めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

アスパラガス 全国平均価格は2%アップ、福島産は8%ダウン

 東京中央市場の6月の価格統計が発表になりました(1)。アスパラガスについて価格を調べてみました。
  全国平均 2%アップ(2014年1215円、2015年1237円)
  福島産  8%ダウン(2014年1128円、2015年1043円)
でした。
 福島県の地方紙の福島民報社は7月23日の「【風評対策】地道な努力が実を結ぶ(7月23日)」との表題の社説で
 「原発事故以降、県産品の生産者は放射性物質対策を講じ、文字通り血のにじむような努力で、より良い商品を市場に送り出している。その成果は徐々に表れてきている。」
と論じていました(2)。本当かと思い(=^・^=)なり調べてみました。
 福島県は福島を代表する農産物の一つにアスパラガスを上げています(3)。
福島県提供の福島産アスパラガスCM
 ※(4)をキャプチャー
 図―1 福島県提供CMで福島産アスパラガスを食べて見せるTOKIO

 福島県の農協の一つのJA伊達みらいさんによると、アスパラガスの旬の時期は5,6月だそうです(5)。そこで各年5,6月のアスパラガスの価格を調べてみました。
全国価格は上がっても8%下落した福島のアスパラ価格
 ※(1)を「野菜⇒葉茎菜類⇒アスパラガス」で検索
 図―2 各年5,6月のアスパラガスの価格

 福島原発事故後に福島産を正しく恐れる方によって、福島産アスパラガスは値を下げました。そして2011年には稲わら牛問題(6)等が発覚し、福島産のセシウム汚染管理のいい加減さを露呈しました。その結果でしょうか2012年ににはもっと価格が下がっています。以下に福島産アスパラガス価格と全国平均価格の比較を示します。
全国平均比べ16%安い状態になった福島のアスパラ
 ※1 東京中央卸売市場
 ※(1)を「野菜⇒葉茎菜類⇒アスパラガス」で検索後に集計
 図―3 アスパラガスの価格比較

 2012年には福島産アスパラガスの価格は全国平均の20%減となりました。その後は回復したのですが、今年(2015年)は価格差が広がりました。
 全国平均では
  2014年1215円
  2015年1327年
で2%の価格上昇がみられますが、福島産アスパラガスは
  2014年1128円
  2015年1043円
で逆に8%下落しています。
 (=^・^=)は福島産に対する消費者に理解が進んだ結果だと思います。以下にJA伊達みらいさんは「伊達地区」を活動範囲としています(9)(10)。以下に伊達地区を示します。
 セシウム汚染の酷い福島・伊達
 ※1(7)の数値データを元に(8)に示す手法で7月1日時点に換算
 ※2 放射線量は2015年7月1日時点
 ※3 伊達地区は(10)による
 図―4 福島・伊達地区

 図に示す通り、この辺りは避難区域に隣接し避難区域を除けば福島県内でも最も汚染が酷い場所です。福島県伊達市は福島県第2位のキュウリの産地です(11)。福島のキュウリは露地物が中心です(12)。そこで、福島県が運営する福島産の検査結果の検索サイトで、福島県伊達市産のキュウリ(施設栽培を除く)について検索してたのですが(13)、検査結果が出て来ません。セシウムが心配です。キュウリの検査結果はありませんが、サクランボの検査結果があったので(=^・^=)なりに集計してみました。
5年連続でセシウムが見つかった福島・伊達のサクランボ
 ※1(14)を集計
 ※2 NDは検出限界未満を示す
 図―5 福島・伊達地区のサクランボのセシウム濃度

 基準値(15)以下ですが、確りセシウムが見つかっています。
 (=^・^=)にはもっと心配な事があります。以下に福島・伊達地区(伊達市、桑折町、国見町(10))のウメの検査結果を示します。
福島県が検査を始めたら急に値が低くなった福島・伊達地区のウメのセシウム濃度
 ※1(14)で作成
 ※2 2011年で採取日
 ※3 福島県外は概ね「日本分析センター」、福島県は「福島農業総合センター」
 図―6 福島・伊達地区のウメの検査結果(2011年)

