fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島事故裁判、遺族「厳しい処罰を」とNHK、「患者死亡の因果関係証言」とFCT

 福島原発事故の避難途中や直後に、双葉病院の入院患者の多くが亡くなりました(1)。9月19日の原発事故の刑事責任を問う裁判でこのことが審理されました。NHKは遺族の「厳しい処罰を」との供述書を発信していました(2)。一方、福島のローカルTV局・FCTは「事故前に直ちに亡くなるような患者はいなかった」との医師の証言を報じています(3)。
 業務上過失致死傷の罪で福島原発事故の刑事責任を問う裁判が行われています(4)。業務上過失致死傷罪は業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡ないしは傷害する犯罪です(5)。福島事故でこの罪が成立するには、業務上必要な注意を怠り事故が起きただけでなく、事故によって人を死亡ないしは傷害された事実の立証が必要です。一方で「東京電力福島第一原子力発電所事故で死者が出ている状況ではない。」と発言した政治家がいます(6)。
 双葉病院は福島第一原発から約4.5kmの位置にあった病院です。事故当時、同院には340人が入院。近隣の傍系の介護老人保健施設「ドーヴィル双葉」には98人が入所していました。事故によって患者さんや入所者さんも避難したのですが、避難途中は避難直後に合計で50人が亡くなったそうです(7)。これが事故による避難に起因するものであることを立証できない限り、被告は無実です。裁判の争点の一つは事故よる避難が原因で死んだのか、たまたま避難中に死んだのかです。これを立証するには、実際に患者を診た医師なのど専門家の見解が重要です。遺族の考えはそれ程には大きな意味がありません。
 この件が9月19日の原発事故の刑事責任を問う裁判でこのことが審理されました(1)(2)。これについて、NHKは「厳しい処罰求める」との遺族の供述書を発信していました。
厳しい処罰求める」との遺族の供述書を発信するNHK
 ※(2)をキャプチャー
 図―1 厳しい処罰求める」との遺族の供述書を発信するNHK

 一方で、福島のローカルTV局・FCTは「ローカルTV局・FCTは「事故前に直ちに亡くなるような患者はいなかった」との医師の証言を報じています(3)。ています(3)。
「事故前に直ちに亡くなるような患者はいなかった」との医師の証言を報じるFCT
 ※(3)をキャプチャー
 図―2 「事故前に直ちに亡くなるような患者はいなかった」との医師の証言を報じるFCT

 犯罪の立証を考えれば遺族の感想よりも医師の証言の方が重要です。NHKのWEBの発信(2)(4)では医師の証言は抜けおおちていました。にも拘わらすNHKのWEBの発信(4)には
「原発事故の真相は明らかになるのでしょうか? 初公判から判決まで、毎回、法廷でのやりとりを詳しくお伝えします。」
なんて文言があります。
 NHKは国民の知る権利を充足(8)しません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 国民の知る権利を充足しないNHKでは福島のお母さんは不安だと思います。福島のお母さん819人を対象とした「放射能に関してどの情報あただしいかわからない」との問いに60.8%の方が、同感を示しています(9)。福島産も警戒すると思います。
 福島の夏野菜にピーマンがあります(10)。8,9月が出荷のピークです(11)。福島県田村市は福島県最大のピーマン産地です(12)。同市産ピーマンは高品質だそうです(13)。福島県は福島産ピーマンは「安全」だと主張しています(14)。でも、福島県田村市のスーパーのチラシには福島産ピーマンはありません。
他県産はあっても福島産ピーマンが無い福島県田村市のスーパーのチラシ
 ※(15)を引用
 図―3 福島産無い福島県のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県田村市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)双葉病院 - Wikipedia
(2)東電裁判 遺族「厳しい処罰を」|NHK 福島県のニュース
(3)ニュース|福島中央テレビ
(4)詳報 東電 刑事裁判「原発事故の真相は」|NHK NEWS WEB
(5)業務上過失致死傷罪 - Wikipedia
(6)高市早苗 - Wikipedia
(7)【健百】"双葉病院の患者置き去り"誤報はなぜ起きたのか | あなたの健康百科
(8)社説[NHK受信料「合憲」]知る権利の実現が責務 | 社説 | 沖縄タイムス+プラス
(9)新潟県:【第4回】新潟県原子力発電所事故による健康と生活への影響に関する検証委員会「生活分科会」(平成30年9月11日開催)中の資料2    福島原発事故後の親子の生活と健康に関する調査(PDF形式 2172 キロバイト)
(10)夏 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(11)福島県の旬(出回り時期) 野菜編
(12)福島県[田村市]の農作物 | いんげん 夏秋ピーマン | 生産/収穫/作付面積 | 福島県と日本の中の順位 | 市町村 | ジャパンクロップス
(13)ピーマンがジェラートに大変身|食メキふくしま|KFB福島放送
(14)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ中のやさい編 [PDFファイル/173KB]
(15)船引店|店舗・チラシ情報|リオン・ドール
  1. 2018/09/20(木) 19:44:02|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

住宅支援打ち切り1年5ヶ月、新潟の自主避難者は戻らず

 福島の放射能汚染から逃れるために避難している方への住宅支援が昨年(2017年)3月31日に打ち切られました(1)。新潟県新潟市は自主避難者が多いとされています(2)。福島県から新潟市へ避難されている方の人数を見ると
 2017年3月末 1,320人(借り上げ等710人、自力手配  499人、公営住宅等 1)(4)
 2018年8月末 1,092人(借り上げ等 60人、自力手配1,031人、公営住宅等 1)(5)
多く方が住宅支援を打ち切り1年3ヵ月経ても福島に戻ることはありません。事故から7年以上が経過しましたが、福島は汚染されたままです。当然です。
 なお「借り上げ仮設住宅」は借り上げ等に、公営住宅・雇用促進住宅等は公営住宅等と区分させていただきました。
 以下に航空機モニタリングによる放射線量分布を示します。
事故から7年半を経て、特異的に汚染されている福島
 ※(6)の数値データを元に(7)に示す手法で9月1日時点に換算
 図―1 航空機モニタリングによる放射線量分布

 図に示すように国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超える(8)地域は概ね福島のみです。避難地域が設定されたのは「福島」のみです(9)。以下に福島の10代後半の方が5年後に福島に残っている割合を示します。
事故後に若い女性が残らなくなった福島
 ※1(10)を集計
 ※2 日付け15~19歳当時
 図―2 10代後半の方が5年後に福島県に残っている割合

 図に示す通り事故前から10代後半の方は福島を出て行く傾向にありました。事故前(2001年から04年)の平均を取ると、男性75%、女性74%で、ほぼ同じでした。ところが事故後(2011年3月以降)の平均をとると、男性は74%でそれ程には減っていませんが、女性は65%に減っています。福島では事故後に若い女性の人口流出が加速しました。このままでは、福島からそのうちママになるであろう若い女性がいなくなり子どもが生まれなくなります。
 事故後に福島から多くの方が避難されました。以下に推移を示します。
なかなか減らない福島県外避難者
 ※(12)を集計
 図―3 福島からの県外避難者数

 図に示す通り福島への帰還が進んでいるとは言えない状況です。ピークには62,831人(2012年3月)の方が福島から避難していますが(13)、今も5割を超える33,404人の方が福島から県外に避難しています(14)。以下に福島から福島県外に避難している18歳未満の子ども避難者数を示します。
避難地域設定なしの市町村では減少幅が小さい福島の子供避難者
 ※1 (15)を集計
 ※2 1部が避難区域は一部が避難区域(警戒区域または計画的避難区域)に指定された市町村で南相馬市、川内村、川俣町、田村市
 ※3 全部が避難区域はほぼ全域が避難区域に指定された町村で飯舘村、浪江町、双葉町、大熊町、冨岡町、楢葉町、葛尾村
 ※4 避難区域無しは避難区域が設定されなかった市町村で特定避難勧奨地点が設定された伊達市や、概ね緊急時避難区域であった広野町を含む。
 ※5 避難区域の設定は(9)による。
 図―4 福島県外への子ども避難者数

 図に示す様に他は戻っていますが、「避難区域無し」の区域の避難者は戻っていません。彼等は自主避難者です。少子高齢化対策には福島県外に避難している自主避難者に圧力を加え、福島に戻すことが効果的です。
 昨年(2017年)3月末に福島は「安全」だとして自主避難者に対する住宅支援を打ち切りました(1)。でも図―1に示す様に福島は特異的に汚染されたままです。
 新潟県への避難者数は2,574人で東京、埼玉、茨城、栃木についで5位です(13)。新潟県は市町村別・居住形態別の避難者数を発表しています(3)。新潟の都市規模からいえば新潟市、長岡市、上越市ですが(15)、福島からの避難者は新潟市と柏崎市に集中しています。柏崎市には福島と同じく東京電力の原子力発電所があり(16)、福島からの避難者の9割以上が避難区域内からに避難者です(17)。突然の事故で急に古里を追われた避難者が原発繋がりで新潟県柏崎市に逃げてきたのでしょうか?一方で新潟市は自主避難者が多いとされています(2)。以下に福島から新潟市への避難者数と居住形態を示します。
なかなか減らない新潟市の避難者
 ※1(3)にて作成
 ※2 「借り上げ」は「借り上げ仮設住宅」、「自力手配」はその他(親戚・知人宅等)、「その他」は「公営住宅・雇用促進住宅等」に区分
 図―5 福島から新潟市に避難された方の居住形態

