FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一原発の総費用は15兆円確定―でもまだまだ増える―

 2月3日に福島県の2015年度予算が発表になりました(1)。そこで福島原発事故の総費用を見積もったら確定分だけで14兆5107億円、約15兆円です。このお金は最後は(=^・^=)も支払う電気料金や税金に化けます。
 (=^・^=)は昨年に福島原発費用が10兆円確定との記事を書きました(2)。その後が気になり再度の集計をしてみました。

福島原発事故に関連する費用としては
  ①福島原発事故に伴う賠償   ―5兆4214億円
  ②除染費用          ―2兆6211億円
  ③除染に伴う中間貯蔵施設の費用―1兆0600億円
  ④復興費用          ―4兆1924億円
  ⑤福島第一原発の安定化    ―1兆2157億円
などがあります。これを合計すると14兆5107億円になりました。

1.福島原発事故に伴う賠償
 福島第一原発事故は地域に大きなダメージを与えました。未だに12万人の方が避難されています(3)。安全と言えない福島産や福島は(4)、当然ながら多くの人に避けられています。
回復しない福島の桃の価格
 ※(5)を転載
 図―2 桃の平均価格(築地市場)

 こうした損害の一部を東電は賠償しています。以下にこれまでの実績を示します。
一直線で増え続ける福島第一賠償額
 ※(6)を集計
 図―3 東電の累積賠償額推移

 原発事故から4年が経とうとしているのに、未だに一直線で増えています。それでも東電は総額は5兆4314億円と主張しますので、この金額は確定だと思います。すでに4兆6401億円を支払っているので、この金額で収まらないのは明らかです。

2.除染費用
 福島には大量の放射能がばら撒かれました。その一部を回収し隔離する「除染」が行われています(5)。その費用は国の予算に挙げられているので(2)、(=^・^=)なりに2011年から15年を集計すると、2兆6211億円でした
除染予算額の推移
 ※(2)(6)にて作成
 図―4 除染予算額の推移

でも除染は進んでいません。
brg150119c.gif
 ※(7)を転載
 図―5 福島県の住宅除染の進捗

これからも増え続けると思います。

3.中間貯蔵施設
 除染で集めた放射性廃棄物は一部は中間貯蔵施設に運ばれ隔離されることになっています(7)。NHK等の報道によると1兆0600億円かかるそうですが(8)、やってみないと分からないと思います。

4.福島復興費用
 福島県の予算・決算額をみると2011年後に除染費用を除いても急膨張しています。
原発事故で急膨張した福島県予算
 ※1(9)にて作成
  ※2 2009,10,11年は決算額、12、13,14年は補正後累計予算額、15年は当初予算額
図ー6 福島県の予算・決算額

 福島では原発事故後の若い女性の逃走が止まりません。このままいいたら福島は男と老人の県になってしまいます(10)。
若い女性の減少が止まらない福島県
 ※(10)を転載
 図―7 福島県の20代前半の社会的増減

 しかたがないことです。福島の台地は放射能に汚染された汚染物です(7)。原発事故で破壊された生活環境を事故前以上にすることは急務です。コンビニをつくったりもしています(11)。
旧避難区域に開店したコンビニ
 ※(12)をキャプチャー
 図―8 旧避難区域(田村市都路)に開店したコンビニ

 こうした予算は、除染費用を除いた水ぶくれ分に含まれると思います。合計で4兆1924億円です。でもこの費用はこれらも増えると思います。若い女性の逃走阻止は絶対の課題でしょう。仮設住宅には原発事故から4年った今も24,437人の方が暮らしていますが(13)、この方達が普通の住宅に暮らせるようにするのも急務です。原発事故の後始末としてやらければならないことが福島県には沢山あります。

5.福島第一原発安定化費用
 福島第一原発は4年たた今も汚染水を海に垂れ流すなど(13)、その悪さが止まっていません。福島第一原発がこれ以上の悪さをしないように鎮めるのは福島復興の最大の課題だと(=^・^=)は思います。その費用は東電負担分は決算で特別損失として計上されますが、合計は11,687
億円になります(2)。この他に国の補助の470億円があります(2)。
 以上の1~5を合計すると14兆5107億円になります。

<余談>
 福島原発事故の費用は誰が負担するのか、不明確なままです。除染費用(多分中間貯蔵施設も)や賠償は最終的に東電が負担することになっていますが(15)(16)、東電が負担できるかは(=^・^=)は不明だと思います。福島復興費用はドサクサで復興増税(17)で賄われましたが、2015年度で集中復興期間は終了します(18)。今後、どのような形で誰が負担するのか明確にする必要があると思います。でも安倍出戻り総理はこの問題はウヤムヤにするような気がします。国(国民)の負担が明らかになれば、反原発の与論が強くなると思います。

 
―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)平成27年度当初予算の概要 - 福島県ホームページ
(2)めげ猫「タマ」の日記 福島原発事故総費用10兆円が確定―でもまだ増える―
(3)中の「平成27年1月30日発行   [PDFファイル/9.61MB]」
(4)めげ猫「タマ」の日記 原発事故から3年半―「安全」を偽装する福島県―
(5)めげ猫「タマ」の日記 8割以上の放射性物質の放置を決めた福島除染計画
(6)[PDF]平成27年度 予算概算決定概要 - 復興庁
(7)めげ猫「タマ」の日記 中間貯蔵施設に運ばれない除染廃棄物
(8)中間貯蔵施設 受け入れまでの経緯は | 東京電力 福島第一原発事故 関連ニュース | NHK 40年後の未来へ 福島第一原発の今
(9)予算・決算 - 福島県ホームページ
(10)めげ猫「タマ」の日記 若い女性の福島脱出は止まらない2014年
(11)待望のコンビニ開店 昨春避難指示解除の都路 | 県内ニュース | 福島民報
(12)2014年4月に避難指示解除 田村市都路地区にコンビニが出店(福島15/01/21) FNN ローカル
(13)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報 - 福島県ホームページ中の「平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報」
(14)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発汚染水(1月4週)―海岸井戸からSR90が31、000ベクレル、イカナゴ飼えば1千万ベクレル―
(15)除染費用にともなう補助金・予算などについて | 除染・放射線Q&A | 除染情報プラザ:環境省
(16)原子力損害賠償・廃炉等支援機構 - Wikipedia
(16)復興特別税 - Wikipedia
(17)集中復興期間後の財源確保に前向き・復興相 河北新報
スポンサーサイト



  1. 2015/02/04(水) 19:38:23|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<TOKIOのCM効果無し?―地元の米がない郡山市のスーパーのチラシ― | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2月1週)―山形産豆菓子からセシウムー>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/02/05(木) 09:47:08 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1337-6149aba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)