めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(4月1週)―茨城のヒラメからセシウム、福島いわきは18件全数ND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。4月1週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先月に続き今週もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(4)。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数2,354件中151件の基準超え
  ②平均は、1キログラム当たり51ベクレル、最大30,000ベクレル(福島県産イノシシ)。
 原発事故6年目を迎えましたが、福島県産からは確りセシウム汚染食品が見つかっています。
福島にだけ見つかったセシウム汚染食品
  ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2016年4月1週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

1.茨城のヒラメからセシウム、福島いわきは18件全数ND
 茨城県は地図で見ると、南を千葉県銚子市に接し、北は福島県いわき市に接しています。微量ですが茨城産ヒラメからセシウムが見つかりました。福島県いわき産が気になります。以下にヒラメの検査結果を示します。
茨城や千葉県銚子より低く出る福島県いわき市産のスズキの検査結果
 ※1(1)を集計
 ※2NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)を示す
 ※3日付は検査日
 図-2 2016年3月以降のヒラメのセシウム濃度

 図に示す通り、千葉県銚子や茨城県ではそこそこセシウムが見つかっていますが、福島県が検査した福島県いわき産ヒラメは18件全てが検出限界未満です。汚染源に近い福島県いわき市産が茨城産や千葉県銚子産よりセシウム濃度が低いなどあり得ない話です。福島産は他より低く出る検査で「安全」とされ出荷されます。

2.福島・矢祭川で渓流釣り解禁―検査結果はありません―
 久慈川は福島県と茨城県の県境にある八溝山の北側斜面に源を発し、福島県南部から茨城県に至り太平洋に注ぐ川です(7)。
原発事故6年目も汚染されたままの福島
 ※1(9)の数値データを元に(10)に示す手法で4月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(11)による
 図-3 久慈川と矢祭川の放射線量

 4月1日に福島では渓流釣りが解禁になりました(12)。その中には久慈川や支流の矢祭川が含まれています(13)。セシウムが気になります。以下に矢祭川産ヤマメのセシウム濃度を示します。
上昇傾向があるのに2年間検査されていない矢祭川のヤマメ
 ※1(1)を集計
 ※2NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)を示す
 ※3日付は捕獲日
 図-4 矢祭川産ヤマメのセシウム濃度

 図に示す通り2013年から14年にかけてセシウム濃度が上昇していますが、その後の2年間(2015年、16年)は検査結果はありません。福島産は怪しげな物を避けた検査で「安全」とされるようです。

3.相馬市のイノシシから3万ベクレル、突然の上昇です。
 福島県相馬市のイノシシから1キログラム当たり3万ベクレルのセシウムが見つかりました(3)。以下に相馬市産イノシシのセシウム濃度を示します。
突然上昇し3万ベクレルまで汚染された相馬市のイノシシ
 ※1(1)を集計
 ※2日付は捕獲日
 図-5 相馬市産イノシシのセシウム濃度

 図に示す通りこれまでの「最高」です。いままでは最大でも1キログラム当たり5,000ベクレルなので、突然の上昇です。
 原発事故から6年目を迎えましたが、福島産は今もセシウム濃度が急上昇することがあります。

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・怪しげな産地を避けた検査で安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事もある福島産
 これでは福島の方は不安だと思います。
  福島県いわき市の特産物にイチゴがあります(14)。いわき市のイチゴはたわわに実っっており甘くてジューシーだそうです。今はいわき市でもイチゴ狩りが楽しめます(15)。福島県いわき市はイチゴのシーズンです。福島県は福島産について「食の安全・安心を確保するため、生産、製造・加工、流通、消費の各段階において、食品中の放射性物質検査を実施しています。 」と主張してます(16)。でも、福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産イチゴはありません。
他県産はあっても福島産イチゴが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(17)を引用
 図―6 福島産イチゴが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県いわき市の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第975報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(3月)―千葉銚子のヒラメからセシウム、福島は25件全数ND―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)久慈川 - Wikipedia
(8)福島県内「渓流釣り」解禁 釣り人たち、魚と駆け引き:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(9)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (CSV)」
(10)めげ猫「タマ」の日記 福島避難区域再編3年目―放射線量はこれからどうなる―
(11)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(12)福島県内「渓流釣り」解禁 釣り人たち、魚と駆け引き:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(13)1日、渓流釣り解禁 一部漁協引き続き見送り 県内各地 | 県内ニュース | 福島民報
(14)いわき市 - Wikipedia
(15)暖かい温室でいちご狩りを楽しもう!2015-16 | いわき市 観光情報サイト
(16)農林水産物 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(17)ヨークベニマル/お店ガイド
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2016/04/07(木) 19:42:12|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<指定廃棄物、栃木県塩谷町集約論 | ホーム | 福島産ネギの価格差拡大(2015年度12-2月)、当然の結果です。>>

コメント

いのしし君の食べるものがとんでもなく汚染されていることがわかりますね…
  1. 2016/04/08(金) 13:57:12 |
  2. URL |
  3. ぶぶ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1767-d9eaf164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)