れるか興味があります。以下に東京卸売市場の牛肉の取引価格を示します。
事故後に全体平均に比べ安くなった福島産和牛
 ※(18)にて作成
 図―7 牛肉の取引価格

 図に示す様に事故前に比べ、福島産は全体に比べ安くなっています。以下に価格差の推移を示します
 全体平均に比べ10%安で推移する福島産和牛
※1(18)にて作成
 ※2 (福島産取引価格-全体の平均取引価格)÷全体の平均取引価格
 図―8 福島産牛肉の取引価格

 図に示す通り、福島産牛肉は10%程安い状態が継続してします。当然の事です。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。牛肉は「国産」と売られる場合が多いと思います。「国産」なら業者さんは安い福島産を使うと思います。まして、福島県は福島産牛肉は「安全」だと主張しています(19)。「国産」とは福島産を含むです。福島の皆様は福島産に不安を感じるようです。
 福島県を代表すう食材のトマトとナメコがあります(1)。福島県いわき市では5月18,19日に安倍出戻り総理も出席して「島サミット」と呼ばれる国際会議が開かれました。参加者は同市のトマト畑を視察したそうです(20)。福島県いわき市はトマトの季節です。同市産のトマトは美味しく栄養満点だそうです(21)。福島県は福島産トマトは「安全」だと主張しています(19)。福島のナメコは年間を通し出荷されます(22)。福島県いわき市産ナメコは美味しくて「安全」だそうです(23)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産トマトもナメコはありません。
他県産はあっても福島産トマトとナメコが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(24)を引用
 図―9 福島産トマトもナメコも無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県いわき市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(2)届出情報の統計-目的別索引-牛の個体識別情報検索サービス⇒【平成29年10月31日公表】  (毎年10月31日頃更新)⇒飼養頭数 牛の種別 市区町村別 平成29年9月末時点 ⇒Excelの福島県をホルスタイン種、ジャージー種、乳用種を除き集計
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(4)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(5)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(7)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(8)福島県の推計人口(平成30年4月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(9)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(週1回更新) - 福島県ホームページ
(10)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(11)報道発表資料 |厚生労働省
(12)福島の肉用牛に出荷制限 政府、移動も禁止  :日本経済新聞
(13)福島牛販売促進協議会
(14)農林水産部 - 福島県ホームページ
(15)めげ猫「タマ」の日記 放射能が舞い散る福島(2017)
(16)第5回「福島県産農林水産物の風評払拭対策協議会」を開催します (METI/経済産業省)
(17)東京新聞:首相「獣医大学いいね」 加計理事長と15年2月面会 愛媛県が新文書:社会(TOKYO Web)
(18)東京都中央卸売市場-統計情報検索の産地を空欄および福島で検索
(19)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(20)『復興』着実な進展支持 「島サミット」閉幕、首脳宣言を採択:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(21)今月の農家さん vol.8 - JA福島さくらの情報サイト TORETATE
(22)福島県の旬(出回り時期) 野菜編
(23)なめこへのこだわり|いいカモくんの加茂農産
(24)イオンいわき店 | お買物情報やお得なチラシなど
  1. 2018/05/22(火) 19:42:11|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