めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

原発付近で急に低くなる「国」の津波想定

 8月26日に第8回「日本海における大規模地震に関する調査検討会」が開催され(1)、日本海側全域の津波想定が発表されました(2)。日本海側で20mを超す津波が襲来するなんて報道がなされていますた(3)。また、1部の報道機関は原発付近の津波は低いとの報道もしています(4)。そこで、発表された図表に原発の位置を追記してみら、なぜが原発付近だて急に津波の高さが下がっていました。
brg140828a.gif
※(2)に原発位置を追記
 図-1 想定津波高さ(原発位置追記)

 日本海はユーラシアプレートと太平洋プレートのプレート境界が走り(5)(6)、日本海沿岸には日本国内に泊、大間(建設中)、柏崎刈羽、志賀、敦賀、もんじゅ、美浜、大飯、高浜、島根、玄海原発が(7)、韓国にはハヌル、月城、古里などの原発があります(8)。
brg140828b.gif
  ※(7)(8)(9)で作成
 図―2 日本海沿岸の原発

 日本付近では風は概ね西から東に吹きますので(10)、日本の西側にある日本海沿岸の原発が事故ればその被害は福島の比ではないと思います(11)。
brg140828c.gif
  ※1 (12)を転載
  ※2 福島の集計期間は2011年3月11日から15日の10分毎データ
  ※3 柏崎のデータは、2011年中の日毎の最頻の風向きを集計
  ※4 風下の方向で分布を記載
 図―3 柏崎と福島の風向き分布

 そこで「原発」がどのように扱われているか(=^・^=)なりに調べていみました。
 ①泊原発
  以下に泊原発付近の津波想定を示します。
brg140828d.gif
 ※(2)に原発位置を加筆
 図―4 泊原発付近の津波想定

 (=^・^=)目には原発の当たりで急に低くなっているように見えます。

 ②大間原発(建設中)
  以下に大間原発付近の津波想定を示します。
brg140828e.gif
 ※(2)に原発位置を加筆
 図―5 大間原発付近の津波想定

 (=^・^=)目にはやはり原発の当たりで急に低くなっているように見えます。

 ③柏崎刈羽および志賀原発
以下に柏崎刈羽と志賀原発付近の津波想定を示します。
brg140828f.gif
 ※(2)に原発位置を加筆
 図―6 柏崎刈羽および志賀原発付近の津波想定

 ④福井県の原発
 以下に福井県の原発の津波想定を示します。
brg140828g.gif
 ※(2)に原発位置を加筆
 図―7 福井県の原発付近の津波想定

 ⑤島根の原発
以下に島根原発付近の津波想定を示します。
brg140828h.gif
 ※(2)に原発位置を加筆
 図―8 島根原発付近の津波想定

 ⑥玄海の原発
以下に玄海原発付近の津波想定を示します。
brg140828i.gif
 ※(2)に原発位置を加筆
 図―9 玄海原発付近の津波想定

 なんかどれもこれも原発付近で急に津波想定が低くなっているような気がします。もしこれを超える津波で原発が事故ったら
 「想定外」
と言い訳がでそうです。

<余談>
 福島が安全とは言えない状況であるのにまともに調査もせず(13)(14)(15)(16)、安倍出戻り内閣は「安全」を強弁していると思います(17)。今回データは安倍出戻り内閣の管理下にある国土交通省が発表したものです(1)。一方で国土交通省は「脆弱な国土」とも評しています(5)。でも、原発付近は例外?
 日本海の津波は太平洋の津波と違い一度、起これば大変に危険だと思います。以下に太平洋側のプレートと日本海側プレートの移動速度と境界位置を示します。
brg140828j.gif
 ※(6)を抜粋
 図-10 プレート移動速度と境界位置

 太平洋側のプレートは年間8~9cm移動しますが、日本海側は1~2cmです。それだけに海底地震の頻度は低く分からない点が多くあると思います。でも以下の二つの特徴は明らかだと思います。
 ①同じ地震規模でも津波が高くなる。
brg140828k.gif
 ※(18)(19)(20)(21)(日本海側)、(22)(23)(24)を集計
 図―11 マグニチュードと津波高さ

マグニチュード8程度で比較する東北太平洋側は5m程度の津波ですが、日本側は15mを超えそうです。

 ②津波が直ぐに来る。
  東北太平洋沖地震では地震発生から津波到達まで41分の余裕がありましたが(25)、日本海中部地震や北海道南西部沖地震では数分で津波が到達しています(18)(19)。日本海側の地震では地震が発生してから津波が到達するまでの時間が短く、備える余裕がありません。
 これは震源が海岸に近い事もありますが、日本海の海底地形に影響される部分もあると思います。海が津波は深いほど早く進み、浅いとゆっくりになります。
brg140828l.gif
 ※(26)を抜粋
 図ー12 津波の速度と海の深さ

 以下に福島第一原発沖と柏崎刈羽原発沖の海の深さを示します。
brg140828m.gif
 ※(27)(28)を元に作成
 図ー13 福島原発沖と柏崎刈羽原発沖の海の深さの比較

