fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい!福島原発(4月1週)―雨が降れば汚染水タンク堰から汚水漏れ-

 東京電力福島原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、今週(3月29日から4月4日)もしっかりトラブルが起こっています。

1.多核種除去設備(ALPS)のトラブルが続く
  福島第一原発の汚染水処理の最終段を担う装置して多核種除去設備(ALPS)の試験運転が実施されていますが、先週に続き(1)、今週もトラブルを起こしました。
 3月29日午後11時46分、多核種除去設備(ALPS)C系での汚染水処理を停止して、ポンプの洗浄を行ったのですがポンプの流用が元に戻りませんでした。もう一度、ポンプを洗浄したら流量が元に戻り処理を再開したそうです(2)。1回目の洗浄で流用が戻らないのに、2回目の洗浄で戻ったかの説明はありません。こんな事をしていてはまたトラブルが起きそうです。近々のトラブルは以下の通りです。なお多核種除去設備(ALPS)はA,B,Cあります。
brg140404a.gif
 ※(1)(2)より作成
 図―1 多核種除去設備(ALPS)の構成と近々のトラブル

  3月17日 B系統の出口から処理水を回収
  3月18日 処理水から1リットル当たり、1400万ベクレルと1100万ベクレルのストロンチウム90等に由来する全ベータを確認、処理を停止  3月19日 移送先のJ1タンク群も汚染されていることを確認
  3月24日13時頃 A系、C系の運転を再開
  3月24日19時頃 サンプルタンクCより汚染水漏れを確認(サンプルタンクCには3月18日発見された処理されない汚染水が混じっている)。
  3月24日19時頃 A系、C系の運転を停止(運転全面停止)
  3月25日 A系、C系の運転を再開
  3月27日 A系出口の処理済みの水の「白濁」を確認、A系の運転を停止
  3月29日 C系の

2.福島第一原発3号機原子炉建屋5階中央部からの湯気
 3月も2月に続き福島第一原発3号機原子炉建屋5階中央部からの湯気が出ています。3月は3月30日午前8時20分頃に湯気が見つかっています(2)。
以下にこれまでの湯気の月別発生回数を示します。
brg140404b.gif
 ※1 これまでの実績(3)に、3月分を追加
 ※2 2014年は3月の東電発表分まで
 図―2 福島第一原発3号機の月別湯気発生回数

3.天井が崩れ「生き埋め」
 3月28日に福島第一原発で殉職者が出ましたが(1)、詳しい状況が発表になりました(4)。y横穴を掘って行って「天井」が崩れたそうです。
brg140404c.gif    brg140404d.gif
 (a)掘削の模式図              (b)掘削の様子
 ※(a)図は(4)より、(b)図は(5)より引用・加筆
 図―3 生き埋めになる「直前」の様子

作業をされている下請けさんは、しかも「穴」の中に全身が入っています。天井がく崩れたら生き埋めになる状態の作業でした。福島第一原発は地震を水素爆発もあったので、地盤が弱くなり崩れる危険性は他よりかなり高いと思いますが・・・
 以下に天井が崩れる前の様子を示します。
brg140404e.gif
 図ー4 天井が崩れる前の「横穴」の様子

 崩落防止の処置がされてません。こんな工事では「殉職者」が出るのは当たりまえです。「人殺し」の東電って感じです。でも1人ぐらいは・・・。放射性物質をばら撒いて既に多くの人を殺している(6)ことだし。
 この事故により、3月29日より定例業務(パトロール、水処理作業およびウェルポイントの汲み上げ作業等)を除く工事をすべて中止し、安全総点検を実施することとしたそうです(7)。汚染水タンクがひっ迫しているのに(8)大丈夫ですかね?

