めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月3週)―福島市産の梨からセシウム!でも福島県の検査は全数NDー

食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。10月3週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買いものの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかり基準値超えが見つかっています(4)。

  ①検査数1,605件中9件の基準値超え(全体の0.6%)
  ②平均は、1キログラム当たり3.2ベクレル、最大230ベクレル(群馬県産シカ)。
  ③基準超の食品が福島、栃木、群馬で見つかっています。
brg141021a.gif
  ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2014年10月3週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

1.福島市産の梨からセシウム!でも福島県の検査は全数ND
 福島市は福島県の北の外れに位置し、福島県内でも放射性物質汚染の酷い場所です。
brg141021b.gif
 ※(7)等で作成
  図―2 本記事で出てくる場所

 一方、梨の生産量は日本一だそうです(8)。
brg141021c.gif
 ※(8)に加筆
  図―3 市別の梨の生産量

 厚生労働省の発表(3)によると、千葉県柏市の検査で福島市産の梨から1キログラム当たり2.5ベクレルの「放射性セシウム」が見つかったそうです。以下に2014年度に実施されたゲルマ半導体による精密検査の結果をしまします。
brg141021d.gif
  ※1(1)を集計
  ※2 NDは検出限界未満(セシウムが見つからないことを示す)
 図―4 福島市産梨の2014年度の精密検査結果

 福島県の検査ではセシウムが見つからないのに、他が実施すると確りセシウムが見つかります。
 これは「梨」だけではありません。以下に福島県いわき市から茨城県鉾田市までの各地の位置を示します。
brg141021e.gif
  ※1(7)等で作成
  ※2 凡例は図―2に同じ
 図―5 福島県南部および茨城県沿岸

 以下に各市町の今年8月以降の各場所のマダラの放射性セシウムの検査結果の平均値を示します。
brg141021f.gif
  ※1(1)を集計
  ※2 NDは検出限界未満(セシウムが見つからないことを示す)
 図―6 各地のマダラのセシウム濃度の平均値

 茨城県内では福島第一原発に近づくにつれ、セシウム濃度は上昇しますが、福島県いわき市にいたると突然に「全数ND(検出限界未満)」になります。福島県の検査はマダラでも明らかにおかしくなっています。福島県は検査しているので「安全」であると主張していますが(9)、検査そのものに疑義があるので成立しません。i以下に図―6の元となた数表を付けます。
 表 ―1 マダラの検査結果(2014年8月以降)
   ※ 「注記(※)」は図ー6に同じ
brg141021g.gif
2.宇多川のサケ漁開始―検査はたった1件
 宇多川は福島県相馬市と伊達市境界の霊山に源を発し東に流れ、相馬市尾浜で太平洋注ぐ2級河川です(10)。図―2に示す通り、避難地域を除けばもっとも放射性物質汚染の酷い所を流れる川でもあります。その宇多川で10月20日からサケ漁が始まったそうです(11)。
brg141021h.gif
 ※(12)をキャプチャー
 図―7 宇多川を溯上する「サケ」

 検査しているか調べらら、今年は筋肉部分と魚卵の部分がそれぞれ1回あるだけです。たった1回の検査で大丈夫ですかね。なんでも捕れた鮭は「切り身やイクラなどとして(福島)県内に流通する。」そうです(11)。

3.沼沢湖のヒメマスのセシウムが大幅減!―セシウムは何処へ行った?―
 沼沢湖は沼沢湖(ぬまざわこ)は、福島県大沼郡金山町にあるカルデラ湖です。只見川に近接しているため、湖面との落差を利用した揚水発電所があります(13)。でも福島原発事故のあった2011年7月の豪雨により停止しました(14)。
 沼沢湖はヒメマスの生息地でもあります(15)。でも福島原発事故によって東電がばら撒いた放射性物質によって汚染され基準値を超えたため、ずっと禁漁が続いています(16)。
brg141021i.gif
 ※(1)を集計
 図―8 沼沢湖のヒメマスの放射性セシウム濃度

 今年の3月に発電所が再開しました(14)。図―8に示す通り同じくして、なかなか下がらなった沼沢湖のヒメマスのセシウム濃度も下がりだしました。以下に沼沢湖周辺の地図を示します。
brg141021j.gif
 ※(17)に加筆
 図―9 沼沢湖、発電所および水路

 沼沢湖の水で発電する発電所があります。沼沢湖の水は発電所を経由して只見川に流れます。こうして沼沢湖のセシウムは水と共に下流に流れていき、下流を汚染すると思います。発電所は揚水式ですので、電気の需要が少ないときは只見川の水を汲み上げますが(18)、この水は沼沢湖の水だけでなく只見川上流から流れてきた水も含みます。以下にすぐ下流の三島町産のキノコのセシウム濃度の推移を示します。
brg141021k.gif
 ※(1)を集計
 図ー10 福島県三島町産キノコのセシウム濃度

今年に入ってから急に上昇しています。どの程度の影響があるかはさらなるデータの蓄積が必要だと思いますが、福島県に新たな汚染源が誕生したのは間違いないと思います。
 

<余談>
・いい加減な検査で出荷される福島産
・少ない検査数で出荷される福島産
・あらなた汚染源のもとで生産される福島産
これでは「福島産、食べて応援あの世行き」って感じです(19)。(=^・^=)は
 「行かない」「食べない」「買わない」
のフクシマ3原則を決めています。でもこれは(=^・^=)だけではないみたいです。
brg141021l.gif
 ※(20)をキャプチャー
 図―11 福島は牛肉の産地(21)、でも「いわて産」牛肉が載っている福島市のスーパーのチラシ

―参考したサイト様および引用いた過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第901報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月2週)―福島県三春町のタバコのセシウムが13倍、565ベクレルー
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)東日本大震災関連情報 放射線モニタリング測定結果等 | 原子力規制委員会
(8)統計データ
(9)県産食品の安全・安心を確保する取組み | ふくしま 新発売。
(10)宇多川 - Wikipedia
(11)遡上サケ躍る銀鱗 やな漁スタート 相馬の宇多川 | 県内ニュース | 福島民報
(12)被災地の川に鮭が帰って来た nrnen9
(13)沼沢湖 - Wikipedia
(14)第二沼沢発電所の運転再開について| 東北電力
(15)妖精の里 かねやま 沼沢湖
(16)ヒメマス放流・捕獲、今季は中止 金山の沼沢湖 セシウム100ベクレル超検出 | 東日本大震災 | 福島民報
(17)地理院地図
(18)揚水発電 - Wikipedia
(19)めげ猫「タマ」の日記 福島産食べて応援、あの世行き
(20)チラシ情報 | スーパーマーケットいちい
(21)福島牛販売促進協議会
スポンサーサイト
  1. 2014/10/21(火) 19:30:52|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<事故れば日本直撃の韓国原発の配管亀裂―でも安倍出戻り総理なないもしない― | ホーム | 福島第一原発汚染水(10月3週)―井戸水から27万(Bq/l)のセシウム―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1231-a1945727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)