fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい!福島原発(4月2週)―地下水バイパスの「水」は基準を超えて汲み上げます-

東京電力福島原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、今週(4月5日から11日)もしっかりトラブルが起こっています。

1.雨が降ってショート
 4月3日から4日かけて福島第一原発付近で雨が降りました。
brg140411a.gif brg140411b.gif
 (a)降水量                (b)アメダス観測点
  ※(a)図は(2)より作成、(b)図は(3)に加筆
  図―1 福島第一原発付近の降水量とアメダス観測点
 
  そしたら雨水でショートが2件おきました(4)。
  ①福島第一原発内の放射線量を測るモニタリングポストの一つNo.8局舎前の側溝から雨水が溢れ局舎に流込み、電気部品が水につかり、放射線量の測定ができなくなりました。
  ②4月4日午前4時49分から、1号機原子炉格納容器内温度計(PCV温度計:TE―1625T3)のケーブル接続部(コネクタ)を覆う保護管(エフレックス)内が雨水に浸かり温度が測定できなくなりました。
 最大で1時間に25mm(富岡28mm、浪江22mm)の雨が降ったのですが、この程度の雨は(=^・^=)の住む街でも年に何回かは降ります。でも(=^・^=)の家の電話線やインターフォンの線がショートして使えなくなったり、アンテナ線がショートしてテレビが見られなくなるなんて事はありません。福島第一原発の設備の耐久性は(=^・^=)の家以下みたいです。

2.汚染水タンクの水位計から警報!―でも直ぐに気づかず
 4月8日に福島第一原発内の汚染水タンクの2個の水位計から警報がでいました(5)(6)
brg140411c.gif
 ※(5)(6)(7)およびGoogle Mapで作成
 図-2 4月8日に警報の出た水位計の位置

1回目 午前9時30分頃、Eエリア(D12タンク)
2回目 15時54分頃、G3西エリア(G1タンク)

でも、1回目の水位計のデータの警報に東電社員様が気付いたのは2時間後の11時30分ごろでした。それからやっとタンクの点検にいったそうです。なんでも、「警報」が出ても音がからないようになっていて、警報に気付くのに時間がかかったそうです。しかも430基の汚染水タンクの水位計が同じように音がならないような設定になっていたそうです(8)。今回は水位計の故障が原因みたいですが、本当の水位異常だったらどうすんですかね?
 3月7日にも水位計の警報が出たのに汚染水を送るポンプを止めなかった事が起きています(9)。東電の汚染水漏れ対策って有効なんですかね?

3.油漏れ
4月10日13時10分頃、福島第一原発5・6号機所内変圧器から漏れたと思われる油が変圧器の下部にある電線用ピット(約2m×3m)に溜まっているのをパトロール中の東電社員様が発見し、消防へ連絡したそうです(10)。

4.フィルターに穴
 福島第一原発から湧き出した汚染水はセシウム吸着装置でセシウムを取り除いてもストロンチウム90やトリチウム(放射性の水素(11))が残るので、残りの放射性物質のうちトリチウム以外を取り除ける「多核種除去設備(ALPS)」の試運転を進めています。
 brg140322a.gif
  ※(12)を転載
  図―3 福島第一原発の汚染水処理の流れ

多核種除去設備(ALPS)では、放射性物質をフィルターで取り除くようなこともしているそうです。
brg140411d.gif
 ※(13)より引用・加筆
  図―4 多核種除去設備(ALPS)での放射性物質の除去例

とこが3月18日に多核種除去設備(ALPS)を通過した汚染水に大量の放射性物質が混じっていることが発覚しました。東電で原因を調査した結果、放射性物質を濾すフィルターを抑える金具のパッキン(ガスケット)が欠落し、穴が空いた状態になりそこから汚染水が漏れたそうです(14)。
brg140411e.gif拡大⇒brg140411f.gif
 ※(15)を引用
  図ー5 パッキンの一部が欠け、穴の開いた状態になったフィルターを抑える金具

 その結果、白濁した汚染水が出てきたみたいです。
brg140411h.gif
※(13)より引用
  図ー6 フィルターを通過した後も白濁している汚染水

5.地下水バイパスの「水」は基準を超えて汲み上げます
  地下水バイパスは、福島第一原発の汚染水対策として原子炉建屋に侵入する前の地下水を事前に汲み上げ汚染水の発生を抑えようとするものです。4月9日にこれまで長らく止まっていたいた地下水バイパス用の井戸からの「地下水」の汲み上げが始まりました(16)。ところが当日、サンプリングした地下水バイパス用井戸の一つのNo12から基準値の1リットル当たり1,500ベクレル(16)に近い、1リットル当たり1,300ベクレルのトリチウムが見つかりました(17)。
brg140411i.gif
※(18)をキャプチャー
 図ー7 地下水バイパス用井戸から基準値に近いトリチウムが見つかったことを報じる福島県のローカルTV(FCT)
 
