めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島県県北地域の死者数は9%増、会津は0(対2010年3-9月)

福島県の9月中の人口動態が発表になったので(1)、各年3-9月の福島県内の死者の集計しました。
 ①福島県内でも汚染の酷い県北地域
  原発事故前年(2010年3-9月) 2、962人
  原発事故5年目(2015年3-9月)3、219人
で9%増で、偶然に起こる確率は0.1%で偶然とは思えません。
 ②福島県内では汚染が県北に比べれば汚染の少ない会津地域
  原発事故前年(2010年3-9月) 2,302人
  原発事故5年目(2015年3-9月)2、298人
で少し減っていますが、統計的な差はありません。
 福島県は福島県を7つの地域に分けています(1)。このうち避難地域が広がる相双を除く6つの地域について各年の死者数を集計してみました。ただし人口15万人以下の県南と南会津は統計的なばらつきを抑えるため、それぞれ県中および会津と合わせて集計しました。なお一般に会津と言えば南会津も含めます(2)。
避難地域を除けば福島県内でも汚染が酷い福島県県北地域
 ※1(3)の数値データを元に(4)に示す手法で10月1日時点に換算
 ※2 地域区分は(1)による。ただし県中・県南は県中南に会津、南会津は会津に統合
 ※3 避難区域は(5)による
 図―1 福島県の地域分け

 避難地域を除けば県北地方を中心に国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト以上(6)の地域が広がっています。図―1において汚染は相双地区で酷いのですが、被ばく線量は県北地区で高くなっています。これは相双地区の方が早めに避難した成果だと思います。また会津地域の被ばく線量も低くなっていますが、これは会津が福島県内では汚染が少ないためと思えます。
 以下に各年3-9月の県北地域の死者数を示します。
原発事故後、死者数が増加している福島県県北地域
 ※1(1)を集計
 ※2 震災犠牲者は(7)による
 図―2 県北地域の死者数の推移(各年3-9月)

  原発事故前年(2010年3-9月) 2、962人
  原発事故5年目(2015年3-9月)3、219人
で9%増で、偶然に起こる確率は0.1%で偶然とは思えません。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(8)による。
有意差検定表

以下に各年3-9月の会津の死者数を示します。
死者数が増えていない会津地方
 ※1(1)を集計
 ※2 震災犠牲者は(7)による
 図―3 会津の死者数の推移(各年3-9月)

  原発事故前年(2010年3-9月) 2,302人
  原発事故5年目(2015年3-9月)2、298人
で少し減っていますが、統計的な差はありません。
 以下に福島県が実施している原発事故から4ヶ月(2011年3月11日~7月10日)の間の被ばく線量調査(9)でICRPが公衆の被ばく限度とする年1ミリシーベルト(10)を超えた方の割合と死者数(葬式)の増加率を示します。
被ばく線量が高いほど死者数(葬式)が増えている福島県
 ※(1)(9)を集計
 図―4 2010年3-9月に対する2015年3-9月の死者数の増減

 福島県内でも汚染が酷い県北地方では有意に死者数が増え、県北地方に比べれば汚染が少ない会津では死者数は増えていません。これは明確な事実です。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 こんんだデータがあっては福島の方は不安だと思います。まして福島では射線量が高いために全村避難している福島県葛尾村では女の子しか生まれないとの現象も起きています(11)。
 福島県県北地方に位置する福島県二本松市では菊人形展が開かれています(12)。(=^・^=)も行ってみたいのですが、やっぱり不安です。そこで二本松市の皆様はどう考えているか興味のあるところです。
 福島県はいま福島産米のテレビCMを流しています(13)。福島は新米の季節のようです。福島県二本松市のお米の全袋検査数は22万件を超えました。(14)。福島県は福島産は「安全」であり避ける行為を「風評被害」と批難しておます(15)。でも、福島県二本松市のスーパーのチラシには米を含め福島産はありません。
他県産はあっても福島産が無い福島県二本松市のスーパーのチラシ
 ※(16)を引用
 図―5 福島産が無い福島県二本松市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県二本松市の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島県の推計人口(平成27年10月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(2)会津 - Wikipedia
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (CSV)」
(4)めげ猫「タマ」の日記 福島避難区域再編3年目―放射線量はこれからどうなる―
(5)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(7)震災・復興 - 福島県ホームページ中の「2015年7月24日更新平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報」
(8)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(9)第19 回福島県「県民健康調査」検討委員会(平成27年5月18日開催) - 福島県ホームページ
(10)ICRP: ICRP Publication 103
(11)めげ猫「タマ」の日記 女の子しか生まれない全村避難の福島県葛尾村
(12)一般財団法人 二本松菊栄会/二本松の菊人形
(13)TVCM(ふくしまプライド。「お米 15秒」篇) | ふくしま 新発売。
(14)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報
(15)「おいしい ふくしま いただきます!」キャンペーン - 福島県ホームページ
(16)店舗・チラシ検索|ベイシア beisia 豊かな暮らしのパートナー
スポンサーサイト
  1. 2015/10/29(木) 19:44:17|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<福島・公設スーパーは大幅遅れ | ホーム | NHKの嘘報道―海側遮水壁で汚染流出問題は解決?―>>

コメント

滔々パンデミックが始まっちまった、、。
しかし福島県の人間は気付いていない、、。
いや、国民全体で知ったのはほんの一握り、、。
それにしても9%上昇ってのは、相当ヤバイ!

何時も有難う御座いますm(。。)m
 でも栃木の米ねェ、、って気持ちが有るんだけど(悲)
  1. 2015/10/29(木) 20:46:20 |
  2. URL |
  3. 武尊43 #mWyI0ZzU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1606-c22bc2ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)