めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい福島原発(10月3週)―下請けさんが右手小指の指先を切断―

東京電力福島原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、10月3週(10月13日から18日)もしっかりトラブルが起こっています。

1.福島第一は今週も「雨漏り」
 先週に続き、10月14日に台風19号が福島を襲い大荒れになりました(2)。
brg141019a.gif
  ※(3)をキャプチャ
 図―1 福島の大雨(10月14日)

以下に福島第一原発付近のアメダス観測点の浪江と富岡の降水量を示します。
brg141018b.gif
※(4)にて作成
 図―2 福島第一原発付近のアメダス観測点(浪江と富岡)の降水量

先週の10月6日に続き(1)、今週も雨漏りが起こりました。10月14日、台風19号の降雨の影響により1号機から4号機のタービン建屋で雨漏りが発生し漏えい検知器が動作しました(5)。、
①午前3時7分頃、1号機タービン建屋1階南側電気品室で雨漏りが発生し漏えい検知器が動作。
②午前1時59分頃、2号機タービン建屋1階搬入口付近で雨漏りが漏えい検知器が動作。
③午前3時13分頃、3号機原子炉建屋1階北東で雨漏りが発生し漏えい検知器が動作。
④午前1時30分頃、4号機タービン建屋1階搬入口付近で雨漏りが発生し漏えい検知器が動作。
図―2に示す通り先週より降雨量が少ないのですが、先週は2カ所なのに(1)今週は4か所です。
 以下に1号機タービン建屋の放射線量を示します。
brg141018c.gif
 ※(6)を抜粋
 図―3 1号機タービン建屋1階の放射線量(2011年4月~14年2月)

異常に高い放射線量です。毎時70ミリシーベルト(毎時7万マイクロシーベルト)なんて場所もあります。放射性物質に確り汚染されています。漏れた雨水は放射性物質で汚染された後に外にでそうです。タービン建屋の補修など放射線量が高いので不可能だと思います。ますます劣化が進み、福島を汚染していくと思います。

2.下請けさんが右手小指の指先を切断
 10月17日午後1時30分頃、港湾内海底土被覆工事をしていた、下請けさん(男性)が作業中に右手小指の指先を切断し救急車を呼んだそうです(7)。福島第一原発にはヤーさんが入りこんでいるようです(18)。まさか不義理をして小指を詰めたなんてことないですいね。
結局は10月もけが人をだしてしまいました。この所、下請けさんの事故が多発しています。
 5月 8日 下請けさんが、脳内出血。
 5月10日 下請けさんが、車に乗ろうとし、車のドアに右手薬指を挟み骨折。
 5月12日 下請けさんが、クレーン転倒の為ケガ(双葉郡楢葉町にある資材ヤード)。
 5月19日 下請けさんが、パトロール中に転んで右足を骨折。
 5月27日 下請けさんが、汚染水タンクの工事中に転んで骨折。
 5月28日 下請けさんが、体調不良になりドクターヘリ出動。 
 6月 6日 下請けさんが、体調不良になり救急車で搬送。
 6月28日 下請けさんが、足を滑らせ骨折
 7月25日 下請けさんが、熱中症で救急車で搬送。
 7月29日 下請けさんが、熱中症らしき症状で救急車で搬送
 8月 8日 下請けさんが、行き倒れて死亡。なを原因不明
 8月20日 下請けさんが、熱中症で救急車で搬送
 9月 6日 下請けさんが、体調不良になりドクターヘリ出動。
 9月20日 下請けさんが、落ちてきた鉄パイプに当たり重傷
 9月23日 下請けさんが、高性能多核種除去設備工事をしていて体調不良になり救急車で搬送
 9月26日 下請けさんが、追突事故にあいムチウチ
 9月30日 下請けさんが、感電事故で救急車で搬送(以上(8))
10月17日 下請けさんが、下請けさん(男性)が作業中に右手小指の指先を切断(本稿)
これだけ下請けさんがケガや体調不良を起こしているのに東電社員様からは出ていません。

