めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島産食べて応援、あの世行き(2015)―福島産を許容する地域では葬式が10.5%増加―

 福島県のひらた中央病院が、福島産米を避けていないか否かのアンケート結果を発表しました(1)。一方で、福島県は月毎の死者数を発表しています(2)。そこで福島産を許容している方が7割近い郡山市、三春町について死者数を合計すると
 原発事故前年  (2010年)3,140 人
 原発事故後5年目(2015年)3,471 人
で約10.5%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.05%でした。一方で、福島産を許容してる方が殆どいない相馬・南相馬市の死者数を合計すると
 原発事故前年  (2010年)1,335 人
 原発事故後5年目(2015年)1,254 人
で減っていますが、統計的な差はありません。
 これでは
  福島産食べて応援、あの世行き
です。
  福島は福島原発事故によって多くの放射性物質が降り注ぎました。(=^・^=)は広島原爆の30個分と試算しています(3)(4)(5)。以下に航空機モニタリングも元に作成した福島の放射線量分布を示します。
原発事故から5年経っても除染が必要な福島県

 ※1 (6)中のCSVファイルで作成
 ※2 避難区域は(7)による
 ※3 2015年11月時点
 図-1 福島県の放射線量

 図に示す通り、原発事故からもうすぐ5年ですが福島では国が除染を必要とする毎時0.23マイクロシーベルト(8)を超えた地域が広く広がっています。それでも安倍出戻り内閣(9)、福島県(10)や東京電力(11)は福島産は安全とし福島を避ける行為を「風評被害」と主張しています。でもこの方達は福島原発事故前は原発は「安全」といっていたような気がします(12)(13)(14)。信用して良いか心配です。そこで、(=^・^=)なりに調べてみたくなりました。
 (=^・^=)の考えた方法は極めて単純で、福島産を許容しているところとしていないところを比較して許容している所としていない所に差があれば、福島産は安全とは言えない、差が無ければ「安全」です。
 福島県のひらた中央病院のHP(1)に福島県産米を避けていますかとのアンケート調査結果が載っていました。図-1に示すように、三春町と郡山市、相馬と南相馬市は隣接しているので3グループ(郡山市と三春町、いわき市、相馬と南相馬市)に分けで集計してみました。以下に結果を示します。
 表―1 「福島産を避けていますか?」のアンケート結果
 ※1 ①~④は(1)を転載
 ※2 ⑤は⑤=①-②-③+④で計算
 ※3 ⑥は⑥=⑤÷⑥×100で計算
郡山・三春では福島産を許容、相馬・南相馬は許容しない
⑥は福島産野菜も米も許容している人の割合です。
 福島県のホームページに2015年12月中の人口動態がアップされ(2)、2015年中の人口動態が揃いました。そこで原発事故前の2010年と5年目の死者数(葬式の数)を比較してみました。
 表―2 各市や町の各年の死者数
 ※(2)を集計
郡山・三春では死者数増加、相馬・南相馬は減少
⑥は福島産野菜も米も許容している人の割合です。
 福島県のホームページに2015年12月中の人口動態がアップされ(2)、2015年中の人口動態が揃いました。そこで原発事故前の2010年と5年目の死者数(葬式の数)を比較してみました。
 表―2 各市や町の各年の死者数
 ※(2)を集計

 表―1に示す通り郡山市も三春町も福島産野菜と米を共に許容する割合が7割近くになっています。死者数を見ると 
 原発事故前年  (2010年)3,140 人
 原発事故後5年目(2015年)3,471 人
で約10.5%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.05%でした。一方で、相馬・南相馬市は福島産野菜と米を共に許容する割合が1割以下です。死者数を見ると 
 原発事故前年  (2010年)1,335 人
 原発事故後5年目(2015年)1,254 人
で減っていますが、統計的な差はありません。
 福島産を許容している郡山市・三春町では葬式(死者数)が増えていますが、許容していない相馬・南相馬市では増えていません。これは明確な事実です。
いわき市も含め死者数(葬式)の増加率と福島産米を避ける割合から以下のグラフができました。
 ※表ー1,2の値より作成
福島産を許容する地域で増える葬式
 なんか、福島産食べて応援、あの世行って感じです。

以下に郡山市・三春町について偶然に起こる確率の計算結果を示します。
 表ー3 偶然に起こる確率の計算結果(郡山市、三春町)
 ※計算方法は(15)による。
有意差検定表
<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 福島県の地方紙の福島民友は2月7日付の社説「【2月7日付社説】給食と県産食材/「安心」確保し活用進めよう」の冒頭で
 「学校給食で『地産地消』が進めば、県内の農林水産業の復興に弾みがつく。県産食材の積極活用への流れを確かなものにしたい。」
と論じていました(16)。でも、福島産の「安全性」については多くの福島の方が疑問を持っているようです。福島県いわき市では福島産魚介類の安全をPRするイベントが開かれたそうです(17)。福島の方が福島産が「安全」だと思っていればこのようなイベントは不要です。福島の方は不安だと思います。
 福島県は福島産イチゴのキャンペーンを始めました(18)。
福島県のイチゴキャンペーンチラシ
 ※(18)中の「チャレンジふくしまサミットin首都圏 [その他のファイル/5.39MB]」を引用
 図-3 福島産イチゴのキャンペーンチラシ

