めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島は放射性廃棄物最終処分場を事実上受け入れ―福島集約論が強まる?―

 福島県冨岡町と楢葉町境界付近の富岡町側に国が計画している福島県内の指定廃棄物を最終処分するフクシマエコテッククリーンセンター(1)の受け入れがほぼ決まりました(2)(3)。これについて宮城県の地方紙の河北新報は
「福島での設置がほぼ固まったことにより、協議が難航する他の自治体で廃棄物の福島集約論が再燃する可能性もある。」
と報じていました(4)。福島はゴミ捨て場として狙われているようです。
 福島は福島原発事故によって多くの放射性物質が降り注ぎました。(=^・^=)は広島原爆の30個分と試算しています(5)(6)(7)。この結果、福島は大量の放射性廃棄物を抱え込むことになりました。このゴミをどのように処分するは、福島ではほぼ決着がついたようです。
 ①除染で出たゴミ⇒大熊町と双葉町にまたがる中間貯蔵施設(1)
 ②上記以外のみ ⇒福島県冨岡町と楢葉町境界付近の富岡町側あるフクシマエコテッククリーンセンター(2)(3)
に決着がついたようです。
 福島第一原発事故でばら撒かれた放射性物質は福島県外にも広がりました。国は各県での処分を求めていますが(8)、反発があるようです。東京電力は福島第一原発事故前は「安全」だと主張していました(9)。それなのに事故を起こし放射性物質を飛散させたのですから、東京電力の責任で引き取るべきです。すくなくとも放射性物質をばら撒かれた側が引き取らなければならない理由はありません。
 宮城県内で最終処分場をどこに作ったら良いかアンケートをとったら、以下の結果になったそうです(10)。
「福島第一原発周辺」 30%
「東京電力管内」   29%
「宮城県内」     22%
当然ながら「宮城県内」は少数派です。「東電管内」では栃木県塩谷町(11)と千葉県千葉市中央区(12)が指定廃棄物最終処分場の候補地になっています。どちらも反対が強いようです(11)(12)。こうし中で栃木県塩谷町が主張しているのが、福島に指定廃棄物を集めて集中保管すべきとの意見です。
福島集約論を報じるNHK
  ※11月21日放送のNHKの21時台の番組をキャプチャー
 図-1 福島集約論を主張する塩谷町町長

これについて環境省は
「東京電力福島第一原子力発電所がある福島県に集約して処理すべきという意見もあります。しかしながら、原発事故により大きな被害を受け、復興・帰還に向けた懸命な努力を行っている福島県に対し、他県の指定廃棄物を集約して引き受けるという負担を強いることは到底理解が得られません。」
と主張していますが(13)、理解が得られないのは福島県だけで、もし(=^・^=)の住む街の指定廃棄物を福島が引き取ってくれるなら十分に「理解」します。
 宮城県白石市は福島県浪江町の牧場に汚染牧草を送り付け、浪江町から抗議を受けています(14)。
放射能汚染物の搬送に抗議する浪江町町長
 ※(16)をキャプチャー
 図-2 抗議の会見を行う福島県浪江町町長


