めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島県知事1年目の功罪

 福島県内堀知事が2014年11月12日に就任してから今日(11月12日)で1周年になります。(=^・^=)なりに評価すると
 ・福島県政の基本は決断しない事
 ・風評被害対策は「福島県外」中心
 ・少子高齢化対策はナンパから
といった感じです。

1.福島県知事では異例の経歴
 福島県知事が民選になってから福島県外出身者では二人目ですが、1人目の石原幹市郎氏は官選知事(1945年4月25日~1947年3月14日)を務めたあと、選挙で知事に選ばれ1947年4月12日~1949年11月30日を務めたので、最初から知事に選ばれた福島県外出身者の知事としては現知事が初めてです。また現知事は
 総務省⇒福島県庁⇒県知事
になられましたが(3)、前述の石原幹市郎氏を除き政治家(概ね福島地方区の参議院議員)から知事に転身されています(1)。

2.福島県は6つ、県政の基本は決断しない事
 (=^・^=)は福島県は6つだと思っています。原発事故前は4つでしたが(4)、原発事故によって人が住めない避難区域(5)が生まれ、交通が遮断されたので沿岸部が2つに分けらたと思います。
原発事故によって4つから6つに細分化された福島県
 ※1(6)の数値データを元に(7)に示す手法で11月1日時点に換算
 ※2 避難区域・旧避難区域は(5)による
 図―1 (=^・^=)が考える福島県の地域分割

 図に示す通り原発事故から4年8ヶ月経た今も国が除染を必要とする毎時0.23マイクロシーベルト(8)を広い地域で超えています。ただ汚染の度合いは地域で大きく違います。中通り北部は西側の一部を除けばほとんどが除染が必要なレベルです。西側は奥羽山脈なので(9)、人が住む場所は概ね今も除染が必要なレベルです。一方で会津地方は絶対に安全かと言えばクマ、キノコなどの出荷制限も継続しており(10)疑問はありますが、少なくとも県北地域よりマシです。地域で汚染状況や避難状況が違えば復興に対する要求にも地域差が出て来ると思います。
 福島県の2014年度の予算額は2兆2413億円でしたが決算額(歳出)は1兆9650億円で(11)予算の10%以上を使うことができませんでした。特に酷いのが災害復旧費で予算1,275億円に対し決算は589億円で半分以上が使え切れません。また土木費も予算2,210億円に対し決算は1,561億円で(11)約30%が使い切れていません。
 以下に福島県の予算・決算額を示します。
原発事故で激増した福島県の予算・決算
 ※1(12)にて作成
 ※2 2014年までは決算(歳出)、2015年は9月補正予算まで
 図―2 福島県の予算・決算額

 福島原発事故後に急膨張しています。福島県には原発事故によってやらなければならないことが山積みになった結果だと思いますが、これだけ急膨張したらこれをすべて実行できるとは思えません。それが予算に比べて決算が少なくなったと結果だと思います。福島県の復興事業のうちどれを実施するかを決めるのは福島県でなく業者さんです。業者さんが受注した復興事業は実施されますが、受注を拒否された事業は実行されません。それだったら、予算規模を業者さんが受注できる規模まで減額し、優先度の高いものから確実に実施すればよいと(=^・^=)等は思うのでですが、そのような事はありません。福島からの報道によると、福島県知事は
「復興の実現には財源確保が必要不可欠。引き続き国に訴える。特に避難地域の帰還環境の整備、産業基盤の再構築に全力で取り組む。何より大切なのは復興を前に進めたいという県民の強い願いを形にしていくことだ」
と発言されたそうです(13)。使えるか分からなくともとにかく「予算」は確保する。あとは業者さんまかせって感じです。
 福島復興の課題の一つに放射性廃棄物の処分問題があると思います。今(11月12日時点)、福島県議会選挙が行われていますが、候補者65人中32人が復興の最優先課題として、「中間貯蔵施設の用地確保」を挙げています(14)。除染で出た放射性廃棄物は中間貯蔵施設にとりあえず保管((=^・^=)は永久に保管になると思っていますが・・)することが決まっており(15)、双葉町・大熊町が受け入れを決めています(16)。福島の放射性物質廃棄物にはこの他に焼却灰や汚泥等の指定廃棄物があります(17)。国の計画では福島県冨岡町と楢葉町の境界付近の富岡町側にあるフクシマエコテッククリーンセンターで最終処分をする計画です。
常磐道が傍にあるフクシマエコテッククリーンセンター
 ※ Google Mapに加筆
 図―3 フクシマエコテッククリーンセンターの周辺

