めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一原発汚染水(2月3週)―「過去最高」濃度が沢山―

福島第一原発の2月2週(2月16日から2月21日)の状況を纏めてました。先週に続き高濃度の汚染水が見つかっています(1)。
 ①外洋からポイントからセシウム等の放射性物質
 ②地下水バイパス井戸3本から「過去最高」のリチウム
 ③海岸付近の井戸から過去最高濃度の放射性物質
 ④散水される汚染水から1リットル当たり1200ベクレルのトリチウム
 ⑤福島第一原発のお魚のセシウム濃度は下がらず

1.外洋の2ポイントからセシウム
 今週も先週に続き、外洋からセシウムが見つかっています。
福島第一近くの外洋から放射性物質
  ※1  (4)(5)(6)にて作成
  ※2  数値は1リットル当たりのベクレル数
  ※3  集計期間内の最大値
  ※4  全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質(7)
 図―1 福島第一原発近傍の海、排水路および魚での放射性物質濃度

 ①5,6号機放水口北側(2月16日採取)(4)(5)
   全ベータ 13ベクレル
 ②南放水口(2月16日採取)(4)(5)
   全ベータ 13ベクレル
 ③排水路出口T-2(2月16日採取)
   セシウム  2.4ベクレル(6)
 ⑤港湾口(2月9日採取)(5)
   トリチウム 2.9
 ④排水路C-2-1地点(2月18日採取)(6)
   セシウム 25.4ベクレル
   全ベータ 66ベクレル
 先週に続き外洋からセシウムが見つかっています。以下に排水路出口T-2のセシウム濃度を示します。
 セシウムが時々見つかる排水路出口T-2
  ※1(6)を集計
  ※2 NDは検出限界未満を示します。
 図―2 排水路出口T-2のセシウム濃度推移

 これまであまり見つかることのなかったセシウムがたびたび見つかるようになりました。

2.地下水バイパス井戸3本から「過去最高」のリチウム
 地下水バイパスは、福島第一原発の汚染水対策として原子炉建屋に侵入する前の地下水を事前に汲み上げ汚染水の発生を抑えようとするものです(8)。海に流す水からは「トリチウム」が見つかっているので、(=^・^=)は立派な汚染水だと思います。さらに、地下水バイパスより山側(上流)の井戸から高濃度の放射性物質が見つかっています。
過去最高濃度を記録した地下水バイパス井戸
 ※1 (9)(10)(11)を集計
 ※2 数値は1リットル当たりのベクレル数
 ※3 集計期間内の最大値
 ※4 「赤字」は過去最高を示す。
 図―3 地下水バイパスと山側(上流井戸)の放射性物質濃度
 
 地下水バイパスには12本の井戸がありますが、このうち3本(No9,10、11)で過去最高濃度のトリチウムが見つかりました。この中で最も気になるのがNo11井戸です。以下にNo11井戸のトリチウム濃度の推移を示します。
急上昇する地下水バイパスNo11井戸のトリチウム濃度
 ※(10)を集計
 図―4 No11井戸のトリチウム濃度推移

1度は下がったのですが、急上昇しています。そして山側にある井戸の一つE-1では全ベータが急上昇しました。
突然上昇したE-1井戸の全ベータ濃度
 ※(9)を集計
 図―5 E-1井戸の全ベータ濃度

今後が心配です。

3.海岸付近の井戸水も「過去最高」
東京電力は福島第一原発の海岸付近やタービン建屋周りの井戸の地下水の放射性物質濃度を調べています(5)。以下に今週に「過去最高」の放射性物質濃度が見つかった井戸を示します。
過去最高が多数出た海岸付近井戸

 ※1(5)を集計
 ※2 数値は1リットル当たりのベクレル数
 ※3 集計期間内の最大値
 ※4 「赤字」は過去最高を示す。
 図―6 海岸付近の放射性物質濃度

この中で(=^・^=)が心配なのはNo2-3井戸のトリチウム濃度です。
上昇を続けるNo2-3井戸のトリチウム
 ※(5)集計
 図ー7 No2-3井戸のトリチウム濃度推移

どんどん上昇しています。

4.散水される汚染水から1リットル当たり1200ベクレルのトリチウム
 福島第一原発の汚染水タンクの周りには、タンクから汚染水が流れ出ても外に漏れ出ないように周りに「堰」が作られています(12)。雨が降ると、堰の中に雨水が溜まるので何処かに捨てるか、貯め込むかしなくてはいけません。東京電力は「堰」にたまった汚染水を福島第一原発敷地内に散水しています(10)。以下に散水される汚染水のトリチウム濃度の推移を示します。
上昇する「堰」内の汚染水のトリチウム濃度
※(14)を集計
 図―8 散水される「堰」内の汚染水のトリチウム濃度

