めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

東京電力も福島第一汚染水は「海」へ決心?

東北のブロック紙の河北新報が
 東京電力福島第1廃炉推進カンパニーの最高責任者(CEO)はトリチウムを含んだ汚染水の処理について「希釈して海洋放出することも選択肢の一つ」
と説明したと報じていました(1)。東京電力も福島第一の汚染水は「海」に捨てることを決心したようです。
 福島第一原子力発電所ではタービン建屋に地下水が流れ込んだり、海岸に設置された海側遮水壁の内側に溜まった汚染水を汲みあげるなどして日々、汚染水が増え続けています(2)。
日々増え続ける福島第一汚染水
※(3)にて作成
 図-1 日々増え続ける福島第一の汚染水

 最新の発表(4)を集計すると約90万立方メートルです。昨年の同時期(2015年2月26日)(5)が約70万立方メートルなので年20万立方メートルづつ増えています。東京ドームの容量が124万立方メートルなので(6)、あと2年で超えていまいます。これについて原子力規制委員会は可能な範囲で浄化して来年当たりから「海」に捨てることを促しています(7)。
来年からは汚染水は海に流せと主張する原子力規制委
 ※(7)を引用
 図-2 来年(2017年)からは汚染水を海に流すべしとする原子力規制委員会

 (=^・^=)が見積もってみると今年の夏には汚染水の量がタンク容量を超えて、漏らすか海に流すしか選択肢が無くなります。
汚染水量がタンク容量を超えてしまう汚染水量見積もり結果
※(8)を転載
 図-3 今年の夏には溢れそうな福島第一汚染水

 このような状況を受けてでしょうか?東京電力福島第1原発事故から5年を前に、東東京電力福島第1廃炉推進カンパニーの最高責任者(CEO)は東北のブロック紙の河北新報社の取材に答え、課題となるトリチウムを含んだ汚染水の処理について「希釈して海洋放出することも選択肢の一つ」と説明したとのことです(1)。
 汚染水タンクを無限に作り続ける事はできないので、何時かは汚染水を「海」に流す日がやっています。今でも福島第一の敷地は汚染水タンクで埋まっています。
汚染水タンクで埋め尽くされた福島第一原発
 ※google mapをキャプチャー
 図-4 汚染水タンクで埋まった福島第一

 東京電力もいよいよ覚悟をきめたのかと(=^・^=)は思います。
 いくら浄化すると言っても全ての放射性物質が取り除ける訳ではありません。今、実施しているサブドレン・地下水ドレンにより汲み上げた汚染された地下水の海洋放出でも「トリチウム」は取り除かない事を明言しています(9)。以下に汚染水中のトリチウム濃度を示し増します。
40万(Bq/L)程度の汚染水のトリチウム濃度
※(10)を集計
 図-5 福島第一の汚染水中のトリチウム濃度

このところ1リットル当たり40万ベクレルで推移しています。年20万立方メートルの汚染水を捨てると80兆ベクレル(20万×1000(1立方メートルは1000リットル)×40万)のトリチウムが環境中に廃棄されます。福島第一の排出実績は年間2兆ベクレル程度でした(11)。東京電力は福島第一程度のトリチウムなら飲んでも「安全」と主張していますが(12)、食べても「安全」とはいっていません(13)。
 
<余談>
  図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
当該の記事では何処の「海」に捨てるかは記載されていませんでしたが、(=^・^=)の住む街の海に捨てるとしたら、実力でも阻止します。警察に捕まっても構わないと思います。これは何処も同じだと思います。結局は既に汚染されてる「福島」の海に捨てるしかないと思います。これは福島の皆様にさらなる負担を強いる行為です。そうならないために安倍出戻り内閣は手を打つべきですが、そのような事はしていません。無責任です。これでは福島の方は心配だと思います。
 福島県相馬市はイチゴ狩りのシーズンです(14)。相馬はイチゴの季節です。相馬の美味しいそうです(15)。福島県は福島産について「 食の安全・安心を確保するため、生産、製造・加工、流通、消費の各段階において、食品中の放射性物質検査を実施しています。 」と主張してます(16)。でも、福島県相馬市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。
他県産はあっても福島産イチゴが無い福島県相馬市のスーパーのチラシ
 ※(17)を引用
 図―6 福島産イチゴが無い福島県相馬市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県相馬市の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)<福島第1>汚染水 希釈し海洋放出も3月4日 河北新報
(2)めげ猫「タマ」の日記 福島第一の地下水ドレン汲み上げについて
(3)プレスリリース|東京電力中の「福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について 」
(4)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第241報)|東京電力
(5)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第190報)|東京電力
(6)東京ドーム (単位) - Wikipedia
(7)第58回原子力規制委員会 | 原子力規制委員会中の「資料1 東京電力株式会社福島第一原子力発電所の中期的リスクの低減目標マップ(平成28年3月版)(案)について【PDF:3MB】」
(8)めげ猫「タマ」の日記 凍土壁(海側)が大筋で決着、福島第一の汚染水対策は破綻?
(9)サブドレン・地下水ドレンによる地下水のくみ上げ|東京電力
(10)報道配布資料|東京電力中の「水処理設備の放射能濃度測定結果」
(11)三重水素 - Wikipedia
(12)[PDF]福島第一原子力発電所でのトリチウムについて 平成 ... - 東
(13)めげ猫「タマ」の日記 トリチウムは危険・安全?
(14)和田観光苺組合 | Just another WordPress site
(15)和田観光苺組合 - 相馬/その他 [食べログ]
(16)農林水産物 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(17)Webチラシ情報 | フレスコキクチ中の「相馬店」
スポンサーサイト
  1. 2016/03/04(金) 19:43:39|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<トラブルいっぱい福島原発(3月1週)―凍土壁工事の下請けさんが43ミリシーベルト被ばく― | ホーム | 凍土壁(海側)が大筋で決着、福島第一の汚染水対策は破綻?>>

コメント

警察に捕まっても

たまさんの気持ちよくわかります
悔しいですね
  1. 2016/03/05(土) 19:38:30 |
  2. URL |
  3. どんぶらこ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1733-a172790a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)