めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

オスプレイ横田基地配備―沖縄負担増を避けるため?―

 オスプレイを横田基地に配備するとの報道が流れました。説明によると沖縄・嘉手納基地に配備したかったが、沖縄の負担を避ける為に横田にしたとのことです(1)。でもこれって本当か(=^・^=)なりに検証したら、最初から「横田」に配備するつもりだったと思います。
 オスプレイはアメリカが開発した輸送機で、ヘリコプターの様に垂直で離着陸できますが、プロペラ機並みのスピードと航続距離があり、空中給油も可能です。オスプレイには海兵隊仕様のMV22と空軍使用のCV22があります(2)。そのうち空軍仕様のCV22の横田基地配備が決まりました。横田基地に配備を決めた理由について
 「米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)も候補だったが、普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に向け、沖縄の基地負担増は避けるべきだとの判断に至った。」
と報道されています(1)。
 安倍出戻り総理の大叔父の佐藤栄作氏はアメリカと密約を結びながらそのような事はないと国民に大嘘をつきました(3)。安倍出戻り総理も大叔父を見習ったのでしょうか?嘘をつくことを生業としています。出戻る前の安倍総理は
「安倍晋三首相(当時)は「最後の一人に至るまで、記録をチェックして、まじめにこつこつと保険料を払って頂いた皆さんの年金を正しくきっちりとお支払いしていくこと」
などと発言していますが、結局はウヤムヤになりました(4)。原子力について言えば「原子力の安全確保に万全をつくす」と言っていたようですが(5)、事故調査報告(6)(7)あるいはヒアリング記録(8)を見る限りおよそ「原子力の安全確保」に手抜きをしていました(9)。その結果、福島原発事故とゆう重大な結果をまねきました。(=^・^=)は安倍出戻り内閣がないを言っても明確な根拠がない場合には信用できません。
 横田基地に配備が決まった空軍仕様のCV22は海兵隊MV22により広い任務があるようです。その一つに敵地からの救出があるようです(10)。敵地を単独で飛行するので敵のレーダーに捕捉されないような飛行をしなくてはなりません(11)(12)。このような飛行を実現するには日頃からの訓練が欠かせないともいます。敵地は平坦な地形と限りませんので、地形変化の激しい場所での訓練が必須です。
 日本国内のオスプレイの訓練ルートの公表結果(13)をみると、米軍基地を起点にグリーン、レッド、ブルー、オレンジ、イエロー、パープルのルートがあります。
全国に広がるオスプレイ飛行ルート
 ※(14)に加筆
 図―1 オスプレイの飛行ルート

 嘉手納基地を起点とするパープル(紫)は、殆どが海上でこのルートでは起伏の富んだ陸地での訓練ができません。空軍仕様のCV-22の訓練には嘉手納基地は不向きです。横田基地の北に広がるブルー(青)のルートと地図の照合結果を以下にしめします。
横田基地に近く起伏のある地形上にあるルートブルー
 ※(13)と地図で作成
 図―2 ブルーの訓練ルート

 ルートは山間部中心で飛行訓練のルートで起伏に富み訓練場として最適です。火山湖である沼沢湖(15)やダムが5か所、北陸新幹線飯山駅などが含まれています。新幹線の駅などは人質が収容されているターゲットに丁度よさそうです。
 以下に北陸新幹線飯山駅付近のオスプレイの飛行ルートを示します。
北陸新幹線飯山駅上空を通過するオスプレイの飛行ルート
 ※(13)と地図で作成
 図―3 北陸新幹線飯山駅付近の飛行ルート

