めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

放射線量が上がった所がある福島県

 原子力規制委が航空機モニタリングによる放射線量の測定結果(数値データ)を発表していたので(1)、2014年11月と2013年11月時点の空間放射線量の比較をしてみました。広範な地域で放射線量が増えていました。以下に結果を示します。
広範囲で放射線量が増えた福島県
  ※(1)の数値データを自作アプリケーションで処理し作成
 図―1 福島県の放射線量の増減。

 原子力規制は航空機で地上の放射線量を広範囲に測定し、結果を航空機モニタリング結果として発表しています(1)。そこで2013年11月時点の測定結果(2)に対し2014年11月時点の測定結果(3)が減ったのか、増えたのか(=^・^=)なりにグラフ化してみました。結果は図―1に示す通りです。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 図ー1を見ると広範囲に広がっています。特に西側の新潟県境に近い斜面では上昇量が多くなっています。気象現象で2011年に東電がばら撒いた放射性物質が移動して高くなったとゆうよりは、福島第一原発から今も放射性物質のばら撒きが継続しており、その結果として放射線量が上昇したと理解する方が合理的な気がします。これでは福島県の方も心配だと思います。
 福島県郡山市のお米の収穫量は45、800トンで福島県随一です(4)。郡山市のお米は「あさか舞」と呼び、美味しいそうです(5)。安倍出戻り内閣は「安全」だと主張しています(6)。でも、福島県郡山市のスーパーのチラシには福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(6)を引用
 図―2 福島産米が載っていない福島県郡山市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県郡山市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会
(2)(1)中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング (平成25年11月2日~19日測定) 平成26年03月07日 (KMZ, CSV)」
(3)(1)中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (CSV)」
(4)水稲・大豆・麦・そばの生産に関する資料 - 福島県ホームページ中の「平成25年産水稲・大豆・麦・そばの生産に関する資料(平成27年公開)⇒1 水稲の部(P5~P45)」
(5)JA郡山市の米「あさか舞」(コシヒカリ・ひとめぼれ)ネット通販サイト
(6)福島県産の食品の安全性について -首相官邸ホームページ-
(7)イトーヨーカドー 郡山店
スポンサーサイト
  1. 2015/04/09(木) 19:57:40|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島賠償一般分担金は5000億円超え―原資は電気代― | ホーム | 福島大型観光キャペーン-福島市のお花の名所は0.5マイクロ以上->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1400-7f5c7531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)