めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

今年(2015年)も低迷、福島の果物価格、当然です。

 福島の主要な果物であるモモ、ナシ、リンゴの全てで主要産地ないしは全国平均との価格差が広がっています。
 ①モモの首位の山梨との価格差は(1)
  2014年 △156円
  2015年 △158円
 ②ナシの全国平均との価格差は
  2014年 △44円
  2015年 △50円
 ③リンゴの首位の青森との価格差は
  2014年 △68円
  2015年 △84円
です。福島産果物には
 ①福島県内でも汚染が酷い福島盆地で主に生産されている。
 ②果物の主産地の福島盆地では原発事故後に葬式(死者数)が有意に増えている。
 ③他所より低くでる福島県の検査で、セシウムが5年連続で見つかっている。
等の特徴があり、福島産果物の消費者の正しい理解が広がった結果であり、当然の事だと思います。
 福島県を果樹王国とされますが(2)、福島県全域で果物が栽培される訳ではありません。福島盆地と呼ばれる限られた範囲で栽培されています(3)。
原発事故から4年9ヶ月経ても除染が必要な福島盆地
 ※1(4)の数値データを元に(5)に示す手法で12月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(6)による
 ※3 福島盆地の範囲は(7)、会津は(8)による。
 図―1 福島盆地と会津地方

 図に示す通り、福島盆地では原発事故から4年9ヶ月過ぎた今でも国が除染を必要とする毎時0.23マイクロシーベル(9)以上の場所が大部分を占め、避難地域を除けば汚染が酷い場所です。このような場所で作られた果物が消費者に受け入れられるか興味のあるところです。まして福島第一原発が事故でばら撒いた放射性物質は広島原爆の30個分です(10)(11)(12)。
 福島盆地では多くの果物ができますが(3)主力はモモ、ナシ、リンゴです。以下に福島盆地に位置する福島市(7)の果物の生産額を示します。
モモ、ナシ、リンゴが主力の福島の果物
 ※(13)を引用・加筆
 図-2 福島県福島市の果物生産額

 以下に福島の果物シーズンを示します。
福島の果物シーズン
 ※(14)を引用・加筆
 図-3 福島市の果物シーズン

 概ねモモ7-9月、ナシ9-11月、リンゴ10-11月でしょうか?各シーズンにとうて東京中央卸売市場(15)の取引価格を調べてみました。
 以下にモモの福島と最大産地の山梨のモモ価格を示します(1)。
 今年も低迷した福島のモモ価格
 ※(1)を引用
 図―4 福島産と山梨産のモモ価格

福島原発事故に福島と山梨産のモモの価格差は大きく開き回復していません。福島産は山梨産に比して
  2014年 △156円安
  2015年 △158円安
と、昨年(2014年)に比べ価格差は広がっています。詳細は既に記事にしているので(1)、必要なら参照をお願いします。
 ナシはモモのような有力な産地はなく、上位5県を合計しても全国の生産量の過半数に達しません。なお福島は全国3位です(16)。そこで福島と全国の価格を見ることにします。
原発事故後に安くなった福島のナシ
 ※(15)を各年8-10月を果実⇒日本なし類で検索
 図-5 福島と全国のナシ価格

 図に示す通り福島原発事故後に福島産ナシは全国平均に比べ大幅に安くなっています。以下に価格差を示します。
 2年連続で拡大した全国平均と福島産のナシの価格差
 ※(15)を各年8-10月を果実⇒日本なし類で検索
 図-6 福島と全国のナシ価格

 図に示す通りいったんは回復しましたが、2014年、2015年と2年連続で価格差が拡大しています。福島産ナシは全国平均に比べ
  2014年 △44円
  2015年 △50円
安です。
 リンゴは青森県が全国の半分を生産します(17)。そこで福島と青森のリンゴ価格を比較してみました。
原発事故後に拡大した福島産と青森産リンゴの価格差
 ※(15)を各年10-11月を果実⇒りんご類で検索
 図-7 福島と青森のリンゴ価格

 図に示す通り福島原発事故後に福島産リンゴは青森産に比べ大幅に安くなっています。以下に価格差を示します。
去年より拡大した福島産と青森産リンゴの価格差
 ※(15)を各年10-11月を果実⇒りんご類で検索
 図-8 福島と青森のリンゴ価格差

