めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい福島原発(9月2週)―二週連続汚水漏れ―

 東京電力福島原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、9月2週(9月7日から13日)もしっかりトラブルが起こっています。

1二週連続の汚水漏れ
 先週の9月4日にタンクからの汚水漏れがありましたが今週も確り起こっています。
 9月9日午前10時30分頃、Dエリア内D5タンクに設置されている止め弁の当たりから1秒に3滴程度、水が滴下してるのを東電社員様が見つけました。弁を閉めなおしたら漏れは止まったそうです。漏れた水は約0.7Lと推定され、1リットル当たりで
 セシウム134 1,700ベクレル
 セシウム137 4,200ベクレル
 セシウム号機江 5,900ベクレル
 全ベータ    4,500万ベクレル
の放射性物質が見つかったそうです。弁を確り締めていないのが原因だそうです(2)(3)(4)。以下に汚水漏れを起こしたタンクを示します。
brg140913a.gif
※(5)を引用
 図-1 汚染水漏れを起こしたタンク

以下に汚水漏れを起こしたタンクのある「Dエリア」の位置を示します。
brg140913b.gif
※(6)を転載、加筆
 図―2 汚染水漏れタンク位置

 google mapでみるとタンクがまだないので比較的新しいタンクだと思います。先週、汚染水漏れを起こしたタンクも比較的新しいものでした(1)。古いタンクは大丈夫ですかね?

2.この夏の熱中症は32人
 福島第一原発の夏の名物の一つに「熱中症」があります。この夏の熱中症は32人で過去3年間で最大です。
brg140913c.gif
 ※(7)より作成
 図―3 福島第一原発の熱中症者数
 
 これについて東京電力は作業員が増えたので、割合はそれ程には変っていないと主張しています(7)。でも東京電力は色々と熱中症対策に取り組んでいるはずです(8)。割合が変わっていので効果がないみたいです。対策を取っても効果が出ない。これ「熱中症」だけではないような・・・
 不思議なことに今年の8月の福島第一原発付近の気温は過去3年間で最低でした。
brg140913d.gif
 ※(9)より作成
 図―4 福島第一原発近くのアメダス観測点(浪江)の8月の平均気温と最高気温

 本当は減っていないといけないような?


3.福島第一原発の「給食」は安全とは言えないフクシマ産品
 これトラブルではないのですが、気になるので記事にます。東京電力は来年4月の稼働をめざし、福島県大熊町に福島給食センターの建設を行っています。そこの食材について
 「福島給食センターの運用開始に向けて、地元の方々の採用や地元食材の優先調達を通じて、地域の復興に貢献してまいります。」
なんて発表をしました(10)。
 安全とは言えないフクシマ産品(11)を給食に使うそうです。大丈夫ですかね?
 福島県産農林水産物の検査は、原発事故直後は「日本分析センター」がその後は「福島農業総合センター」が実施しています。
 この検査機関が測定を開始してから福島産品のセシウム濃度が激減したような印象を(=^・^=)はもっています。
brg140911g.gif
 ※(12)を転載
  図―5 福島産果物のセシウム濃度の推移(2011年6月)

ただ種類や産地によっても違いがでるので、比較的検査数の多い福島県桑折町産の「ウメ」について纏めてみました。
brg140911h.gif
  ※(12)を転載
  図―6 福島県桑折町産「ウメ」のセシウム濃度推移(2011年)

やっぱり激減していました。どう見ても連続性がありません(12)。福島県の検査(福島農業総合センター)の検査はおかしいと思います。おかしな検査で「安全」とされても「安全」であるわけがありません。
 学校給食でも地元産米を使用しているところは死者数が増えていますが、他産地米を使用しているとこは死者数が増えていません(13)(14)。原発事故処理で危険な放射線に曝らせている福島第一原発の下請けさん!食事までの放射能では(=^・^=)はとっても心配です。

<余談>
 小渕経産大臣が9月7日に福島第一原発を訪れ、
「廃炉や汚染水対策につい全体としてコントロールされている」という認識を示した。」
そうです(15)。
brg140913e.gif
 ※(16)を引用
  図―7 福島第一原発を訪れた小渕経産大臣

でも、熱中症はコントロールできていないみたいです。福島原発沖のお魚からなは事故から3年過ぎても高濃度のストロンチウム90も見つかっています(15)。
 brg140909d.gif
 ※1 (17)を転載
 ※2  カルシウム含有量は100g当たりのmg数
 ※3 「クロソイ」はメバル族である。
 図―8 カルシウム含有量とストロンチウム90濃度(T-S7地点)

汚染水漏れもコントロールできているとは(=^・^=)には思えません。


 
―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(9月1週)―タンクの継ぎ目から汚染水漏れ―
(2)2014年9月9日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(3)2014年9月10日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(4)2014年9月9日福島第一原子力発電所DエリアD5タンク止め弁の閉止フランジからの滴下について(PDF 192KB)
(5)東京電力 写真・動画集| 福島第一原子力発電所DエリアD5タンク止め弁の閉止フランジからの滴下について
(6)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(3月4週)-福島第一原発で殉職者―
(7)2014年9月11日福島第一原子力発電所における熱中症の発生状況と対策について(PDF 910KB)
(8)福島第一原子力発電所1~4号機の廃炉措置等に向けた中長期ロードマップ|東京電力中の「
中長期ロードマップの進捗状況 2014年8月28日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第9回事務局会議)⇒【資料3-4】労働環境改善(2.41MB)」
(9)気象庁|過去の気象データ検索
(10)福島第一原子力発電所で働く社員や作業員の食生活の充実について|東京電力
(11)めげ猫「タマ」の日記 原発事故から3年半―「安全」を偽装する福島県―
(12)めげ猫「タマ」の日記 原発事故から3年半―「安全」を偽装する福島県―
(13)めげ猫「タマ」の日記 福島産食べて応援、あの世行き
(14)めげ猫「タマ」の日記 福島県郡山市の3-8月の死者数は7.4%増、対2010年、いわきは別
(15)「全体としてコントロール」 小渕経産相、福島第一原発視察 | 県内ニュース | 福島民報
(16)東京電力 写真・動画集| 小渕優子経済産業大臣の福島第一原子力発電所ご視察
(17)めげ猫「タマ」の日記 福島県沖シラス漁再開―ストロンチウム90は9ベクレル?―
スポンサーサイト
  1. 2014/09/13(土) 19:35:26|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<福島第一原発汚染水(9月2週)―外洋から1.2ベクレルのストロンチウム90― | ホーム | 福島原発事故は吉田所長の自作自演?>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/09/14(日) 12:23:21 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1193-7099dbc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)