<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 良い悪いは別にして誰だって、自分の住む街に放射能汚染ゴミなどは置いておきたくないと思います。できる限り他所の街に運び出したいはずです。(=^・^=)は「福島集約論」が可能性がないと思っていません。福島集約論を安倍出戻り内閣がとなえれば、福島県以外で指定廃棄物を抱える自治体は賛成すると思います。福島が原発事故の放射能で苦しんでおりこれ以上の負担は負わせるのは不平等です。でもそんな事は安倍出戻り総理には無関係です。彼が沖縄に対してやっていることを見れば明らかだと思います(17)(18)。むかし、普天間を辺野古でなく「西之表市馬毛島」に移設することが検討されました(19)。辺野古の工事が始まり(20)、安心した方もいると思います。(=^・^=)の住む街の指定廃棄物が福島に運び出されれば、福島の方には申し訳ありませんが間違いなく同じ気持ちになります。これでは福島の方は心配だと思います。
 12月に入り福島も冬野菜のシーズンになったと思います。福島を代表する冬野菜にニラがあるそうです(20)。もっとも福島のニラは1年中取れるそうです(21)。福島県棚倉町近辺のニラは柔らかくて甘いニラを目指し、有機質肥料を使用した栽培を行なっているそうです(22)。福島県は福島産ニラは「安全」だと主張しています(23)。でも福島県棚倉町のスーパーのチラシにはニラを含め福島産がありせん。
他県産はあっても福島産が無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ
 ※(24)を引用
 図―3 福島産が無い福島県棚倉町のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県棚倉町の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 フクシマエコテッククリーンセンターについて
(2)富岡町長「思い受け止める」 楢葉町長「必要性を感じる」 指定廃棄物受け入れ協議 | 県内ニュース | 福島民報
(3)知事「環境回復に必要」 富岡、楢葉町長受け入れ前向き 指定廃棄物 | 県内ニュース | 福島民報
(4)<最終処分場>「福島集約論」再燃の恐れ 2015年12月03日 河北新報
(5)めげ猫「タマ」の日記 福島は広島原爆30個分以上?
(6)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発から広島原爆の30倍のウランもえかすが!
(7)めげ猫「タマ」の日記 1gのセシュウム137の放射能
(8)福島県以外の各県における取組み|放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト|環境省
(9)福島第一原子力発電所および福島第二原子力発電所の耐震安全性評価結果中間報告書(改訂版)等の一部修正ならびに修正版の経済産業省原子力安|TEPCOニュース|東京電力
(10)指定廃棄物最終処分場に関するアンケート 結果概要 | KHB東日本放送
(11)- 栃木県塩谷町 - <<指定廃棄物>>最終処分場詳細調査候補地
(12)東京新聞:指定廃棄物処分場建設の反対署名を市に提出 千葉の市民団体:千葉(TOKYO Web)
(13)ご意見・ご質問に対する回答|栃木県における取組みについて|福島県以外の各県における取組み|放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト|環境省中の「放射性物質汚染対処特措法施行状況検討会への要望と環境大臣等の発言に対する抗議に対する回答(平成27年6月)」
(14)めげ猫「タマ」の日記 NHKの嘘放送―放射能汚染ゴミは牛に食べさせて処分―
(17)普天間移設問題・辺野古新基地に関するニュース [1/25ページ] | 沖縄タイムス+プラス
(18)辺野古新基地建設 -琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
(19)西之表市|馬毛島の米軍施設等移転に関する問題について
(20)【電子号外】辺野古の本体工事着手 資材置き場を整備 | 沖縄タイムス+プラス
(20)栄養と美味しさ満点!ふくしまの冬野菜たち! | ふくしま 新発売。
(21)にら - 福島の野菜
(22)みりょく満点【にら】 | JA東西しらかわのブログ
(23)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ中の「やさい編」
(24)エコス棚倉店チラシ情報

2015年12月4日追記

 その後、12月3日に受け入れ先の富岡町と近くにできる楢葉町は正式に受け入れを表明したそうです。来年の6月位から放射性汚染物の持ち込みが始まるそうです(A1)。
指定廃棄物処分場受け入れを1面トップで伝える福島の地方紙福島民報
 ※(A2)を引用
 図―A1 指定廃棄物処分場受け入れを1面トップで伝える福島県の地方紙の福島民報

 知事は福島のTV局のインタニューで福島県知事は
「福島全体の環境回復を図って行く上では必要な施設」
と発言されています。
「福島全体の環境回復を図って行く上では必要な施設」と発言する福島県知事
 ※(A3)をキャプチャー
 図―A2「福島全体の環境回復を図って行く上では必要な施設」と発言する福島県知事

 だったら安倍出戻り総理が福島集約を決め
 「日本全体の環境回復を図って行く上では必要な施設」
と発言されてもおかしくないと思います。論理は同一です。そうなれば(=^・^=)の住む街にかる指定廃棄物が無くなるので、うれしくなります。
 次に期待されるのが「核」のゴミの処分場でしょうか?原発はトイレなきマンションと揶揄されます(A4)。原発から出る放射性廃棄物の最終処分が決まっていません。これについて、安倍出戻り内閣は国が前面に立ち、処分場として科学的に適した地域を選定し絞り込んでいく方針に転換しました。
 条件は
「火山や活断層の近くを除外する従来の地質的な観点に加え、人口密度や輸送のしやすさ」
などだそうです(A5)。
 図に示す通り、福島第一付近は火山や活断層から離れています。
活断層や火山から離れている福島第一付近
 ※(A6)を抜粋・加筆
 図―A3 福島第一付近の火山