4.「堰」からまたも汚染水漏れ
 4月3日午後から4日未明にかけて福島第一原発では雨が降りました。
brg140404f.gif
 ※(9)より作成
 図ー5 福島第一原発北北西10km程のアメダス観測点「浪江」

 福島第一原発では汚染水をタンクに保管していますが、汚染水がタンクから漏れても大丈夫なようにまわりを堰で囲っています(10)。堰に雨水が溜まり溢れでました。
brg140404g.gif
 ※(10)をキャプチャー
 図―6 福島第一原発の堰から「水」が溢れたこを報じる福島ローカルTV(FCT)

溢れた場所は2カ所で、一つはG5エリアと呼ばれる所でもう一つは「濾過水タンク」です。名前は「濾過水タンク」ですが、中には確り汚染水が入っています(11)。以下に溢れた場所を示します。
brg140404h.gif
 ※(11)(12)(13)で作成
 図―7 4月4日に「水」が溢れた堰

 特に「濾過水タンク」を囲む堰からは、1リットル当たり
  セシウム       64ベクレル
  ストロンチウム90  10ベクレル
見つかったそうです(11)。福島第一原発では地下水を汲み上げて海に流す計画をしていますが(14)、東京電力が漁師さんに約束した排出基準は、1リットル当たり
 セシウムで1ベクレル
 ストロンチウム90由来の全ベータ(15)で5ベクレル
で、これよりずっと高い値の汚染水が外に漏れたみたいです(11)。

5.雨漏り
4月4日4時15分頃、福島第一原発3号機タービン建屋1階西側廊下エリアの建屋内漏で雨漏りの為に警報が発生しましまた。漏れた水からは1リットル当たり
・全ベータ:29,000 ベクレル
・全放射能:31,000 ベクレル
・セシウム134:8,100 ベクレル
・セシウム137:22,000 ベクレル
の放射性物質が混入してしまったそうです(11)。

6.放射線測定器が予備も含めダウン
4月4日午前4時46分、モニタリングポストNo.8(放射線測定器)は、本設備の機器故障が発生して、無線式の代替測定器にて監視を継続していたが、同日午前6時3分に無線式代替測定器の機器故障が発生し、午前6時10分より測定できなくなりました(11)。


<余談>
 東京電力は4月1日づけで「廃炉カンパニー」なるもを立ち上げました。トップのあいさつで
「今後起こりうるトラブル」
と発言しています(16)。東電もトラブルはまだまだ続くと確信してるんですね!
brg140404i.gif
 ※(16)をキャプチャー
 図―8「今後起こりうるトラブル」とあいさつする東電幹部

でも東電は会見を減らすそうです(17)。風評被害(実態は実害)の防止の為に情報発信に努めるといっておきながら・・・(18)(19)。本当は実態被害を隠す為に情報発信を減らす!

 福島の漁師さんへ
  東電は広報の機会を減らすそうです。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(3月4週)-福島第一原発で殉職者―
(2)2014年3月30日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(3)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(2月2週)―福島原発も凍えます-
(4)2014年3月31日福島第一原子力発電所 固体廃棄物貯蔵庫関連施設修理工事『基礎杭補修作業中の作業員死亡災害』について(PDF 482KB)PDF
(5)東京電力 写真・動画集| 固体廃棄物貯蔵庫関連施設修理工事『基礎杭補修作業中の作業員死亡災害』について
(6)めげ猫「タマ」の日記 3年経っても福島県二本松市の死者は増えたまま!
(7)2014年3月29日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(8)福島第1 地下水5月にも放出 県漁連、バイパス容認 | 河北新報オンラインニュース
(9)気象庁|過去の気象データ検索
(10)福島中央テレビ [FCTニュース]
(11)2014年4月4日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時30分現在】
(12)1. 福島第一原子力発電所の事故の概要|東京電力
(13)2014年4月4日福島第一原子力発電所構内タンクエリア配置図(G5タンクエリア)(PDF 716KB)
(14)2014年2月25日福島県漁連組合長会議説明資料(PDF 2.25MB)
(15)めげ猫「タマ」の日記 全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質
(16)映像|写真・映像ライブラリー|東京電力
(16)(16)中「福島第一廃炉推進カンパニー」会見
(17)(16)中「4月4日」会見
(18)(16)中「2014/3/31(第一部)敷土新会長就任のご挨拶」
(19)福島第一原子力発電所の地下水バイパス水に関する要望書への回答について|東京電力
スポンサーサイト



  1. 2014/04/04(金) 20:47:51|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(4月1週)―避難指示解除、新しい汚染源にならないと良いがー | ホーム | 福島第一原発汚染水(4月1週)―地下水バイパスの上流ではトリチウム濃度上昇中―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1027-c507a97c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)