。福島県から新潟市へ避難されている方の人数を見ると
 2017年3月末 1,320人(借り上げ等710人、自力手配  499人、公営住宅等 1)(4)
 2018年8月末 1,092人(借り上げ等 60人、自力手配1,031人、公営住宅等 1)(5)
多く方が住宅支援を打ち切り1年5ヵ月経ても福島に戻ることはありません。事故から7年半以上が経過しましたが、福島は汚染されたままです。当然です。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島に残った方も福島を恐れています。
 今、福島ではブドウ狩りが楽しめます(18)。福島はブドウの季節です。福島県福島市は福島最大のブドウの産地です(19)。福島のブドウは「一粒ひとつぶ、力強い甘さ」だそうです(20)。福島県は福島産ブドウは「安全」だと主張しています(21)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産ブドウはありません。
他県産はあっても福島産ブドウが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(22)を引用
 図―6 福島産ブドウ無い福島県のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県福島市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)「自主避難」3.2万人、住宅支援打ち切りに悲鳴 生活問題は逆に深刻化、終わらない原発被害 東洋経済
(2)中山 均 - 【12/21 新潟市災害対策議員連盟、避難者支援策に関し市長要望】... | Facebook
(3)新潟県:県外避難者の受入状況をお知らせします
(4)(3)中の平成29年3月31日現在の県外避難者受入状況(PDF形式 91 キロバイト)
(5)(3)中の平成30年8月31日現在の県外避難者受入状況(PDF形式 89 キロバイト)
(6)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(7)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(10)福島県の推計人口(平成30年8月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(11)県外への避難者数の状況 - 福島県ホームページ
(12)(11)中の・県外への避難状況の推移 [PDFファイル/463KB]
(13)(11)中の・県外への避難者数 [PDFファイル/93KB]
(14)東日本大震災に係る子どもの避難者数(こども・青少年政策課)
(15)新潟県 - Wikipedia
(16)発電所の概要|柏崎刈羽原子力発電所|東京電力
(17)柏崎市の広域避難者支援と 「あまやどり」の5年間 - 新潟大学
(18)ぶどう狩り2018 – 一般社団法人福島市観光コンベンション協会公式ページ
(19)くだものづくりがさかんな福島盆地
(20)くだもの図鑑 ? くだもの消費拡大委員会
(21)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(22)イオン福島店 | お買物情報やお得なチラシなど
  1. 2018/09/19(水) 19:48:56|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島産米、食べて応援あの世行(2018)

 福島産米を許容する方が6割近い福島県郡山市の葬式(死者数)は
  事故前年(2010年1月から8月)1,976人
  今年(2018年1月から8月)  2,214人
で12%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.02%でした。一方で福島産米を許容する方は2割程度の福島県相馬・南相馬市の葬式(死者数)は
  事故前年(2010年1月から7月)778人
  今年(2018年1月から7月)  773人
で少し増えていますが、統計的な差はありません。(=^・^=)は
「福島産米、食べて応援、あの世行(事故7年目)」
って思ってしまいました。 
 福島は事故によって汚染されました。
事故から7年半以上が過ぎて、汚染されている福島
 ※1(1)のデータを(2)に示す手法で9月1日に換算
 ※2 避難地域は(3)による。
 図―1 福島県郡山市、相馬・南相馬市、いわき市

 図に示す通り、福島では国が除染が必要だとする国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(4)地域が広がっています。
 9月も半ば過ぎ、福島からは稲刈りの話題なども聞こえてきます。
福島の小学生の稲刈り
 ※(5)をキャプチャー
 図―2 福島の小学生の稲刈りを喧伝するNHK

 福島は新米の季節です(6)。図―1に示す様に事故から7年半以上も過ぎましたが、汚染されたままです。福島産米を食べて良いか心配です。
 これについて、安倍出戻り総理(7)、福島県(8)、東京電力(9)は、福島は「安全」であり、避ける行為を「風評被害」と呼んでいます。でも、信じて良いか不安です。この方達は、事故前は原発を「安全」だと言っていました。でも、大爆発です。
 出戻る前の安倍総理は質問主意書の回答で「我が国において、非常用ディーゼル発電機のトラブルにより原子炉が停止した事例はなく、また、必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない」「原子炉施設の安全を図る上で重要な設備については、法令に基づく審査、検査等を厳正に行っている」「地震、津波等の自然災害への対策を含めた原子炉の安全の確保に万全を期している」「経済産業省としては、原子炉の冷却ができない事態が生じないように安全の確保に万全を期している」とし、今後も原子力の安全確保に万全をつくすことを回答したそうです(10)。その後に福島原発事故が起き、およそ原子力の安全確保に万全をつくしていない事が、事故報告書(11)(12)で明らかになりなした。 
 福島県は2011年2月25日に福島第一原発3号機は「安全」と発表しました(13)。でも、2週間後には大事故です。
 当然ながら、東京電力も事故前は自社の原発は「安全」だと言っていました(14)。
 そして、今年は「モモ」を吐かれたと怪しげな事をいった上石さんが福島米のPRに加わります(15)。
シュートカットの上石さん とっても綺麗な福島産米のキャンペーンクルー 
 (a)昨年(2017年)8月               (b)今年(2018年)8月
 ※(a)は(16)、(b)は(15)を転載
 図-3 上石美咲さん

 蛇足ですが、1年で髪がものすごく伸びています。
 心配なので(=^・^=)なりに調べて見ることにしました。福島県内で福島産を許容するところと、しない所を比較し、差が無ければ福島産米は「安全」、差があれば「安全」とは言えないです。

 表ー1 福島産米を許容すかのアンケート結果
 ※ (17)を集計
福島産米許容する郡山市、許容しない相馬・南相馬市

表に示す通り、地域によって大きな差があります。相馬市・南相馬市では福島産米を許容する方は23%ですが、福島県郡山市では57%が許容しています。
 以下に今年(2017年度)の福島産米・全量全袋検査数を示します。
13市中で郡山市がトップ、最下位が南相馬市、ブービーが相馬市の福島産米全数全袋検査数
 ※(18)を集計
 図―4 福島産米全量全袋検査数

 福島県には13市がありますが(19)、米の生産量は郡山市がトップで、南相馬市が最下位、相馬市はブービーです。
 福島県郡山市は米作が盛んで、許容する方も多いと言えます。一方で相馬・南相馬市は米作はそれ程には盛んでなく、許容する方も少数です。
 福島県郡山市の8月中の人口動態が発表になったので(20)、
事故後に葬式が増えた福島県郡山市
 ※1(20)を各年1から8月の8ヶ月間で集計
 ※2 震災犠牲者は(21)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―5 福島県郡山市の各年1月から8月まで8ヶ月間の葬式(死者)数


 福島産米を許容する方が6割近い福島県郡山市の葬式(死者数)は
 事故前年(2010年1月から8月)1,976人
 今年(2018年1月から8月)  2,214人
で12%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.02%でした。一方で福島産米を許容する方は2割程度の福島県相馬・南相馬市の葬式(死者数)は、福島県の発表(22)を集計すると
  事故前年(2010年1月から7月)778人
  今年(2018年1月から7月)  773人
で少し増えていますが、統計的な差はありません。

 表―2 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(23)による
有意差検定表

 なお、相馬・南相馬市が7月までの集計となったのは、福島県の発表(22)が現時点(2018年9月19日)では7月までだからです。
 以下に福島県いわき市の各年1月から8月までの葬式(死者)数を示します。
事故後にそこそこ葬式が増えた福島県いわき市
 ※1(24)を各年1から8月の8ヶ月間で集計
 ※2 震災犠牲者は(21)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―6 福島県いわき市の各年1月から8月まで8ヶ月間の葬式(死者)数 

 表―1に示す通りいわき市の福島産米を許容する方の割合は5割程度ですが、同市の葬式(死者数)は
 事故前年(2010年1月から8月)2,672人
 今年(2018年1月から8月)  2,995人
で9%増えています。郡山市と相馬市・南相馬市の中間でしょうか?
 以下に表―1および図―5、図―6から作成した、葬式(死者数)の増加率と福島産米の許容割合をまとめました。
 福島産米を許容する程に増える葬式
※(17)(20)(24)を集計
 図―7 葬式(死者数)の増加率と福島産米の許容割合

 図に示す様に福島産米を許容する程に葬式(死者数)が増えています。以下に相関図を示します。
直線に並ぶ葬式増加率と福島産米許容率の相関
 ※(17)(20)(24)を集計
 図―8 葬式(死者数)の増加率と福島産米の許容割合の相関

 図のように1直線で増えています。(=^・^=)は
「福島産米、食べて応援、あの世行(事故7年目)」
って思ってしまいました。 

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 このようなデータが出て来ると(=^・^=)は不安なので
 「買わない」「食べない」「出かけない」
の「フクシマ3原則」を決めています。でも、これって(=^・^=)だけではないみたいです。
今、福島ではブドウ狩りが楽しめます(25)。福島はブドウの季節です。福島県福島市は福島最大のブドウの産地です(26)。福島のブドウは「一粒ひとつぶ、力強い甘さ」だそうです(27)。福島県は福島産ブドウは「安全」だと主張しています(28)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産ブドウはありません。
他県産はあっても福島産ブドウが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(29)を引用
 図―9 福島産ブドウ無い福島県のスーパーのチラシ