 農林水産省の統計を見ると(19)、福島県伊達市は福島最大のイチゴの産地です。福島県伊達市のイチゴは「とても甘くてちょっと酸っぱい、新鮮そのもの」だそうです(19)。でも福島県伊達市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。
他県産はあっても福島産イチゴが無い福島県伊達市のスーパーのチラシ
 ※(20)を引用
 図-4 福島産イチゴが無い福島県伊達市のスーパーのチラシ

当然の結果です。(=^・^=)も福島県伊達市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(2)福島県の推計人口(平成28年1月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(3)めげ猫「タマ」の日記 福島は広島原爆30個分以上?
(4)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発から広島原爆の30倍のウランもえかすが!
(5)めげ猫「タマ」の日記 1gのセシュウム137の放射能
(6)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV」
(7)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)安倍内閣総理大臣 東日本大震災三周年記者会見 | 首相官邸ホームページ
(10)「おいしい ふくしま いただきます!」キャンペーン - 福島県ホームページ
(11)風評被害対策について - 東京電力
(12)安倍晋三 - Wikipedia
(13)福島第一原子力発電所3号機におけるプルサーマル実施に係る安全確認 - 福島県ホームページ
(14)福島第一原子力発電所および福島第二原子力発電所の耐震安全性評価結果中間報告書(改訂版)等の一部修正ならびに修正版の経済産業省原子力安|TEPCOニュース|東京電力
(15)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(16)【2月7日付社説】給食と県産食材/「安心」確保し活用進めよう:社説:福島民友新聞社 みんゆうNet
(17)いわきの漁業、現状を理解 小名浜魚市場で市民学習 | 県内ニュース | 福島民報
(18)「チャレンジふくしまサミットin首都圏」を東京で開催!!伝えたい~福島の今と魅力~ - 福島県ホームページ
(19)作物統計調査>市町村別データ>平成18年産市町村別データ>年次>2006年中の「9-5 野菜(果実的野菜) ⇒福島県 」
(20)伊達のいちご - 福島県伊達市ホームページ
(21)リオン・ドール スーパーマーケット お得情報満載

以下に福島県いわき市、茨城県、千葉県銚子市のスズキの検査結果を示します。
茨城・千葉のスズキjはセシウム入り、福島いわきは全数ND、おかしな福島県の検査結果
付図ー1 
千葉県が検査した銚子市産の6件全てセシウムが見つかっていますが、福島県が検査した24件すべてが検出限界未満(ND)です。千葉県銚子市のスズキからセシウムが見つかっているのに、銚子に比べればはるかに汚染源に近いいわきでは見つかっていません。図に示す通り、茨城産スズキからもそこそこ見つかっています。詳しくは(http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-1710.html)
を見てください。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/08(月) 19:49:39|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2月2週)―千葉・銚子のスズキは6.1ベクレル、福島・いわきは全数ND― | ホーム | 福島第一汚染水(2月1週)―外洋から17ベクレルの全ベータ―>>

コメント

いかさま?

「たま」様の説明を読んでいると
福島県農業総合センターは、正しく検査していない様に思います。
中立性に問題が有ると思います。
茨城、福島とっかえひっかえで検査した方がずっと公平になるとおもいます。
これじゃ福島産は買う気しません。
  1. 2016/02/08(月) 21:12:30 |
  2. URL |
  3. bgtシルバー #QMnOeBKU
  4. [ 編集 ]

Re: いかさま?

bgtシルバー 様
コメントありがとうございます。貴殿のコメントに多少の補足を加えたいと思います。
Q1> 福島県農業総合センターは、正しく検査していない様に思います。
A1>付図-1を参照下さい
Q2> 中立性に問題が有ると思います。
A2>福島産の野生鳥獣を除く農林水産物を検査している福島県農業総合センターは福島県農林水産部に所属しています(http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/11.html
  1. 2016/02/09(火) 19:54:24 |
  2. URL |
  3. mekenekotama #-
  4. [ 編集 ]

それでも福島県では福島は検査しているので他県の物より安心って言う人がいるんですよね~~
  1. 2016/02/10(水) 15:11:04 |
  2. URL |
  3. yaeko #OLHiJ7es
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1709-ea40e53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)