以下に沼沢湖付近のオスプレイの飛行ルートを示します。
福島・沼沢湖を通るオスプレイ飛行ルート
※(13)と地図で作成
 図ー4 沼沢湖付近のスプレイ飛行ルート

 沼沢湖は福島県金山町にあるカルデラ湖で(15)、ヒメマスが生息していますが、福島原発事故によって基準値超えのセシウムが見つかり漁の自粛が続いています(16)。
 沼沢湖周辺の方は、それでもヒメマスの稚魚の放流を続けてきました。今年(2015年)も放流したそうです(17)。
セシウムが無くなってもオスプレイで釣り人が来なくなるかもしれないヒメマスの稚魚の放流
 ※(18)をキャプチャー
 図―5 ヒメマスの稚魚を放流する福島県金山町の小学生

ここにきてセシウムの濃度が下がり出し、あと1、2年で漁の自粛が解除できるかも知れません。報道によるとオスプレイが横田基地に配備されるのは2017年なので(1)、ヒメマス漁が再び解禁される頃にオスプレイが飛んで来そうです。(=^・^=)の感覚ではオスプレイが真上を飛ぶ観光地はあまり気持ちが良くありません。ヒメマスが解禁されてもオスプレイの為に観光客は戻らずヒメマス漁自粛の間も稚魚を放流し続けた努力は報われる事なく終わりそうです。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 本記事にもある通り安倍出戻り総理は「嘘」をつくことを生業にしています(19)。これでは福島産は安全であり(20)、福島産を正しく恐れる人を「風評被害」と非難しても(21)福島の方は信用できないと思います。

5月に入り福島のアスパラガスの生産が本格化しました(22)。福島産のアスパラガスは「昼夜の寒暖差が大きいから、甘くて旨い」そうです(23)。福島県は福島県産アスパラガスは「安全」だと主張しています(24)。でも福島県福島市のスーパーのチラシには福島産アスパラガスはありません。
他県産はあっても福島産アスパラガスがない福島県福島市のスーパーのチラシ
  ※(25)を抜粋
 図―6 福島産アスパラガスが無い福島県のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)米、17年から横田にオスプレイ | 国内外ニュース | 福島民報
(2)V-22 (航空機) - Wikipedia
(3)西山事件 - Wikipedia
(4)宙に浮いた年金記録 - Wikipedia
(5)安倍晋三 - Wikipedia
(6)国会事故調 | 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会のホームページ
(7)東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会
(8)政府事故調査委員会ヒアリング記録 - 内閣官房
(9)めげ猫「タマ」の日記 福島原発事故は吉田所長の自作自演?
(10)アメリカ空軍CV-22オスプレイ3機、南スーダンで被弾
(11)戦闘機について質問です。戦闘機は低空飛行できないのですか?しないだ... - Yahoo!知恵袋
(12)シースキマー - Wikipedia
(13)http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/07oshirase/kikaku/kankyourebyu/4appendix.pdf
(14)めげ猫「タマ」の日記 要チェック!オスプレイ飛行ルート。貴方の町にに飛んでくるかも
(15)沼沢湖 - Wikipedia
(16)妖精の里 かねやま 沼沢湖
(17)ヒメマス大きく育て 児童ら稚魚10万匹放流 金山の沼沢湖で魚種存続へ | 県内ニュース | 福島民報
(18)スイッチ20150508 TUFchannel
(19)めげ猫「タマ」の日記 嘘つき安倍出戻り総理
(20)福島県産の食品の安全性について -首相官邸ホームページ-
(21)時事ドットコム:風評被害払拭へ全力=安倍首相、内堀福島知事
(22)アスパラ JA全農福島県 野菜 産地 栽培 出荷
(23)今が旬!会津のアスパラガス | うまいもんドットコム
(24)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページおよび「アスパラガス [PDFファイル/101KB]」
(25)AEON | 店舗情報 | イオン福島店
スポンサーサイト
  1. 2015/05/10(日) 19:42:50|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島第一原発汚染水(5月2週)―外洋から5週連続トリチウム― | ホーム | トラブルいっぱい福島原発(5月2週)―汚染水漏れタンクを再利用して汚染水漏れ―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1431-02f6e8ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)