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(2)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(3)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(4)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(5)塙町 小学生が昔ながらの稲刈り|NHK 福島県のニュース
(6)ふくしまプライド。
(7)平成30年3月10日 福島県訪問 | 平成30年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ
(8)福島県風評・風化対策強化戦略について - 福島県ホームページ
(9)風評被害に対する行動計画の策定について|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(10)衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書
(11)東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会
(12)国会事故調 | 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会のホームページ
(13)福島第一原子力発電所3号機におけるプルサーマル実施に係る安全確認 - 福島県ホームページ
(14)原子力安全・品質保証会議|東京電力
(15)ミスピーチが見た福島復興 ~2016年度ミスピーチキャンペーンクルー~ 講師 上石美咲氏 | 福島県中小企業家同友会
(16)めげ猫「タマ」の日記 胡蝶蘭出荷も効果無し、帰還が進まない福島県葛尾村
(17)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(18)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報
(19)福島県 - Wikipedia
(20)郡山市の現住人口/郡山市
(21)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(週1回更新) - 福島県ホームページ
(22)福島県の推計人口(平成30年8月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ(12)福島県の推計人口(平成30年8月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(23)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(24)地区別世帯数・男女別人口 | いわき市役所
(25)ぶどう狩り2018 – 一般社団法人福島市観光コンベンション協会公式ページ
(26)くだものづくりがさかんな福島盆地
(27)くだもの図鑑 ? くだもの消費拡大委員会
(28)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(29)イオン福島店 | お買物情報やお得なチラシなど
  1. 2018/09/18(火) 19:43:20|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南相馬市に新バスターミナル、未来は暗い

 福島県南相馬市で新バスターミナルが落成しました(1)(2)。同市はこれからも激しい人口減が確実であり、観光客も戻らないので未来は暗いと思います。
 福島県南相馬市は福島県沿岸部北部に位置する人口約55,000人の市です(3)。以下に示します。
事故から7年半が過ぎて汚染されている福島
 ※1(4)の数値データを元に(5)に示す手法で9月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(6)による
 図-1 福島県南相馬市

 図に示す様に西側を中心に国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超える(7)地域が広がっています。事故から7年半以上を経過しましたが、南相馬市は汚染されたままです。先の震災では大津波が襲い大変な被害を出しました。東(沿岸部)は津波被災地、西(内陸部)は汚染地帯に市は二分されました。あるいは図に示す様に同市の南から旧避難地域(主に警戒区域)、旧計画的避難区域、避難に関し指示が出なかったところに3分されました。
 図に示す様に、南と西側に避難区域が設定され同市と東京方面を結ぶ国道6号の同市より南側(8)、同市と福島市を結ぶ国道114号(9)、同市と東京方面を結ぶ常磐線(10)等が不通になりました。東は海なので、同市は北としか行き来できなくなりました。国道6号と114号は再開たのですが、区間によっては自動車のみの通行に限られており、歩行者・自転車・二輪車の通行は禁止されています(8)(9)。常磐線は事故から7年半以上も同市の南側の浪江・富岡間が不通になっています(10)。南相馬市にとって交通網の充実は復興に必須だと思います。
 そうしたなか同市に所在するバス会社・東北アクセスが南相馬インターチェンジ(IC)北側に建設した「南相馬バスターミナル」が完成し、落成式が9月14日に行われました(1)(2)。総事業費は約10億円だそうです(2)。
新バスターミナルを喧伝するNHK
 ※(11)をキャプチャー
 図―2 バスターミナルの落成を喧伝するNHK

 お祝いしたのですが、未来は暗いです。
 以下に南相馬市の人口を示します。
事故後に人口減が加速した南相馬市
 ※(12)を集計
 図―3 福島県南相馬市の人口

 図に示す様に事故前から減っていますが、事故後は人口減が加速いました。数値を記載すると
 事故直前(2011年3月)70,752人
 近々(2018年3月)  54,592人
で、7年半で23%減です。主因は南相馬市からの市民の脱出だと思います。
 以下に福島県の今年(2018年)1~7月の社会的増減(転入者―転出者)を示します。
20代前半女性の社会減が顕著な福島
 ※(12)を集計
 図―4 2018年1~7月の福島県の社会的増減

 20代前半、特に女性の社会減が顕著です。そこでそこで若い方は南相馬市でどれくらいの割合で残るか調べて見ました。今から5年前の2013年8月には南相馬市には15~19歳の女性が、1,485人いました。5年を経て彼女達は20~24歳になっています。2018年8月時点で福島県には20~24歳の女性が507人です。すなわち2013年8月時点で南相馬市にいた1,485人の15~19歳の女性のうち、5年後に南相馬市に残ったのは34%(507÷1,485×100)の507人です。このような方法で、南相馬市に住んでいる10代前半の方が、5年後にどれだけの割合で残っているか集計してみました。
事故後にさらに残らなくなった南相馬市の若い女性
 ※1(12)を集計
 ※2 日付け15~19歳当時
 図―5 10代後半の方が5年後に福島県に残っている割合

 図に示す通り事故前から10代後半の方は南相馬市を出て行く傾向にありました。事故前(2001年から04年)の平均を取ると、男性63%、女性61%で、ほぼ同じでした。南相馬市には大学がりません(3)。専門、専修学校は「(公)双葉准看護学院 」の1校です(13)。ただし、ここはもともと双葉町にあったのですが、事故で南相馬市に移ってきました(14)。事故前は専門、専修学校は無かったようです。しいていえば、お隣の相馬市に「相馬看護専門学校 」があるだけです(15)。南相馬市の若い方にとって、高校を卒業して進学するには南相馬市を出て行かなくではなりません。
 事故後(2011年3月以降)の平均をとると、男性は58%ですが、女性は38%に減っています。南相馬市では事故後に若い女性の人口流出が加速しました。
 福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。
パンの開発を発表する福島の綺麗な女性
 ※(16)をキャプチャー
 図―6 福島県南相馬市の綺麗な女性

 何処へ行っても歓迎されます。同市で普通科がある原町高校の進学先を見ると(17)、宮城の大学が多くなっています。一度、南相馬市を出た若い女性が再び戻ることはありません。若い女性が出て行けば、子どもが生まれなくなり、今後も凄まじい人口減が続きます。人口が減ればバスの利用者も減ります。当然、バスターミナルの利用者も減ります。
 以下に、路線バスで行くことはまずない「道の駅」を除く南相馬市の観光客の入込数を示します。
2015年をピークに減り出した南相馬市の道の駅を除く観光客
 ※(18)を集計
 図―7 福島県南相馬市の観光客入り込み数(「道の駅」を除く)

 図に示す様に事故後に大幅に落ち込みました。その後は回復基調にあったのですが、事故前に戻ることなく2015年をピークに再び減少しています。市外からのバス利用者を見込めません。
 福島県南相馬市に新しい新バスターミナルが落成しました。同市はこれはも人口減が続き、市内の利用者は減って行きます。観光客も2015年をピークに減少してり、市外の方の利用も見込めません。お祝いしたいのですが、未来は暗そうです。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島県は事故によって失われた福島県沿岸部の産業を回復するために、「福島イノベーション・コースト構想」を進めています(19)。これについて福島県の地方紙・福島民友は「【9月15日付社説】イノベ機構新体制/民の感覚生かし波及効果を」との社説(20)を
「魅力ある雇用の場の有無は住民が帰還を判断する選択肢となる。震災から7年半余、望郷の念を持つ住民が古里の復興を支えることができる環境づくりが急がれる。」
で、結び「期待感」を示しています。福島県南相馬市に必要な雇用の場は女性にとって魅力的なことです。女性にとって魅力的な雇用の場がれば、女性が戻るかもしれません。「福島イノベーション・コースト構想」で、南相馬市に設置されるのは、ロボットのテストや研究を行う施設です(19)。若い女性が「ロボット」にどれだけ興味を持つは疑問です。若い女性はツアーコンダクターのような観光業を好むようです(21)。バスターミナルを作った「東北アクセス」(1)(2)は、もともの社名は「はらまち旅行」でバス事業の他に「旅行業」も主な事業です(22)。でも、同社のHP(23)を見ると、路線バスの宣伝だけで、「貸し切りバス」も「旅行」も出ていません。福島ではバスの運転手さんが不足しています(24)。「旅行業」までは手が回らい様です。福島県南相馬市域の復興にとって重要なのは女性が残りたい、戻って来たい街づくりだと思います。これで「女性」が増えれば男性にも良いことです。それには女性にとって魅力的な雇用の場も必要ですが、上手くっていないようです。いっこうに前に進まない「復興」では(25)福島の皆様は不安だと思います(25)。
 福島の主力農産物は米です(26)。福島県南相馬市辺りの米は「銘柄米」だそうです(27)。福島県は福島産米は全量・全袋検査を実施しているので「安全」だと主張しています(28)。でも、福島県南相馬市のスーパーのチラシには福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県南相馬市のスーパーのチラシ
 ※(28)を引用
 図―8 福島産米が無い福島県南相馬市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県南相馬市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)南相馬にバス拠点 東北アクセス IC北に建設 | 県内ニュース | 福島民報
(2)「南相馬バスターミナル」完成 宿泊場所備えレスキュー機能も:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(3)南相馬市 - Wikipedia
(4)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(5)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(6)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(7)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(8)国道6号 - Wikipedia
(9)国道114号 - Wikipedia
(10)常磐線 - Wikipedia
(11)南相馬バスターミナルが完成|NHK 福島県のニュース
(12)福島県の推計人口(平成30年8月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(13)福島県南相馬市の専門学校/専修学校一覧 - NAVITIME
(14)南相馬に移転、再開の准看護学院で7年ぶり戴帽式 26人決意新たに | 河北新報オンラインニュース
(15)福島県相馬市の専門学校/専修学校一覧 - NAVITIME
(16)復興に貢献を 高校生がパン開発|NHK 福島県のニュース
(17)福島県立原町高等学校の卒業生の進路情報 | 高校選びならJS日本の学校
(18)統計資料一覧 - 福島県ホームページ
(19)福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(20)【9月15日付社説】イノベ機構新体制/民の感覚生かし波及効果を:社説:福島民友新聞社 みんゆうNet
(21)働き方別 人気の仕事ランキング|お仕事内容まるわかりリスト|女性の求人・転職なら【とらばーゆ】
(22)東北アクセス - Wikipedia
(23)東北アクセス | 福島と宮城のバス会社 東北アクセス株式会社
(24)福島でバス運転手不足が深刻化 高賃金の復興事業へ流出:朝日新聞デジタル
(25)めげ猫「タマ」の日記 福島Q&A Q6.事故から7年半、復興は進んでいますか?
(26)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(27)特産品情報 | 地区別くらし情報 そうま地区 | JAふくしま未来
(28)全量全袋検査に関するよくある質問 - 福島県ホームページ
(29)南相馬店 – イオンスーパーセンター公式ウェブサイト
  1. 2018/09/17(月) 19:43:32|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酪農再開も効果無し、帰還が進まない福島県葛尾村

