fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一原発汚染水(1月3週)―外洋の全ベータがタイ記録―

福島第一原発の1月3週(1月13日から1月19日12時)の状況を纏めてました。先週に続き高濃度の汚染水が見つかっています(1)。
 ①外洋から1リットル当たり16ベクレルの全ベータ(タイ記録)
 ②雨が降ると、全ベータが流れ出す福島第一原発排水路
 ③地下水バイパス西側(山側)井戸の放射性物質濃度が上昇
 ④海岸付近の井戸からは高濃度の放射性物質

1.外洋の全ベータがタイ記録
 今週も先週に続き、外洋から放射性物質が見つかっています。
放射性物質が見つかる福島第一原発沖外洋
 ※1  (4)(5)(6)にて作成
  ※2  数値は1リットル当たりのベクレル数
  ※3  集計期間内の最大値
  ※4  全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質(7)
 図―1 福島第一原発近傍の海および排水路での放射性物質濃度

採取日と1リットル当たりの値は以下の通りです(4)(5)。
 ①5,6号機放水口北側(1月12日採取)
   全ベータ 11ベクレル
 ②南放水口(1月12日採取)
   全ベータ 16ベクレル
このうち南放水口の全ベータ濃度はタイ記録です。以下に南放水口の放射性物質濃度の推移を示します。
タイ記録がでた南放水口の全ベータ濃度
 ※1(5)を集計
  ※2 NDは検出限界未満を示します。
 図―2 南放水口の放射性物質濃

 下がっている様子がありません。

2.雨が降ると、全ベータが流れ出す福島第一原発排水路
 東京電力は排水路の水を定期的に測定しています(6)。そのうちC-2-1地点(図ー1参照)の全ベータ濃度と福島第一原発近くのアメダス観測点「浪江」の降水量を示します。
雨が降ると放射性物質が見つかる福島第一排水路
 ※(6)(8)にて作成
 図―3 排水路の全ベータ濃度と降水量(浪江)

雨が降ると全ベータ濃度が上昇します。以下に降水量と翌日の全ベータ濃度の相関を示します。
雨が多く降れば降るほど放射性物質が増える福島第一排水路
※(6)(8)にて作成
 図―4 降水量(浪江)と翌日の排水路の全ベータ濃度(C-2-1地点)の相関

雨が降ると全ベータ濃度が上昇します。福島第一原発内の放射性物質は雨が降ると、海に流されるみたいです。
 蛇足ですが(=^・^=)は心配な事があります。福島第一原発の周囲には福島県内各地から集めた放射性物質を保管する「中間貯蔵施設」が計画されています(9)。
brg140109c.gif
 ※(9)を転載
 図―5 中間貯蔵施設の配置

 中間貯蔵施設に3月11日までに、仮置きする「一時保管場」を設け「放射性物質」を運び込む予定だそうです(10)。「一時保管場」なのでそれ程には確りした施設にはならないと思います。中間貯蔵施設でも同じ事がおこると思います。福島のお魚のリスクはこれから大きくなりそうです。

3.地下水バイパス西側(山側)井戸の放射性物質濃度が上昇
 地下水バイパスは、福島第一原発の汚染水対策として原子炉建屋に侵入する前の地下水を事前に汲み上げ汚染水の発生を抑えようとするものです(7)。海に流す水からは「トリチウム」が見つかっているので、(=^・^=)は立派な汚染水だと思います。もっと心配なことに地下水バイパスより山側(上流)の井戸から高濃度の放射性物質が見つかっています。
高濃度の放射性物質に汚染された地下水が見つかる地下水バイパス山側
 ※1 (10)(11)を集計
 ※2 数値は1リットル当たりのベクレル数
 ※3 集計期間内の最大値
 図―6 地下水バイパスと山側(上流井戸)の放射性物質濃度

 この中で(=^・^=)が最も心配なのはNoE-1井戸です。以下に今年に入ってからの放射性物質濃度の推移を示します。
急に上昇しだしたE-1井戸の放射性物質濃度
※(10)を集計
 図―7 E-1井戸の放射性物質濃度推移

どんどん上昇しています。確かにこの井戸の近くの汚染水タンクは汚染水漏れを起こしました。発覚したのは2013年8月なので(12)、1年5ヶ月も経っています。もちろん、放射性物質がゆっくり流れ高くなっているとも思えるのですが、他のタンクから東電が気づかない少量の汚染水が漏れ出している可能性も否定できないと思います。汚染水タンクの中には高濃度の放射性物質が蓄えられています。
最高3億ベクレル超もあったタンクに保管する汚染水(濃縮塩水)
※(13)より作成
 図―8 タンクに保管されている「濃縮塩水」の放射性物質濃度推移

 高いものは1リットル当たり3億ベクレルを超えます。少し漏れても大きな汚染を引き起こすそうです。福島第一原発の汚染水タンクの耐用年数は5年と言われています(14)。原発事故から間もなく5年です。まもなく耐用年数です。東電が気が付ないくらいの少量の汚染水が漏れていても不思議はないと思います。
 そして 地下水バイパスから放流されたトリチウムの総量を濃度×排出量の合計で計算したら約3、300億ベクレルになりました。
約3300億ベクレルに達した地下水バイパスのトリチウム放出量
 ※(15)(16)を集計
 図―9 地下水バイパスの累積のトリチウム放出量

