FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい福島原発(2月3週)―屋根が吹っ飛んだ―

 東京電力福島原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、2月3週(2月15日から20日)もしっかりトラブルが起こっています。

1.屋根が吹っ飛んだ
2月16日午前11時15分頃、福島第一原発発構内の北側にある瓦礫保管ようのテントの、屋根の一部が吹っ飛んでいるのが見つかりました。このテントには高線量金属瓦礫(線量が最大で毎時30ミリシーベルト)約20m3と金属容器に封入している高線量金属瓦礫(線量が最大で毎時30ミリシーベルト)約120m3を保管しています(2)(3)。
屋根が吹き飛んだ高線量瓦礫の保管テント
  ※(4)を引用
 図―1 屋根が吹っ飛んだ「瓦礫」保管テント

 雨が侵入して放射性物質が流れ出したり、空いた穴から放射性物質が飛び出さないか心配です。現時点で「穴」を塞ぐ日程の発表は東電からはありません(5)(6)。


2.核燃料プールの水が抜かれた
 福島第一原発6号機には1704本の核燃料が放置されています(7)。その6号機で2014年7月11日に、燃料プール冷却浄化系の弁あたりで汚染水漏れがありました(8)。とりあえず応急処置で対処したようですが、2月18日から2月19日(作業予定時間:24時間)にかけて、汚染水漏れを起こしたプール入口の弁の分解点検をするそうです。分解点検をするには核燃料プール水位を下げるそうです(9)。東電は大丈夫だと主張してますが、少し心配です。

3.トレンチ埋めて「増水」
 東京電力は2号機タービン建屋から海に延びる地下道(トレンチ)に汚染水がいっぱい溜まっていたので、セメントを流し込んで埋めました(10)。
タービン建屋とづながったままの地下道(トレンチ)
 ※(10)を転載
 図―2 トンネルと立坑の位置関係

地下トンネルの一部には地上から延びる立坑がありますが、まだ埋めてないので埋める計画になっています(11)。雨がふって、立坑を埋める為に充填剤(グラウド)(12)を流し込む管が設置されています(10)。
複雑でセメントで埋めきれないかもしれないトレント
 ※(10)を転載
 図―3 立坑に設置された配管

 その配管から雨が降り、立坑の一つと立坑Aの水位が上がってしまったとの発表が2月19日にありました。雨が降れば雨水が流れ込むのは当たり前!事前の対策をとらなかったんですかね。それとも配管に「穴」が開いていたんすかね?だったらセメント等の充填剤を流し込んでも「穴」から出て、立坑は埋まらないような・・・・

4.サブドレインの汲みあげは「待った」
 東京電力は福島第一の原子炉建屋やタービン建屋の直ぐ近くの井戸から汚染水を汲みあげ海に流す計画を進めています。この計画が実現すれば福島第一の汚染水の増加を減らす事ができるそうです(13)。
brg150122d.gif
 ※(13)を転載
 図―4 サブドレインの断面図

 これには福島の漁師さんの了解が必要ですが、当初は2月16日に正式に決まる報道されていました(14)。ところが2月16日にいわき市の漁師さんが会議を開いたのですが、まとまらず結論が先送りになりました(15)。今も福島第一原発の汚染水は増え続けています。


<余談>
 福島第一原発事故から4年近く経ちますが、毎週のようにトラブルを起こしています。これではまた放射能漏れが起こらないか心配です。あるいは起こしているかもしれません(16)。放射能漏れは福島全域に広がるのでなく、特定の地域(放射能漏れを起こした時の風下)だけが汚染されると思います。福島県の皆さんにはシーズン初めだけでなく時々は検査をして欲しいと(=^・^=)は思います。福島産の夏空キュウリは生産量37,800トンで全国一の生産量をであり(17)、 福島産野菜の中でもっとも生産量の多い野菜です(18)。福島を代表する野菜だと思います。福島県須賀川市は福島県最大のキュウリの産地です。出荷は6月中洵から10月末まで続きます。でも2014年の露地物の検査は6月末のたった3件です(19)。福島県はそれでも福島県野菜は「安全」だと主張しています(20)。
 福島の方は不安なようです。福島県は今(2014年2月20日)、福島米のテレビCMを福島県内に流しています(21)。福島県で実施されているお米の全袋検査数を見ると福島県郡山市産は約150万袋で(22)、福島県最多です。福島県郡山市は福島県内最大のお米の産地です。福島県郡山市のお米は「あさか舞」といって大変に美味しいそうです(23)。郡山市も福島県も「安全」だと主張しています(23)(24)(25)。でも福島県郡山市のスーパーのチラシには福島産米は載っていません(26)。
他県産はあっても福島産米は無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(26)を抜粋
 図―5 福島産が載っていない福島県郡山市のスーパーのチラシ

当然です。(=^・^=)も郡山市の皆さんを見習い「フクシマ産」は食べません。


 
―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(2月2週)―タービン建屋からの汲みあげ停止―
(2)2015年2月16日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(3)2015年2月17日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(4)東京電力 写真・動画集| 福島第一原子力発電所構内瓦礫一時保管エリアA1におけるテントの屋根の一部破損について
(5)プレスリリース|東京電力
(6)報道配布資料|東京電力
(7)福島第一・第二原子力発電所の燃料貯蔵量 - 福島県ホームページ
(8)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(7月2週)―台風でもトラブルが無い事がニュースに!
(9)2015年2月18日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(10)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発―トレンチの止水失敗―
(11)第31回特定原子力施設監視・評価検討会 | 原子力規制委員会中の「資料2 海水配管トレンチ汚染水対策工事の進捗について[東京電力]【PDF:981KB】」
(12)グラウト - Wikipedia
(13)めげ猫「タマ」の日記 福島第一サブドレイン汲み上げについて
(14)浄化地下水の海洋放出計画 いわき市漁協容認へ | 東日本大震災 | 福島民報
(15)<サブドレン放出>いわき市漁協が結論見送り河北新報
(16)めげ猫「タマ」の日記 勝手に福島原発十大トラブル2014
(17)福島県・福島市|なるほど統計学園
(18)東北農政局/野菜の収穫量
(19)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(8月4週)―福島の汚染食材を5日間も秘匿する安倍出戻り内閣ー
(20)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(21)福島県が制作したTOKIOの国分さんがご出演の「天のつぶ」TVCMを紹介します。 | ふくしま 新発売。
(22)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報
(23)郡山の味自慢「あさか舞」/郡山市
(24)県産食品の安全・安心を確保する取組み | ふくしま 新発売。
(25)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月)―福島全袋検査はデタラメ満開ー
(26)イトーヨーカドー 郡山店
スポンサーサイト



  1. 2015/02/20(金) 19:42:10|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島第一原発汚染水(2月3週)―「過去最高」濃度が沢山― | ホーム | 嘘つき東電―サブドレイン稼働でトリチウムは10億Bq/日に、でも地下水バイパスだけで13億Bq/日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1353-768edd0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)