めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一原発汚染水(5月1週)―外洋から過去タイの全ベータ―

福島第一原発汚染水の5月1週(4月28日から5月3日)の状況を纏めてました。
 ①外洋から過去タイの全ベータ
 ②地下水バイパス井戸から過去最高のトリチウム
 ③海岸近くの井戸の全ベータは上昇中
 ④排水路からは法令基準を超える全ベータ
先週に続き過去最高濃度の放射性物質が見つかっています(1)。

1.外洋から過去タイの全ベータ
 外洋から相変わらず放射性物質が見つかっています。
あいかわらず放射性物質が見つかる福島第一原発沖外洋
  ※1 (4)(5)で作成
  ※2  数値は1リットル当たりのベクレル数
  ※3  集計期間内の最大値
  ※5  全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質(6)
 図―1 福島第一原発近傍外洋の放射性物質濃度

数値は図―1を見てください。この中でもっとも気になったのは「5,6号機放水口北側」です。
過去タイを記録した5,6号機排水口北側の全ベータ
 ※1(4)(5)にて作成
  ※2 NDは検出限界未満を表す
 図―2 5,6号機放水口北側

 ・全ベータが1リットル当たり17ベクレル見つかっていますが、これはタイ記録です。
 ・トリチウムが4週連続で見つかっています。

2.地下水バイパス井戸から過去最高のトリチウム
 地下水バイパスは、福島第一原発の汚染水対策として原子炉建屋に侵入する前の地下水を事前に汲み上げ汚染水の発生を抑えようとするものです(7)。海に流す水からは「トリチウム」が見つかっているので、(=^・^=)は立派な汚染水だと思います。さらに、地下水バイパスのNo9井戸から過去最高濃度のトリチウムが見つかっています。
高い濃度の放射性物質が見つかる地下水バイパス山側井戸
 ※1 (8)(9)を集計
 ※2 数値は1リットル当たりのベクレル数
 ※3 集計期間内の最大値
 図―3 地下水バイパスと山側(上流井戸)の放射性物質濃度

 このうち地下水バイパスNo9井戸のトリチウムが過去最高を記録しました。以下に推移を示します。
過去最高を記録した地下水バイパスNo9井戸のトリチウム
  ※(9)を集計
 図―4 地下水バイパスNo9井戸のトリチウム濃度

 今年(2015年)に入り、急に上昇し出しました。これからも上昇しそうです。
 地下水バイパスから放流されたトリチウムの総量を濃度×排出量の合計で計算したら約4、200億ベクレルをこえました。
4200億ベクレルを超えた地下水バイパスのチリチウム排出量
 ※(10)(11)を集計
 図―5 地下水バイパスの累積のトリチウム放出量

3.海岸近くの井戸の全ベータは上昇中
 東京電力は福島第一原発の海岸付近やタービン建屋周りの井戸の地下水の放射性物質濃度を調べています(5)。以下にそこでの放射性物質濃度を示します。
高濃度の放射性物質が見つかる福島第一護岸の井戸
 ※1(5)を集計
 ※2 数値は1リットル当たりのベクレル数
 ※3 集計期間内の最大値
 図―6 海岸付近の井戸と海水の放射性物質濃度

 このうちNo1井戸の全ベータ濃度が上昇しています。
上昇が続くNo1井戸の全ベータ
 ※1(5)にて作成
 ※2 NDは検出限界未満を表す
 図―7 No1井戸の全ベータ濃度


4.排水路からは法令基準を超える全ベータ
 福島第一原発には外洋に通じる2本の排水路があります(12)。
  放射能が流れる福島第一構内排水路
 ※(13)を転載
  図―8 福島第一原発排水路

 今年の2月から3月にかけて、二つの排水路(A,K)から法令の定める値を超える高濃度に汚染された汚染水が直接に外洋に廃棄されていたことが分かりました(14)。ポンプでくみ上げて港湾内に流そうとしたのですが、ポンプが一時故障することもあります(15)。
東京電力が排水路の新たなサンプリングデータを発表しました(12)。相変わらず法令超えの汚染水を直接外洋に流しています。以下にK排水路の放射性物質濃度を示します。
法令限度を超えた汚染水が流れるK排水路
  ※1 (16)を集計
  ※2 NDは検出限界以下を示す。
  図―9 K排水路の放射性物質濃度

 ストロンチウム90の法令限度(告示濃度限度)は1リットル当たり30ベクレルですが(3)、全ベータの約半分がストロンチウム90ですので、全ベータに換算すると1リットル当たり60ベクレルです。
K排水路を流れ外洋に排出される汚染水から4月21日に1リットル当たりで
  全ベータ    110ベクレル
の放射性物質が見つかっています。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
連日の汚染水漏れで福島の方も大変に不安だと思います。ゴールデンウィーク期間中に福島では郡山駅と会津若松駅の間に福島産イチゴを材料にしたスイーツを出す観光列車が走るそうです(17)(18)。でも会津若松市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。
他県産はあっても福島産イチゴが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(19)を引用
 図―10 福島産イチゴが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県会津若松市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発汚染水(4月4週)―港湾から過去最高のトリチウム―
(2)サンプリングによる監視|東京電力
(3)報道配布資料|東京電力
(4)(2)中の「1.海水(港湾外近傍)」を5月3日に閲覧
(5)(3)中の「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果」
(6)めげ猫「タマ」の日記 全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質
(7)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発の地下水バイパスについて
(8)(2)中の「H4エリア周辺観測孔」
(9)(3)中の「福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果
(10)一時貯留タンクの運用状況|東京電力
(11)報道関係各位一斉メール|東京電力中の「福島第一原子力発電所 地下水バイパス 一時貯留タンク(Gr*)からの排水について 」
(12)2015年4月28日福島第一原子力発電所構内排水路のサンプリングデータについて(PDF 297KB)
(13)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発汚染水(3月5週)―今週も過去最高―
(14)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(2月4週)―高濃度の汚染水漏れは1年間隠します―
(15)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(4月4週)-汚染水1万m3が行方不明-
(16)(3)中の「福島第一原子力発電所構内排水路のサンプリングデータについて」
(17)東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社
(18)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(4月4週)―フルーティアふくしま出発、主産地の検査はありませんー
(19)ヨークベニマル/お店ガイド
スポンサーサイト
  1. 2015/05/03(日) 19:35:32|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<セシウムだけの検査で安全? | ホーム | トラブルいっぱい福島原発―福島第一の労災は倍増で過去最悪―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1424-26757cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)