 原発事故直後は福島県外の検査機関が検査を実施していましたが、6月下旬からは福島県農林水産部所属の福島県農業総合センター(16)が実施するようになりました。そしたら値が低くなってしまいました。福島県農業総合センターの検査は他の検査機関より低く出る検査とすれば説明可能です。そして2012年以降のサクランボの検査は全て「福島県農業総合センター」が実施しています。たとえ基準値以下だとしても、他より低く出る検査では消費者の「安心」や「信頼」は得られないと思います。
 福島の農協さんは福島産キュウリのキャンペーンを開始するようです(17)。福島県は福島産キュウリは「安全」だと主張しています(18)。でも第二位の産地の検査結果がありません。他の作物では5年連続でセシウムが見つかっています。アスパラガスと同じことにならないか(=^・^=)は心配です。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
東京で不人気な福島産、福島でも不人気なようです。福島県のモモの生産量は福島市が最大ですが(20)、JA伊達みらいさんおよび伊達果実農業協同組合(19)さんの活動範囲の伊達地区の伊達市、桑折町、国見町を合わせると福島市を超え、事実上の福島県随一のモモの産地です。JA伊達みらいさんは、自らが運営する直販所で旬のモモを買い求めるお客様が多かったとレポートしています(21)。福島・伊達はモモのシーズンです。福島・伊達のモモは美味しいそうです(22)。福島県は福島のモモは「安全」だと主張しています(18)。でも福島県伊達市のスーパーのチラシには福島産のモモはありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県伊達市のスーパーのチラシ
 ※(23)を引用
 図―7 福島産モモが載っていない福島県伊達市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県伊達市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)東京都中央卸売市場-統計情報検索
(2)【風評対策】地道な努力が実を結ぶ(7月23日) | 県内ニュース | 福島民報
(3)ニョキ!!アスパラガスのソフトクリーム(平田村) | ふくしま 新発売。
(4)TOKIO CM おいしいふくしま 「ふくしまの野菜」篇 July July
(5)アスパラガス - みらいのベジタブル - JA伊達みらいのホームページ
(6)福島県産牛肉問題に係る対応について
(7)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (CSV)」
(8)めげ猫「タマ」の日記 福島避難区域再編3年目―放射線量はこれからどうなる―
(9)伊達みらい概要 - JA伊達みらいのホームページ
(10)伊達市 (福島県) - Wikipedia
(11)キュウリ選別設備稼働 JA伊達みらい、出荷作業効率化 (福島民友新聞) - Yahoo!ニュース
(12)東京都 JA全農東京-月報 野菜情報−産地紹介−2014年5月
(13)農林水産物モニタリング情報 - ふくしま新発売。を「キュウリ」と「伊達市、桑折町、国見町」にチェックを入れて検索
(14)報道発表資料 |厚生労働省
(15)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(16)農林水産部 - 福島県ホームページ
(17)夏は東北のキュウリを 全農県本部など東京でPR | 県内ニュース | 福島民報
(18)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(19)桃の産地と生産量(収穫量)について~福島の桃・あんぽ柿(干し柿)の産直販売=大武農園
(20)伊達果実農業協同組合 - トップページ
(21)JA伊達みらいの広報担当さんはTwitterを使っています: "午前中にんめ〜べ行ったらお客様いっぱいでビックリしました‼︎店内にはあかつきがどんどん並べられていました☆旬の桃を買い求めるお客様が多かったですね(*^^*)んめ〜べは贈答用から、ご自宅用まで多数取り揃えております♡ http://t.co/m6qvhQQjsQ"
(22)【楽天市場】桃の郷・福島より産地直送。本当に甘く美味しい桃だけを厳選した伊達の蜜桃:伊達の蜜桃webshop[トップページ]
(22)ヨークベニマル/お店ガイド
スポンサーサイト
  1. 2015/07/23(木) 19:47:42|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島県県北地域の死者数は9%、会津は別(対2010年3-6月) | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(7月3週)―危険な汚染食品を垂れ流す福島県―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1506-8c3b5e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)