 2016年6月に避難指示が解除された福島県葛尾村で酪農が再開しました(1)。9月1日時点の帰還者は
 対象 1,348人中259人(帰還率19%)
で(2)、帰還が進んでいません。酪農再開は効果が無かったようです。
 福島県葛尾村は福島県東部を南北に連なる阿武隈高地に位置する山村です。先の事故で村は汚染され全村が避難区域になりました(3)。
事故から7年半過ぎて汚染されている福島
 ※1(4)の数値データを元に(5)に示す手法で9月1日時点に換算
 ※2 旧計画的避難区域は(6)による
 図-1 葛尾村

 図に示す様に全域が国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(7)を超えています。事故8年目になりましたが福島県葛尾村は汚染されたままです。
 以下に福島県葛尾村の赤ちゃん誕生数を示します。
事故後に女の子が生まれるようになった福島県飯葛尾村
 ※1(8)を集計
 ※2 各年3月からの1年間、ただし2018年は7月まで
 図―2  福島県葛尾村の赤ちゃん誕生数

 図に示しように事故後に女の子が多く生まれるようになりました。事故後を集計すると
  男の子 32人
  女の子 51人
で女の子が多く生まれています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら統計的に差がるとされる5%を下回る(9)1.8%でした(10)。
通常は男の子が多く生まれるので(11)異常な事態です。葛尾村の避難区域は大部分が計画的避難区域ですが、同じく全域が計画的に避難区域になった飯舘村でも起きています(12)。 
 福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。
葛尾村夏祭りに登場した綺麗な女性
 ※(13)を引用
 図―3 葛尾村夏祭りに登場した綺麗な女性

 でも喜んでばかりはいられないようです。福島県の資料では何故か抜け落ちていますが(14)、放射線影響研究所は広島や長崎で遺伝的影響がな事の根拠に生まれている赤ちゃんの男女の比率に異常がない事あげています(15)。広島や長崎では起きなかった事が福島県葛尾村では起きています。
 それでも安倍出戻り内閣は「安全」だとして、2016年6月に大部分で避難指示を解除しまた(3)(6)。4月には幼稚園(16)、小学校(17)、中学校(18)が村内で再開しました。4月15日には凍み餅の販売も始開始(19)、7月には胡蝶蘭の出荷が開始(20)。そして、9月13日に葛尾村の牧場に乳牛が到着しました(1)。酪農の再開です。
葛尾村の酪農再開を報じるFTV
 ※(21)をキャプチャー
 図―4 葛尾村の酪農再開を報じる福島県のローカルTV局(FTV)

でも住民の帰還には結びつかなったようです。以下に葛尾村民の居住状況を示します。
村外での持ち家などの居住者が多い福島県葛尾村
 ※(2)を集計(過去分も含む)
 図―5 葛尾村民の居住形態

9月1日時点の帰還者は
 対象 1,348人中259人(帰還率19%)
で(2)、帰還が進んでいません。
 図に示す様に自力で村外に自宅を入手された方や村外の災害公営住宅だと、葛尾村村外に安定した住居を入手した方を含むその他が大部分です。葛尾村村民の多くは帰還をあきらめ村外に安定した住居を入手したようです。村に戻る事はありません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 葛尾村の牧場も未来は暗いかもしれません。福島の皆間様は福島の「牛」が嫌いな様です。
福島県田村市の肉牛飼育頭数は5,403頭で(22)。福島県最大です。福島の牛肉は美味しいそうです(23)。福島県は福島産牛肉は「安全」だと主張しています(24)。でも、福島県田村市のスーパーのチラシには福島産牛肉はありません。
他県産はあっても福島産牛肉が無い福島県田村市のスーパーのチラシ
 ※(25)を引用
 図―6 福島産牛肉が無い福島県のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県田村市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

 


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)<東日本大震災 復興人>妻子と帰村、酪農再開 牛引く手に迷いなし | 河北新報オンラインニュース
(2)住民生活課 - 葛尾村ホームページ(過去分も含む)
(3)葛尾村 - Wikipedia
(4)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(5)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(6)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(7)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(8)福島県の推計人口(平成30年8月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(9)有意水準とは - 統計学用語 Weblio辞書
(10)めげ猫「タマ」の日記 事故後は女の子が多く生まれる福島県葛尾村
(11)出生性比
(12)めげ猫「タマ」の日記 事故後は女の子が多く生まれる福島県飯舘村
(13)広報かつらお 平成30年度 - 葛尾村ホームページ中の•広報かつらお9月号 [PDFファイル/7.38MB]
(14)第31回福島県「県民健康調査」検討委員会(平成30年6月18日)の開催について - 福島県ホームページ中の 参考資料4 放射線の遺伝的影響について [PDFファイル/767KB]
(15)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 - 放射線影響研究所
(16)沿革 - 葛尾村ホームページ
(17)学校概要 - 葛尾村ホームページ
(18)学校概要 - 葛尾村ホームページ
(19)凍み餅6年ぶり店頭に 葛尾のおふくろフーズ | 東日本大震災 | 福島民報
(20)福島)農業復興のコチョウラン、首都圏へ初出荷 葛尾村:朝日新聞デジタル
(21)ローカルTime FNN被災地発
(22)届出情報の統計-目的別索引-牛の個体識別情報検索サービス⇒【平成29年10月31日公表】  (毎年10月31日頃更新)⇒飼養頭数 牛の種別 市区町村別 平成29年9月末時点 ⇒Excelの福島県をホルスタイン種、ジャージー種、乳用種を除き集計
(23)ふくしまの牛 | ふくしまのお肉 | JA全農福島
(24)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(25)船引店|店舗・チラシ情報|リオン・ドール
  1. 2018/09/16(日) 19:56:17|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島Q&A Q6.事故から7年半、復興は進んでいますか?

Q6.事故から7年半になりました。福島県域の復興は進んでいますか?
A6.復興は進んでいません。
 復興庁の冊子(1)などを見ると
「未曽有の大震災と原子力災害から7年の月日が経ち、
 被害にあった地域も、徐々に復興が進んできました」
との記述があり、あたかも「復興」が進んでいるようですが、殆ど進んでいません。
 復興(ふっこう)とは、一度衰えたものが再び勢いを取り戻す事です(2)。福島を衰えさせたのものは「放射能汚染」です。勢いを取り戻すに「放射能を減らす」ことが必要です。以下に福島県伊達市のセシウムの量を示します。
事故後からあまり減っていない伊達市のセシウム
 ※ 計算方法および元データは(3)による。
 図―1 福島県伊達市のセシウム放置量

 図に示す様に事故後から殆ど減っていません。すでに除染は終っているので(4)、今後は自然減衰でしたか減りません。福島に今、残っている放射性物質はセシウム137等の半減期の長い放射性物質です。今後は減りません。
 以下に福島および隣県の放射線量分布を示します。
事故から7年半を経て、特異的に汚染されている福島
 ※(5)の数値データを元に(6)に示す手法で9月1日時点に換算
 図―2 航空機モニタリングによる放射線量分布

 図に示すように国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超える(7)地域は概ね福島のみです。避難地域が設定されたのは「福島」のみです(8)。事故8年目になりましたが、福島は特的に汚染されています。
 当然ながら、多くの方が福島を避けています。福島を代表する果物にモモがあります(9)。TOKIOの皆様のテレビCMを流れました(10)。以下にモモの最大産地の山梨県(福島県は2位)(11)と各年7月のモモの価格を比較してみました。
事後後に山梨産に比べさらに安くなった福島産モモ
 ※(12)にて作成
 図―3 福島と山梨産のモモ価格