 これについて
  ・これ以上の負担は受け入れらないと拒否する。
  ・中間貯蔵施設への集約を要求する。
  ・条件付きで受け入れる
等の選択肢がありそうですが、福島県知事は決断していません。10月8日に環境大臣と会った際には
 「市町村や住民とコミュニケーションを取り、いい形で環境回復を進めてほしい」
 と話したそうです(18)。表向きは富岡町や楢葉町が決断するまでは動く気はなさそうです。冨岡町も楢葉町もなかなか決断はできないと思います。富岡町は早ければ2017年4月には帰還を開始したいようですし(19)、楢葉町は9月5日に避難指示が解除されたばかりです(20)。フクシマエコテッククリーンセンターを受け入れては住民の不安を駆り立て帰還に妨げになります。一方で、近隣の大熊町や双葉町は中間貯蔵施設を受け入れているので双葉町と大熊町だけに負担をかける訳にはいかないとの思もあるはずです。
 このような県政になったのは、利害が対立する問題を関係者の了解なしに決断すると、事態が逆に悪化して福島県域復興の遅らせるとの判断があるとは思いますが、「県政の基本は決断しない事」で調整と予算獲得が知事の仕事だと思っているようです。


2.風評被害対策は「福島県外」中心
 福島産を避ける行為については福島県内でも賛否両論があると思います。福島市が2014年に市民を対象にした調査では【家族に対して】の内部被ばくによる健康不安について8割以上の方が「大いに不安である」ないしは「やや不安である」と回答しています(21)。一方、福島県は福島産は「安全」であり、福島産を避ける行為は「風評被害」としています(22)。そこで福島県知事も福島産の風評被害を払しょくすべくPRイベント等の出ているようです。2014年10回(23)、15年6回(24)PRイベントに出ていますが、全て福島県外です。
 福島産が安全かどうかは福島の方の中でも意見が分かれているようです。もし福島県知事が福島県内で福島産は安全、福島を避けるのは「風評被害」とPRしたら物議をかましそうですが、福島県外で売れるならそれだけ福島県民の福島産リスクは低下するので反対する人はいないと思います。ただPRが効果を上げているかは疑問です。モモの出荷量は山梨県が第一位で、福島県が二位です。この二県で日本のモモの半分以上を出荷します(25)。以下に山梨と福島のモモ価格を示します。
今年も低迷した福島のモモ価格
 ※(26)を転載
 図―4 福島産と山梨産のモモ価格

 原発事故後にひらいた山梨産との価格差は開いたままです。それどころか
  2014年 △156円
  2015年 △158円
で(26)、現知事になってから価格差が僅かですが広がっています。同じ事がいちご(27)、サクランボ(28)、ナシ(29)でも起こっています。いまはリンゴがシーズンですが(30)、リンゴも同じ事になると思います。

3.少子高齢化対策はナンパから
 福島県知事は就任1周年のインタビューで
「本県は人口減少が全国で最も厳しい状況にある。復興と合わせて地方創生を進めていくことが最重要課題といっても過言ではない。策定する県の総合戦略に基づき、新産業を担う人材育成や若者の地元定着などに取り組む」
と語られています。少子高齢化対策は急務のようです。以下に福島県の2015年3月から9月の社会的動態(転入者―転出者)を示します。
20代前半女性が逃げて行く福島県
※(31)を集計
 図―5 原発事故後5年目3から9月の社会的動態

 中年男は増えているのですが、20代前半の女性は大幅に減っています。以下に20代前半の社会的増減を示します。
20代女性の脱出が止まらない福島県
 ※(31)を集計
 図―6 各年3から9月の20代前半の社会的動態

 男性の減少はだいぶ収まった感じはありますが、女性の減少は収まりません。このままでは福島は男だけになりカップルが誕生しません。
 福島県知事は思い切った手に出ました。2015年8月5日に開かれた女子大との地域交流会に知事自らが出席されたそうです(32)。これは(=^・^=)の想像ですが、この機会に福島に興味を持っていただっき、将来は福島定住につながればととの行動だと思います。福島の少子高齢化対策は福島県外の若い女性を福島に連れ込むナンパ政策からのような気がします。
 この試みは成果があったようです。知事が参加されたイベントではありませんが、他のイベントで福島を訪れた女子大生が福島に興味を持ち移住したそうです(33)。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
福島県県知事の1年を見ていると福島県民の放射能に対する不安は取り除けなかったと思います。仕方がないことです。福島県が福島産は安全だとする根拠になっている福島県の検査は(34)おかしなところが多々あります(35)。福島産米を避けている方が半数以下の福島県郡山市では葬式(死者数)が有意に増えていますが、8割近くが避けている相馬や南相馬市ではそのような事はありません(36)。

