めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月1週)―福島モモジャム8.5ベクレル、モモは98件全てND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。6月1週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先月に続き今週もしっかりセシウム汚染食品が見つかっています(4)。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数1,470件中6件の基準超え
  ②平均は、1キログラム当たり3ベクレル、最大230ベクレル(宮城県産タケノコ)。
事故から5年3月経ても見つかり続けるセシウム汚染食品
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2016年6月1週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県
 基準超えの食品が宮城で見つかっていますが、福島産も安心できまません。
①福島モモジャム8.5ベクレル、モモは98件全てND
②福島・あぶくま洞ラベンダー園開園、検査結果がありません。
③福島・新地町のヒラメのセシウム濃度が突然に28ベクレル、福島第一の汚染水対策って効果あったの?

1.福島モモジャム8.5ベクレル、モモは98件全てND
 以下に福島産の2015,16年のモモとモモジャムの検査結果を示します。
モモジャム8.5ベクレル、モモはND、福島県の検査結果
※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)を示す
 ※3 日付は製造・購入・収穫日
 ※4 福島県外検査は県外検査と省略、福島県検査は福島県と省略
 ※5 集計期間は2015,16年
 図―2 福島産モモ・モモジャムの検査結果

 図に示す通り福島県産モモジャムから1キログラム当たり8.5ベクレルのセシウムが見つかりました。でも福島県が実施した2015、16年のモモの検査では98件全てで検出限界未満(ND)です。おかしな話です。モモジャムはモモに砂糖を加え作ります(7)。その分だけセシウムが薄まっていいはずです。でも検査結果は逆です。原材料のモモではセシウムが見つからないのに、ジャムに加工するとセシウムが出てきます。他に違いが無いか(=^・^=)なりに調べると、モモの検査は全てが福島県農業総合センターで実施されています(1)。ここは福島県農林水産部に所属しているので(8)、中立性に疑問があります。一方でモモジャムの検査は福島県衛生研究所が実施しています。同じ福島県と検査でも福島県農業総合センターと福島県衛生研究所では結果が合いません。参考に福島県外で実施された2015,16年のモモの検査結果も示していますが、福島産モモを福島県外で検査すると福島の検査では見つからないセシウムが確り見つかっています。
 福島ではサクランボの出荷が始まりました(9)(10)。サクランボ⇒モモ⇒ナシ⇒リンゴく福島の果物シーズン(11)の幕開けです。福島の果物は検査機関の間に整合性が無い怪しげな検査で「安全」とされ出荷されています。福島の果物はセシウムだけでなくストロンチウム90も混入しています(12)。

2.福島・あぶくま洞ラベンダー園開園、検査結果がありません
 福島県田村市にあるあぶくま洞のラベンダー園は6月18日に開園するそうです。摘み取り体験ができるとの事ですし、ハーブ研究家が講師を務めるラベンダーグッズ制作教室も開れるので(13)、ハーフティ(14)等も想定していると思います。検査結果が気になるので調べたら(1)(15)(16)、ありません。
以下に2014年11月から1年間の福島県田村市内の放射線量の増減を示します。
放射線量が増えたあぶくま洞周辺
 ※(17)にて作成
 図-3 田村市内の2014年11月から1年間の放射線量の増減

 図に示す通りあぶくま洞周辺は放射線量が増加しています。ラベンダー園にも放射性物質が降ったかもしれません。そうで無くとも、あぶくま洞に出かけるときは放射性物質に降られる覚悟が必要な様です。
 同じく田村市では同市産のアスパラガスやニンジンを使用した野菜カレーを提供しているそうです(18)。福島県の検査結果を調べたのですが(1)(15)、田村市産のアスパラガスやニンジンの検査結果はありません。同市を活動範囲とする農協の自主検査結果(19)をみたら郡山市のみで、田村市産はありません。田村市の学校給食で使われるニンジンは、同市産でなく福島県外産です(20)。
 他県産ニンジンを使う福島県田村市の給食
※(20)をキャプチャー
 図―4 福島県外産ニンジンを給食で使用したと広報する福島県田村市

 田村市は今は解除されましたが、避難地域を抱えていました。今も1,500人近い方が避難されています(21)。田村市では除染廃棄物の不法投棄などもあり(22)、確り検査して頂かないと安心できない気がするのですが・・・
 福島県は
 「 安全な農林水産物を提供するため、県がモニタリング検査を実施するほか、産地においても、米の全量全袋検査などを実施しています。」
と主張していますが(23)、およそ信じられません。福島産は必要な検査が避けられ「安全」だとして出荷されているようです。