 福島のモモは事故前から山梨産に比べ安かったですが、事故後はさらに安くなりました。汚染されている台地で採れた農作物を避けるのは当然です。
 福島県いわき市で海開きした四倉、勿来、薄磯の海水浴場が開設されました(13)。以下に海水浴客数をしめします。
 事故前に比べ大幅に減ったままの福島県いわき市の海水浴客
※(13)(14)で作成
 図―4 福島県いわき市の海水浴客数

 今年も事故前から大幅に減ったままで、回復の兆しがありません。汚染されている福島へのお出かけをためらうのは当然です。
 福島では次々に避難指示が解除されています(9)。このうち南相馬市(15)、楢葉町(16)、葛尾村(17)、浪江町(18)、川俣町(19)、飯舘村(20)、富岡町(23)(24)では、月末ないしは各月1日時点と避難者数と町内在住人数等を発表しています。以下に集計結果を示します。
人が戻らない福島の避難解除地域
 ※(15)~(24)で作成
 図―5 旧避難地域の在住者数と避難者数

 図に示す通り避難者は殆ど戻っていません。
事故後に起きた社会現象として、若い女性の福島脱出があります。以下に福島在住の15~19歳の方が、5年後にどれだけ福島に残っていたかを示します。
事故後に若い女性が残らなくなった福島
 ※1(25)を集計
 ※2 日付け15~19歳当時
 図―6 10代後半の方が5年後に福島県に残っている割合

 5年後のデータが必要なので、5年前の2013年8月までの集計ですが、事故後に10代後半女性が福島に残らなくなりました。若い女性がいなくなれば、福島の男性はパートナーを得ることが出来ません。赤ちゃんも生まれなくなります。福島の女性はお隣の宮城や茨城の女性に比べても大変に綺麗です。
 福島県知事の福島産ブドウとモモを贈る綺麗な女性(ベジフルコーディネーター)
 ※(26)を引用
 図―7 福島県知事に福島産ブドウとモモを贈る福島の綺麗な女性(ベジフルコーディネーター)。

何処へ行っても歓迎されます。あえて、汚染されている福島に留まる事はありません。
 半減期(27)から計算すると、今のセシウムは1桁下がる(10分の1)になるのに100年が必要です(0.5(100÷30)≒0.1)。そうなれば福島の汚染はかなりマシになりますが、このままですと福島から若い女性がいなくなり、赤ちゃんが生まれず、福島県域は滅んでしまいます。福島は永遠に復興しません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 この7年半の間、福島の復興は前に進んでいません。福島を汚染している放射性物質の量はそれ程変わりません(図―1)。福島は汚染されたままです(図―2)。福島産はさけらたままです(図―3)。福島はお出かけ先としても敬遠されています(図ー4)。避難解除しても旧避難地域に人は戻りません(図―5)。事故後に増えた若い女性の福島脱出は元に戻る気配がありません(図―6)。それでも行政(国や福島県)はあたかも福島復興が進んだように主張しています(28)。これでは福島の皆様は不安だと思います。
 福島の農協さんが図―7に示す様に福島県知事に福島産ブドウを贈りました(26)。福島はブドウの季節です。福島県会津若松市は福島県第3位のブドウの産地です(30)。福島のブドウは「一粒ひとつぶ、力強い甘さ」だそうです(31)。福島県は福島産ブドウは「安全」だと主張しています(32)。でも、福島県会津若松市のスーパーのチラシには福島産ブドウはありません。
 他県産はあっても福島産ブドウがが無い福島県会津若若松市のスーパーのチラシ
※(33)を引用
 図―8 福島産ブドウが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県会津若松市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略中の放射線のホント
(2)復興 - Wikipedia
(3)めげ猫「タマ」の日記 ばら撒かれたセシウムの6割が残る福島県本宮市
(4)除染情報サイト:環境省
(5)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(6)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(7)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(8)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(9)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(10)ふくしまプライド。
(11)桃の生産量の都道府県ランキング(平成28年) | 地域の入れ物
(12)東京都中央卸売市場-統計情報検索を「大分類、果実⇒中分類、もも類」で検索
(13)昨年の倍 9万5336人 今年度いわき3海水浴場客数 震災後最多 | 県内ニュース | 福島民報
(14)統計資料一覧 - 福島県ホームページ
(15)避難指示区域別居住状況 - 南相馬市
(16)楢葉町内居住者数について|楢葉町公式ホームページ
(17)住民生活課 - 葛尾村ホームページ(過去の掲載分も含む)
(18)浪江町ホームページ トップページ
(19)山木屋地区の居住の状況 - 川俣町公式ホームページ
(20)平成30年8月1日現在の村民の避難状況について - 飯舘村ホームページ
(21)広報なみえ - 浪江町ホームページ
(22)めげ猫「タマ」の日記 避難指示解除の富岡町、7割は新規転入者(3~5月)
(23)県内外の避難・居住先別人数【平成30年8月1日現在】(平成30年8月2日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(24)県内外の避難・居住先別人数【平成30年9月1日現在】(平成30年9月4日更新)|新着【各種手続き・申請・お知らせについて】 | 富岡町役場
(25)福島県の推計人口(平成30年8月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(26)トピックス | JAふくしま未来
(27)半減期 - Wikipedia
(28)復旧・復興状況等 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(29)夏 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(30)くだものづくりがさかんな福島盆地
(31)くだもの図鑑 – くだもの消費拡大委員会
(32)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(33)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ
  1. 2018/09/15(土) 19:47:22|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(9月13日発表分)―検査結果発表は55日遅れ―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。7月20日までの食品中の放射性セシウムの検査結果が9月13日に55日遅れでやっと発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先回に続き今回もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(4)。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数640件
  ②平均は、1キログラム当たり0.4ベクレル、最大29ベクレル(福島産イワナ)。

 今週は基準超はありませんでしたが、今週の発表からは
・検査結果の発表は55日後
・宮城産マダイからセシウム、福島産は71件連続ND
・上昇する福島県須賀川市産イワナ
・今年も検査されていない福島県須賀川市の露地栽培キュウリ
などの特徴が読み取れ福島産は安全とは言えません。

1.宮城産マダイからセシウム、福島産は71件連続ND
 宮城県産マダイからセシウムが見つかったと発表がありました(7)。以下に検査結果をしまします。
隣県では見つかっても福島産マダラからは見つからないセシウム
 ※1(1)(2)を集計
 ※2 日付けは捕獲日
 ※3 NDは検出限界未満(みつからな事)を示す
 図―1 マダイの検査結果

 図に示す通り宮城県だけでなく、岩手、茨城、千葉県産からもセシウムが見つかっています。でも、福島県が検査した福島産マダイからは見つかっていません。厚生労働省(1)や福島県の発表(2)をを数えると71件連続で検出限界未満(ND)です。海は繋がっており、汚染源は福島にあるのにおかしな話です。
 厚生労働省の発表(1)を見ると、マダイに限らず福島産の農水産物の出荷前検査は全てを福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(8)が実施しています。中立性に疑問があります。福島産は他よりも低く出る検査で「安全」とされ出荷されます。

2.上昇する福島県須賀川市産イワナ
 福島県須賀川市は福島県中部にある市です。同市は夏秋きゅうりの収穫量日本一です(9)。以下に位置を示します。
事故から7年半以上が過ぎて、汚染されている福島
 ※1(10)の数値データを元に(11)に示す手法で8月1日時点に換算
 ※2 旧避難区域は(12)による
 図-2 本記事で取り上げる地域

 以下に須賀川市産イワナの検査結果を示します。
 上昇する福島県須賀川市産ヤマメのセシウム
※1(1)(2)を集計
 ※2 日付けは捕獲日
 ※3 NDは検出限界未満(みつからな事)を示す
 図―3 須賀川市産イワナの検査結果

 図に示す様に、上昇しています。
 福島産はセシウム濃度が上昇することがあります。

3.今年も検査されていない福島県須賀川市の露地栽培キュウリ
 福島を代表する野菜にキュウリがあります。須賀川市、伊達市、二本松市等が主要な産地です(13)。図―3に示す様に 国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(14)地域が広がっています。
 以下に福島のキュウリ産地(須賀川市、伊達市、二本松市)の各年8月から翌年7月までの1年間の葬式(死者)数の推移を示します。
事故後に葬式が増えた福島・キュウリ産地
 ※1(15)を各年8月から翌年7月までの1年間を集計
 ※2 震災犠牲者は(16)により、死者・行方不明者を含み、関連死を含まず
 図―4 福島・キュウリの主要産地の各年8月から翌年7月までの1年間の葬式数

 図に示す様に事故後に急に増え、今も戻っていません。数値を記載すると
  事故前(2009年8月~10年7月) 1,479人
  近々1年(2017年8月~18年7月)1,675人
で13.3%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.05%でした。以下に計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事(17)による。
有意差検定表

 福島県にあるひらた中央病院は、福島産米や野菜について避けるか否かのアンケート結果を発表しています。以下に示します。

 表ー2 福島産を許容すかのアンケート結果
 ※ (18)を集計
郡山・三春で許容される福島産米

 表に示すように地域差があります。主要なキュウリ産地ではない相馬市・南相馬市では715人中530人が福島産野菜を避けています。当然、福島産キュウリも避けられているはずです。以下に相馬市・南相馬市の各年8月から翌年7月までの1年間の葬式(死者)数の推移を示します。
事故後も葬式が増えていない相馬・南相馬市
 ※1(15)を各年8月から翌年7月までの1年間を集計
 ※2 震災犠牲者は(16)により、死者・行方不明者を含み、関連死を含まず
 図―5 相馬市・南相馬市の各年8月から翌年7月までの1年間の葬式数