 図に示す通りいったんは回復しましたが、2014年にくらべ2015年は格差が拡大しています。
  2014年 △68円
  2015年 △84円
安です。
 福島の主要な果物であるモモ、ナシ、リンゴで全て価格差が広がっています。これについて国、福島県、東京電力は「風評被害」を主張しています(18)(19)(20)。でも(=^・^=)は消費者の正しい理解が進んだ当然の結果と考えます。
 以下に福島盆地の各年3-11月の死者数を示します。
原発事故後に増加した福島盆地の葬式(死者数)
 ※(21)を集計
 図-9 福島盆地の死者数

 福島原発事故前年の2010年3-11月  2,492人
 福島原発事故5年目の2015年3-11月 2,734人
で10%増えています。偶然に起こる確率は1.8%なので偶然で説明するのは困難です。図―1に示す様に福島県会津地方は福島盆地に比べれば汚染がマシなところです。ここの死者数を見ると
  原発事故前年(2010年3-11月) 2,997人
  原発事故5年目(2015年3-11月)3、003人
殆ど変化がありません(22)。 
 汚染の酷い福島産果物の主産地の福島盆地では葬式(死者数)が増えているが、福島盆地に比べれば汚染がマシな会津地方ではそのような事はありません。汚染が酷く、葬式が増えた場所の農産物を消費者が避けるのは当然の行動と言えます。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。
 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(23)による。
有意差検定表

 これに対する国、福島県、東京電力の主張は福島産は果物も含め福島産は検査で安全が担保されているだと思います(24)。この主張が成立するには福島県の検査が妥当である必要があります。厚生労働省の発表(25)を見ると福島産果物の検査は福島県農業総合センターが実施しています。検査が妥当である為にはここの検査が妥当である事実が必要ですが、実態は逆です。
 ①福島県農業総合センターは福島県農林水産部の所属であり(26)、中立性に疑問がある。
 ②福島県農業総合センターの検査は他より低く出ている(27)。海の魚に県境は関係ないので、福島産と南にある茨城県あるいは福島県境の直ぐ北側にある宮城県亘理町(28)産の魚の検査結果は、汚染源のある福島産が高くでるか、少なくとも同じになるはずです。以下に福島県、茨城県および宮城県亘理町のスズキの検査結果を示します。
宮城県亘理や茨城県に比べ低い値が出る福島県のスズキの検査結果
 ※1(29)を転載
 ※2 NDは検出限界未満を示す
 図-10 宮城県亘理町、茨城県と福島県のスズキの検査結果

 図に示す通り、福島県の検査が低く出ています。このような事が偶然に起こる確率がきわめて小さい事が以前の記事に書いた通りです(30)。この事実は福島県農業総合センターの検査、すなわち福島県の検査が他よりも低く出る検査であることを示しています。
 以下に福島盆地産のリンゴの検査結果を示します。
毎年セシウムが見つかる福島盆地産リンゴ
 ※1(25)を集計
 ※2 NDは検出限界未満を示します。
 図-11 福島盆地産リンゴのセシウム濃度

 図に示す通り毎年のように基準値以下ですがセシウムが見つかっています。これはモモやサクランボも同じです(1)(31)。基準値以下とは言え低く出る福島県の検査結果です。基準値を超えている可能性を否定はできていません。だいたい、セシウム入り福島産リンゴとセシウムの心配のない他県のリンゴが並べてあったら、他県を選ぶのが当然の行動だと思います。
 でも、もっと酷いのがあんぽ柿です。あんぽ柿は福島盆地を構成する福島県伊達地方(7)が発祥の地だそうです(32)。以下に福島盆地のあんぽ柿のセシウム濃度を示します。
毎年、基準値超えが見つかる福島盆地のあんぽ柿
 ※1(25)を集計
 ※2 NDは検出限界未満を示します。
 図-12 福島盆地産あんぽ柿のセシウム濃度

