めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月1週)―福島のモスソガイから12.4ベクレル、福島県の検査は12件全数ND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。3月1週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(4)。今週は基準超えです。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数845件中6件の基準超え(全体の1%)
  ②平均は、1キログラム当たり2.1ベクレル、最大180ベクレル(群馬県産クマ)。
 セシウム汚染食品が宮城と群馬で見つかっています。でも(=^・^=)は「福島産」が最も危険だと思います。
事故から5年経っても見つかり続けるセシウム汚染食品

   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2016年3月1週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県


1.福島のモスソガイから12.4ベクレル、福島県の検査は12件全数ND
 福島県漁連の発表によると、福島県沖で捕れたモスソガイから1キログラム当たり12.4ベクレルのセシウムが見つかりました(9)。福島県の検査結果が気になります。以下に過去3年間の福島県の検査結果と比較してみました。
福島県漁連比べ低い福島県のモスソガイの検査結果
 ※1(1)(8)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)
 ※3 福島県漁連は県漁連の略す
 ※4 日付は収穫日
 図-2 福島産モスソガイのセシウム濃度

 福島県の検査では過去3年間12件全ての検査で検出限界未満(ND)です。福島県漁連が検査してセシウムが見つかるのに、福島県が検査するとセシウムが見つからない魚種は他にもあります。以下に今年(2016年)の福島県漁連と福島県の検査結果を比較を示します。
 表―1 福島県と福島県漁連検査結果(2016年)
 ※1(1)(8)を集計
 ※2 NDは全数が検出限界未満(セシウムが見つからない事)
 ※3 福島県漁連は県漁連の略す
 ※4 2016年1月1日より3月7日発表分を集計
福島県漁連に比べ低い福島県の検査結果

 福島県漁連の検査ではモスソガイの他にマダラ、アカガレイからセシウムが見つかっていますが、福島県の検査でセシウムが見つかったのはマダラのみです。91件の検査をしていますが、セシウムが見つかったのはたった1件です(1)。福島県の検査は福島県漁連の検査に比べセシウムが見つけられない検査です。福島県漁連の検査は簡易検査で(10)、福島県の検査は精密検査です(11)。 福島県の検査の方がセシウムが見つかり易いはずです。おかしな結果です。
 千葉県銚子市は地図で見ると利根川を挟んで茨城県の直ぐ南にある市です。以下に千葉県が検査した千葉県銚子産、茨城県が検査した茨城産、福島県が検査した福島産のスズキの今年の検査結果を示します。
千葉県や茨城県に比べ低い福島県のスズキの検査結果
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)
 ※3 日付は収穫日
 図-3 スズキのセシウム濃度

 福島県が検査したスズキは検査25件中24件で検出限界未満(ND)で、セシウムが見つかったのは1件です。一方で千葉県が検査した千葉県銚子産スズキからは4件全てでセシウムが見つかっています。茨城県が検査した茨城産スズキでもそこそこセシウムが見つかっています。検査結果を見る限り福島産スズキのセシウム汚染は千葉県銚子産や茨城県産のスズキより少なくなっています。汚染源がある福島のセシウム汚染が少ないなどあり得ない話です。
 福島の検査は福島県漁連、茨城県、千葉県より値が低くでる検査です。福島産は他よりも低く出る検査で「安全」とされ出荷されます。
 福島のモスソガイ名誉の為に書き添えるならこの程度のセシウムは問題ないと思います。でもストロンチウム90は知りません(12)。

2.JAふくしま未来誕生、未来は暗い
 福島県の4つの農協(新福島、伊達みらい、にちのく安達、相馬)が合併しJAふくしま未来が誕生しました(13)。この当たりは一部が避難区域になっており汚染が酷い場所です。
 それでも全域が避難区域となっている飯舘村を含め、活動範囲の全ての市町村で農業が営まれています。
福島県内でもセシウム汚染が酷いJAふくしま未来の管内
 ※1(14)の数値データを元に(15)に示す手法で3月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(16)による
 ※3 ふくしま未来の範囲は(13)による。
 図―4 本記事で取り上げる福島県の地域

 図に示すように管内には避難区域を含み、避難区域外でも国が除染を必要とする毎時0.23マイクロシーベルト(17)を概ね超えています。福島県内の5つの農協(18)のなかでも、最もセシウム汚染が酷い農協だと思います。これでは未来は暗そうです。
 今ですとイチゴの出荷がピークです(19)(20)。全村が避難区域の飯舘村でもイチゴが栽培されています(21)。
イチゴの生産がおこなわれている福島県飯舘村