 この所、上昇傾向があります。そして2月9日に「散水」する汚染水から1リットル当たり1、200ベクレルのトリチウムが見つかりました(15)。しかも1リットル当たり3.8ベクレルの全ベータも見つかっています(16)。

5.タケノコメバルから44,000ベクレル
 福島第一原発の汚染水対策の最終目的は放射性物質の環境影響を抑えることだと思います。その指標にお魚の放射性物質濃度だと思います。東京電力は1月20日に福島第一原発港湾内でとれたお魚の放射性セシウム濃度が発表になりました(15)。1キログラム当たりで
  セシウム134 10,000ベクレル
  セシウム137 34,000ベクレル
  セシウム合計  44,000ベクレル
です。基準値(1キログラム当たり100ベクレル)(17)の440倍です。高いのは仕方がないとしても(=^・^=)にはもっと不安な事があります。以下に福島第一原発港湾内のタケノコメバルの放射性セシウム濃度の推移を示します。
下がる気配がない福島第一港湾内のタケノコメバルのセシウム濃度
 ※(18)を集計
 図―9 福島第一原発内のタケノコメバルのセシウム濃度

 まったく下がっている様子がありません。もし、東京電力が実施している汚染水対策(19)が効果があるなら、福島第一原発近くのお魚のセシウム濃度が下がっていいはずです。でもそのような事はありません。それでも東電は福島産を避ける行為を「風評被害」としています(20)。

<余談>
 トリチウムが安全性について色々と議論があると思います。トリチウムは「放射性の水素」です。福島第一原発からは「放射性の水」として放出されますが、蒸発してトリチウム雲を作り、福島の台地にトリチウム雨を降らせ、トリチウム米やトリチウム飼料ができ、トリチウム飼料を食べた牛はトリチウム「牛」になりそうです(21)。東京電力は「トリチウム」は飲んでも安全だと主張していますが(22)、食べても「安全」とは主張していません。福島の方も心配だと思います。
 福島県郡山市産の牛の全頭検査数は厚生労働省の発表(23)を集計すると、福島県第一位です。福島県最大の牛肉の産地です。福島牛は「牛肉の傑作」で「徹底した安全管理体制のもとで飼育されており<中略>いつも安心してお召し上がりいただけます。」とのことです(24)。福島県は「安全」だと主張しています(25)。でも福島県郡山市のスーパーのチラシには福島牛はありません(26)。
他県産はあっても福島牛が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(26)を抜粋
 図―10 福島牛が載っていない福島県郡山市のスーパーのチラシ

当然の結果です。(=^・^=)も福島県郡山市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

 
―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発汚染水(2月2週)―散水される汚染水のトリチウム濃度が上昇中―
(2)サンプリングによる監視|東京電力
(3)報道配布資料|東京電力
(4)(2)中の「1.海水(港湾外近傍)」を2月21日に閲覧
(5)(3)中の「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果」
(6)(2)中の「タンクの水漏れに関するモニタリング⇒南放水口・排水路」
(7)めげ猫「タマ」の日記 全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質
(8)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発の地下水バイパスについて
(9)(2)中の「H4エリア周辺観測孔」
(10)(3)中の「福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果 」
(11)(2)中の「H6エリア周辺観測孔」
(12)福島第一原子力発電所 各タンクエリア堰内溜まり水の状況(PDF 471KB)
(13)雨水処理設備を用いたタンクエリア堰内雨水の散水に係る申し入れ - 福島県ホームページ
(14)(3)中の「雨水処理設備を用いたタンクエリア堰内雨水の処理水分析結果」
(15)2015年2月17日雨水処理設備を用いたタンクエリア堰内雨水の処理水分析結果(PDF 16.7KB)
(16)2015年2月21日福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(PDF 272KB
(17)2015年2月17日魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所港湾内>(PDF 8.14KB)
(18)(3)中の「魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所港湾内>
(19)汚染水対策|東京電力
(20)2015年1月16日(いわき市漁協組合員説明会資料)風評被害対策について(PDF 325KB)
(21)めげ猫「タマ」の日記 トリチウムは危険・安全?
(22)福島第一原子力発電所でのトリチウムについて 平成 ... - 東
(23)報道発表資料 |厚生労働省中の「食品中の放射性物質の検査結果について 」
(24)JA全農福島/JA全農福島オンラインショッピング
(25)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(26)2015年2月20日(金)〜24日(火)までの鎌倉屋折込チラシをチェックしよう!
スポンサーサイト
  1. 2015/02/21(土) 19:48:09|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<竹島の日10周年―靖国には行っても竹島の日に行かない安倍出戻り― | ホーム | トラブルいっぱい福島原発(2月3週)―屋根が吹っ飛んだ―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1354-2af3f41b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)