FC2ブログ

めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月2週)―北海道より少ない福島のマダラのセシウム―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。7月2週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(4)。
  ①検査数1250件中20件の基準値超え(全体の2%)
  ②平均は、1キログラム当たり5.1ベクレル、最大290ベクレル(栃木県産イノシシ)。
  ③基準超の食品が栃木・福島で見つかっています。
4年以上経過しても見つかるセシウム汚染食品
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2015年7月2週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

1.北海道より少ない福島のマダラのセシウム
  北海道産のマダラの検査結果が発表になりました。そこで5、6,7月の検査結果をまとめてみました。
   ①北海道 検査25件中7件がセシウム入り
   ②福島県 検査54件中1件がセシウム入り
   ③茨城県 検査 8件中4件でセシウム入り
 北海道が実施した北海道産でも茨城県が実施した茨城産のマダラの大部分からそれなりにセシウムが見つかっていますが、福島県が実施した福島産のマダラで殆ど見つかっています。
 汚染源がある福島が低く出ています。およそ考えにくいことです。福島の検査は北海道・茨城に比べ低く出る検査です。

2.最大産地のモモは検査されていません。
 福島県福島市は福島県北部にある市です。
避難地域を除くと汚染が酷い福島市
 ※1(7)の数値データを元に(8)に示す手法で7月1日時点に換算
 ※2 放射線量は2015年7月1日時点
 図―2 福島県福島市

 図―2に示す通り避難区域を除けば福島県内でもセシウム汚染の酷い市です。一方、福島県最大のモモの産地でもあります。
 福島のモモは大部分が福島盆地産
 ※(9)を転載
 図―3 福島県のモモの生産量(2007年)

 7月1日に福島県福島市のモモの出荷が始まりました(10)。それから2週間、検査されているか心配です。これまでの厚生労働省の発表の中には(1)、今年の福島産検査結果はありません。それでも福島県は福島産モモは検査せれていて「安全」が確認されたと主張しています(12)。

3.福島市産のお米のセシウム濃度は倍増
 福島県福島市のお米から基準値(6)の倍以上の1キログラム当たり220ベクレルのセシウムが見つかったとの発表がありました(3)。以下に推移を示します。
倍増した福島市産米のセシウム濃度
 ※(1)を集計
 図―4 福島県福島市産の米のセシウム濃度

 2013年度米(2013年検査)は1キログラム当たりで
  平均  74ベクレル
  最大 110ベクレル
 ですが、2014年米は
  平均 195ベクレル
  最大 220ベクレル
 で倍以上に増えています。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・セシウム汚染が酷い産地を避けた検査で安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事もある福島産
これでは福島の方は心配だと思います。福島県のモモはバランスがとれた美味しさがあるそうです(13)。でも福島県大玉村のスーパーのチラシには福島産のモモは載ってません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県大玉村のスーパーのチラシ
 ※(14)を引用
 図―5 福島産のモモが載っていない福島県大玉村のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県大玉村の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第938報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月1週)―福島産キュウリの主産地検査はたった1件―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (CSV)」
(8)めげ猫「タマ」の日記 福島避難区域再編3年目―放射線量はこれからどうなる―
(9)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月5週)―福島主産地で桃の収穫始まる・検査結果はありませんー
(10)JA新ふくしま
(11)欠番
(12)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(13)バランスのとれたおいしさ!ふくしまのモモ! | ふくしま 新発売
(14)PLANT-5 大玉店 | SUPER CENTER PLANT
スポンサーサイト



  1. 2015/07/14(火) 19:43:44|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<福島市の2015年前半の死者数は16.4%増(対2010年)―いわき市の2.5倍― | ホーム | 福島第一原発汚染水(7月2週)―外洋から過去最高の全ベータ―>>

コメント

トマト

埼玉のこっちで福島のミニトマトを売っています。それもあのトマト製品でチョー有名な企業の名前入りで。
皆さん気お付けましょう。有名な企業の商品にも放射性物質が入っている可能性は排除できません。
  1. 2015/07/15(水) 18:19:16 |
  2. URL |
  3. 武尊43 #mWyI0ZzU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1497-d39db36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)