 ※(21)をキャプチャー
 図-5 飯舘村のイチゴ栽培を伝える福島のローカルTV局(FCT)

 検査結果が心配なので福島県が提供するサイト(22)で検査結果を検索してみました。飯舘村のイチゴの検査結果は出て来ませんでした。
 以下に福島県のイチゴの生産量を示します。
福島県のイチゴの生産量
 ※(23)を集計
 図―6 福島県のイチゴの生産量

 伊達市がトップです。図―4に示す通り福島県伊達市は避難地域に隣接し避難地域を除けば福島県内でもセシウム汚染が酷い市です。検査結果を見たらたった1件です(22)。自主検査結果にはイチゴはありません(24)(25)。福島産は汚染の酷い産地は避けた検査で「安全」とされ出荷されます。

3.大玉村のフキノトウのセシウム濃度は上昇中
 JAふくしま未来様の管内の一つに大玉村があります(26)。以下に大玉村のフキノトウのセシウム濃度を示します。
上昇するJAふくしま未来管内・大玉村産フキノトウのセシウム濃度
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)
 ※3 日付は収穫日
 図―7 大玉村のフキノトウのセシウム濃度

 去年に比べ確り上昇しています。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・セシウム汚染が酷い産地を避けた検査で安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事もある福島産
福島原発事故によって福島第一原発から広島原爆30個分に相当する放射性物質がばら撒かれ(26)(27)(28)福島の台地を汚染しました。
爆発する福島第一原発
 ※(21)をキャプチャー
 図―8 爆発する福島第一原発

これでは何が起こっても不思議はないと思います。以下に福島産を受け入れる割合と原発事故前年に対する5年目の葬式(死者数)の増加率と福島産を受け入れる割合を示します。
福島産を許容する地域程増える葬式
 ※(29)を転載
 図-9 福島産を許容する割合と葬式(死者数)の増加率

 福島産を許容する場所程、葬式(死者数)が増えています。これでは福島の方は心配だと思います。
 安倍出戻り総理は3月5日に福島市の牧場を訪れたそうです(30)。福島市にも乳業メーカーがあり(31)、牛乳はそれなりに生産されているようです。福島県は福島産牛乳は安全だと主張しています(32)。でも福島県福島市のスーパーのチラシには福島産牛乳はありません。
県外産はあっても福島産牛乳が無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(33)を引用
 図-10 福島産牛乳が無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第971報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2月)―千葉のマダイからセシウム、福島は47件連続ND―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)福島県における魚介類の試験操業に関するポータルサイトです
(8)(7)中の「漁協によるスクリーニング検査結果」
(9)(8)中の「相馬双葉地区 」
(10)(7)中の「検査体制」
(11)組織・主な業務と連絡先中の「 県内農林水産物の緊急時モニタリング検査業務 」
(12)めげ猫「タマ」の日記 セシウムだけの検査で安全?
(13)JAふくしま未来
(14)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(15)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(16)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(17)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(18)「新生4JA」1日発足 福島県内、5JA体制がスタート:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(19)特産品情報 | 地区別くらし情報 福島地区 | JAふくしま未来
(20)特産品情報 | 地区別くらし情報 そうま地区 | JAふくしま未来
(21)ダイジェスト動画|ゴジてれ Chu!|福島中央テレビ中の「2016年3月7日(月)放送」
(22)農林水産物モニタリング情報 - ふくしま新発売。を「イチゴ」および「イチゴ(施設)」にチェックを入れ3月8日に検索
(23)統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103中の「9-5 野菜(果実的野菜) 」⇒「福島県」
(24)農作物自主検査 | 農業 | JAふくしま未来を3月9日に閲覧
(25)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報を「伊達市」で3月9日に検索
(26)概要 | JAふくしま未来について | JAふくしま未来
(27)めげ猫「タマ」の日記 福島は広島原爆30個分以上?
(28)めげ猫「タマ」の日記 福島第一原発から広島原爆の30倍のウランもえかすが!
(29)めげ猫「タマ」の日記 1gのセシュウム137の放射能
(30)常磐線の全線再開へ指示 安倍首相、復興牧場で生産者激励:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(31)福島乳業株式会社(通称:福ちゃん牛乳)|福島乳業株式会社(通称:福ちゃん牛乳)
(32)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ中の「原乳編 [PDFファイル/137KB]」
(33)イオン福島店
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2016/03/08(火) 19:48:45|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<楢葉町の男性は5ヶ月連続で転入超、未来は原子力ムラ | ホーム | 福島民友さんの特集記事「復興の道標」に反論する。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1737-6acb6733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)