めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2月2週)―福島産アサズキから27ベクレル、でも福島県の検査は全数NDー

食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。2月2週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買いものの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかり基準値超えが見つかっています(4)。
  ①検査数1,036件中25件の基準値超え(全体の2.4%)
  ②平均は、1キログラム当たり47ベクレル、最大15,000ベクレル(福島産イノシシ)。
  ③基準超の食品が福島と隣県の宮城で見つかっています。
基準超えが見つかる福島産
  ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2015年2月2週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

1.福島産アサズキから27ベクレル、でも福島県の検査は全数ND
 アサツキは冬の野菜で(7)、福島県は全国二位の生産量を誇っています(8)。
brg140118b.gif
 ※(8)より引用
 図ー2 アサツキの都道府県別生産量

仙台市が行った検査(検査数1)で、福島県産アサツキから1キログラム当たり
  27ベクレル
の放射性セシウムが見つかりました。福島県の検査結果が気になったので今年(2015年2月9日発表分まで)の結果を調べたら、福島県が実施した6件の検査は全部で放射性セシウムが検出されませんでした。仙台市が1回の検査で放射性セシウムを見つけたのにです。昨年は仙台市の検査で1キログラム当たり26ベクレルなので、1ベクレルアップです。福島県の検査は今年と同じくセシウムが見つかっていません(9)。毎年合わない福島県と仙台市の福島産アサツキの検査結果、どちらかの検査がおかしいはずです。
 次にスズキ(魚)について茨城県が検査した茨城産と福島県が検査した福島産のセシウム濃度を比較してみした。
福島が低くでるスズキの検査結果
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満を示す。
 ※3 2015年検査分
 図―3 スズキのセシウム濃度

 福島県が検査した福島のスズキのセシウム濃度が低くなっています。2015年の検査では1キログラム当たりで
  福島県が検査した福島産のスズキ  平均2.4ベクレル、最大47ベクレル、検査数23
  茨城県が検査した茨城産のスズキ  平均4.8ベクレル、最大48ベクレル、検査数29
でした。
 福島県の検査はアサズキもスズキも他より低く出るデタラメ検査です。いくら福島産は検査されており「安全」だと主張しても(10)、検査そのものがデタラメであればこのような主張は成立しません。

2.検査せずに出荷される古殿町産「ウルイ」
 福島県古殿町の「ウルイ」の出荷が始まったそうです(11)。
無検査で出荷が始まった古殿町のウルイ
 ※(12)をキャプチャー
 図―4 福島県古殿町で収穫される「ウルイ」

 古殿町のウルイは原発事故当時のものを取り払いハウス内を除染して生産を再開したそうです(12)(13)。ハウス内を除染しても周りは放射能だらけだから、時間が経てば外の放射能がハウス内に侵入し、徐々に汚染されていかないか心配です。そこで検査を見てみました(1)(13)。今年の検査結果が見つかりません。以下に福島県が実施した古殿町産ウルイの検査数を示します。
検査数が年々減少し0になった古殿町のウルイの検査数
  ※(1)を集計
 図―5 福島県古殿町産の「ウルイ」の検査回数

 年々、検査回数が減り今年は今の所は「0」です。福島県は福島産は検査されており「安全」だと主張していますが(10)、ちゃんと検査されているんですかね?

3.富岡町産のイノシシから15,000ベクレル、しかも急上昇中
 福島県富岡町産のイノシシから1キログラム当たり15,000ベクレル(基準値の150倍)のセシウムが見つかりました(3)。以下に富岡町産のイノシシのセシウム濃度の推移を示します。
急上昇する富岡町のイノシシのセシウム
 ※1(1)を集計
 ※2 日付は「捕獲日」
 図―6 富岡町産のイノシシのセシウム濃度

 急上昇中です。
 
<余談>
 ・他より低く出るデタラメな検査で「安全」される福島産
 ・検査されずに出荷される福島産
 ・セシウム濃度が急上昇することもある福島産
これでは「福島産 食べて応援 あの世行」です(14)。福島の方も大変心配していると思います。福島県郡山市は福島県産米全袋検査数をみると約150万袋で福島県トップです(15)。福島県最大のお米の産地です。今(2015年2月)、福島県ではTOKIOの福島産米のCMが流れているそうです(16)。福島県郡山市のお米は美味しく(17)、全袋検査が実施されており「安全」だそうです(10)、(18)。でも福島県郡山市のスーパーのチラシには「福島産米」はありません(19)。
他県産はあっても福島産米のない福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(19)をキャプチャー
 図―7 福島県産米が載っていない福島県郡山市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県郡山市の皆さんを見習いフクシマ産は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第916報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2月1週)―山形産豆菓子からセシウムー
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)あさつき - JAみちのく安達-食と農を結ぶJAづくり 福島県二本松市・本宮市・大玉村の農業協同組合
(8)アサツキ(浅葱/あさつき):旬の野菜百科
(9)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(1月3週)―福島県産アサツキから26ベクレル、福島県の検査は9件全で「見つからず」―
(10)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(11)春の味覚「ウルイ」 古殿のビニールハウスで収穫本格化(福島民友トピックス)
(12)スイッチ20150204 TUFchannel
(13)山菜モニタリング状況
(14)めげ猫「タマ」の日記 福島産食べて応援、あの世行き
(15)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報
(16)福島県が制作したTOKIOの国分さんがご出演の「天のつぶ」TVCMを紹介します。 | ふくしま 新発売。
(17)JA郡山市の米「あさか舞」(コシヒカリ・ひとめぼれ)ネット通販サイト
(18)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月)―福島全袋検査はデタラメ満開ー
(19)AEON | 店舗情報 | イオン郡山フェスタ店
スポンサーサイト
  1. 2015/02/10(火) 19:40:18|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SR処理水について | ホーム | 福島産食べて応援 東京電力>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1343-eabf23c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)