 今年も含め毎年のように基準値の1キログラム当たり100ベクレル(33)を超えています。それでも精度に疑義ある簡易的な全数検査で安全とされ販売されています(34)。
福島産の果物を特徴を纏めると
 ①福島でも避難地域を除けば汚染が酷い福島盆地で主に生産されている。
 ②福島盆地では原発事故後に葬式(死者数)が増えている。
 ③他より低く出る福島県の検査で「安全」とされ出荷されている。
 ④他より低く出る福島県の検査ですらセシウムが5年連続で見つかっている。
 ⑤基準値超が見つかっても、怪しげな全数検査で「安全」され出荷される。
等の特徴があり、この特徴を消費者が認知するなら福島産果物は買い控えられ価格が下がるのは当然のことです。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 昨日、福島のローカルTV局の報道を見ていたら、「福島県のものは、30年か、40年はいらない」との声を批判的に報じていました。
「福島県のものは、30年か、40年はいらないと言われた」と報じる福島のローカルTV局(FCT)
 ※(35)をキャプチャー
 図ー13 「福島県のものは、30年か、40年はいらないと言われた」と報じる福島のローカルTV局(FCT)

 でも、セシウム137の半減期が30年、ストロンチウム90の半減期が29年(36)、福島第一の廃炉予定が30~40年であること(37)を考えれば極めて科学的な考えです。この思いは福島の方も同じだと思います。あんぼ柿は今がシーズンです(38)。あんぽ柿は干し柿の一種ですが(32)、福島県は福島産干柿は「安全」だと主張しています(39)。でも、あんぽ柿発祥地の地の福島県伊達市(32)のスーパーのチラシにはあんぽ柿を含め福島産干柿はありません。
他県産はあっても福島産干し柿が無い福島県伊達市のスーパーのチラシ
※(36)を引用
 図―14 福島産が無い福島県干柿のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県伊達市の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 今年(2015年)も低迷、福島モモ価格、山梨との価格差広がる
(2)果樹王国 - Wikipedia
(3)くだものづくりがさかんな福島盆地
(4)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (CSV)」
(5)めげ猫「タマ」の日記 福島避難区域再編3年目―放射線量はこれからどうなる―
(6)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(7)福島盆地 - Wikipedia
(8)会津 - Wikipedia
(9)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(10)めげ猫「タマ」の日記 福島は広島原爆30個分以上?
(11)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発から広島原爆の30倍のウランもえかすが!
(12)めげ猫「タマ」の日記 1gのセシュウム137の放射能
(13)統計データ
(14)食べ頃カレンダー
(15)東京都中央卸売市場-統計情報検索
(16)めげ猫「タマ」の日記 今年も低迷・福島ナシ価格(8,9月)・全国との価格差は広がる。当然の結果です。
(17)青森県 - Wikipedia
(18)「食べて応援しよう!」消費者フォーラム | 消費者庁
(19)「おいしい ふくしま いただきます!」キャンペーン - 福島県ホームページ
(20)2015年1月16日(いわき市漁協組合員説明会資料)風評被害対策について(PDF 325KB)
(21)福島県の推計人口(平成27年12月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(22)めげ猫「タマ」の日記 福島県県北地域の死者数は10%増、会津はほほ0(対2010年3-11月)
(23)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(24)検査体制について | ふくしま 新発売。
(25)報道発表資料 |厚生労働省
(26)農林水産部 - 福島県ホームページ
(27)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(12月4週)―福島県漁連20ベクレル、福島県全数ND、いわきのヒラツメガニの検査結果―
(28)亘理町 - Wikipedia
(29)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(12月4週)―福島県漁連20ベクレル、福島県全数ND、いわきのヒラツメガニの検査結果―
(30)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(12月3週)―宮城・亘理は23、茨城は29、でも福島は12ベクレル、おかしなスズキの検査―
(31)めげ猫「タマ」の日記 今年(2015年)も、福島産果樹はセシウム入り
(32)あんぽ柿 - Wikipedia
(33)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(34)めげ猫「タマ」の日記 福島・あんぽ柿、出荷開始、「健康的」とNHK、実は安全性に疑義
(35)ダイジェスト動画|ゴジてれ Chu!|福島中央テレビ中の「2015年12月24日(木)放送」
(36)中長期ロードマップ|東京電力
(36)あんぽ柿 - みらいのフルーツ - JA伊達みらいのホームページ
(37)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ中の「くだもの編 [PDFファイル/137KB]」
(38)ヨークベニマル/お店ガイド
スポンサーサイト
  1. 2015/12/25(金) 19:49:45|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トラブルいっぱい福島原発(12月4週)―福島第一汚染水対策は綱渡り― | ホーム | 福島県県北地域の死者数は10%増、会津はほほ0(対2010年3-11月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1664-7339ed23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)