めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

航空機モニタリング 1マイクロ、福島県発表0.2マイクロ

 原子力規制庁が2014年11月時点の航空機モニタリグ(空から地上の放射線を測ったデータ)の数値データをHPにアップしました(1)。一方、福島県は地上でのモニタリング結果を発表しています(2)。比較すると航空機モニタリングでは毎時1マイクロシーベルなのに、福島県が発表している地上の測定では毎時0.15マイクロシーベルトなんて場所もあります。
 以下に、福島県が発表している放射線量に航空機モニタリング結果を上書きした結果を示します。
航空機モニタリングに比べ大幅に低い地上の測定結果(福島市)
 ※1 福島県の結果(2)に航空機モニタリング結果(1)を上書き
 ※2 共に2014年11時点のデータ
 ※3 大きな●が福島県の発表、小さな●が航空機モニタリング結果
 図―1 福島市
航空機モニタリングに比べ大幅に低い地上の測定結果(二本松市)
 ※注記は図―1に同じ
 図―2 二本松駅付近


 図ー1,2を見ても福島県の発表が低く出ています。福島県の発表する地上の放射線測定結果が低くてでも、航空機モニタリングと整合性がないので、放射線量が低くなったとは言えません。


<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 こんなデータが出てくると不安になります。モニタリングで測った結果は周囲だけは有効かもしれませんが、一寸、離れれば役に立たなくなります。このような事があると福島の方も不安だと思います。
 福島県郡山市の牛の肥育頭数は8,904頭で福島県一位です(3)。福島牛は豊かな自然と職人の技で大切に作り上げられた福島県の逸品だそうです(4)。福島県は福島産の牛は安全だと主張しています(5)。でも福島県郡山市のスーパーのチラシには福島牛はありません。
他県産はあっても福島産牛肉が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
※(6)をキャプチャー
 図―3 福島産牛肉が載っていない福島県郡山市のスーパーのチラシ
 
 当然の結果です。(=^・^=)も福島県郡山市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (CSV)」
(2)福島県放射能測定マップ
(3)届出情報の統計-目的別索引-牛の個体識別情報検索サービス
(4)福島牛販売促進協議会
(5)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(6)イトーヨーカドー 郡山店
スポンサーサイト
  1. 2015/04/03(金) 19:57:39|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラブルいっぱい福島原発(4月1週)-2週連続火事- | ホーム | 福島大型観光キャンペーン開幕―でも同じ行くなら「沖縄」の方が良い―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1394-8054bcd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)