fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

デタラメ、新しい放射線副読本その10―ガンマ線は電波と同じ―

 文部科学省は2月に新しい「放射線副読本」を公表しました(1)。そこには事実と異なる内容や事実を誤解されてる内容が沢山含まれています(2)~(10)。「(2)原子から出る放射線」の項に「電磁波は波の性質をもっていて、テレビやラジオの放送に使われている電波や自然の光なども含まれます」
と記載あと
 「波のように伝わる放射線」
のあとに、以下の図が記載してありました。
brg14046a.gif
図―1 ガンマ線は「波のように伝わる」と主張する新しい放射線に関する副読本

 (=^・^=)は学校で「光子(電磁波のこと)は素粒子の一つ」(11)を習いました。もう少し書けば「粒子と波動の二重性」があります(12)。そこで「電波」と「x線やガンマ線」を比べてみました。
①電波は反射しますが(13)が、X線は反射しません(14)。
②電波は屈折しますが(13)が、X線領域では、物質の屈折率が1に近くなるため(15)、屈折しなくなります。
③電波は家の中に回り込み、携帯が使えますが(13)、ガンマ線は遮蔽されます(1)。環境省は家の中では4割まで落ちるといっているそうです(18)。
 光も電磁波ですが(11)、光を取られる普通のカメラとガンマ線をとらえるガンマカメラでは全く構造が違います。
brg140406b.gif    brg140406c.gif
 (a)ガンマカメラ                 (b)普通のカメラ
  ※1 (a)図は(16)より引用
  ※2 (b)図は(17)より引用
  図―2 ガンマカメラと普通のカメラの比較

  電波(普通の波)とガンマ線では全く別の振る舞いをします。「波のように伝わる放射線」などまったくのデタラメです。

<余談>
 電波(普通の波)とガンマ線では全く別の振る舞いをします。それでも新しい「放射線副読本」は、「波のように伝わる放射線」などとデタラメな記述をしています。子供達の間にも「携帯」が普及しています(18)。
brg140406d.gif
  ※(18)より引用
  図―3 子供たちにも普及する携帯

 電波を便利に感じていると思います。放射線も目に見えないけど電波と同じみたいな誤った印象を与えることを意図しているような気がします。電波は便利ですが、放射線は危険です。
 政府が策定中のエネルギー基本計画案の序文から、2月に決めた原案に記載があった東京電力福島第1原発事故への「深い反省」を削除したことが露見しました(19)。福島原発事故は起こったけど、放射線は安全で人への影響はない。そんなストーリが(=^・^=)には見えます。
 生徒さんへ
 先生に「放射線って屈折や反射をするんですか」て聞いてみてください。「波のように伝わる」に伝わるな当然するはずです。

 新しい「放射線副読本」のデタラメぶりは本稿だけではありません。これまでの記事と今後の予定を示します。
1.これまでの記事
めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その1―野菜・果物は基準超えなし―
めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その2―いじめが起こった―
めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その3―原発を止めて電力制限―
めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その4―放射線量が高いから避難―
めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その5―放射線はいろいろ使われている―
めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その6―放射性物質拡散は水素爆発で起こった―
めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その7―放射性物質は西側に広がった―
めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その8―暫定基準は守られた― 
めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その9―福島の子供はのびのび遊んでいる―
⑩デタラメ、新しい放射線副読本その10―ガンマ線は電波と同じ― 本稿

2.今後の予定(暇な時に記事にします)
①「放射性物質が放射線を出す能力(放射能の強さ)を表すには「ベクレル(Bq)」(放射線・放射能の単位ー10ページ)―ベクレルは1秒間にでてくる放射線の総数を示す単位(20)であり「強さより」は「量」である。
②「放射性物質から離れれば放射線量も減ります。例えば、距離が 2 倍になれば受ける放射線量は、4 分の 1 になります。」(放射線から身を守るには―11ページ)―
点ならば正しいが福島のように面的に汚染された場所では適応できない。
③「ICRP では、100mSv を受けたとすると、がんで亡くなる可能性がおよそ 0.5 %増加する」(放射線量と健康との関係―11ページ)―ICRP勧告は0.5%でなく0,55%である(21)。

―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)新しい放射線副読本について:文部科学省
(2)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その1―野菜・果物は基準超えなし―
(3)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その2―いじめが起こった―
(4)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その3―原発を止めて電力制限―
(5)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その4―放射線量が高いから避難―
(6)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その5―放射線はいろいろ使われている―
(7)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その6―放射性物質拡散は水素爆発で起こった―
(8)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その7―放射性物質は西側に広がった―
(9)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その8―暫定基準は守られた―
(10)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その9―福島の子供はのびのび遊んでいる―
(11)光子 - Wikipedia
(12)波動 - Wikipedia
(13)アンテナ博士の電波講座|博士の電波講座|D2ラボ|DENGYO 日本電業工作株式会社 
(14)X線の反射 とは - コトバンク 
(15)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(16)東芝 投資家情報(IR):個人投資家の皆様へ:優れた技術や最新の研究成果:てくのろじぃ解体新書 
(17)COLOR KNOWLEDGE DIC Color Design, Inc.
(18)調査データクリップ!子どもと教育 - ベネッセ教育総合研究所 
(19)原発事故への「深い反省」削除 政府のエネ計画序文(福島民友ニュース)
(20)ベクレル - Wikipedia
(21)(ICRP)2007年勧告(Pub.103) - 原子力規制委員会
スポンサーサイト



  1. 2014/04/06(日) 19:45:54|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デタラメ、新しい放射線副読本その11―ベクレルは放射能の強さ― | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(4月1週)―避難指示解除、新しい汚染源にならないと良いがー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1029-9bf1ed54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)