めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

宮城県にも福島集約論が広がる

 福島第一原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分について、宮城県内で候補地となっていた3候補地が「返上」を表明しました(1)(2)(3)。これについいて猪股洋文宮城県加美町長は宮城県内処分を断念し、福島県飯舘村の仮設焼却施設で処分することを提案し、井上信治副大臣は打開策があるか検討する考えを示したとの事です(1)。とりようによっては、国も福島原発事故で発生した指定廃棄物を福島に送り、そこで最終処分を検討するような内容です。福島以外にも福島原発事故で生じた放射能汚染ゴミを抱えていますが(4)、福島以外の自治体にとって福島に持ち込んで最終処分するのがベストな解決方法であるのは言うまでもありません。
 福島原発事故によって大量の放射性物質がばら撒かれました。(=^・^=)の試算では広島原爆30個分です(6)(7)(8)。福島程酷くはありませんが、一部は福島県外にも降り注いだり流れついています。原発事故から4年9ヶ月以上が経過しましたが、広い範囲で異常な放射線量になっています。
東日本各地にばら撒かれた放射性物質
※(9)の数値データを元に(10)に示す手法で12月1日時点に換算
 図―1 放射線量分布

 広い範囲で国が除染が必要とする毎時0.23マイクロシーベルト(11)を超えています。
 福島原発事故によって大量の放射能汚染ゴミが発生しました。そのうち1キログラム当たり8000ベクレル以上のゴミを「指定廃棄物」といって国が引き取り処分する事になっています(4)。でも、人工的に放射能を無くすことはできないので、どこかに集めて隔離するしか処分の方法がありません。そこで国は各県ででた指定廃棄物は各県で処分することを原則に宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉に一箇所づつ最終処分場を造りそこに保管する計画を立てています(4)(12)。このうち、宮城県3箇所(栗原市、大和町、加美町)(1)、栃木県塩屋町(13)、千葉市中央区(14)が候補地になっていますが、当然ならが候補地の方は反対しています(1)(13)(14)。いまのところ福島を除くとどこも調査すらできていません(1)(15)(16)。
 一方で福島はそれなりに進んでいます。福島県飯舘村には飯舘村以外からでた放射能汚染ゴミを焼却する施設が動いています(16)。焼却灰を最終処分(半永久的保管)する最終処分場の設置も決まり(17)、1年後には運用が始まる見込みです(18)。
 東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の処分場建設をめぐり、宮城県内の候補地に選ばれた栗原市、大和町、加美町の3市町は12月13日、いずれも候補地の「返上」を表明し、選定の白紙撤回を求めたそうです(1)(2)(3)。福島発のニュースはこれについて「環境省は『受け入れ難い』として引き続き処分場建設に理解を求めた。」で終わっていまいましたが(2)(3)、宮城発のニュースはこの後に
「猪股洋文(宮城県)加美町長は県内処分を断念し、福島県飯舘村の仮設焼却施設で処分することを提案した。
 井上信治副大臣は『市町村長会議で議論を重ねて決めた(県内処分の)方針を貫きたい』と繰り返しながら、打開策があるか検討する考えを示した。
 今後について首長からは、村井嘉浩知事に県主催の市町村長会議開催を求める声が出た。村井知事は『今回の会議を踏まえた環境省からの回答を待ち、その上で集まってもらいたい』と前向きな姿勢を見せた。」
と続いています(1)。「福島県飯舘村の仮設焼却施設で処分」は飯舘村が村外の廃棄物の焼却処分を受け入れた(16)事を念頭においた事とおもいますが、焼却処分で出た灰は福島県冨岡町に設置が決まった最終処分場で処理することを前提とした内容です。福島から来た放射性物質は福島に戻せとゆう事実上の「福島集約論」です(20)。それに対し井上信治副大臣は打開策があるか検討する考えを示しとの事です。福島集約論が進みそうです。
 福島集約論はもともと最終処分場の候補地となった栃木県塩谷町が言い出したものです(
福島集約論を報じるNHK
  ※11月21日放送のNHKの21時台の番組をキャプチャー
 図-2 福島集約論を主張する塩谷町町長

 宮城県白石市は福島県浪江町が町長選挙で町政が停滞している時期に、汚染牧草を福島県浪江町に送りつける荒業をやってのけました。放射能に汚染された牛のエサだそうですが(21)、牛に食べさせても糞尿などの別の放射能汚染物になるだけで、その処理は福島が行うことになります。本音は放射能汚染ゴミは福島にひきとって欲しいのだと思います。
 もう一つの候補地の千葉市は分散保管を主張しています(16)。これは千葉市の指定廃棄物の保管量が7.7トン(22)と少なく、わざわざ最終処分場をつくる必要もないとの考えだと思います。でも他の自治体は困ります。千葉市の最終処分場がダメなら福島へと言い出すところが出てきそうです。