 福島県は福島産米のCMを流しています(37)。福島県鏡石町あたりは日本有数の米どころで、阿武隈川流域の肥よくな大地と奥羽山系・阿武隈山系の豊かな清流に恵まれ、米づくりには理想的な環境です。この恵まれた環境で「米作りの達人」が心をこめて作ったおいしいお米ができます(38)。鏡石町は毎年のように田んぼアートを作っていますが、今年の稲刈りが終了したそうです(39)。福島県鏡石町産米の全袋検査数は12万件を超えました。(40)。鏡石町では田んぼアートは終りましたが、その代わり美味しい新米が採れたようです。福島県は米も含め福島産は安全だと主張しています(22)。でも福島県鏡石町のスーパーのチラシには米を含め福島産はありません。
他県産はあっても福島産が無い福島県鏡石町のスーパーのチラシ
 ※(41)を引用
 図―7 福島産が無い福島県鏡石町のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県鏡石町の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島県知事一覧 - Wikipedia
(2)石原幹市郎 - Wikipedia
(3)内堀雅雄 - Wikipedia
(4)めげ猫「タマ」の日記 福島県について
(5)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (CSV)」
(7)めげ猫「タマ」の日記 福島避難区域再編3年目―放射線量はこれからどうなる―
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)奥羽山脈 - Wikipedia
(10)食品中の放射性物質の検査結果について(第955報) |報道発表資料|厚生労働省
(11)決算関係資料 - 福島県ホームページ中の「26年度決算関係資料⇒•予算執行説明資料 [PDF 2.13MB] 」
(12)予算・決算 財政構造改革プログラム 中期財政見通しをお知らせします。 - 福島県ホームページ
(13)復興実感に全力 就任1年 内堀雅雄知事に聞く | 県内ニュース | 福島民報
(14)県議選 立候補65人本社アンケート 「中間貯蔵用地」が最多 | 県内ニュース | 福島民報
(15)中間貯蔵施設について|除染で取り除いた土壌等の管理|除染情報サイト:環境省
(16)中間貯蔵施設に係わるこれまでの動き|中間貯蔵施設情報サイト:環境省
(17)福島県内の指定廃棄物について|福島県における取組み|放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト|環境省
(18)処分に向けた取組み|福島県における取組み|放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト|環境省
(19)帰還計画、年度内に協議 外部委員の検討委設置 富岡町 | 東日本大震災 | 福島民報
(20)避難指示解除に係る町長メッセージ|楢葉町公式ホームページ
(21)「第2回放射能に関する市民意識調査」の結果をお知らせします - 福島市ホームページ
(22)「おいしい ふくしま いただきます!」キャンペーン - 福島県ホームページ
(23)平成26年度 トップセールス・国内外への訪問 - 福島県ホームページ
(24)平成27年度 トップセールス・国内外への訪問 - 福島県ホームページ
(25)都道府県別桃(もも)収穫量ランキング | 日本一・ランキング 2014
(26)めげ猫「タマ」の日記 今年(2015年)も低迷、福島モモ価格、山梨との価格差広がる
(27)めげ猫「タマ」の日記 福島のイチゴは3%下落、でも全国平均は11%上昇―当然の結果です―
(28)めげ猫「タマ」の日記 福島・サクランボ価格、2年連続山形に及ばず
(29)めげ猫「タマ」の日記 今年も低迷・福島ナシ価格(8,9月)・全国との価格差は広がる。当然の結果です。
(30)「福島Uりんご」選手が収穫石川 風評払拭へアシスト | 県内ニュース | 福島民報
(31)福島県の推計人口(平成27年10月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(32)知事の動き(平成27年8月) - 福島県ホームページ
(33)原発事故で陶芸家離散…窯継承へ女子大生奮闘 河北新報 2015年11月08日
(34)ふくしま復興のあゆみ  - 福島県ホームページ中の「・ 第12版 平成27年 8月 3日発行 [PDFファイル/7.32MB] 」
(35)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(11月2週)―福島・リンゴ主産地の検査は1件、福島県は「検査されていて安全」―
(36)めげ猫「タマ」の日記 福島県郡山市の死者数は10.2%増(対2010年3-10月)、でも相馬・南相馬市は別
(37)TVCM(ふくしまプライド。「お米 15秒」篇) | ふくしま 新発売。
(38)めげ猫「タマ」の日記 - FC2 BLOG 管理ページ
(39)かがみいし2015田んぼアート|鏡石町公式ホームページ[福島県]
(40)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報を11月12日に閲覧
(41)イオンスーパーセンター | ネットチラシ

スポンサーサイト
  1. 2015/11/12(木) 19:44:13|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<全国上昇、福島産は下落、今年年9月のリンゴ価格、当然です。 | ホーム | 福島県郡山市の死者数は10.2%増(対2010年3-10月)、でも相馬・南相馬市は別>>

コメント

移住した女子大生。
「知らぬは娘だけよのぅ、、。ウハァハァ!」
「お代官様もお人が悪い、、。ウヒィウヒィィィ、、。」
「で、帥には幾ら入るのじゃ?そこからワシにはどれだけ融通できるのじゃぁ?」
「お任せ下さいませ。」
胡剖剖剖、、。ウハァハァ、、。
  1. 2015/11/12(木) 21:03:03 |
  2. URL |
  3. 武尊43 #mWyI0ZzU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1621-68afc2dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)