 図に示す様に震災犠牲者を除けば、事故後も殆ど増えていません。数値を記載すると
  事故前(2009年8月~10年7月) 1,314人
  近々1年(2017年8月~18年7月)1,314人
で、変わっていません。
 福島産キュウリは汚染され、葬式が増えた地で作られています。一方で、キュウリの主要な産地でなく、キュウリ等の福島産野菜を避けてる相馬市・南相馬市では葬式は増えていません。
 既に記載の通り福島県須賀川市は日本最大の夏秋キュウリの産地です。図―3に示す様に同市産ヤマメのセシウム含有量が増えています。確り検査して欲しいと思います。同市のキュウリ栽培は「露地栽培」が主力です(9)。そこで、施設栽培を除く須賀川市産キュウリの検査結果を調べてみました。
検査結果が出てこない福島県須賀川市産キュウリ
 ※(19)を引用
 図―6 福島県須賀川市産キュウリ(施設栽培を除く)の検査結果

 図に示す通り検査結果が出て来ません。厚生労働省の発表(1)を追いかけると2015年8月を最後に検査結果がありません。
 福島県須賀川市は福島県須賀川市は日本最大の夏秋キュウリの産地です。主力の「露地栽培」キュウリは3年以上、検査されていません。それでも福島県は福島産キュウリは検査で「安全」を確認したと主張しています(20)。
 福島産は汚染されている最大産地を検査せずに、「安全」とされ出荷されます。
 


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・55日後に発表される検査結果
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事がある福島産
 ・検査されていなくても検査で安全とされる福島産
福島の皆様は不安だと思います。
 9月ですが、福島は今もキュウリの季節です。TOKIOの皆様の「うまい」とのCMも流れました(21)。福島県は福島産キュウリは「安全」だと主張しています(20)。福島県福島市のスーパーのチラシには福島産キュウリはありません。
他県産はあっても福島産キュウリが無い福島県須賀川市のスーパーのチラシ
 ※(22)を引用
 図―7 福島産キュウリが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県福島市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
食品中の放射性物質の検査結果について(第1093報)(東京電力福島原子力発電所事故関連)
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(8月8日発表分)―検査結果発表は27日遅れ―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)(3)中の「1 自治体の検査結果⇒検査結果(PDF:844KB)⇒No4401」
(8)農林水産部 - 福島県ホームページ
(9)福島県 すかがわ岩瀬農業協同組合 (きゅうり)~「パリッと新鮮でおいしい 岩瀬きゅうり」~ 月報 野菜情報-産地紹介-2010年9月
(10)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(11)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(12)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(13)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(14)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(15)福島県の推計人口(平成30年8月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(16)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(月1回更新) - 福島県ホームページ
(17)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(18)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ(19)品目から探す | 福島県農林水産物・加工食品モニタリング情報を「野菜⇒か行⇒キ⇒キュウリ」で検索
(20)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(21)ふくしまプライド。
(22)イトーヨーカドー 福島店
  1. 2018/09/14(金) 19:42:59|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

若い女性が残らない福島

 福島県の地方紙・福島民報は福島県からの人口流出について、9月12日の社説で「産業衰退までつながるという危機感がある」と論じていましたが、(=^・^=)なりに調べると事故後に若い女性が流出が増加し(1)、赤ちゃんが生まれなくなる方が問題です。
 福島は事故によって汚染されました。 以下に福島および隣県の放射線量分布を示します。
事故から7年半を経て、特異的に汚染されている福島
 ※(2)の数値データを元に(3)に示す手法で9月1日時点に換算
 図―1 航空機モニタリングによる放射線量分布

 図に示すように国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超える(4)地域は概ね福島のみです。避難地域が設定されたのは「福島」のみです(5)。事故8年目になりましたが、福島は特的に汚染されています。 
 以下に今年(2018年)1~7月の社会的増減(転入者―転出者)を示します。
20代前半女性の社会減が顕著な福島
 ※(6)を集計
 図―2 2018年1~7月の福島県の社会的増減

 図に示す様に20代前、特に女性で顕著です。そこで若い方は福島県でどれくらいの割合で残るか調べて見ました。今から5年前の2013年8月には福島県には15~19歳の女性が、49,169人いました。5年を経て彼女達は20~24歳になっています。2018年8月時点で福島県には20~24歳の女性が32,064人です。すなわち2013年8月時点で福島にいた49,169人の15~19歳の女性のうち、5年後に福島に残ったのは65%(32,064÷49,169×100)の32,064人です。このような方法で、福島県に住んでいる10代前半の方が、5年後にどれだけの割合で残っているか集計してみました。
事故後に若い女性が残らなくなった福島
 ※1(6)を集計
 ※2 日付け15~19歳当時
 図―3 10代後半の方が5年後に福島県に残っている割合

 図に示す通り事故前から10代後半の方は福島を出て行く傾向にありました。事故前(2001年から04年)の平均を取ると、男性75%、女性74%で、ほぼ同じでした。ところが事故後(2011年3月以降)の平均をとると、男性は74%でそれ程には減っていませんが、女性は65%に減っています。福島では事故後に若い女性の人口流出が加速しました。
 これについて福島の地方紙・福島民報は「【福島市の大学連携】人材定着で好循環を(9月12日)」との社説(1)で
「(人口)流出が続けば生産年齢人口の減少につながり、産業界での人員不足による機能不全、産業衰退までつながるという危機感がある。」
と論じていました。でも、女性がくなくても男性が残ればある程度の「生産年齢人口」は確保できます。それより深刻なのは、女性が特異的に逃げ出しているので、男性は結婚できなくなり、子どもが生まれなくなる事です。



<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 当該社説は
 「原発事故による風評影響も伴う首都圏など(福島)市外への流出」
 とも論じていますが、福島の若い女性が福島を去るのは「風評」ではありません。図―1に示す様に福島は特異的に汚染されています。人生を送るな汚染された地より汚染が無い地が良いに決まっています。まして、福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。
福島の綺麗な女性
 ※(7)をキャプチャー
 図―4 福島の綺麗な女性

 何処へ行っても歓迎されます。あえて、福島に残る理由はありません。
 そして、不安なのは福島に残った皆様も同じです。
 福島を代表する夏野菜にキュウリがあります(20)。9月ですがまだまだ「旬」です。TOKIOの皆様の「うまい」とのテレビCMも流れました(21)。福島県は福島産キュウリは「安全」だと主張しています(22)。でも、福島県相馬市のスーパーのチラシには福島産キュウリはありません。
他県産はあっても福島産キュウリが無い福島県のスーパーのチラシ
 ※(23)を引用
 図―5 福島産キュウリが無い福島県相馬市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県相馬市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)【福島市の大学連携】人材定着で好循環を(9月12日) | 県内ニュース | 福島民報
(2)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(3)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(4)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(5)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)福島県の推計人口(平成30年8月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(7)ニュース|福島中央テレビ
(8)夏 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(9)ふくしまプライド。
(10)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(11)Webチラシ情報 | フレスコキクチ
  1. 2018/09/13(木) 19:36:58|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コミュニティバスも効果無し、帰還が進まない福島県飯舘村

 昨年に避難指示が解除された福島県飯舘村(1)で、コミュニティバスの運行が始まりました(2)。でも戻った住民は
 5,749人中893人(4)(全体の15.5%)
であまり帰還が進んでいません。コミュニティバスも効果がないようです。
 福島県飯舘村は福島県北部にある山村です。事故によって放射能に汚染され、全村が避難しました。福島第一原発から20km圏内の避難指示は事故翌日の3月12日に出たのですが、20km圏外の飯舘村に避難指示が出されたのは事故から1ヶ月以上も過ぎた4月22日です(5)。そして避難が概ね完了したのは事故から3ヶ月以上が過ぎた6月22日です(1)。いわば逃げ遅れた村です。以下に位置を示します。
事故から7年半過ぎて、汚染されている福島
 ※1(6)の数値データを元に(7)に示す手法で8月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(5)による
 図-1 旧計画的避難区域

 図に示す通り国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(8)地域が広がっています。事故から7年半が経過しましたが飯舘村は汚染されたままです。
 以下に年飯舘村の赤ちゃん誕生数を示します。
事故後に女の子が多く生まれる福島県飯舘村
 ※1(9)を集計
 ※2 各年3月からの1年間、ただし2018年は7月まで
 図―2  福島県飯舘村の赤ちゃん誕生数

 図に示す様に事故後に女の子が多く生まれるようになっています。2011年3月から18年6月を合計すると
  男の子 165人
  女の子 211人
で、女の子が多くなっていますこのような事が偶然に起こる確率を計算したら、統計的な差があるとさえる5%(10)以下の1.8%でした(11)。8月の発表はありませんが、飯舘村の広報紙(12)に載っている7月21日から8月20日に誕生した3人の赤ちゃんは全て女の子でした。
生まれた赤ちゃん全員が女の子の飯舘村広報誌
 ※(12)を引用
 図―3 生まれた赤ちゃんの3人全てが女の子になっている福島県飯舘村の広報紙(9月号)

通常は男の子が多く生まれるので(13)異常な事態です。
 福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。
パンの開発を発表する福島の綺麗な女性
 ※(14)をキャプチャー
 図―4 福島県の綺麗な女性

