めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島県郡山市の葬式は11%増(事故6年目3-5月、対事故前年)、いわき市は別

 福島県郡山市の5月中の人口動態が発表されたので(1)、各年の死者数(葬式)を集計してみました。
 原発事故前年(2010年3-5月) 736人
 原発事故6年目(2010年3-5月)817人
で、11%増えています。偶然に起こる確率を計算したら4%なので、偶然とは言い切れません。同じ福島県内でもいわき市は
 原発事故前年(2010年3-5月) 1,072人
 原発事故6年目(2010年3-5月)1,030人
で逆に減っています。(=^・^=)なりに調べると福島県郡山市はいわき市に比べ汚染が酷く、農業が盛んです。
 福島県には人口が30万人を超える市が二つあります。郡山市といわき市です(2)。
除染が必要な地域が広がる福島県郡山市
 ※1(3)の数値データを元に(4)に示す手法で6月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(5)による
 図-1 福島県郡山市といわき市

 図に示す通り郡山市では国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルト(6)の地域が広がっていますが、いわき市はそれ程でもありません。
郡山市といわき市の5月中の人口動態(1)(7)が共に発表になったので葬式(死者数)の増減を集計していました。
 以下に福島県郡山市の各年3-5月中の葬式(死者)数を示します。
事故後に葬式が増えた福島県郡山市
 ※1(1)を集計
 ※2 震災犠牲者は死者・行方不明者の合計で関連死を含まず。データは(8)による。
 図-2 福島県郡山市の各年3-5月中の死者数

図に示す通り
 原発事故前年(2010年3-5月) 736人
 原発事故6年目(2010年3-5月)817人
で、11%増えています。偶然に起こる確率を計算したら4%なので、偶然とは言い切れません。
  以下に福島県いわき市の各年3-5月中の葬式(死者)数を示します。
震災を除き葬式が増えていない福島県いわき市
 ※1(7)を集計
 ※2 震災犠牲者は死者・行方不明者の合計で関連死を含まず。データは(8)による。
 図-3 福島県いわき市の各年3-5月中の死者数

 図に示す通り先の震災では330名と大変な犠牲者が出てしまったのですが、その後に回復し
 原発事故前年(2010年3-5月) 1,072人
 原発事故6年目(2010年3-5月)1,030人
で逆に減っています。
  以下に福島県の農業生産額を示します。
福島県最大の郡山市の農業生産額
 ※(8)を集計
 図-4 福島県の農業生産額

 図に示す通り郡山市の農業生産額は福島県随一です。特に米と肉牛生産が盛んないうです。以下に福島県各市の福島県産米全袋検査数を示します。
福島県最大の郡山市米の全数・全袋検査数
 ※(9)を集計
 図-5 福島県産米全袋検査数

 郡山市産米の全袋検査数約137万件で福島県随一です。以下に福島県の肉牛の飼育頭数を示します。
福島県最大の郡山市の肉牛飼育頭数
 ※1(10)を集計
 ※2 交雑種、黒毛和牛の合計
 図-6 福島県の肉牛の飼育頭数

 図に示す通り約七千頭で福島県随一です。図の2~4に示す通り福島県郡山市は福島県最大の農業生産額を誇り特に米と牛肉の生産が盛んです。
 汚染されていて農業が盛ん(特に米作りと肉牛飼育)が盛んな郡山市では葬式(死者数)が増えていますが、それ程でもないいわき市では増えていません。これでは福島産、食べて応援、あの世行きって感じです。

<余談>
  図表が小さいとご不満の方はこちら、図をクリックしてください。ただしグラフ・表はこちら(ブログ図表)を参照ください。
 九州や中国地方など西日本の14生活協同組合でつくるグリーンコープ連合(本部・福岡市)が製作した夏ギフトカタログの東日本大震災の復興応援企画で、東北6県のうち福島県のみが除外されて「東北5県」として掲載されていたそうです(11)。
福島が抜けている震災応援のカタログ
 ※(12)を引用
 図―7 福島が抜けている震災応援のカタログ

 (福島)「差別だ」なんて声もあるようですが(13)、このような事を言いだすのは特定の方々のような気がします。福島では本文記載のような事態が起きており一つの判断だと思います。福島の方はどうかが気になります。
 福島県福島市ではサクランボ「佐藤錦」の収穫作業が盛りを迎えたそうです(14)。6月11日に福島県福島市では観光果樹園の開園式が行われました(15)。避難地域の次に汚染され、原発事故後に葬式が増えた福島盆地(16)では
 サクランボ⇒モモ⇒ナシ⇒リンゴ
と続く、果物シーズンの幕開けです(17)。福島はサクランボが美味しい季節です(18)。 。福島県は福島産サクランボは安全だと主張しています(20)。でも福島県鏡石町のスーパーのチラシには福島産サクランボはありません。
他県産はあっても福島産サクランボが無い福島県鏡石町のスーパーのチラシ
 ※(21)を引用
 図―8 福島産サクランボが無い福島県鏡石町のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県鏡石町の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。
 以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。
 
 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事(21)による。
有意差検定表
―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)郡山市の現住人口/郡山市
(2)平成27年国勢調査速報(福島県の人口・世帯数) - 福島県ホームページ
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV」
(4)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(5)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(7)地区別世帯数・男女別人口 | いわき市役所
(8)福島県市町村民経済計算 報告書 - 福島県ホームページ
(9)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報
(10)届出情報の統計-目的別索引-牛の個体識別情報検索サービス中の「【平成27年10月31日公表】  (毎年10月31日頃更新)」⇒「飼養頭数 牛の種別 市区町村別 平成27年9月末時点 」
(11)東北5県?復興応援...福島県のみ除外 グリーンコープ・ギフト:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
(12)夏のおくりものカタログ
(13)復興応援なのに「東北5県」…福島は? カタログに指摘:朝日新聞デジタル
(14)トピックス | JAふくしま未来
(15)甘いサクランボに笑顔広がる 福島の観光農園開園 | 県内ニュース | 福島民報
(16)めげ猫「タマ」の日記 果物作りが盛んな、汚染された福島盆地
(17)食べ頃カレンダー
(18)ナガダン・フルーツ・ガーデン【さくらんぼ】
(19)福島さくらんぼ狩りの時期とおすすめ人気スポット! | 豆知識PRESS
(20)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(21)イオンスーパーセンター | ネットチラシ中の「鏡石店」
(22)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
スポンサーサイト
  1. 2016/06/15(水) 19:51:52|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<福島県飯舘村、2017年3月31日、避難指示解除決定、村崩壊の第一歩 | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(6月2週)―福島市の果樹園は無検査で開園式―>>

コメント

東北を5県にしてしまったのは関西のコープだったのか。
そりゃあ福島のもんなんか食う気になんかならんわな。特にコープじゃ余計にそうなるわ(笑)
これを「風評被害の拡散」なんて言うのはお門違い(怒)
そうですか、郡山は死亡率11%上昇ですか、、。
県民が居なくなるな。
福島市でも減り続ければ、県庁や市役所でも葬式が増えるということ。申し訳ないが事後自得かな、、?
  1. 2016/06/16(木) 01:17:05 |
  2. URL |
  3. 武尊 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1838-70a6eaf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)