めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月2週)―茨城では720ベクレルのセシウム汚染食品が売られている―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。10月2週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(4)。
  ①検査数1,535件中9件の基準値超え(全体の0.5%)
  ②平均は、1キログラム当たり4・5ベクレル、最大720ベクレル(茨城県内販売サクラシメジ)。
  ③基準超の食品が茨城、栃木、山梨、静岡で見つかっています。
事故から4年7ヶ月過ぎても市場流出が続くセシウム汚染食品

   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
   ※3 茨城県は茨城県内流通品
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2015年10月2週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

1.茨城で720ベクレルのセシウム汚染食品が売られている
 茨城県で基準値の7倍の1キログラム当たり720ベクレルのサクラシメジ(キノコ)が売られていました(2)。
 ①結果が判明しのは10月6日ですが、厚生労働省が発表したのは1週間後の10月13日です。一週間もの間、危険なセシウム汚染食品が秘匿されていました。この間に知らずに買って食べた人もいると思います。
 ②茨城県のHPを見たのですが(7)、特段対策はとっていないようです。今も売られているはずです。この一月で群馬産(8)、栃木産(4)でも基準値を超えたセシウム汚染キノコが販売されましたが、該当すると思われるHP(9)(10)(11)を見たのですが、特段の処置は発表されていません。検査されているから安全と主張される方がいますが(12)、基準超が見つかっても放置されているのでこのような主張は成立しません。
 ③茨城県の湖沼の土からは最大で1キログラム当たり5000ベクレルを超えるセシウムが見つかっています(13)。茨城県は9月中旬に大変な水害に見舞われました(14)。放射性物質をたっぷり含んだ汚染土壌も流れ出した事は容易に想像がつきます。以下に茨城のキノコのセシウム濃度を示します。
鬼怒川決壊後に上昇した茨城のキノコのセシウム濃度
 ※1(1)を集計
 ※2 日付は採取日または購入日
 図―2 茨城のキノコのセシウム濃度

 鬼怒川が決壊した9月10日(15)以降にセシウム濃度が急上昇してるように見えます。福島でも除染で出た汚染物が流れ出しました(16)。大丈夫ですかね?

2.宮城93%、福島20%のスズキのセシウム検出割合
 以下に今年6月以降の宮城県が検査した宮城産スズキと福島県が検査した福島産スズキのセシウム濃度を示します。
宮城より低く出る福島産スズキの検査結果
 ※1(1)を集計
 ※2 日付は採取日
 ※3 NDは検出限界未満を示す
 図―3 福島産(福島県検査)と宮城産(宮城県検査)のスズキのセシウム濃度

 (=^・^=)目には、福島が低く見えます。検査結果を集計すると
  宮城産(宮城県検査) 検査45件中43件でセシウム入り(93%)
  福島産(福島県検査) 検査15件中 3件でセシウム入り(20%)
で、宮城の方がはるかに高い割合でセシウムが見つかっています。こんな事が偶然に起こる確率を計算したら0.5%でした。本来であれば汚染源がある福島が高くなくてはいけません。どちらかの検査が間違っています。福島県の検査は福島農業総合センターが言ってに実施していますが、宮城県は幾つもの検査機関で実施しています。以下に宮城県の検査機関毎の検査結果を示します。
検査機関が違っても同じ結果が出る宮城のスズキの検査結果
 ※1(1)を集計
 ※2 日付は採取日
 ※3 NDは検出限界未満を示す
 ※4 検査機関は以下の通り
A:宮城県
B:(株)静環検査センター
C:(公財)海洋生物環境研究所
D:(財)日本食品分析センター
E:(財)日本冷凍食品検査協会
F:(社)日本海事検定協会
G:東北緑化環境保全(株)
 図-4 宮城県のスズキの検査結果(検査機関毎)

 どの検査機関もほぼ同じような値を出しています。当たり前の話ですが、正しい検査機関が違っても同じ物を測れば同じように出ます。これだけの検査機関が同じように間違うとは考えられないので、宮城県の検査は正しい検査と言えます。福島県の検査は他より低く出るデタラメな検査です。この検査で福島産は安全とされ「出荷」されます。

 以下に偶然に起こる確率の検査結果を示します。
 
 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事による(17)
有意差検定表

3.福島県本宮産シイタケのセシウム濃度は上昇中!
 福島県本宮市は福島県中部にある市で、航空機モニタリング(18)でみると原発事故から4年7ヶ月経ってもほぼすべて国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えています(19)。
全域で除染が必要な福島県本宮市
  ※(18)の数値データを元に(20)に示す手法で10月1日時点に換算
 図―5 福島県本宮市

 以下に本宮市産原木シイタケ(施設栽培)のセシウム濃度を示します。
上昇が続く福島県本宮市産シイタケのセシウム濃度
 ※1(1)を集計
 ※2 日付は採取日
 ※3 NDは検出限界未満を示す
 図―6 本宮市産原木シイタケ(施設栽培)のセシウム濃度

 2012年以降を見ると上昇傾向を示しています。福島産には上昇傾向を示すものもあるので、去年が基準値以下でも今年も基準値以下との保証はありません。


<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 ・放射性汚染物が流出する福島
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事もある福島産
これでは福島の方は心配だと思います。福島では生まれて来る赤ちゃんの男女の割合が逆転したり(21)、県北地方を中心に死者数(葬式)が増える事態も起きています。
 福島では10月も中旬になりリンゴ狩りが楽しめる見たいです(22)。福島は実りの秋です。福島県はリンゴを含め福島産は「安全」だと主張しています(23)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産はありません。
他県産はあっても福島産が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(25)を引用
 図―7 福島産が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県いわき市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第951報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月1週)―基準超え栃木産が売られている―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)県内農産物・畜産物・水産物等への影響 2015年/茨城県
(8)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(9月3週)―410ベクレルの群馬産セシウム汚染キノコが市場に流出、10日間発表しません―
(9)群馬県 - 農政部
(10)群馬県 - 報道提供資料
(11)栃木県/野生きのこ、山菜(野生)、野草類の検査結果
(12)栃木県/放射能に関する農林水産物の安全性確認状況
(13)霞ヶ浦流入河川等の放射性物質モニタリング調査(第4回)及び県管理ダム湖の放射性物質モニタリング調査(第1回)結果/茨城県
(14)被災等に関する情報/茨城県
(15)鬼怒川決壊、関東各地で豪雨被害:朝日新聞デジタル
(16)除染廃棄物314袋が流出、うち3袋破れる 福島・飯舘:朝日新聞デジタル
(17)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(18)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (CSV)」
(19)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(20)めげ猫「タマ」の日記 福島避難区域再編3年目―放射線量はこれからどうなる―
(21)めげ猫「タマ」の日記 3ヶ月連続で女の子が多く生まれる福島県
(22)めげ猫「タマ」の日記 福島県県北地域の死者数は8%増、会津は別(対2010年3-8月)
(23)福島 りんご狩り特集 | 一般社団法人 福島市観光コンベンション協会公式ページ こらんしょふくしま
(24)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(25)平尼子店 | マルト - 店舗情報
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2015/10/14(水) 19:49:12|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島市の死者数13%増(対2010年1-9月)、会津は別 | ホーム | 北海道新幹線、東京―新函館北斗間22,690円―誰が乗るの?―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1590-37ef80a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)