 でも、喜んでばかりもいられないようです。 放射性影響研究所は広島や長崎の原爆投下で遺伝的な影響が生じていない根拠の一つに「赤ちゃんの男女比に異常が起きていない。」事をあげています(15)。それでも安倍出戻り内閣は「安全」であるとし、避難指示を解除しました(1)(5)。
 飯舘村も村民の帰村を熱心に進めています。最近の例をみますと
 4月1日 村立の認定こども園・小学校・中学校の「開園・開校式」に続き、岡本真夜さんのミニコンサート(16)
 8月12日 増田明美さんをゲストの呼んで、スポーツ公の開所式(13)。
飯舘村に来た増田明美さん
 ※(12[)を引用
 図―5 飯舘村スポーツ公の開所式に来た増田明美さん

 9月3日 村内を循環するコミュニティバスの運行が始まりました(2)。

 これで帰還が進むか興味があります。以下に飯舘村民の居級状況を示します。
帰還が進まない福島県飯舘村
  ※(1)を集計
 図―6 飯舘村民の居住状況

 
図に示すように村への帰還が進んでいません。避難指示解除17ヶ月の2018年9月1日時点で村内に暮らしている方は
 対象5,749人中893人(4)
で全体の15。5%です。一方で図に示す様に村外での住宅取得等はどんどん増えています。住宅取得等で安定した住環境を手にれた方が村に帰還することはないと思います。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 事故から7年半が経過しましたが、図―1に示す様に福島は汚染されたままです。福島の皆様は不安だと思います。わざわざ放射線量の高い避難指示解除区域に住もうする人はそうは多くないと思います。
 福島を代表するくだものにナシがあります(17)。今、福島はナシの収穫期です。福島のナシは甘さたっぷりだそうです(18)。福島県は福島産ナシは「安全」だと主張しています(19)。でも、福島県棚倉町のスーパーのチラシには福島産ナシはありません。
 他県産はあっても福島産ナシが無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ
※(20)を引用
 図―7 福島産ナシが無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県棚倉町の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)飯舘村 - Wikipedia
(2)コミュニティバス運行再開式(9月3日) - 飯舘村ホームページ
(3)平成30年9月1日現在の村民の避難状況について - 飯舘村ホームページ
(4)(3)中の平成30年9月1日現在の村民の避難状況 [PDFファイル/60KB]
(5)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(7)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)福島県の推計人口(平成30年8月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(10)有意水準とは - 統計学用語 Weblio辞書
(11)めげ猫「タマ」の日記 事故後は女の子が多く生まれる福島県飯舘村
(12)広報いいたて 平成30年9月号 - 飯舘村ホームページ
(13)出生性比
(14)復興に貢献を 高校生がパン開発|NHK 福島県のニュース
(15)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 – 公益財団法人 放射線影響研究所 RERF
(16)認定こども園・小中学校の開園・開校式(4月1日) - 飯舘村ホームページ
(17)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(18)ナシ:収穫期を迎える – くだもの消費拡大委員会
(19)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(20)エコス
  1. 2018/09/12(水) 19:47:01|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遅れが目立つ福島第一原発廃炉工程

 11月からの実施が予定されていた福島第一原発3号機使用済み核燃料プールからの核燃料取り出し(2)が延期になりました(3)(4)。これまでも、廃炉作業を遅延を繰り返しています。福島第一の廃炉は2011年12月に30~40年で実現する発表されました(5)。それから7年を経たのであと23から33年で廃炉完了の計画ですが、実現は無理です。
 福島第一原発は2011年3月に事故を起こし、今、「廃炉作業」が進められています(6)。最初の廃炉計画は2011年12月に発表されました。廃炉を30~40年で実現するとの内容です(5)。その後に何度か見直しが行われましたが(7)、廃炉は2011年12月を起点に30~40年で実現する事は変っていません(8)。最新の計画は2017年9月に発表されたものですが(8)、その中で11項目について期限が改定されました。その中で「3号機燃料取り出しの開始 」は「2018年度中頃」とされています(9)。年度を3分割すれば、中頃は「8月から11月」になります。そんなわけと思いますが、これまでは2018年11月から実施することになっていました(2)。それが9月6日の会見で「延期」が発表されました(4)(10)。
3号機核燃料取り出し延期を記載した東京電力発表資料
 ※(3)を抜粋
 図―1 「3号機燃料取り出しの開始 」の延期を発表する東京電力資料


 1年前に改定された廃炉計画で(8)「3号機燃料取り出しの開始 」は「2018年度中頃(11月まで)」と最初に期限を迎えるものです。これが延期になりました。
 3号機核燃料取り出し延期を報じる福島県の地方紙・福島民報
※(11)を9月7日に閲覧
 図―2 「3号機燃料取り出しの開始 」の遅れを報じる福島県の地方紙・福島民報

他の項目もどんどん遅れると思います。
 その前の計画は2015年6月に廃炉計画の見直しがありました(12)。その中で11項目について期限が明示されました(13)。その中で計画通りにできたものは「敷地境界の追加的な実効線量を1mSv/年未満まで低減」の「2015年度」だけです(14)。ただし、これも当初計画(5)では2012年度中に実現するとしていました(15)。以下に各項目の状況について説明します。
①「敷地境界の追加的な実効線量を1mSv/年未満まで低減」、期限「2015年度」(2016年3月末)
 東京電力の資料を見る限り(15)、福島第一原発の外(敷地外)に漏れ出る放射線量を年間1ミリシーベルト未満にする取組です。東京電力は期限ぎりぎりの2016年3月30日に「達成」を発表しています(15)。ただし、当初の計画では2012年度(2013年3月末)で(5)、計画が発表された2012年12月21日からですと(5)、概ね1年3ヶ月(15ヶ月)で達成するはずでした。でも、達成は4年3ヶ月(51ヶ月)後の2016年3月ですので、当初見込みの3倍以上を要しています。

②「多核種除去設備処理水の長期的取扱いの決定に向けた準備開始」、期限「2016年度上半期」(2016年9月末)(15)
 福島第一原発ではタービンや原子炉建屋に地下水が流れ込んだり、海岸から汲み上げた汚染水のうち海には流せない物をタービン建屋に送っています。原子炉やタービン建屋内の放射性物質に触れ、酷く汚染されます。放置すると溢れ出るので、汲み上げて汚染水タンクに保管しています(16)。ただし、この汚染水は日々増え続けいます。
どんどん増える福島第一原発汚染水量
 ※(17)(18)で作成
 図―3 日々、増え続ける福島第一汚染水

 最新の発表(19)を集計すると東京ドーム(体積124万立方メートル(20))の一杯分に近い総量で約115万トンに達します。汚染水は処理装置で中に含まれる放射能を低減していますが、すくなくともトリチウムは取り切れません(21)。さらには、ヨウ素129は植物、土壌、乳汁、動物組織などの生物圏に組み込まれます(22)。東京電力は「浄化装置」(多核種除去設備)で取り除けると主張しています(23)。ところが排水の法令基準(1リットル当たり9ベクレル)を超えるヨウ素129が度々、見つかっていると8月23日に報じられました(24)。
 東京電力は自らが所有する柏崎刈羽原発の再稼働を目指して、適合性審査(安全審査ではない)を申請しています。(=^・^=)の試算では審査中の6,7号機の再稼働が実現できれば約2000億円の燃料代が節約でます(25)。柏崎刈羽原発の再稼働は東京電力の悲願です。一方で、原子力規制委は福島第一汚染水の「海洋放出」を柏崎刈羽原発の審査合格の実質的条件にしています(25)。東京電力には福島第一汚染水を「海洋放出」で最終処分するしかありません。
 「多核種除去設備処理水の長期的取扱いの決定に向けた準備開始」は汚染水の最終処分に向けた準備を始める事です。
 経済産業用は汚染水の最終処分を検討する「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会」を立ち上げました(26)。これが「準備」と思います。ただし小委員会の第一回会合は2016年11月11日で(27)、期限の2016年9月末に間に合いませんでした。

③「建屋流入量を100m/日未満に抑制」、期限「2016年度」(2017年3月末)(15)
 図―3に示す様に福島第一では日々、汚染水が増えづけています。汚染水の増加要因のうち、直接に原子炉やタービン建屋に流れ込む量を1日たり100トン未満にするもです。これについては凍土壁の効果に期待したようです。
 「凍土壁」は原子炉やタービン建屋を囲む氷の壁です。以下に構造を示します。
凍土壁、海側遮水壁、サブドレン、地下水ドレン
 ※(28)(29)にて作成
 図―4 凍土壁、海側遮水壁、サブドレン、地下水ドレン

 断面の模式図は以下の通りです。
凍土壁、海側遮水壁、サブドレン、地下水ドレン(断面
 ※(28)(29)にて作成
 図―5 凍土壁、海側遮水壁、サブドレン、地下水ドレン(断面)

