めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一原発汚染水(9月3週)―外洋のストロンチウム90が一気に4倍―

 福島第一原発汚染水の9月3週(9月13日から20日)の状況を纏めてました。先週に続き(1)、過去最高濃度(新記録)の放射性物質が見つかっています
 ①外洋のストロンチウム90濃度が一気に3倍
 ②地下水バイパス井戸2カ所や山側井戸から過去最高のトリチウム
 ③護岸付近の井戸からは今週も過去最高の放射性物質
 ④福島第一原発の排水路からは法令限度を超えた汚染水は「海」へ
 ⑤タービン建屋海側の放水路の放射性物質濃度が再上昇
 ⑥サブドレイン1週間、トリチウム排出量は14億ベクレル

1.外洋のストロンチウム90濃度が一気に4倍
 外洋からストロンチウム90等の放射性物質が見つかっています。 
外洋からはストロンチウム90などの放射性物質
  ※1 (4)(5)(6)(7)で作成
  ※2  数値は1リットル当たりのベクレル数
  ※3  集計期間内の最大値
  ※4  全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質(8)
  ※5  SR90はストロンチウム90を示し、サンプリング日は8月3日
 図―1 福島第一原発近傍外洋の放射性物質濃度

 (=^・^=)が気になったのはストロンチウム90です。外洋2地点から見つかっています。以下に5,6号機放水口北側のストロンチウム90濃度を示します。
上昇する5,6号機放水口北側のストロンチウム90濃度
  ※(5)を集計
 図―2 5,6号機放水口北側のストロンチウム90濃度

 前回(7月6日)の測定では1リットル当たり0.18ベクレルでしたが、今回(8月3日)の測定では0.66ベクレルと一気に4倍になっています。もう一つ気になることがあります。もっと気になったのはこの時のセシウム137の濃度は1リットル当たり0.53ベクレル未満(検出限界未満)で(9)、値は分かりませんがセシウム137の濃度を超えています。でも厚生労働省は食品中のストロンチウム90についてセシウムに対して一定の割合を想定して基準値を設けているので検査しなくても「安全」だと主張しています(10)。

2.地下水バイパス井戸2カ所や山側井戸から過去最高のトリチウム
 地下水バイパスは、福島第一原発の汚染水対策として原子炉建屋に侵入する前の地下水を事前に汲み上げ汚染水の発生を抑えようとするものです(11)。海に流す水からは「トリチウム」が見つかっているので、(=^・^=)は立派な汚染水だと思います。東京電力は福島第一原発地下水バイパスの山側に井戸を掘って放射性物質濃度を調べています(12)(13)。また地下水バイパスからくみ上げた汚染水の濃度も井戸毎に調べています(13)。以下に放射性物質濃度を示します。
過去最高だらけの地下水バイパスと山側井戸
 ※1 (12)(13)にて作成
 ※2 数値は1リットル当たりのベクレル数
 ※3 集計期間内の最大値
 ※4 地下水バイパスNo10井戸は東電以外(第三者機関)の測定
 図―3 地下水バイパスと山側(上流井戸)の放射性物質濃度 

 このうち地下水バイパスNo3(14)、No10(第三者機関測定)(15),G-1井戸とG-2井戸(16)のトリチウムは過去最高です。またE-2井戸の全ベータはこれまで検出限界未満(ND)か1リットル当たり20ベクレル台だったので、突然の上昇です。
 この中で気になったのがG-1、G-2井戸のトリチウムです。以下に推移を示します。
 急上昇したG1,G2井戸のトリチウム
 ※(12)を集計
 図―4 G-1,G-2井戸のトリチウム濃度

 これまでも急上昇はあったのですが、ここまで上がったことはありません。
 原発事故から4年半たっても場所によっては放射能汚染が酷くなっています。

3.護岸付近の井戸からは今週も過去最高の放射性物質
 東京電力は福島第一原発の海岸付近やタービン建屋周りの井戸の地下水の放射性物質濃度を調べています(5)。以下にそこでの放射性物質濃度を示します。
高濃度の放射性物質が見つかる福島第一海岸
※1 数値は1リットル当たりのベクレル数
 ※2 集計期間内の最大値
 図―5 海岸付近の井戸の放射性物質濃度