4.海岸付近の井戸からは高濃度の放射性物質
東京電力は福島第一原発の海岸付近やタービン建屋周りの井戸の地下水の放射性物質濃度を調べています(5)。以下にそこでの放射性物質濃度を示します。
高濃度に汚染された地下水が見つかる福島第一原発の海岸
 ※1(5)を集計
 ※2 数値は1リットル当たりのベクレル数
 ※3 集計期間内の最大値
 図―10 海岸付近の放射性物質濃度

この中で(=^・^=)が気になったのはNo0-14井戸のトリチウム濃度です。上昇傾向が続いています。そのうち「海」に流れ出すと思います。
上昇が続くNo1-14井戸のトリチウム濃度
 ※(5)集計
 図ー11 No1-14井戸のトリチウム濃度推移

<余談>
 福島県のいわき地区でお魚の試験が1月14日に今年の試験操業が始まりました(17)。採れたマガレイを検査したら、微量ですが、しばらく見つからなかったセシウムが見つかりました。
新年早々にセシウムが見つかったいわきのマガレイ
 ※(18)を集計
 図―12 マガレイのセシウム濃度(福島県漁連いわき地区試験操業)

直ぐ近くには汚染水垂れ流しの福島第一原発があります。
brg141001a.gif
※(19)を転載
 図―13 福島県いわき市

これから上昇しないか心配です。
 蛇足ですが、いわきのマガレイの名誉の為に一言、付け加えるならこの程度のセシウムは問題ないと思います。でもストロンチウム90は知りません。図―2に示すように福島の海では、セシウムより高いストロンチウム90に由来する全ベータが見つかっています。でも(=^・^=)はマガレイのストロンチウム90の検査結果をみたことがありません。それでも福島県も東京電力も「風評被害」を主張しています(20)(21)。ろくに検査もぜず「風評被害」が主張される福島産を(=^・^=)は怖くて食べれません。(=^・^=)は
 「買わない」「行かない」「食べない」
のフクシマ3原則を決めています。でもこれって(=^・^=)だけではないみたいです。福島牛は大変に美味しいそうです(22)。しかも全頭検査が実施されており「安全」だそうです(22)(23)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島牛はありません(24)。
他県産はあっても福島牛が載っていない福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(24)を抜粋
 図ー14 福島産牛肉が載っていない福島県いわき市のスーパーのチラシ


 
―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発汚染水(1月2週)―地下水バイパス放流水のトリチウム濃度が上昇中―
(2)サンプリングによる監視|東京電力
(3)報道配布資料|東京電力
(4)(2)中の「1.海水(港湾外近傍)」を11月30日に閲覧
(5)(3)中の「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果」
(6)(2)中の「タンクの水漏れに関するモニタリング⇒南放水口・排水路」
(7)めげ猫「タマ」の日記 全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質
(8)気象庁|過去の気象データ検索
(9)3月11日まで搬入開始 環境相表明 今月中は断念 | 東日本大震災 | 福島民報
(10)(2)中の「H4エリア周辺観測孔」
(11)(3)中の「福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果 」
(12)2013年8月21日H4タンクエリアにおける漏えいについて(PDF 2.08MB)
(13)(3)中の「水処理設備の放射能濃度測定結果 」
(14)福島第1原発:汚染水タンクに中古品 東電は未公表 - 毎日新聞
(15)一時貯留タンクの運用状況|東京電力
(16)報道関係各位一斉メール|東京電力中の「福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr1)からの排水について 」
(17)いわきでも今年初の試験操業 震災後初、サヨリ水揚げ(福島民友ニュース)
(18)福島県における魚介類の試験操業に関するポータルサイトです中の「漁協によるスクリーニング検査結果 ⇒これまでに各漁協が行った自主検査結果についてご覧いただけます⇒◆ いわき地区」
(19)めげ猫「タマ」の日記 福島県いわき市48周年―未来は暗い
(20)週刊ビッグコミックスピリッツ「美味しんぼ」に関する本県の対応について - 福島県ホームページ及び同URL中の「■出版社へ申し入れした内容
 ・「週刊ビッグコミックスピリッツ」4月28日及び5月12日発売号における 「美味しんぼ」について [PDFファイル/143KB]」
(21)2015年1月16日(いわき市漁協組合員説明会資料)風評被害対策について(PDF 325KB)
(22)JA全農福島/JA全農福島オンラインショッピング
(23)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ中の「牛肉 [PDFファイル/117KB]」
(24)好間店 | マルト - 店舗情報
スポンサーサイト



  1. 2015/01/18(日) 20:18:38|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中間貯蔵施設に運ばれない除染廃棄物 | ホーム | トラブルいっぱい福島原発(1月3週)―安全決起大会したら下請けさんがケガ―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1320-c7f81c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)