3.モニタリングポスト(放射線測定器)が停止
 10月17日午前11時30分頃、西門のモニタリングポストによる測定が停止していることを東電社員様が見つけ、ました。午前11時30分および12時の測定ができななったそうです。

4.1号機建屋カバー撤去は1年半遅れ
 福島第一原発1号機は放射性物質が飛び散らないように建屋カーバーで覆われています。
brg141018d.gif
  ※(9)をキャプチャー
 図―4 カバーに覆われた福島第一原発1号機

1号機の核燃料プールから危険な核燃料を取り出すためには、建屋カバーを解体し取り出し装置を設置する必要があると東電は主張しています(10)(11)。当初の予定では昨年(2013年)10月位から開始する予定でした(10)。でも未だ開始していません(図―4参照)。10月15日に新たな日程が発表になりました(11)。それによると建屋カバー解体開始は1年半遅れの2015年3月です。
 福島第一原発事故から3年7ヶ月が経過しました。この間にいろいろな計画で大幅な遅れが出ています(12)。建屋カバー解体もその一つにでしかありませんが、このままずるずると遅れたら、40年で廃炉なんかできるんですかね!
 
<余談>
  東京電力は10月16日の会見で(13)、新増設の高性能ALPS(多核種除去設備、福島第一原発の汚染水からトリチウムを含まない62種の放射性物質を分離する設備(14))について、16日で原子力規制委員会の検査が終わたと発表しました。これを受けてでしょうか?福島県の地方紙の福島民報は10月17日に
「高性能ALPSは汚染水の前処理の工程を改善することで廃棄物量を大幅に低減できる。16日で原子力規制委員会の検査が終わり、近く試運転を開始する。」
と報じています(15)。しかし17日の原子規制庁の会見では「検査中」とのコメントがありました(16)。どちらが正しいかは(=^・^=)には分かりませんが、東電は焦っている感じがします。(=^・^=)は東電に言いたいのは、絶対に無理をしてはいけないことです。最悪でも汚染水が福島の海に流れだすだけです。だったら福島のお魚を食べなければいいんです。無理をしたら、下請けさんがケガをしたり、生き埋めで死んだり(17)しますし、取り返しのつかない事態が起こるかも知れません。



―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(10月2週)―パソコンがウイルスに感染しました―
(2)【台風19号】南相馬で床下浸水8棟、交通機関に乱れ(福島民友ニュース)
(3)福島・相馬市に接近 まもなく太平洋へ 台風19号(14/10/14) ANNnewsCH
(4)気象庁|過去の気象データ検索
(5)2014年10月14日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(6)2014年3月27日建屋内サーベイマップPDF
(7)2014年10月17日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(8)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(10月1週)―9月は5人のけが人・病人―
(9)福島第一ライブカメラ(1号機側)|東京電力
(10)諸計画の取り組み状況PDF (2014年9月25日)
(11)2014年10月15日福島第一原子力発電所1号機 建屋カバー解体に向けた飛散防止剤散布と調査の事前実施について(PDF 73.1KB)
(12)めげ猫「タマ」の日記 福島原発事故から3年半、できた事とできない事
(13)映像|写真・映像ライブラリー|東京電力中の「定例会見⇒14/10/16(木)」
(14)多核種除去設備|東京電力
(15)新増設の高性能ALPS公開 東電福島第一原発 | 県内ニュース | 福島民報
(16)原子力規制庁 定例ブリーフィング (平成26年10月17日) NRAJapan
(17)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい!福島原発(4月1週)―雨が降れば汚染水タンク堰から汚水漏れ-
(18)福島県貸付金1800万円を詐取容疑 郡山の暴力団幹部逮捕 身分隠し契約申請 | 県内ニュース | 福島民報
スポンサーサイト
  1. 2014/10/18(土) 19:36:34|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南相馬市の特定避難勧奨地点解除ー3μSvは10年で100mSv、安倍は殺人鬼 | ホーム | 柏崎刈羽が事故れば新潟は滅ぶ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1228-4244c944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)