 この井戸の山側の近くには汚染水漏れを起こしたタンクがあります。
brg140411j.gif
  ※(17)に加筆
  図―8 汚染水漏れタンクと地下水バイパス用井戸の位置関係

 以下に地下水バイパス用井戸のNo12のトリチウム濃度の推移を示します。
brg140411k.gif
 ※(19)を集計
  図―9 地下水バイパス用井戸のNo12のトリチウム濃度の推移

 徐々に上昇していますのでそのうち基準値を超えそうです。当初は「汲み上げ中止」との発表でしが、その後「検討中」に代わり(20)、最終的には「基準値」を超えても汲み上げを続行するそうです(21)。
brg140411l.gif
 ※(21)をキャプチャー
  図ー10 基準値を超えても「汲み上げ」を継続する旨を報じる福島県のローカルTV(FCT)

余談>
 (=^・^=)は東京電力の東京の会見がネット中継されるで(22)、良く見るのですが福島県の報道機関各社(福島民友、福島民報、FCT、TUF、FTV、KFB)には東京の会見では出てこない重要なことが報道されます。たとえば地下水バイパスの井戸水は基準値を超えても汲み上げているみたいな・・・。なんか今も情報を隠そう隠そうとしているみたいです。
 新潟県知事は柏崎刈羽原発に関して「東電は福島の事故当初からメルトダウンを認知していて、実際に認めたのは5月。2カ月間隠蔽した。いざというときに住民の安全を確保するための情報開示すらできていない」「東電はいまだに真実を語らない。だれがどういう指示で隠蔽したのか。組織運営を含め事故の検証と総括なくして安全議論は意味をなさない。再稼働は手続きも含めて議論する段階に至っていない」と発言したそうです(23)。東電の隠ぺい体質は永遠に続く・・・


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(4月1週)―雨が降れば汚染水タンク堰から汚水漏れ-
(2)気象庁|過去の気象データ検索
(3)地理院地図
(4)2014年4月5日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(5)2014年4月8日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(6)2014年4月9日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(7)福島第一原子力発電所 G5タンクエリア外側堰(工事中)からの雨水の漏えいについて(続報)|東京電力中の「 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2014/images/handouts_140404_05-j.pdf」
(8)第1原発・全430基の地上タンクで警報鳴らない状態(福島民友ニュース)
(9)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(3月1週)―ALPSまた停止-
(10)福島第一原子力発電所の状況について(日報)|東京電力
(11)めげ猫「タマ」の日記 トリチウムは放射性水素
(12)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(3月3週)―汚染水対策の要のはずが 放射性物質取り除けず-
(13)「平成26年度第1回 福島県原子力発電所の廃炉に関する安全監視協議会」における当社資料のご説明について|東京電力中の「福島第一原子力発電所 多核種除去設備について(PDF 1.33MB)」
(14)2014年4月9日福島第一原子力発電所における多核種除去設備B系CFF3Bの分解点検状況(PDF 122KB)
(15)東京電力 写真・動画集| 福島第一原子力発電所における多核種除去設備B系CFF3Bの分解点検状況
(16)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発汚染水(4月2週)―港湾外から21(Bq/L)の-
(17)2014年4月10日福島第一原子力発電所構内H4エリアのタンクにおける水漏れに関するサンプリング結果(揚水井)(PDF 96.3KB)PDF
(18)福島中央テレビ [FCTニュース]
(19)報道配布資料|東京電力中の「福島第一原子力発電所構内H4エリアのタンクにおける水漏れに関するサンプリング結果(揚水井)」
(20)東電の方針二転三転 地下水バイパス、意見統一図れず(福島民友ニュース)
(21)福島中央テレビ [FCTニュース]
(22)東京電力記者会見|TEPCOニュース|東京電力
(23)柏崎原発再稼働「議論段階にない」|政治・行政|新潟県内のニュース|新潟日報モア
スポンサーサイト



  1. 2014/04/11(金) 19:55:17|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(4月2週)―事故から3年超、新たな汚染食品がデビュー | ホーム | 福島原発賠償ー年間1.5兆円、いつかわ(=^・^=)の電気代>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1034-fc62e8a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)