めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

正しい放射線副読本の意見募集について

正しい放射線副読本の意見募集について
 文部科学省は2月に新しい「放射線副読本」を公表しました(1)。そこには事実と異なる内容や事実を誤解されてる内容が沢山含まれています(2)~(15)。たとえば、まったく進んでいない「除染」を「除染を実施している」と複数回記載し除染が進んでいて福島は安全になったような印象を与えたり、放射性物質は無味・無臭で感じたり見たりするこができないので、衣服に付着しても直ぐには分かりません。それでもスクリーニングで落とせますと何回も記載して、放射性物質は直ぐに落とせるような印象を与えようとしています。本書を読んだ(=^・^=)の印象は
 本来は過去に起こった原子力災害や原子力災害が起こった場合に身を守る為に必要な情報を記載すべきですが、その視点はまったくなく、放射線は「安全」とゆう誤った考を子供達に与える。
ものです。これでは困るので、(=^・^=)なりに
 「正しい放射線副読本」(案)
を作成し公表することにしました。下記のURLからダウンロードできますので是非ご意見をお寄せいただkれば幸いです。ある程度のご意見がまとまった段階で、修正版を出したいと思います。まだ(案)であることをご了解いただけるなら、ご利用ください。

正しい放射線副読本:めげ猫「タマ」


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)新しい放射線副読本について:文部科学省
(2)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その1―野菜・果物は基準超えなし―
(3)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その2―いじめが起こった―
(4)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その3―原発を止めて電力制限―
(5)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その4―放射線量が高いから避難―
(6)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その5―放射線はいろいろ使われている―
(7)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その6―放射性物質拡散は水素爆発で起こった―
(8)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その7―放射性物質は西側に広がった―
(9)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その8―暫定基準は守られた―
(10)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その9―福島の子供はのびのび遊んでいる―
(11)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その10―ガンマ線は電波と同じ―
(12)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その11―ベクレルは放射能の強さ―
(13)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その12―汚染源からの距離が2倍なら放射線量は4分の1―
(14)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その13―100mSvで癌は0.5%増加―
(15)めげ猫「タマ」の日記 デタラメ、新しい放射線副読本その14―原発事故の避難は徒歩で― 
スポンサーサイト
  1. 2014/05/06(火) 19:32:50|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月1週)―セシウム汚染食品を5日間も秘匿した安倍出戻り内閣ー | ホーム | デタラメ、新しい放射線副読本その14―原発事故の避難は徒歩で―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1061-5da89579
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)