 原発事故で避難した方の大部分は避難指示が解除されても戻らないと思います。戻るにしても高齢者中心で直ぐに死に絶えます(A7)(A8)。人口密度は低くなります。
 福島県は復興道路の計画を進めています。
張り巡らされる福島の高速道路網
 ※(A9)に加筆
 図―A4 福島の高速道路

福島第一や今回、設置が決まった処分場の当たりを走る常磐道は4車線化も決まったみたいです(A10)。今回、指定廃棄物の搬入が決まったフクシマエコテッククリーンセンターは常磐道の直ぐ側にあります。
常磐道が傍にあるフクシマエコテッククリーンセンター
 ※ Google Mapに加筆
 図―A5 フクシマエコテッククリーンセンターの周辺

 福島第一原発周辺は火山や活断層から離れており、人口密度は小さく高速道路網も整備されるので輸送にも便利です。(=^・^=)が知る限る
「火山や活断層の近くを除外する従来の地質的な観点に加え、人口密度や輸送のしやすさ」(A5)
に当てはまる場所は他にありません。この基準はまるで「福島」を念頭に置いて作られた感じすらします。
 福島第一原発には大量の廃炉廃棄物があります(A11).将来、これをどのように処分するかは検討すらされていませんが、現実的には福島第一の廃炉後は、福島第一の廃炉廃棄物の処分場に転用するしかないと思います。だったらついでに「核」のゴミの処分場にも使ってはと主張する方が出て来ると思います。
 (=^・^=)の見る限り、「核」のゴミの最終処分場として福島第一周辺が最適です(A12)。いまは(=^・^=)以外は言い出していませが、そのうちに誰かがいいだしそうです。福島では警戒しているようです。福島県の地方紙の福島民報は12月4日の「【核のごみ最終処分】新方式でも進まない(12月4日)」との表題の社説で
「原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地選定の困難さがあらためて浮き彫りになった。<中略>経済産業省と原子力発電環境整備機構(NUMO)は今後、候補地として科学的に適性が高い地域を科学的有望地として公表する方針だが、このままでは反発を招きかねない。」
と論じ(A13)、核のごみの最終処分場の現行の選定方式を批判していました。現行の選定方式で最も適しているのは「福島第一周辺」です。



―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(A1)知事「苦渋の決断」 富岡、楢葉町長「古里復興へ容認」 指定廃棄物受け入れ | 県内ニュース | 福島民報
(A2)福島民報を12月4日に閲覧
(A3)スイッチ20151203 TUFchannel
(A4)風知草:どこに、どう捨てる?=山田孝男 - 毎日新聞 2015/03/09
(A5)核のゴミ処分場「適地」議論開始 | NHK「かぶん」ブログ:NHK
(A6)パンフレット・冊子|NUMO - 原子力発電環境整備機構
(A7)めげ猫「タマ」の日記 福島県富岡町60周年-未来は暗い-
(A8)めげ猫「タマ」の日記 楢葉町の避難指示解除―未来は暗い―
(A9)県内の高速道路 - 福島県ホームページ
(A10)国交相が常磐道4車線化明言 | 県内ニュース | 福島民報
(A11)第1回特定原子力施設放射性廃棄物規制検討会 | 原子力規制委員会
(A12)めげ猫「タマ」の日記 福島・中間貯蔵施設の福島県提案を拒否―それでは最終処分場は作れない?―
(A13)【核のごみ最終処分】新方式でも進まない(12月4日) | 県内ニュース | 福島民報
スポンサーサイト
  1. 2015/12/03(木) 19:40:37|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島・アスパラガスの価格差広がる・当然です。 | ホーム | 二本松市10周年、未来は暗い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1642-798aa297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)