3.福島・新地町のヒラメのセシウム濃度が突然に28ベクレル、福島第一の汚染水対策って効果あったの?
 福島県新地町は福島県沿岸部の北部にある町で、宮城県に接しています(24)。以下に同町産のヒラメのセシウム濃度を示します。
突然に上昇した福島県新地町産ヒラメのセシウム濃度
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)を示す
 ※3 日付は捕獲日
 図-5 福島県新地町産ヒラメのセシウム濃度
 しばらく検出限界未満(ND)が続いていたのですが、突然の上昇です。東京電力は福島第一原発の汚染水対策が効果を上げていると主張していますが(25)、新地町産のヒラメには効果が無いようです。
 福島産は突然にセシウム濃度が上がる物があります。
 

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。ただしグラフはこちら(ブログ図表)を参照ください。
 ・怪しげな検査で安全とされる福島産
 ・必要な検査を避けて安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事もある福島産
 福島県の地方紙の福島民友は本日(6月9日)に発信した社説で根拠も示さず
「 (福島)県産の農林水産物の厳格な放射性物質検査の実施態勢」
と論じていました(26)。でも福島産の検査結果を分析する限りそのような実態はありません。同社説は
「郡山市のコイ料理<略>県内各地の特産品の提供や、旬の野菜の直売を行う。多くの人に本県の豊かな食を味わってもらうことも、風評払拭(ふっしょく)には欠かせない。」
 とも論じています(26)。以下に福島産養殖コイの検査結果を示します。
 福島県内検査は全数ND、福島県外検査はセシウム入りの福島産養殖コイの検査結果
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)を示す
 ※3 日付は収集日
 ※4 県内検査は福島県内の検査を示し、県外検査は福島県外の検査を示す。
 図-6 福島産養殖コイのセシウム濃度

 図に示す通り福島県内の検査では全数が検出限界未満(ND)ですが、福島県外で検査するとセシウムが見つかります。(=^・^=)にはどこが「厳格な放射性物質検査」なのか理解できません。これでは福島の方は不安だと思います。
 福島ではサクランボの出荷が始まりました(27)(28)。福島県会津若松市ではサクランボ園が開園中です(29)。福島はサクランボ⇒モモ⇒ナシ⇒リンゴと続く果物シーズンが始まりました(30)。福島のサクランボは美味しいそうです(31)。福島県や福島のマスコミが福島産が「安全」であると主張してしてるのは既に述べた通りです。でも、福島県会津若松市のスーパーのチラシには福島産サクランボはありません。
 他県産はあっても福島産サクランボが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(32)を引用
 図―7 福島産サクランボが無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県会津若松市の皆様を見習い「福島産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第984報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2016年5月)―福島・玉川村のゼンマイから基準超の104ベクレル、出荷制限はありません。―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)長期保存可能*手作り桃ジャム by *Anna* [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが240万品
(8)農林水産部 - 福島県ホームページ
(9)トピックス | JAふくしま未来
(10)サクランボ「佐藤錦」出荷スタート 福島で果物シーズン到来:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(11)フルーツを食す - 福島市ホームページ
(12)めげ猫「タマ」の日記 福島の果実はストロンチウム90入り
(13)あぶくま洞ラベンダー園 18日開園 5万本お出迎え | おでかけ | 福島民報
(14)ラベンダー - Wikipedia
(15)加工食品の放射性物質検査情報 - ふくしま新発売。
(16)6月18日からラベンダー園が開園します! あぶくま洞
(17)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」と「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成26年9月1日~11月7日測定) 平成27年02月13日 (KMZ, CSV)」の数値データの比較で作成
(18)八彩カレーに舌鼓 田村でミニサロン 住民らに好評 | 県内ニュース | 福島民報
(19)平成28年5月|放射線測定データ|JA福島さくら
(20)学校給食用放射性物質測定値のお知らせ - 福島県田村市ホームページ中の「28年6月実施分測定値 [PDFファイル/38KB]」(http://www.city.tamura.lg.jp/uploaded/attachment/13408.pdf)
(21)1.田村市の状況 - 福島県ホームページ
(22)除染廃棄物を不法投棄 現場責任者を逮捕 | 河北新報オンラインニュース2015/07/24
(23)水・食品等の放射性物質検査 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(24)新地町 - Wikipedia
(25)2016年5月26日放射線データの概要 5月分(4月28日~5月25日)・サブドレン・地下水ドレンによる地下水のくみ上げと分析・雑固体廃棄物焼却設備の運用開始に伴う放射線データの公開について(PDF 1.30MB)
スポンサーサイト
  1. 2016/06/09(木) 19:44:50|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<福島産ヒラメの出荷制限解除―2015年10月には740ベクレルのセシウムが― | ホーム | 福島・サクランボ出荷開始5日間・検査結果がありません>>

コメント

確かに某メーカーの福島のももジュースは最初からどこの測定所が測定してもかなり数字が出ています。福島の検査は私もかなりおかしいと思っています。あと大手のピーチネクター福島産使用もだれが測定しても数字が出ていますね!福島の検査はインチキだと思っています。
  1. 2016/06/10(金) 11:38:32 |
  2. URL |
  3. ぶぶ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1832-30a8ac6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)