 このうち1リットル当たりでNo1井戸の全ベータ6,000ベクレルとNo2-3井戸のトリチウム3,400ベクレルは過去最高(新記録)です(17)(18)。以下にNo2-3井戸のトリチウム質濃度を示します。
上昇のピッチを速めたNo2-3井戸のトリチウム
 ※(5)を集計
 図―6 No2-3井戸のトリチウム濃度

 これまでも上昇傾向になったのですが、上昇のペースが早まっています。
 福島第一では図―5に示す様に海岸の傍に水の流れを阻止する「海側遮水壁」の工事を進めています(19)。これまで海に流れていた汚染水は堰止められ、放置すると海岸が汚染水だらけになるので汚染水を汲みあげ、トリチウムを浄化せずに海に流すそうです(20)。福島の海のトリチウム汚染がますます酷くならないか「心配」です。

4.福島第一原発の排水路からは法令限度を超えた汚染水は「海」へ
 福島第一原発構内にには幾つもの排水路があります。
福島第一原発排水路
 ※(21)を転載
 図―7 福島第一原発内の排水路

 当然ながら福島第一構内は放射性物質で汚染されており、排水路に流れ込みます。全ベータ濃度のおよそ半分がストロンチウム90で(8)、ストロンチウム90の法令限度は1リットル当たり30ベクレルですので(2)、全ベータでみれば1リットル当たり60ベクレルになります。セシウム137の法令限度は1リットル当たり90ベクレルです。このうちK排水路とC排水路では法令限度を超えた汚染水の流れが確認されています。以下に汚染水が流れ出たC排水路の放射性物質濃度を示します。 
 K排水路では9月12日に法令限度を超える1リットル当たりで
  セシウム137 190ベクレル
  全ベータ    310ベクレル
の汚染水が流れました。その後も法令限度を超える1リットル当たり60ベクレル以上の全ベータが見つかっています(22)。C排水路では9月11日に1リットル当たり280ベクレルの全ベータが見つかりました(7)。以下にC排水路の全ベータ濃度を示します。
突然上昇し法令限度を超えたC排水路汚染水
 ※(7)を集計
 図―8 C排水路の放射性物質濃度

 C排水路でも法令限度を超える汚染水が海に流れています。東電の発表(23)を見ると排水路は遮水壁を超えて海に繋がっているので、3項に記載した「海側遮水壁」が完成しても排水路の汚染水はブロックされません。図―7に示す様のこれまでC排水路で法令限度を超える全ベータが見つかる事はあまりななっかので、これまでとは違う事態が起きているのかもしれません。
なおK排水路の放射性物質濃度については昨日(9月19日)の記事(24)に記載したのでそちらをご覧ください。


5.タービン建屋海側の放水路の放射性物質濃度が再上昇
福島第一原発のタービン建屋の海の間には地下に埋設された放水路があります。
高濃度の汚染水が溜まる排水路
 ※(25)を転載
 図―9 タービン建屋と海の間の排水路

 ここにも確り汚染水が詰まっています。以下に放射性物質濃度の推移を示します。
再上昇したA排水路の放射性物質濃度
 ※(26)で作成
 図-10 タービン建屋と海の間の排水路の放射性物質濃度

 一時は下がったのですが再び再上昇です。上昇・下降を繰り返しているので、何処から放射性物質が流入し、流出したのは確かです。名前が「排水路」なので海に繋がっているような気がします。

6.サブドレイン1週間、トリチウム排出量は14億ベクレル
  サブドレンは、原子炉やタービン建屋の直ぐ傍の井戸から地下水を汲み上げ、直接にタービン建屋周囲の水位を下げ汚染水の増加量を抑えるものです(27)(28)。9月3日に稼働しました(29)。9月14日に最初の排水をおこないました(30)(31)。今の所は排水があったに日には東電の「日報」(32)に記載されます海に捨てる汚染水の濃度も公表されいます(29)(33)。排水用×濃度の合計で環境中に排出された放射性物質量が計算できますので、累計を取ってみました。
1週間で14億ベクレルに達したサブドレインのトリチウム排出量
 ※(29)(32)(33)を集計
 図―11 サブドレンのトリチウムの累積排出量

