めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(1月2週)―福島米全袋検査75ベクレル以上は2袋、精密検査は1袋ー

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。1月2週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買いものの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかり基準値超えが見つかっています(4)。
  ①検査数912件中1件の基準値超え(全体の0.1%)
  ②平均は、1キログラム当たり1.3ベクレル、最大120ベクレル(宮城県産イノシシ)。
  ③基準超の食品が長野で見つかっています。
放射性セシウムまとめ、1月2週
  ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2015年1月2週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

1.福島米全袋検査75ベクレル以上は2袋、精密検査は1袋
 福島県産米の全袋検査がほぼ終わったそうです。福島からの報道によると1キログラム当たり76ベクレルのものが2袋も見つかったそうです(7)。
福島米から76ベクレル以上が2点でたと報じる福島のローカルTV局(FCT)
 ※(7)をキャプチャー
 図―2 福島米から76ベクレル以上が2点でたと報じる福島のローカルTV局(FCT)

 福島米の全袋検査は簡易検査なので、基準値より低いスクリーニングレベルを決めてこれを超えたものは「精密検査」を実施するそうです(7)。検査映像を見る限りスクリーニングレベルは1キログラム当たり75ベクレルなので(8)、当然、2件の精密検査結果が必要です。でも厚生労働省の発表をみると1件しかありません。後の1点はどうなんてんしょうか?2013年米の全袋検査もデタラメでしたが、2014年もデタラメなようです。福島産ってデタラメな検査で「安全」とされる見たいです。
 2014年福島産米から基準値超えはゼロだったそうです(9)。これを受け福島県の地方紙の福島民報は1月13日付の社説を(10)
「(福島)県産米の「基準値超ゼロ」は稲作復興の大きな力になる。」
と結んでいます。でも検査いい加減だとしたらこのようなロジックは成立しません。

2.福島県いわきのババガレイは4ベクレル、茨城県北茨城市は25ベクレル
 ババガレイは北海道から東北沿岸の太平洋沿岸に生息し、身は厚く冬から春にかけてはお腹に卵がはいいており煮つけが最高だそうです(11)。
いわき市より北茨城市のセシウム濃度が高いババガレイ
 ※(11)を引用
 図―3 ババガレイ

 福島県いわき市と茨城県北茨城市は県境を挟んで接しています。

福島・茨城沿岸部
 ※(12)を転載
 図―4 茨城・福島沿岸部

 茨城県も福島県もシーズンに合わせてでしょうか?年が明けてから、ババガレイの検査を始めました。それを集計すると1キログラム当たりの値で、
  福島県いわき市産(福島県検査) 平均 4ベクレル 最大15ベクレル 検査数4
  茨城根北茨城市産(茨城県検査) 平均25ベクレル 最大25ベクレル 検査数1
で、不思議な事に茨城県が検査した茨城根北茨城市産が高くなっています。以下に福島産の福島県の検査と福島県外の検査の比較を示します。
 福島県の検査値は福島県外の15%
 ※1(13)を転載
 ※2 NDは検出限界未満を示す
 図―5 福島産の福島県と福島県外の検査結果の比較

福島産を福島県外で検査するとセシウム濃度が福島県の検査の10倍程度になりそうです。福島県の検査は他より低く出るデタラメな検査のようです。

3.上昇傾向が続く福島県会津美里町産シイタケ
 福島県会津美里町は高田梅や朝鮮人参など特徴的な農産物や「会津」発祥の起源に由来する伊佐須美神社、東北最古の焼き物として知られる会津本郷焼や、野口英世博士ゆかりの中田観音などの由緒ある神社仏閣などがあり、古い歴史と美しい自然に恵まれた町だそうです(14)。
福島県会津美里町
 ※(15)より作成
 図―6 福島県会津美里町

 以下に福島県会津美里町産の原木シイタケ(施設栽培)のセシウム濃度の推移を示します。
上昇傾向が続く福島県会津美里町のシイタケのセシウム
  ※1 (1)を集計
  ※2 NDは検出限界以下を示す
  ※3 原木・施設栽培
 図―7 福島県会津美里町産シイタケのセシウム濃度

 上昇傾向が継続しています。 

<余談>
 福島産を避ける行為を「風評被害」と非難する方がいます。でも
  ・いい加減な検査で「安全」とされる福島産
  ・他で測るとセシウム濃度が10倍に跳ね上がる福島産
  ・上昇傾向を示すことがある福島産
これでは「福島産 食べて応援 あの世行き」って感じです(16)。(=^・^=)は怖いので
 「行かない」「買わない」「食べない」
のフクシマ3原則を決めています。でもこれって(=^・^=)だけではないみたいです。福島県会津美里町でもキノコが栽培されています(17)。でも福島県会津美里町のスーパーのチラシには福島産キノコはありません(18)。
他県産はあっても福島産キノコがない福島県会津美里町のスーパーのチラシ
 ※(18)を抜粋
 図―8 福島産キノコが載っていない福島県会津美里町のスーパーのチラシ

 
―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第912報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(1月1週)―福島米は91ベクレルー
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)全量全袋検査の体制 - 福島県ホームページ
(8)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月)―福島全袋検査はデタラメ満開ー
(9)26年産新米基準超ゼロ 風評払拭へ大きく前進 放射性物質検査 | 県内ニュース | 福島民報
(10)【稲作復興】新米、基準値超ゼロ力に(1月13日) | 県内ニュース | 福島民報
(11)ババガレイ - 水産総合研究センター
(12)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(11月2週)―福島のシイタケは2ベクレル、でも茨城は20ベクレルー
(13)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2014年)―福島産は他で測れば10倍に!ー
(14)町のプロフィール - 会津美里町
(15)東日本大震災関連情報 放射線モニタリング測定結果等 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング (平成25年11月2日~19日測定)」
(16)めげ猫「タマ」の日記 福島産食べて応援、あの世行き
(17)おいしい美里 « ミサトノ.jp | 会津美里町ポータルサイト
(18)リオン・ドール スーパーマーケット お得情報満載
スポンサーサイト
  1. 2015/01/14(水) 19:43:50|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島県福島市の2014年3-12月の死者数9%増(対2010年)―でも増えていない所もある― | ホーム | 福島第一原発、地下水のセシウム濃度が急上昇!―汚染の拡散が現れた?―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1316-ec854055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)