めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島市の死者数8.3%増(対2010年3-10月)、会津は別

 福島県福島市の9月中の人口動態が発表になりました(1)。3-10月の死者数を集計したら
 原発事故前年(2010年) 1,794名
 原発事故5年目(2015年)1,942名
で8.3%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら1.5%なので、偶然とは思えません。
 同じ福島県内でも会津地方の3-9月の死者数を集計したら
 原発事故前年(2010年) 2,302名
 原発事故5年目(2015年)2,298名
で少し減っていますが、統計的な差はありません。
 福島県福島市では鼻血は知りませんが(2)、葬式(死者数)は確実に増えています。
福島県福島市は福島県内陸の北部にある市です。
 広範囲で今も除染が必要な福島市、そうでもない会津
 ※1(3)の数値データを元に(4)に示す手法で11月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(5)による
 ※3 会津地方は(6)にいる。
 図―1 福島県福島市と会津地方

 図に示す通り原発事故から4年8ヶ月以上過ぎた今も国が除染が必要とする毎時0.23マイクロシーベルト(7)を広い地域で超えています。
 果物作りが盛んな市で、もも、りんご、なし、さくらんぼ、ぶどう等で福島県随一の生産量を誇ります(8)。でも検査が十分に実施されているかと言えば(=^・^=)は疑問に思っています。今がシーズンのリンゴ(9)の検査はたった1件ですが(10)(11)、それでも福島県は「検査されていて安全」だと主張しています(12)。しかも福島県の検査そのもに(=^・^=)は疑義をもっています。福島現漁連の検査では福島県いわき市沖でとれたヤナギダコから1キログラム当たり16ベクレルのセシウムが見つかっていますが、福島県の検査では254件連続して検出限界未満(ND:セシウムが見つからない事)です。
 これでは何か異常が起きないか気になります。10月中の福島市の人口動態が発表になったので、各年3-10月の死者数を纏めてみました。
原発事故後に増え続ける福島市の死者数
 ※(1)を集計
 図―2 福島市の死者数

 福島原発事故以降に死者数が増えています。3-10月の死者数を集計したら
 原発事故前年(2010年) 1,794名
 原発事故5年目(2015年)1,942名
で8.3%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら1.5%なので、偶然とは思えません。
 同じ福島県内でも福島市にくらべれば放射能汚染が少ない会津地方の3-9月の死者数を福島県の発表(14)を元に集計したら
 原発事故前年(2010年) 2,302名
 原発事故5年目(2015年)2,298名
で少し減っていますが、統計的な差はありません。
 福島県福島市では鼻血は知りませんが(2)、葬式(死者数)は確実に増えています。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表ー1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(15)による。
有意差検定表

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
このようなデータが出てくると、福島の方は不安だと思います。福島県は福島産米のCMを流しています(16)。福島県郡山市のお米は「あさか舞」と言いて安全でおいしいそうです(17)。福島県郡山市産米の全袋検査数は116万件を超え(18)、福島県随一です。福島は実りの秋、そして新米の季節です。でも福島県郡山市のスーパーのチラシには福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(19)を引用
 図ー3 福島産米が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県郡山市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)推計人口 - 福島市ホームページ
(2)神戸新聞NEXT|医療ニュース|福島の鼻血「内部被ばくか ...2014/07/14
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (CSV)」
(4)めげ猫「タマ」の日記 福島避難区域再編3年目―放射線量はこれからどうなる―
(5)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)福島県 - Wikipedia
(7)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(8)くだものづくりがさかんな福島盆地
(9)食べ頃カレンダー
(10)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(11月2週)―福島・リンゴ主産地の検査は1件、福島県は「検査されていて安全」―
(11)農林水産物モニタリング情報 - ふくしま新発売。
(12)「おいしい ふくしま いただきます!」キャンペーン - 福島県ホームページ
(13)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(11月1週)―福島いわき・ヤナギダコから16ベクレル、福島県の検査は254件連続ND
(14)福島県の推計人口(平成27年10月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(15)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(16)TVCM(ふくしまプライド。「お米 15秒」篇) | ふくしま 新発売。
(17)郡山の味自慢「あさか舞」/郡山市
(18)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報を11月16日に閲覧
(19)2015年11月15日(日)〜11月18日(水)までの鎌倉屋折込チラシ
スポンサーサイト
  1. 2015/11/16(月) 19:58:09|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(11月3週)―茨城のスズキは34ベクレル、福島は13件全てND― | ホーム | 福島第一汚染水(11月3週)―排水路から法令限度を超える全ベータ―>>

コメント

が~~~ん。福島県の方、我慢強すぎます。
耐えているだけ、我慢しているだけで、事態が好転するとは思えません。
せめて、若い人には逃げて欲しいし、その費用は東電と国がもつべきだと思います。
北極海の無人島に除染したものをバンバン捨てていたソ連が除染をあきらめたのです。
除染のお金を使えば、希望する人に新しい住まいを渡せるでしょう。
また、故郷をあきらめたくない気持ちも分かりますが、火山の火砕流が襲ったと思って逃げて欲しい、そんな気持ちでいっぱいです。
  1. 2015/11/16(月) 22:01:16 |
  2. URL |
  3. あんこ #-
  4. [ 編集 ]

こんな増減よくある事じゃないの?
よく増えたーって騒げるよねwwww
  1. 2015/11/17(火) 12:37:08 |
  2. URL |
  3. これで増えてるとは思えない‥ #-
  4. [ 編集 ]

都合のいい部分の切り抜きお疲れ様ですwwww
これからも一人で勝手に妄想の中のフクシマで遊び続けてくださいね(笑)
  1. 2015/11/17(火) 12:50:03 |
  2. URL |
  3. 都合のいい部分の切り抜きお疲れ様ですw #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

匿名様
コメントありがとうございます。以下回答します。コメントは2件ありましたが、まとめての回答とさせていただきます。
Q1>こんな増減よくある事じゃないの?
A1>このような誤解が生じないように統計的に差があるかを計算してから記事にしています。表ー1 偶然に起こる確率の計算結果をご覧ください。

Q2> 都合のいい部分の切り抜きお疲れ様ですwwww
A2>できれば具体的記述をお願いします。まあ、事実として認めてありがとうございます。福島県で独自に人口動態を発表しているのは、福島市、郡山市、いわき市があります。いわき市は除染が必要な範囲が図-1に示す通り郡山市や福島市に比べ少ないので、当然ながら郡山市も取り上げています。結果は葬式が有意に増えています(http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-1620.html

P.S.
 できれば想像(妄想)でなく、具体的データでお願いします。日本には福島が安全でなければならない人がいるようです(http://blogs.yahoo.co.jp/inu_poti/16611340.html)。
 ①彼らの手口は論理と具体的事実で潰せるならそれで潰す。
 ②①で反論できなないなら感情論やレッテル貼りで誤魔化す
貴殿のコメントは読者(いるの?)にそのような印象を与えると思います。

  1. 2015/11/17(火) 19:11:07 |
  2. URL |
  3. mekenekotama #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1625-c69b5fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)