めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

TOKIOのCM効果無し?―地元の米がない郡山市のスーパーのチラシ―

 1月28日からTOKIOの福島産米のCMが福島県内でも放送されたそうです(1)。1週間が経過したので、福島のスーパーも便乗してキャンペーンをしそうですが、福島県随一のお米の産地の郡山市のスーパーのチラシには地元産や福島産のお米は載っていませんでした。
 福島県郡山市は福島県の中央に位置する市で、東北のシカゴとも呼ばれる福島県最大の市です(2)。
放射能汚染が続く福島県郡山市
  ※(3)にて作成
 図―1 福島県郡山市

 また福島県最大のお米の産地でもあります。
 全袋検査数は郡山市がトップ
 ※(7)を転載
 図―2 2014年産福島米全袋検査数

 福島県郡山市のお米は「ツヤ、香り、味、粘り、柔らかさ等、美味しさの条件をすべて備えた大変美味しいお米」だそうです(4)。しかも、全袋検査によって確り検査されているので「安全」です(5)(6)。
 福島県提供のTOKIOの福島県産米CMが1月28日から始まりました(1)
福島県提供、放射能が心配な福島米のCM
 ※(8)をキャプチャ
 図―3 福島県提供のTOKIOの福島産米CM

 それから1週間たったので、福島のスーパーも便乗してキャンペーンをすると思い、2月5日に福島県郡山市のスパーのチラシを調べてみました。調べたのはヨークベニマル(9)、イトーヨーカドー(10)、鎌倉屋(11)、リオンドール(12)、イオン(13)の郡山市内の店舗です。このうちお米の載っていたのは3店舗で、
  ヨークベニマル  - 秋田県産(あきたこまち)
  イトーヨーカドー - 新潟県産(こしひかり)
  鎌倉屋      - 宮城県産(ひとめぼれ)、福島県須賀川市産(こしひかり)
で、福島産米や郡山市のブランドである「あさか舞」はありません(4)。
 他県産はあっても地元産米のない福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(10)を抜粋
 図―4 福島県産米が載っていない福島県郡山市のスーパーのチラシ

 須賀川市は福島県の市ですが、郡山市に比べ放射能汚染はまだマシです。福島県は福島県県民健康仮調査基本調査で(14)、原発事故後4ヶ月(2011年3月11日~7月10日)の住民の被ばく線量を集計しています。これを元に集計すると郡山市民の平均被ばく線量は1.2ミリシーベルトですが、須賀川市は0.7ミリシーベルトで須賀川市は郡山市にくらべ放射能汚染がすくなくなっています。
 CMを流して1週間たっても、福島県郡山市のスーパーのチラシに乗る米は福島県外産が多くを占めています。TOKIOのCMの効果はなさそうです。(=^・^=)は当然の結果だと思います(15)。


<余談>
 厚生労働省の報道発表を集計すると(16)、福島県郡山市の牛の全頭検査数も福島県一位です。福島県最大の牛肉の産地です。「福島牛は豊かな自然と職人の技で大切に作り上げられた福島県の逸品」だそうです(17)。勿論、「安全」だそうです(18)(19)。でも福島県郡山市のスーパーのチラシには福島産牛肉も載っていません。
他県産はあってむ福島牛がない福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(11)を抜粋
 図―5 福島産牛肉が載っていない福島県郡山市のスーパーのチラシ

 スーパーのチラシを見る限り、理由は想像するしかありませんが、福島県郡山市民の皆さんは「地元産」を避けているようです。(=^・^=)も郡山市の皆さんを見習いフクシマ産は食べません。


 
―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島県が制作したTOKIOの国分さんがご出演の「天のつぶ」TVCMを紹介します。 | ふくしま 新発売。
(2)郡山市 - Wikipedia
(3)東日本大震災関連情報 放射線モニタリング測定結果等 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング (平成25年11月2日~19日測定) 平成26年03月07日 (KMZ, CSV」
(4)郡山の味自慢「あさか舞」/郡山市
(5)JA郡山市の米「あさか舞」(コシヒカリ・ひとめぼれ)ネット通販サイト
(6)めげ猫「タマ」の日記 今年(2013年)もデタラメ―福島県産米全袋検査
(7)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(1月4週)―双葉のイシガレイは全数ND、でも北茨城市は最大19ベクレルー
(8)TVCM 福島県 天のつぶ 篇 | ふくしま 新発売。
(9)ヨークベニマル/お店ガイド
(10)イトーヨーカドー 郡山店
(11)福島の鎌倉屋は厳選された食材で美味しさ専門店を目指すスーパーマーケット!
(12)リオン・ドール スーパーマーケット お得情報満載
(13)AEON | 店舗情報 | イオン郡山フェスタ店
(14)第17 回福島県「県民健康調査」検討委員会(平成26年12月25日開催) - 福島県ホームページ中の「 資料1 県民健康調査「基本調査」の実施状況について [PDFファイル/499KB]」
(15)めげ猫「タマ」の日記 福島産食べて応援、あの世行き
(16)報道発表資料 |厚生労働省
(17)福島牛販売促進協議会
(18)福島牛販売促進協議会
(19)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ中の「牛肉 [PDFファイル/117KB]」
スポンサーサイト
  1. 2015/02/05(木) 19:41:47|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<福島県の危険な広報 | ホーム | 福島第一原発の総費用は15兆円確定―でもまだまだ増える―>>

コメント

あさか舞は給食へ

いつもありがとうございます。

福島産の米を食べたがる大人はいないはずです。
売りたい側は「風評被害!」と叫びますが、一般の大人は冷めて見ています。
余った福島産米は子供たちの給食へ回されています。

目を塞ぎ、耳を塞ぎ、口を塞いで、子供達の給食の産地を見ていない振りをする母親たちが、それを許している。
「弁当作ってやれよ、自分の子供くらい守ってやれよ」と言いたいです。




  1. 2015/02/05(木) 20:18:10 |
  2. URL |
  3. ふく #2B3L1McM
  4. [ 編集 ]

ふく さん
ほんとに その通り

なんで 親達は 弁当の1つも作らないんだろ?
自分の子供が ご飯を 食べてる姿
汚染米を食べてる姿を 平気で 見られるのだろうか?

そこに 愛は あるのだろうか?
全く 理解できないよ

平気な 母親が 居るって 事が
  1. 2015/02/08(日) 22:17:18 |
  2. URL |
  3. どんぶらこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1339-fe34e7aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)