 サブドレン開始1週間で捨てられたトリチウムの総量は約14億ベクレルになりました。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 止まる事のない福島原発の汚染水漏れ!福島の方は不安だと思います。9月も半ばを過ぎ福島のモモを終わりで、ナシのシーズンです(34)。でも、福島ではナシが値崩れを起こしているそうです(35)。
値崩れした福島のナシ
 ※(35)をキャプチャー
 図ー12 ナシの値崩れを報じる福島のローカルTV局(TUF)

福島県福島市のスーパーのチラシを見たら(36)、福島県産ナシは1個138円でしたが、他県産は2個480円(1個240円)でした。
他県産に比べ大幅に安い福島産ナシ
 ※(36)を切り貼り
 図―13 他県産に比べ大幅に安い福島産「ナシ」

福島県は福島産ナシは「安全」だと主張していますが(37)、福島の方の評価は低いようです。当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆様を見習い評価の低い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発汚染水(9月2週)―港湾内7地点で過去最高―
(2)サンプリングによる監視|東京電力
(3)報道配布資料|東京電力
(4)(2)中の「1.海水(港湾外近傍)」を8月30日に閲覧
(5)(3)中の「福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果」
(6)2015年8月14日福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(PDF 255KB)PDF
(7)(2)中の「南放水口・排水路」
(8)めげ猫「タマ」の日記 全ベータはストロンチウム90由来の放射性物質
(9)2015年9月18日福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(PDF 417KB)
(10)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(11)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発の地下水バイパスについて
(12)(2)中の「H4エリア周辺観測孔」および「H6エリア周辺観測孔」
(13)(3)中の「福島第一 地下水バイパス揚水井 分析結果 」
(14)2015年9月18日福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(PDF 417KB)
(15)2015年9月16日福島第一 地下水バイパス揚水井 No.10 分析結果(PDF 120KB)
(16)(2)中の「H6エリア周辺観測孔⇒9月19日および9月20日」
(17)2015年9月17日福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(PDF 249KB
(18)2015年9月15日福島第一港湾内、放水口付近、護岸の詳細分析結果(PDF 433KB)
(19)2015年9月9日海側遮水壁閉合作業について(PDF 519KB)
(20)サブドレン・地下水ドレンによる地下水のくみ上げ|東京電力
(21)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発―2週連続で下請けさんがケガ―
(22)2015年9月19日福島第一原子力発電所 K排水路排水口放射能分析結果(PDF 13.1KB)PDF
(23)2015年9月15日福島第一原子力発電所構内排水路のサンプリングデータについて(PDF 369KB)
(24)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(9月3週)ーサブドレン稼働2週間、汚染水の増加は加速-
(25)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発汚染水(3月3週)―2週連続で外洋からセシウム―
(26)(3)中の「福島第一原子力発電所構内1号機放水路サンプリング結果」
(27)サブドレン・地下水ドレンによる地下水のくみ上げ|東京電力
(28)めげ猫「タマ」の日記 福島第一サブドレイン汲み上げについて
(29)(コメント)福島第一原子力発電所におけるサブドレン他水処理施設の運用開始について|東京電力
(30)"2015年9月14日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(31)集水タンク・一時貯水タンクの運用状況|東京電力
(32)東北地方太平洋沖地震による当社原子力発電所への影響について|東京電力
(33)(3)中の「福島第一 サブドレン・地下水ドレン浄化水排水に関するサンプリング結果」
(34)フルーツを食す - 福島市ホームページ
(35)スイッチ20150918 TUFchannel
(36)ヨークベニマル/お店ガイド
(37)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
スポンサーサイト
  1. 2015/09/20(日) 19:42:50|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島第一原発汚染水対策について | ホーム | トラブルいっぱい福島原発(9月3週)ーサブドレン稼働2週間、汚染水の増加は加速->>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1565-6d866010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)