めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月2週)―宮城のクロダイから50ベクレル、福島はND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。5月2週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。事故から5年以が経過しましたが先週に続き今週もしっかりセシウム汚染食品が見つかっています(4)。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数348件中1件の基準超え
  ②平均は、1キログラム当たり3ベクレル、最大280ベクレル(宮城県産タラノメ)。
お買い物の参考になれば幸いです。
事故から5年以上経ても見つかり続けるセシウム汚染食品
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2016年5月2週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

1.宮城のクロダイから50ベクレル、福島は17ベクレル
 先週の厚生労働省の発表で宮城県産クロダイから1キログラム当たり50ベクレルのセシウムが見つかったとの発表がありました(7)。福島が気になる所です。以下に今年度のクロダイの検査結果を示します。
宮城県産に比べ低い福島産クロダイの検査結果
※1(1)を集計
 ※2 日付は収穫日
 ※3 NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)を示す
 図-2 クロダイのセシウム濃度

 図に示す通り宮城県が検査した宮城産クロダイから全てセシウムが見つかっており最大で1キログラム当たり50ベクレルです。一方で福島県が検査した福島産クロダイは検査3件すべてで検出限界未満(ND)です。汚染源がある福島が低く出るなどおかしな話です。
 2014年1月に水産研(独立行政法人水産総合研究センター)が調査目的に為にの為に実施した福島産区クロダイから1キログラム当たり12,400ベクレルのセシウムが見つかったと発表がありました(8)。この調査は2013年10,11月に採取したクロダイで実施されたので同時期の福島県が実施したクロダイの検査結果との比較をしめします。
水産研に比べ大幅に低い福島県の福島産クロダイ検査結果
 ※1(1)(8)を集計
 ※2 日付は捕獲日
 ※3 NDは検出限界未満を示す。
 ※4 独立行政法人水産総合研究センターは凡例中「水産研」と略す
 図―3 福島産クロダイの検査結果

明確に違います。平均と取ると1キログラム当たりで
 独立行政法人水産総合研究センター 376ベクレル
 福島県               21ベクレル
で福島県の検査は独立行政法人水産総合研究センターの約18分の1です。福島は宮城県や水産研よりも低く出ます。福島産は他より低く出る検査で「安全」とされ出荷されます。

2.汚染が酷い場所は避けた検査で「安全」とされる福島産キュウリ
 福島県を代表する野菜の一つにキュウリがあります(9)。以下にキュウリの生産量を示します。
 福島県のキュウリの2,3位は福島県内でもセシウム汚染の酷い伊達市、二本松市
 ※(8)にて作成
 図―4 福島県のキュウリの生産量

 須賀川市・伊達市・二本松市が3大産地です。須賀川市では4月からキュウリの出荷が始まりました(9)。伊達市は4月上旬からキュウリの収穫が始まります(10)。検査結果が気になります。以下に今年の福島産キュウリの3大産地と矢吹町のキュウリの検査回数を示します。
大きな産地は検査されない福島産キュウリ
※(1)(11)を集計
 図-5 福島産キュウリの検査回数

 3大産地のうち伊達市の検査結果がありません。須賀川市、二本松市は1回です。でもランクインしていない矢吹町は4件の検査結果があります。以下に須賀川市・伊達市・二本松市および矢吹町の位置を示します。
福島の中では放射線量が低い福島県矢吹町
 ※1(12)の数値データを元に(13)に示す手法で5月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(14)による
 図-6 須賀川市・伊達市・二本松市および矢吹町

 図に示す通り 須賀川市・伊達市・二本松市では国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを(15)超えた地域が広がっていますが、矢吹町にはありません。
 福島産は汚染が酷い産地を避けた検査で出荷されます。

3.セシウム汚染食品が次々に生まれる福島
 5月2日に福島県只見町産のコシアブラに出荷制限が出されました(16)。先週は福島県西会津町産のコシアブラに出荷制限が出されたので(17)、二週連続で福島では新たなセシウム汚染食品が生まれました。事故から5年以上が経過しましたが福島では新たなセシウム汚染が次々と生まれています。以下に只見町産コシアブラのセシウム濃度を示します。
上昇が続き基準値超えた福島県只見町産コシアブラのセシウム濃度
 ※1(1)を集計
 ※2 日付は収穫日
 ※3 NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)を示す
 図―7 只見町産コシアブラのセシウム濃度

 事故から5年たった今のセシウム濃度は上昇を続けています。
 今週、もう一つ気になったのが宮城県大崎市産タラノメのセシウム濃度です。
突然に上昇し再び規準超えを起こした宮城県大崎市産タラノメのセシウム濃度
 ※1(1)を集計
 ※2 日付は収穫日
 ※3 NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)を示す
 図―8 宮城県大崎市産タラノメのセシウム濃度

 最初の検査で基準値超えが見つかったのですが、その後は基準値以下で推移していました。でも今週は突然に上昇し過去最高(新記録)の1キログラム当たり280ベクレルを記録しました。基準値以下がしばらく続いても「安心」はできません。 
 

<余談>
図表が小さいとご不満の方はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・セシウム汚染が酷い産地を避けた検査で安全とされる福島産
 ・セシウム汚染食品が次々に生まれる福島産
 これでは福島の方は不安だと思います。
 福島県が力をいれいる農畜産物に牛肉があります(18)。福島牛は、鮮やかな色合いと良質の霜降りをもつ絶品の牛肉とのことです(19)。福島県は福島産牛肉は安全だと主張しています(20)。家畜改良センターの発表によると(21)福島県郡山市の肉用牛(交雑種および黒毛和牛)の飼育頭数は6,674頭で福島県最大であり、福島県随一の牛肉の産地です。でも福島県郡山市のスーパーのチラシには福島産牛肉がありません。
他県産はあっても福島産牛肉が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
※(21)を引用
 図―9 福島産牛肉が無い福島県郡山市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県郡山市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第980報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(5月1週)―2,200ベクレルの栃木県産山菜が売られていた―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)食品中の放射性物質の検査結果について(第979報) |報道発表資料|厚生労働省中の「1 自治体の検査結果」⇒「検査結果(PDF:833KB) 」(http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11135000-Shokuhinanzenbu-Kanshianzenka/0000120525_4.pdf)中のNo3311
(8)260110|プレスリリース|水産総合研究センター
(7)福島県・福島市|なるほど統計学園
(8)統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103
(9)トピックス | JA夢みなみ
(10)伊達のきゅうり - 福島県伊達市ホームページ
(11)農林水産物モニタリング情報 - ふくしま新発売。で「キュウリ」「キュウリ(施設)」にチェックを入れ5月10日に検索
(12)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(13)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(14)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(15)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(16)原子力災害対策特別措置法第20条第2項の規定に基づく食品の出荷制限の設定 |報道発表資料|厚生労働省
(17)原子力災害対策特別措置法第20条第2項の規定に基づく食品の出荷制限の設定 |報道発表資料|厚生労働省
(18)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(19)(18)中の「福島牛」
(20)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(21)届出情報の統計-目的別索引-牛の個体識別情報検索サービス中の「【平成27年10月31日公表】  (毎年10月31日頃更新)」⇒「飼養頭数 牛の種別 市区町村別 平成27年9月末時点 (483KB) 」
(22)2016年5月8日(日)発行の鎌倉屋折込チラシ
スポンサーサイト
  1. 2016/05/10(火) 19:47:47|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フクシマを避ける福島県相馬市、南相馬市では癌患者が増えず。 | ホーム | 熊本、水力発電所が原因の土砂崩れ―徹底した調査を―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1801-8beeab9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)