日本海側では太平洋に比べ急に海が深くなっています。このため津波のスピードが速く、海岸近くに来ると急に浅くなるので後ろの津波と重なりあいより高い津波になると思います。海岸から震源が近いのも作用しますが…
 もう一つ心配なのが韓国の原発です。日本の原発が安全だとは言えませんが、韓国の原発はかなり酷いみたいです。雨で冷却ができなくなり古里原発が停止したそうです(29)。この原発は過去にもいろいろとトラぶっているみたいです(30)。作用・反作用の法則があるので(31)、日本海で発生した津波は韓国にも向かうはずです。安倍出戻り総理には、(=^・^=)の安全の為に是非とも安全対策を強く要求して欲しいと思います。慰安婦問題どころの話ではないと(=^・^=)は思います。でも安倍出戻り総理は国民の安全より、「韓国」が大事みたいです(32)。
 あと少しで川内原発の「適合性審査」(安全審査ではありません)が終わり合格になるそうです(33)。地元の方は「リスク」も確り評価して自分達に最も利益をもたらす判断をして欲しいと思います。
 本記事のテーマとは無関係ですが、日本海側では津波が直ぐに来ます。地震を感じたらっとりあえず安全な所に逃げましょう。それから「津波警報」を確認する手順を勧めます。「津波警報」を確認している間に津波が来てしまうかもしれません。大部分は空振りになると思いますが、それ以外に身を守る方法はないと思います。


 

―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)日本海における大規模地震に関する調査検討会
(2)第8回 日本海における大規模地震に関する調査検討会 配布資料一覧中の「•参考資料-1 データ集1 日本海における地震・津波について(案) (PDF:7.30MB)」
(3)日本海側で20m超の津波を推計 | 国内外ニュース | 福島民報
(4)津波想定 日本海沿岸の原発でも試算 NHKニュース
(5)(1)脆弱な国土
(6)日本付近のプレートとその運動(サイスモ原稿) - 地震研究所
(7)日本の原子力発電所 - Wikipedia
(8)韓国の原子力発電所 - Wikipedia
(9)地理院地図
(10)NIE教育に新聞を:朝日新聞社インフォメーション
(11)めげ猫「タマ」の日記 柏崎刈羽原発の再開は損か得か
(12)めげ猫「タマ」の日記 全機再稼働!柏崎刈羽原発(特別事業計画)
(13)めげ猫「タマ」の日記 福島産食べて応援、あの世行き
(14)めげ猫「タマ」の日記 食べて応援、不幸な子供
(15)めげ猫「タマ」の日記 福島民友さん特集記事「風に惑う」に反論する。
(16)めげ猫「タマ」の日記 トリチウムは危険・安全?
(17)冬休みの復興応援特集 | 首相官邸ホームページ
(18)北海道南西沖地震 - Wikipedia
(19)日本海中部地震 - Wikipedia
(20)新潟地震 - Wikipedia
(21)新潟県中越沖地震 - Wikipedia
(22)東北地方太平洋沖地震 - Wikipedia
(23)三陸沖北部地震 - Wikipedia
(24)福島県沖地震 - Wikipedia
(25)福島第一原子力発電所事故の経緯 - Wikipedia
(26)気象庁|津波発生と伝播のしくみ
(27)(平成20年8月実施分)[2/4](PDF形式 1672 キロバイト)
(28)福島県における魚介類の試験操業に関するポータルサイトです中の「対象海域」
(29)豪雨で韓国古里原発が稼働中断…津波防水壁、雨水には“お手上げ” | Joongang Ilbo | 中央日報
(30)めげ猫「タマ」の日記 韓国・古里原発の非常用電源停止―韓国の安全文化は大丈夫?
(31)運動の第3法則 - Wikipedia
(32)めげ猫「タマ」の日記 在留邦人保護を放棄した安倍出戻り内閣
(33)川内原発審査書案に意見1万7000通 | 鹿児島のニュース | 373news.com
スポンサーサイト
  1. 2014/08/28(木) 19:39:55|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<地下水バイパス効果無し!3mの水位低下のはずが30cm | ホーム | 福島県の死者数の7月は6%増(対2010年)、でも増えていないところもある>>

コメント

こんばんは。
いつもすごく参考になる記事をありがとうございます。

確か、去年か一昨年あたりのことだったと思うのですが、都内の駅前で、韓国からいらした、韓国の原発の危険性を訴えてきた方がスピーチしていたのを聞きました(日本語同時通訳付きで)。
その時、なかなかいいことを言ってくれていると思った記憶があります。
名前など詳しいことは何も思い出せないのですが。

過去にフランス人の人も「自分の家の近くに原発があるから怖い」って言っている人に逢ったことがあります。
海外の人も、原発の危険性を考えている人はいるんだなあ、とその時思いました。
事故になってしてしまえば、放射性物質には、県境も国境も見えないのに、何故か方針はその国とか、県とか、小さな地域や組織が中心になって決まるのですよね。
リファレンスの30(日本海の風向き 図2)で、風向きが韓国から日本にむかっているというのを拝見して、まさに日本が影響受けてしまうんだなあ、ってわかりました。
  1. 2014/08/29(金) 00:37:19 |
  2. URL |
  3. 身内に被爆者がいたもの #YOiJM49g
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1176-a4c09866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)