めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月3週)―福島産イチジクから31ベクレル、福島県の検査は38件全てND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。7月2週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(4)。
  ①検査数1,497件
  ②平均は、1キログラム当たり1.4ベクレル、最大97ベクレル(岩手県産クマ)。
  ③基準超の食品は見つかってはいませんが、安心できないと思います。

1.福島産イチジクから31ベクレル、福島県の検査は38件全てND
 国立医薬品食品衛生研究所の検査で福島産イチジクから1キログラム当たり31ベクレルのセシウムが見つかりました。でも2015年の福島県が実施した検査結果を見たら38件全てで検出限界未満(ND:見つからない事)でした。国立医薬品食品衛生研究所の福島産イチジク検査は2011年以降で1件です(1)。どちらかの検査が間違っています。
 福島原発事故後に福島県産牛肉では福島県の県産では基準超が見つからないのに、福島県外で検査すると大幅な基準越えが見つかる不思議な現象が起きました(6)。
消費地に比べ低く出た福島県の牛肉検査結果
 ※(1)を集計
 図ー1 福島産牛肉の検査結果

 どう見ても、福島県の検査が他より低く出ているようにしか見えません。この点についての説明はまったくなされていません。福島産は他より低くでる検査で「安全」とされ出荷されています。


2.福島県西郷村産米から基準超のセシウム
 福島県西郷村は福島県の南の栃木県に接する村で、TOKIKOが作るラーメンにつかう「麦」が栽培されています(9)。
広い地域で除染が必要な福島県
 ※1(9)の数値データを元に(10)に示す手法で10月1日時点に換算
  ※2 避難区域は(11)による。
 図―2 福島県西郷村と矢祭町

 図に示す通り西郷村でもは原発事故から4年7ヶ月経っても国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(12)を広い地域で超えています。
 福島県は10月19日に2015年に西郷村で生産された玄米の表面から、を超える放射性セシウムが検出されたと発表したそうです。農家が16日、村の検査場に持ち込んだ104袋のうち、2袋が基準値を上回った。玄米の表面を洗浄すると22~27ベクレルまで下がったとのことです(12)。
 福島県の説明では詳細検査の基準値(1キロ当たり60ベクレル)を超えた米は、精密検査に回すことになっていますが(13)、福島県の発表を見ると該当するデータはなく、なんの説明もなく洗浄後の1キログラム当たり22と27ベクレルの結果をHPに載せています(14)。通常とことなる過程を経て検査した結果なのですから、そことは明記しないと「嘘」発表になります。
 最初の検査が16日で、福島県の発表は19日で3日も他っています。消費者の安全を最優先に考えるならまずは一報を出すべきですが、そのような事はしていません。この間にセシウム汚染米隠しを画策したと思われてもしかたがないと思います。
 10月19日に福島県がHPに掲載した検査結果(14)は「洗浄」した旨の記載が無いので明確な「嘘」データです。福島県は嘘のデータを発表をして福島産の安全を主張します。
 

3.矢祭町のシイタケのセシウムは上昇中
 図ー2に示す様に福島県矢祭町は福島県南部茨城県に隣接する町です。以下に矢祭町の原木シイタケ(施設栽培)のセシウム濃度を示します。
上昇が続く矢祭町産シイタケのセシウム濃度
 ※(1)を集計
 図―3 矢祭町の原木シイタケ(施設栽培)のセシウム濃度

 どんどん上昇しています。福島産のセシウム濃度は上昇することもあり、基準値以下だから安全だったとしても明日は分かりません。


<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・嘘のデータで安全が主張される福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事もある福島産
 これでは福島の方は不安だと思います。まして福島県郡山市や福島市では葬式(死者数)が増え(15)(16)、生まれて来る赤ちゃんの男女の比率が逆転しています(17)。
 福島県は夏秋キュウリの日本一の産地です(18)。10月中は楽しめそうです(19)。福島県はキュウリを含め福島産は「安全」だと主張しています(20)。でも福島県西郷村のスーパーのチラシにはキュウリを含め福島産がありません。
他県産はあっても福島産が無い福島県西郷村のスーパーのチラシ
 ※(21)を引用
 図―4 福島産が無い福島県西郷村のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県西郷村の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第952報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(5)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(6)農林水産省/東日本大震災について~牛肉・稲わらからのセシウム検出に対する新たな対策について~
(7)【鉄腕DASH】TOKIOが福島で小麦を育てる!への反応(応援編) - Togetterまとめ
(8)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (CSV)
(9)めげ猫「タマ」の日記 福島避難区域再編3年目―放射線量はこれからどうなる―
(10)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(11)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(12)福島・西郷産玄米 基準超セシウム10月20日 河北新報
(13)全量全袋検査の流れや測定機器 - 福島県ホームページ
(14)農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】 - 福島県ホームページ中の「平成27年10月19日公表:米(H27.10.19採取分) [PDFファイル/57KB]」
(15)めげ猫「タマ」の日記 福島市の死者数13%増(対2010年1-9月)、会津は別
(16)めげ猫「タマ」の日記 福島県郡山市の死者数は9.2%増(対2010年3-9月)、でも会津は別
(17)めげ猫「タマ」の日記 3ヶ月連続で女の子が多く生まれる福島県
(18)福島県・福島市|なるほど統計学園
(19)福島県 すかがわ岩瀬農業協同組合 (きゅうり)~「パリッと新鮮でおいしい 岩瀬きゅうり」~ 月報 野菜情報-産地紹介-2010年9月
(20)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(21)AEON | 店舗情報 | イオン白河西郷店
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2015/10/20(火) 19:42:06|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「福島米」避けていきいき健康生活―福島産米を避けた場所では葬式が減ったー | ホーム | 北海道新幹線は1日5000人?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1596-ff1f25de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)