fc2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一原発汚染水(2月1週)―外洋からセシウム―

福島第一原発の2月1週(2月1日から2月8日)の状況を纏めてました。先週に続き高濃度の汚染水が見つかっています(1)。
 ①外洋からセシウム等の放射性物質
 ②地下水バイパス井戸から1リットル当たり690ベクレルのトリチウム
 ③海岸付近の井戸の幾つかから過去最高濃度の放射性物質

1.外洋の全ベータ
 今週も先週に続き、外洋から放射性物質が見つかっています。
外洋からセシウムが見つかる福島第一沖
 ※1  (4)(5)(6)(7)にて作成
  ※2  数値は1リットル当たりのベクレル数
  ※3  集計期間内の最大値
  ※4  全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質(8)
 図―1 福島第一原発近傍の海、排水路および魚での放射性物質濃度

採取日と1リットル当たりの値は以下の通りです。
 ①5,6号機放水口北側(2月2日採取)(4)(5)
   全ベータ 12ベクレル
 ②南放水口(2月2日採取)(4)(5)
   全ベータ 13ベクレル
 ③排水路出口T-2(2月4日採取)
   セシウム  2.1ベクレル(6)
   全ベータ 14ベクレル(7)。
   
以下に排水路出口T-2地点のセシウム濃度の推移を示します。
 突然にセシウムが見つかった福島第一沖外洋
 ※1(6)を集計
  ※2 NDは検出限界未満を示します。
 図―2 排水路出口T-2地点のセシウム濃度

 セシウムが見つかることはあまりなかったのですが、2月5日、6日と連続してセシウムが見つかっています。福島の海へのセシウム流出が加速しているようで(=^・^=)は心配です。


2.地下水バイパス井戸から690ベクレルのトリチウム
 地下水バイパスは、福島第一原発の汚染水対策として原子炉建屋に侵入する前の地下水を事前に汲み上げ汚染水の発生を抑えようとするものです(9)。海に流す水からは「トリチウム」が見つかっているので、(=^・^=)は立派な汚染水だと思います。さらに、地下水バイパスより山側(上流)の井戸から高濃度の放射性物質が見つかっています。
高い濃度の汚染地下水が見つかる地下水バイパス山側
 ※1 (10)(11)を集計
 ※2 数値は1リットル当たりのベクレル数
 ※3 集計期間内の最大値
 図―3 地下水バイパスと山側(上流井戸)の放射性物質濃度

 この中で(=^・^=)が最も心配なのは地下水バイパスNo9井戸です。以下トリチウム濃度の推移を示します。
突然に上昇した地下水バイパスNo10のトリチウム
 ※(11)を集計
 図―4 地下水バイパスNo10井戸のトリチウム濃度推移

突然にトリチウム濃度が上昇しています。この井戸から汲み上げられた汚染水もそのまま福島の海に流されます。
 そして 地下水バイパスから放流されたトリチウムの総量を濃度×排出量の合計で計算したら約3、500億ベクレルになりました。
地下水バイパストリチウム廃棄量は3500億ベクレル
 ※(12)(13)を集計
 図―5 地下水バイパスの累積のトリチウム放出量

 トリチウムの安全性には議論があるみたいです(14)。安全か分からない物が廃棄される福島は恐ろしいと(=^・^=)は感じます。

3.海岸付近の井戸からは高濃度の放射性物質
東京電力は福島第一原発の海岸付近やタービン建屋周りの井戸の地下水の放射性物質濃度を調べています(5)。以下にそこでの放射性物質濃度を示します。
高濃度の汚染水が見つかる福島第一海岸部
 ※1(5)を集計
 ※2 数値は1リットル当たりのベクレル数
 ※3 集計期間内の最大値
 ※4 Sr90はストロンチウム90を示す。
 図―6 海岸付近の放射性物質濃度

このうちNo0-1-2井戸の全ベータやNo2-7井戸のセシウムは過去最高を記録しています。どちらの井戸も海のすぐ近くにあるので、間違いなく海に流れて出ていくと思います。以下にNo2-7井戸のセシウム濃度の推移を示します。
突然上昇し過去最高を記録したNo2-7井戸のセシウム
 ※(5)集計
 図ー7 No2-7井戸のセシウム濃度推移

 突然の上昇です。図―2に示すように外洋の排水路出口T-2でも突然にセシウムが見つかりました。福島の海のセシウム汚染はまだまだ続きそうです。


<余談>
 東京電力は福島産を避ける行為を「風評被害」と決めつけています(15)。でも本当に「風評被害」でしょうか?福島の方はは心配していると思います。福島県いわき市は福島県第二位のイチゴの産地です(16)。いわき市ではいくつかのイチゴ園がオープンしているので、今がシーズンです(17)。福島のイチゴは美味しく(18)、しかも「安全」だそうです。でも福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません(20)。
他県産はあっても福島産イチゴがない福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(20)を抜粋
 図-8 福島産イチゴがない福島県いわき市のスーパーのチラシ

当然の結果だと(=^・^=)は思います。(=^・^=)も福島県いわき市の皆様を見習い「福島産」は食べません。

 
―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発汚染水(1月4週)―海岸井戸からSR90が31、000ベクレル、イカナゴ飼えば1千万ベクレル―
(2)サンプリングによる監視|東京電力
(3)報道配布資料|東京電力
(4)(2)中の「1.海水(港湾外近傍)」を11月30日に閲覧
(5)(3)中の「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果」
(6)(2)中の「タンクの水漏れに関するモニタリング⇒南放水口・排水路」
(7)2015年2月6日福島第一原子力発電所 地下水バイパス排水に関するサンプリング結果(南放水口付近)(PDF 335KB)
(8)めげ猫「タマ」の日記 全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質
(9)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発の地下水バイパスについて
(10)(2)中の「H4エリア周辺観測孔」
(11)(3)中の「福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果 」
(12)一時貯留タンクの運用状況|東京電力
(13)報道関係各位一斉メール|東京電力中の「福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr*)からの排水について 」
(14)めげ猫「タマ」の日記 トリチウムは危険・安全?
(15)2015年1月16日(いわき市漁協組合員説明会資料)風評被害対策について(PDF 325KB)
(16)めげ猫「タマ」の日記 福島県の危険な広報
(17)暖かい温室でいちご狩りを楽しもう!(平成26年度) | いわき市観光情報サイト
(18)福島県オリジナル品種「ふくはる香」をお見逃し無く! | ふくしま 新発売。
(19)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(20)好間店 | マルト - 店舗情報
スポンサーサイト



  1. 2015/02/08(日) 19:42:28|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島産食べて応援 東京電力 | ホーム | トラブルいっぱい福島原発(2月1週)―工事を急いで「安全」を手抜き―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1342-354f8168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)