<余談>
 放射性廃棄物を福島に集めろとの議論は倫理的に間違っていると思います。福島は福島原発事故で大変な負担を負っています。「これ以上、原発被災地の福島県に負担を押し付けるべきではない」からです(23)。でも(=^・^=)は放射性廃棄物の福島集約に「賛成」です。(=^・^=)の住む街にも指定廃棄物があります。5年もの間、(=^・^=)の住む街で保管してきました。とっと他所に運びだして欲しいと思います。以下に都県別の指定廃棄物の保管量を示します。
東日本各地で保管される指定廃棄物
 ※(4)にて作成
 図ー3 都県別指定廃棄物保管量

 多くの都県で指定廃棄物を抱えています。こちらの方の思も(=^・^=)と同じだと思います。いまはまだ福島集約論は小さな声ですが、やがて大きな声になりそうです。
 安倍出戻り総理は、日米安保の為に沖縄を犠牲にしています(24)(25)。だったら日本の環境回復の為に福島を犠牲にし欲しいと思います。辺野古移設が唯一の解決策(26)であると同じく、福島集約は日本の環境回復の唯一の解決策です。
 福島は核の込み捨て場と狙われています。これでは福島の方は不安だと思います。まして福島産米を避ける人が多い相馬や南相馬市では葬式(死者数)が増えていないのに、避ける人が半数以下の郡山市では増えています(27)。
 福島を代表する冬野菜にネギがあるそうです(28)。農林水産省の統計によれば(29)、福島県郡山市は福島県第二位の秋冬ネギの産地です。郡山市のネギは柔らかくて甘く、風味も良いそうです(30)。福島県は福島産ネギは「安全」だと主張しています(31)。でも、福島県郡山市のスーパーのチラシには福島産ネギはありません。
他県産はあっても福島産ネギが無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(32)を引用
 図-4 福島産ネギが無い福島県郡山市のスーパーのチラシ

当然の結果です。(=^・^=)も福島県郡山市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)<指定廃棄物>宮城3候補地「返上」表明 2015年12月13日日曜日 河北新報
(2)処分場3候補地が「返上」表明 | 国内外ニュース | 福島民報
(3)処分場3候補地が「返上」表明 環境省「受け入れ難い」:科学・環境:福島民友新聞社 みんゆうNet
(4)指定廃棄物について|放射性物質汚染廃棄物とは|放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト|環境省
(6)めげ猫「タマ」の日記 福島は広島原爆30個分以上?
(7)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発から広島原爆の30倍のウランもえかすが!
(8)めげ猫「タマ」の日記 1gのセシュウム137の放射能
(9)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (CSV)」
(10)めげ猫「タマ」の日記 福島避難区域再編3年目―放射線量はこれからどうなる―
(11)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(12)よくあるご質問|放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト|環境省
(13)- 栃木県塩谷町 - <<指定廃棄物>>最終処分場詳細調査候補地
(14)国との交渉透明化を 市民団体、市議長に要望 【汚染焼却灰】千葉日報-2015/12/12
(15)【指定廃棄物の行方】 環境省、一部冠水認める 塩谷候補地豪雨調査|下野新聞「SOON」
(16)東京新聞:千葉市の指定廃棄物処分場問題 分散保管をめぐり14日に環境省と会談:千葉(TOKYO Web)
(17)蕨平仮設焼却施設|飯舘村の状況|対象市町村|対策地域内廃棄物処理の取組みについて|福島県における取組み|放射性物質汚染廃棄物処理情報サイト|環境省
(18)めげ猫「タマ」の日記 福島は放射性廃棄物最終処分場を事実上受け入れ―福島集約論が強まる?―
(19)福島、処分場搬入まで1年程度 住民帰還に影響も西日本新聞-2015/12/08
(20)めげ猫「タマ」の日記 指定廃棄物・福島集約論について
(21)めげ猫「タマ」の日記 NHKの嘘放送―放射能汚染ゴミは牛に食べさせて処分―
(22)千葉県における指定廃棄物の市町村別濃度分布
(23)<衆院選>指定廃棄物の福島集約 割れる見解 | 河北新報
(24)辺野古新基地建設 -琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
(25)普天間移設問題・辺野古新基地に関するニュース [1/25ページ] | 沖縄タイムス+プラス
(26)辺野古移設平行線 首相「唯一の解決策」、知事「中止を」  :日本経済新聞
(27)めげ猫「タマ」の日記 福島県郡山市の死者数10.1%増、原発事故5年目の3-11月、相馬・南相馬は別
(28)栄養と美味しさ満点!ふくしまの冬野菜たち! | ふくしま 新発売。
(29)作物統計調査⇒市町村別データ⇒平成18年産市町村別データ⇒年次2006年中の「9-2 野菜(葉茎菜類) ⇒ 福島県 」
(30)JA郡山市|農産物のご案内
(31)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(32)リオン・ドール スーパーマーケット お得情報満載
スポンサーサイト
  1. 2015/12/14(月) 19:43:28|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(12月3週)―宮城・亘理は23、茨城は29、でも福島は12ベクレル、おかしなスズキの検査― | ホーム | 福島第一汚染水(12月2週)―外洋1地点から過去最高のトリチウム―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1653-5fc187ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)