 氷の壁で地下水の流れを阻止し、タービン建屋に流れ込む地下水や海岸にまで達する地下水を減らす計画です(29)。当初の予定では2015年3月位から運用を始める予定でしたが(30)、完全凍結が始まったのは2017年8月22日からです(31)。ほぼ2年半の遅れです。さらに凍結が完了したのは今年(2018年)3月と東京電力は言っています(32)。
 図―4に示す様に福島第一は西側が山で東側が海です。陸側(西側)から順に凍土壁・サブドレン・建屋・サブドレン・凍土壁・ウエルポイント・地下水ドレン・海側遮水壁です。このうち凍土壁と海側遮水壁は水の流れを遮ることを意図し設けられました(28)(29)。サブドレンは地下水を汲み上げる井戸です。図-3,4に示しように凍土壁の内側になり、ここで汲み上げらる水は全量が凍土壁をすり抜けて流れ込んだ水です。
 サブドレンでの汲みあげに失敗した地下水は建屋に流れ込むか、海に向かって流れて行きます。ウエルポイント、地下水ドレンは海側に流れた地下水を汲み上げる井戸です。すなわち、サブドレン汲み上げ量、原子炉建屋への流入量、ウエルポイント、地下水ドレンの汲み上げ量の合計が「凍土壁」では阻止できずに流れ込んだ「水」の総量です。以下に推移を示します。
一向に減らない凍土壁内への「水」の流入量
 ※1(33)を集計
 ※2 サブドレンはサブドレン汲み上げ量、流入は建屋流入量、海岸部はウエルポイント、地下水ドレンの合計の汲み上げ量
 図-6 「凍土壁」で阻止できなかった「水」の量

図に示すように凍土壁で阻止できなかった「水」の量はあまり減っていません。凍土壁は2018年3月に「完成」したので(32)、先月と「完成」前の前年同月との流量を比較してみました。
 2017年8月 1日当たり平均で915トン
 2018年8月 1日当たり平均で774トン
で(33)、凍土壁をすり抜け内側に流入する水の量は15%しか減っていません。凍土壁が「完成」した4月以降にタービン建屋に直接流れ込んだ量は平均で
 1日辺り124トン
で、達成されていません。その後1年前(2017年9月)に工程表が改定され(8)、この目標は
 「汚染水発生量を150m/日程度に抑制 、(期限)「2020年内」
に置き換わっています。東京電力の発表(17)(18)を集計すると、4月以降の平均の
 汚染水発生量は1日当たり223トン
で、期限までは2年4ヶ月ありますが、今の所は達成しておません。

④「高濃度汚染水を処理した水の貯水は全て溶接型タンクで実施」、期限「2016年度早期」(2016年6月くらい、早期を第一四半期と解釈しました)
 福島第一の汚染水タンクには鋼材をボルトでつなぎ合わせたフランジ型タンクとより信頼性の高い溶接型タンクがあります(34)。フランジ型タンクは過去に汚染水漏れを起こしています(35)。そこでフランジ型タンクを廃止して、全ての汚染水を「溶接型タンク」に保管する目標が設定されました。期限は2016年度早期」です(15)。ところが2017年10月30日になってに「フランジ型タンク」に汚染水を貯めています(36)。1年前に改定された工程表(8)では
 「浄化設備等により浄化処理した水の貯水を全て溶接型タンクで実施」、期限「2018年度」(2019年4月)
なっており、期限が2年数か月後にずれました。

⑤「建屋内滞留水中の放射性物質の量を半減」、期限「2018年度」(15)
 1年前に改定された工程表(8)では
  「建屋内滞留⽔中の放射性物質の量を2014年度末の1/10程度まで減少」、期限「 2018年度」
に置き換わっていますが、今のところは2015年の計画通りでしょうか

⑥「1号機燃料取り出しの開始」、期限「2020年度」(15)。
 1年前に改定された工程表(8)では
 「1号機燃料取り出しの開始」、期限「2023年度目処」
で、期限が3年後にずれています。

⑦「2号機燃料取り出しの開始」、期限「2020年度」(15)
 1年前に改定された工程表(8)では
 「2号機燃料取り出しの開始」、期限「2023年度目処」
で、期限が3年後にずれています。

⑧「3号機燃料取り出しの開始」、期限「 2017年度
」(15)
 1年前に改定された工程表(8)では
 「3号機燃料取り出しの開始」、期限「2018年度中頃」
で、期限が8ヶ月(2017年3月末から2018年11月)後にずれています。これも実現できなくたった事は前述の通りです。

⑨「初号機の燃料デブリ取り出し方法の確定」、期限「2018年度上半期」(15)
 1年前に改定された工程表(8)では
  「初号機の燃料デブリ取り出し⽅法の確定 」、期限「2019年度」
で、期限が1年半後にずれています。

⑩「初号機の燃料デブリ取り出しの開始」、期限「2021年内」
 1年前に改定された工程表(8)では
  「初号機の燃料デブリ取り出しの開始」、期限「2021年内」
で、同じですが方法の確定は1年半遅れなので、その分だけ準備期間が短くなっています。できるのですかね?政治的なに匂いがします。

⑪「廃棄物対策 処理・処分に関する基本的な考え方の取りまとめ」、期限「2017年度」
 1年前に改定された工程表(8)では
 「廃棄物対策 処理の処分の方策とその安全性に関する技術的な見通し」、期限「2021年度頃」
 に変わり、期限が4年後にずれています。

 2015年6月に期限設定された11項目のうち、8項目は期限が後にずらされています。予定通りにいった1項目は、初期の計画から見れば大幅遅延です。今の所で期限が変わっていない2項目中1項目は実現が怪しくなっています。そして1年前に改定された計画のうち
 「3号機燃料取り出しの開始 」
がそろそろ「期限」ですが、遅れが確定しました。福島第一原発の廃炉工程は常に遅れています。最新の廃炉計画でも廃炉まで30~40年(8)とされていますが、現状を見る限り先が見えません。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 先が見えない福島第一原発の廃炉では福島の皆様は不安だと思います。
 福島の夏野菜にピーマンがあります(37)。9月ですが、まだまたシーズンです(38)。TOKIOの皆様は福島産の夏野菜は「うまい」と言っています(39)。福島県は福島産ピーマンは「安全」だと主張しています(40)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産ピーマンはありません。
他県産はあっても福島産ピーマンが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 (41)を引用
 図―7 福島産ピーマンが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県福島市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)2018年のアーカイブ - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社
(2)(1)中の「2018年7月26日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第56回事務局会議)⇒【資料3-2】 使用済燃料プール対策
(3)(1)中の「2018年9月6日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第57回事務局会議)⇒【資料3-2】 使用済燃料プール対策
(4)11月開始は困難 第一原発3号機核燃料取り出し作業 | 県内ニュース | 福島民報
(5)2011年のアーカイブ - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社
(6)廃炉プロジェクト|福島の責任|東京電力ホールディングス株式会社
(7)中長期ロードマップ(廃炉・汚染水対策関係閣僚等会議等) - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社
(8)2017年のアーカイブ - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社
(9)(8)中の(資料1)中長期ロードマップ改訂案について
(10)動画アーカイブ|写真・映像ライブラリー|東京電力ホールディングス株式会社
(11)福島民報
(12)2015年のアーカイブ - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社
(13)(12)中の(資料1)中長期ロードマップ改訂案について
(14)敷地境界線量(評価値)の目標達成について2016年3月30日東京電力株式会社
(15)(5)中の東京電力(株)福島第一原子力発電所1~4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ(概要版)(538KB)
(16)汚染水対策の状況 - 廃炉プロジェクト|廃炉作業の状況|東京電力ホールディングス株式会社
(17)プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社
(18)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について - 廃炉プロジェクト|公表資料|東京電力ホールディングス株式会社
(19)(18)中の10日
(20)東京ドーム (単位) - Wikipedia
(21)サブドレン・地下水ドレンによる地下水のくみ上げ|東京電力
(22)ヨウ素の同位体 - Wikipedia
(23)汚染水の浄化処理|東京電力中の多核種除去設備による除去効果が見込まれる核種(PDF 20.4KB)
(24)<福島第1原発>処理水の放射性物質残留 ヨウ素129基準超え60回 17年度 | 河北新報オンラインニュース
(25)めげ猫「タマ」の日記 福島第一汚染水公聴会日程終了 「長期保管も議論」へ、窮地に立つ東京電力
(26)福島第一原子力発電所における汚染水対策 (METI/経済産業省)
(27)多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会情報 (METI/経済産業省)
(28)サブドレン・地下水ドレンによる地下水のくみ上げ|東京電力
(29)陸側遮水壁|東京電力
(30)2014年3月12日 凍土式遮水壁の計画及び進捗状況について(資源エネルギー庁)
(31)2017年8月22日福島第一原子力発電所 陸側遮水壁第三段階開始について(PDF 786KB)
(32)汚染水対策の状況 - 廃炉プロジェクト|廃炉作業の状況|東京電力ホールディングス株式会社
(33)(1)中の「2018年9月6日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第57回事務局会議)⇒【資料3-1】汚染水対策
(34)【福島第一原子力発電所:溶接型タンクの製造現場】... - 東京電力ホールディングス株式会社 | Facebook
(35)2013年8月30日(汚染水対策検討WG第5回資料)H4タンクエリアにおける汚染水の漏えいについて(PDF 11.3MB)
(36)第56回特定原子力施設監視・評価検討会 | 原子力規制委員会中の「資料6:フランジ型タンクに関するリスク低減策の進捗[東京電力]【PDF:2MB】
(37)夏 | ふくしまの野菜 | JA全農福島
(38)福島県の旬(出回り時期) 野菜編
(39)ふくしまプライド。
(40)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ中のやさい編 [PDFファイル/173KB]
(41)イオン福島店 | お買物情報やお得なチラシなど
  1. 2018/09/11(火) 19:45:02|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