めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月1週)―2,200ベクレルの栃木県産山菜が売られていた―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。5月1週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先月に続き今週もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(4)。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数1,761件中12件の基準超え(全体の0.7%)
  ②平均は、1キログラム当たり7ベクレル、最大2,200ベクレル(栃木県産コシアブラ、流通品)。
  原発事故6年目を迎えましたが、未だに宮城、福島、栃木、群馬でセシウム汚染食品が見つかっています。
原発事故6年目も見つかるセシウム汚染食品
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2016年5月1週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県


1.2,200ベクレルの栃木県産山菜が売られていた
 流通している栃木県産の山菜(コシアブラ(7))から基準値(6)を大幅に超える1キログラム当たり2,200ベクレルと1,600ベクレルのセシウムが見つかりました(8)。結果は4月26日に出ていたのですが、発表されたのは6日後の5月2日です。GWでもあり多くの方が観光に出かけたと思います。知らずに買って食べた方もいると思います。基準超のセシウム汚染食品食品がみつかっても直ぐに広報されません。福島では出荷制限中のタケノコが販売されていました(9)。原発事故から5年以上過ぎた今もセシウム汚染食品は確り流通しています。

2.福島産菌床シイタケから15ベクレル、福島県検査は33件中30件でND
 福島県外の検査で福島県産菌床シイタケから1キログラム当たり14ベクレルのセシウムが見つかりました(10)。福島県の検査結果が気になります。以下に福島産菌床シイタケのセシウム濃度の推移を示します。
福島県外に比べ低く出る福島県の菌床シイタケ検査
 ※1(1)を集計
 ※2日付は検査日
 ※3NDは検出限界未満
 ※4県外検査は「国立医薬品食品衛生研究所」が実施
 図―2 福島産菌床シイタケのセシウム濃度

 図に示すように福島県の検査では殆どが検出限界未満で、みつかっても4ベクレル程度です。今年(2016年)の福島県の検査結果を見ると検査33件中30件で検出限界未満で、最大は1キログラム当たり4ベクレルです。
 福島県漁連が検査したヒメエゾボラからセシウムが見つかっているのに、福島県の検査では83件全てで検出限界未満(ND)だったことは従前に記事にした通りです(11)。
 福島県の検査は他より低く出る検査です。この検査で福島産は「安全」とされ出荷されます。

3.福島ではサクランボの出荷が始まる―検査結果はありません―
 福島は果樹王国といわれますが(12)、福島産果物は何処でも取れるのでなく、避難地域を除けば汚染が酷い福島盆地が中心です(13)。確り検査して欲しいと思います。今年も福島の果物のトップを切ってサクランボの出荷が始まりました(14)。検査結果が気になったので厚生労働省の発表(1)、福島県が運営する検査結果の検索サイト(15)を見たのですが検査結果が出ていません。当該の農協さんの自主検査結果にも出ていませんでした(16)。
 福島産は検査されていなくても、検査されていて安全(17)され出荷されます。

4.5年過ぎても新たなセシウム汚染食品
 福島県西会津町産のコシアブラについて4月28日に出荷制限がだされました(18)。福島では原発事故から5年以上たっても新たなセシウム汚染食品がみつかっています。以下にセシウム濃度の推移を示します。
上昇し基準超えを起こした西会津町産コシアブラ
 ※1(1)を集計
 ※2日付は収穫日
 ※3NDは検出限界未満
 図―3 福島県西会津町産コシアブラのセシウム濃度

 図に示す様に突然に上昇し基準超えです。
 福島産は突然に上昇し、基準値を超えることもあります。

<余談>
  図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 ・事故から5年以上経過しても流通するセシウム汚染食品
 ・他所より低く出る検査で安全とされ出荷される福島産
 ・検査していなくても、検査されていて安全され出荷される福島産
 ・上昇して基準値超えもある福島産
 福島の方は心配だと思います。
 福島県相馬市のスーパーのチラシに「熊本応援」のメッセージが載せられていました。
熊本産はあっても福島産青果物が無い福島県相馬市のスーパーのチラシ
 ※(19)を引用
 図―4 「熊本応援」のメッセージを載せる福島県相馬市のスーパのチラシ

 そして熊本産のいくつものの青果物が載っていました。でも福島産青果物はありません。当然の結果です。(=^・^=)も「フクシマ産」でなく熊本産を食べて応援します。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第979報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(4月)―千葉のマダラはからセシウム、福島産は76件全数ND―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)コシアブラ - Wikipedia
(8)(3)中の「3 国立医薬品食品衛生研究所の検査結果」⇒No1,2
(9)【5月1日付社説】県産農産物/おいしい評価と信頼守ろう:社説:福島民友新聞社 みんゆうNet
(10)(3)中の「3 国立医薬品食品衛生研究所の検査結果」⇒No41
(11)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(4月3週)―ヒメエゾボラからセシウム、福島県検査は83件全数ND―
(12)果樹王国 - Wikipedia
(13)めげ猫「タマ」の日記 果物作りが盛んな、汚染された福島盆地
(14)トピックス | JAふくしま未来
(15)農林水産物モニタリング情報 - ふくしま新発売。を5月3日に果物⇒オウトウ(サクランボ)およびオウトウ(サクランボ)(施設) で検索
(16)農作物自主検査 | 農業 | JAふくしま未来
(17)農林水産物 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(18)原子力災害対策特別措置法第20条第2項の規定に基づく食品の出荷制限の設定 |報道発表資料|厚生労働省
(19)Webチラシ情報 | フレスコキクチ中の「相馬店」
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2016/05/03(火) 19:43:36|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パンク寸前、福島第一汚染水タンク | ホーム | 緊急のお知らせ、流通している栃木県産山菜から2200ベクレルのセシウム、注意して下さい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1794-ebf10e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)