めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

トラブルいっぱい福島原発(3月2週)―核燃料容器から警報―

東京電力福島原発はトラブルが多く、トラブル毎に記事にするは面倒なので、まとめて記事にしています。先週につづき(1)、3月2週(3月6日から13日)もしっかりトラブルが起こっています。
 ①核燃料容器から警報
 ②満水状態が続く「処理水タンク」
 ③SR処理水タンクの空容量が1ヶ月で8000立方メートル減


1.核燃料容器から警報
 福島第一の4号機から核燃料プールから燃料が取り出されました(2)。核燃料サイクルに従うなら、再処理工場に送られ再処理がなされるべきですが(3)。事故った原発の核燃料などは引き取る所はありません。行き場が無く福島第一構内に保管されています(2)。取り出した核燃料は共用プールと呼ばれる施設で保管されるはずですが(4)、いっぱうなので使用済み核燃料を「乾式キャスク」にも保管しています。「乾式キャスク」に保管されている燃料は1412本です(5)。
 乾式キャスクは二重構造になっており、中をヘリウムで満たし、外側よりも内側の圧力を低くして内側に使用済み核燃料を保管しています。圧力を低くするのは放射性物質が漏れ出さないようにするためだそうです。外側に比べ内側の圧力が低くなっていることを確認するため2台の「圧力計」で圧力の差を監視しています(6)。
 3月7日午前5時14分頃、乾式キャスク仮保管設備に保管しているキャスクの内、一基のキャスクにおいて蓋間圧力異常警報が発生しました。原因は圧力計の故障です。東京電力は故障した圧力計を交換するとは発表していますが、故障の原因調査や今後は故障が起きないような対策(再発防止策)を実施するとは発表していません(7)。
 核燃料サイクルが完成しても、福島第一の使用済み核燃料が引き取られる事はないと思います。取り出した核燃料は半永久的に福島第一の中で保管されるはずです。今後が心配です。

2.満水状態が続く「処理水タンク」
 福島第一原発では地下水や地下水ドレンからくみ上げた汚染水がタービン建屋に日々流入し増え続けています。タービン建屋の汚染水は汲み上げてて
 タービン建屋⇒SARRY⇒SR処理水タンク⇒ALPS⇒処理水タンク
の順で処理されています(8)(9)(10)。最終段の処理水について
  満水率を「汚染水保管容量÷汚染水タンク容量」
と規定し、推移を示します。
満タン状態が続く処理水タンク
 ※(11)を集計
 図ー1 福島第一の「処理水タンク」の満水率

 この所、約96~98%で推移しています。ここからは(=^・^=)の想像ですが、東電はこれが限度だと判断していると思います。タンクを満タンにすると地震などで生じるスロッシング(容器内の液体が外部からの比較的長周期な振動によって揺動すること。)でタンクから液体が漏れ出すことが知られています(12)。安全にくみ上げた汚染水を保管するにはある程度の「空」が必要です。事実上は満タン状態です。

3.SR処理水タンクの空容量が1ヶ月で8000立方メートル減
 処理水タンクが一杯なら、前段のSR処理水タンクが気になります。以下にSR処理水の量を示します。
増加傾向にあるSR処理水
 ※(11)を集計
 図-2 福島第一の「SR処理水」の量

 このところ増えています。SR処理水として汚染水の保管するのは、その先の処理水タンクが満タンで送れないからです(12)。SR処理水タンクの空容量が無くなれば、福島第一の汚染水は行き場を失い汚染水処理は破綻します。空き容量がきになります。
減少傾向にあるSR処理水タンクの空き容量
 ※(11)を集計
 図-3 福島第一の「SR処理水タンク」の空容量

 2月11日には約4万8千立方メートルありましたが、3月10日には約4万立方メートルになりました。1ヶ月で8千立方メートル減っています。このペースで行けば、5ヶ月後の今年の夏には破綻します。
 最近は東京電力も福島第一汚染水の海洋放出を口にするようになりました(14)。(=^・^=)はその前に有効な汚染水抑制対策を立案すべきと思います。


<余談>
  図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
トラブル続きの福島第一原発、福島の方は不安だと思います。
 自民党本部で福島県産農林水産物を応援する物産展を開かれたそうです。そこでは福島県いわき市産トマトが配られました(15)。福島県いわき市のトマトは美味しいようです(16)。福島県は福島産トマトは「安全」だと主張してます(17)。でも福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産トマトはありません。
他県産はあっても福島産トマトが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(18)を引用
 図―4 福島産トマトが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県いわき市の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)めげ猫「タマ」の日記 トラブルいっぱい福島原発(3月1週)―凍土壁工事の下請けさんが43ミリシーベルト被ばく―
(2)燃料取り出し|東京電力
(3)原子燃料サイクルとは - 原子燃料サイクル | 電気事業連合会
(4)福島第一原子力発電所における放射性廃棄物の処理と管理 - Wikipedia
(5)2016年3月7日乾式キャスク蓋間圧力警報発生について(2016年2月25日公表資料)(PDF 125KB)
(6)2016年3月7日乾式キャスク蓋間圧力警報発生について(2013年3月27日公表資料抜粋版)(PDF 102KB)
(7)016年3月8日福島第一原子力発電所の状況について(日報) 【午後3時現在】
(8)めげ猫「タマ」の日記 SR処理水について
(9)汚染水対策の主な取り組み|東京電力
(10)原子炉の安定化|東京電力
(11)プレスリリース|東京電力中の「福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について 」
(12)スロッシング - Wikipedia
(13)第41回特定原子力施設監視・評価検討会 | 原子力規制委員会中の「配布資料」⇒「資料2:今後のタンクの運用計画について【PDF:1MB】」
(14)<福島第1>汚染水 希釈し海洋放出も 河北新報-2016/03/03
(15)小泉進次郎氏「ふくしまイレブンを応援」 自民党本部で物産展:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(16)とまとランドのサンシャイントマト - いわきのめ 【いわき農産物加工品ブランド化支援サイト】
(17)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ中の「やさい編 [PDFファイル/128KB]」
(18)ヨークベニマル/お店ガイド
スポンサーサイト
  1. 2016/03/13(日) 19:42:06|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<福島第一汚染水(3月2週)―地下貯水槽観測孔の全ベータは下がらず― | ホーム | NHKの嘘放送―「除染などが進むにつれて放射線量はさらに下がってくるだろう」>>

コメント

ああぁ、乾式キャスクのお守も10万年ねェ、、、。
フクシマには津波が1000年に一度位は来るんで、その度に海に持っていかれる心配をしなきゃいけないんだけど、、。
  1. 2016/03/14(月) 06:24:02 |
  2. URL |
  3. 武尊43 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/03/14(月) 10:04:16 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1742-d78a8155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)