めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島の果物はストロンチウム90入り

 厚生労働省は福島で購入した果物をごちゃまぜにして測定したらストロンチウム90が見つかったと発表しました(1)。既にセシウムも見つかっているので(2)、福島の果物はセシウム入り兼ストロンチウム90入りです。
 福島第一原発事故によって、福島は放射性物質に汚染されました(3)。厚生労働省は食品の放射性物質濃度について基準値を設けましたが、ここにはセシウムのみしかありません。その説明として、ストロンチウム90などのセシウム以外の放射性物質はセシウムとの割合を想定して基準値を決めているので、セシウムを測定すれば「安全」は担保できるとしています(4)。
 福島では作物の放射性物質吸収をおされるべく、「放射性物質低減対策」を実施していますが、中身をみると「土壌改良材・ゼオライトと、放射性物質吸収抑制資材・けい酸加里散布」
です(5)。名前は「放射性物質低減対策」ですが、この対策で効果がみられるのはセシウムのみです(6)。実態は「セシウム低減対悪」です。するとセシウムと他の放射性物質の割合が変わるので、一定割合を想定しても意味がなくなります。福島産ではストロンチウム90等のセシウム以外の放射性物質が心配です。
 農産物のストロンチウム90検査結果を(=^・^=)はあまり見たことがありません。唯一、(=^・^=)が見つけられたのは厚生労働省は半年に1回実施するMB方式の検査です。手順は以下の通りです。
 ①スーパーに買い物に行きます。買うときはなるべく地元産の物を買うようにします。
 ②これを有色野菜や果物など13の食品群に分け、ごちゃまぜにし13個の試料を作ります。
 ③セシウムを測定してセシウムが1キログラム当たり0.5ベクレル以上の物を取り分けます。
 ④③で取り分けた物についてのみストロンチウム90を測定します。
7月31日に新たな検査結果が発表になりました(1)。福島県中通りは福島県の中でも果物の栽培が盛んな所です(7)。そこで(=^・^=)なりに集計してみました。
再びストロンチウム90が見つかった福島産果物
 ※1(1)(8)(9)(10)(11)で作成
 ※2 NDは検出限界未満をしめす。
 図―1 福島中通りの果物のストロンチウム90濃度


 最新の検査ではストロンチウム90が見つかっています(1)。福島県の検査で福島産果物からセシウムもみつかっているので(2)、福島産果物はセシウムとストロンチウム90入りです。
 前の検査ではストロンチウム90は見つかってないのに、最新の検査では見つかっているので、福島産果物のストロンチウム90濃度は上昇に転じたかもしれません。最新の検査といってもサンプリングは約1年前です。いま、どうなったはしばらく分かりません。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 厚生労働省は
 「過去の調査結果と同様でした。」
と主張しています。でも、福島産果物からは過去2年見つからなかったストロンチウム90が見つかっています。およそ「過去の調査結果と同様でした。」とは言えないと思います。
 不都合な事実は如何に客観的な事実があろうと、崇高な政策実現の為には「事実を否定する」のが安倍出戻り政治の手法だと(=^・^=)は思います。
 出戻度る前には年金問題で「最後の一人まですべての記録をチェックし、まじめに保険料を払ってきた人の受給を保障する」といっていましたが、いつのまかウヤムヤです。原発について言えば「経済産業省としては、原子炉の冷却ができない事態が生じないように安全の確保に万全を期している」と言っていますが、その後に確り原発事故が起こっています(12)。最近では憲法違反にしか見えない「集団的自衛権」を「合憲」だと言い張っています(13)。だったら、福島役人の既得権益保護(14)や東電救済とゆう(15)崇高な政策を実現する為にたとえ福島にリスクがあっても「福島は安全だ」と嘘をつくと思います。これでは福島の方は心配だと思います。
 ピーマンは、福島県田村地域でおいて生産量・販売量ともに第1位と代表の野菜です。ここのピーマンは、緑が濃く、果肉が厚いのが特徴で、やわらかく甘いと定評でだそうです(16)。8月2日に福島県田村地域のスーパーの一つの「ヨークベニマルメガステージ田村店」で「おいしい ふくしま いただきます!」キャンペーンが行われ(17)、ピーマンがプレゼントされたそうです(18)。
福島産ピーマンをプレゼントする福島県のキャンペーン
 ※(18)を引用
 図―2 「おいしい ふくしま いただきます!」キャンペーン
 
 図―2を見ると福島県田村はピーマンのシーズンのようです。福島県は福島産ピーマンは安全だと主張しています(19)。でも「ヨークベニマルメガステージ田村店」のチラシには福島産ピーマンはありません。
 他県産はあっても福島産ピーマンが無い福島県田村市のスーパーのチラシ
 ※(20)を引用
 図―3 福島産のピーマンが無い福島県田村市のスーパーのチラシ(ヨークベニマルメガステージ田村店)

当然の結果です。(=^・^=)も福島県田村市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。



―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)食品中の放射性ストロンチウム及びプルトニウムの測定結果(平成26年9・10月調査分) |報道発表資料|厚生労働省
(2)めげ猫「タマ」の日記 今年(2015年)も、福島産果樹はセシウム入り
(3)福島第一原発事故による放射性物質の拡散 - Wikipedia
(4)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(5)農作物放射性物質低減対策の取り組み - JA伊達みらいのホームページ
(6)水稲におけるゼオライトとカリ資材の放射性セシウム吸収抑制効果
(7)めげ猫「タマ」の日記 福島県について
(8)食品中の放射性ストロンチウム及びプルトニウムの測定結果(平成26年2・3月調査分) |報道発表資料|厚生労働省
(9)食品中の放射性ストロンチウム及びプルトニウムの測定結果(平成25年9・10月調査分) |報道発表資料|厚生労働省
(10)食品中の放射性ストロンチウム及びプルトニウムの測定結果(平成24年9・10月、平成25年2・3月調査分) |報道発表資料|厚生労働省
(11)食品中の放射性ストロンチウム及びプルトニウムの測定結果(平成24年2-5月調査分) |報道発表資料|厚生労働省
(12)安倍晋三 - Wikipedia
(13)安全保障法制に関するトピックス:朝日新聞デジタル
(14)めげ猫「タマ」の日記 福島県域を復興しないと役人は失業する。
(15)めげ猫「タマ」の日記 福島産食べて応援 東京電力
(16)農業協同組合 JAたむら 福島県田村 [農産物情報]
(17)「おいしい ふくしま いただきます!」キャンペーン - 福島県ホームページ
(18)(17)中の「  第2弾 8月2日(日曜日)  10時~  ヨークベニマルメガステージ田村店⇒ 開催の様子はこちら [PDFファイル/213KB]」
(19)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ中の「やさい編 [PDFファイル/184KB]」
(20)ヨークベニマル/お店ガイド
スポンサーサイト
  1. 2015/08/05(水) 19:41:21|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒロシマとフクシマを比べると | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(8月1週)―ムラソイは福島いわきは11ベクレル、北茨城は17ベクレル―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1519-99f1648a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)