めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(8月1週)―宮城のサメは16件中12件でセシウム入り、福島・相馬は8件全てND―

 食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。8月1週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(4)。今週は基準超えです。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数1,084件中10件の基準超え(全体の1%)
  ②平均は、1キログラム当たり5ベクレル、最大440ベクレル(群馬県産クマ)。
事故から5年5ヶ月過ぎて見つかるセシウム汚染食品
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2016年8月2週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

 危険なセシウム汚染食品が岩手・群馬で見つかっています。福島産からは基準超のセシウムは見つかりませんでしたが、安心はできません。今週の検査結果のを纏めると
 ①宮城のサメは16件中12件でセシウム入り、福島・相馬は8件全てND
 ②福島では幼稚園児がジャガイモ掘り、検査結果がありません。
です。福島産は食べて応援、あの世行の状態(7)が継続しているようです。

1.宮城のサメは16件中12件でセシウム入り、福島・相馬は8件全てND
 福島県相馬地方は福島県沿岸部北部に位置し、北は宮城県です。
事故から5年5ヶ月過ぎて除染が必要な福島
 ※1(8)の数値データを元に(9)に示す手法で10月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(11)による
 ※3 相馬地方の範囲は(12)による。
 図-2 本記事で取り上げる地域

 以下に宮城県産と福島県相馬地方産のサメの今年のセシウム精密検査結果を示します。
宮城に比べ低い福島・相馬産サメの検査結果
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満を示す
 ※3 日付は捕獲日ないし購入日
 図―3 サメのセシウム濃度

 図に示す通り、宮城県産ではそこそこセシウムが見つかっていますが福島県相馬産は全数が検出限界未満(ND)です。纏めると
  宮城県産   検査16件中12件でセシウム入り(検査は宮城県・栃木県が実施)
  福島・相馬産 検査8件、全てで検出限界未満(検査は全て福島県農業総合センター)
です。
 先週に宮城県産ヒラメからはそこそこセシウムが見つかっているのに、福島県相馬地方のヒラメが全て検出限界未満との報告をしましたが(4)、データが追加になったので再度記載します。
宮城に比べ低い福島・相馬産ヒラメの検査結果
 図に示す通り、宮城県産ではそこそこセシウムが見つかっていますが福島県相馬産は全数が検出限界未満(ND)です。
 宮城県でセシウム入りサメやヒラメが見つかるのに、汚染源に近い福島県相馬地方で見つからないなどおかしな話です。宮城県産ヒラメは宮城県と新潟県で、サメは宮城県と栃木県の検査でセシウムが見つかっており検査結果が一致してるので正しい検査です。一方で福島県相馬地方産ヒラメの検査は「福島県農業総合センター」が全てを実施しています(1)。ここは福島県農林水産部に属し(11)、中立性に疑問があります。そして福島産の農水産物の検査を一手に実施しています。
 福島産は他より低く出る検査で「安全」とされ出荷されます。

2.福島では幼稚園児がジャガイモ掘り、検査結果がありません。
 今は新じゃがの季節です(13)。福島にもジャガイモを使った郷土料理があるそうです(14)。こんな訳でしょうか、福島県は流しているテレビCMにはジャガイモも登場します。
トマト、アスパラガス、キュウリ、ジャガイモが登場する福島産野菜のテレビCM
 ※(15)をキャプチャー
 図―5 福島産ジャガイモも登場する野菜のテレビCM

 そんな動きに呼応してでしょうか?福島県福島市では幼稚園児がジャガイモ堀りをしたそうです(16)
福島市でジャガイモ堀りをする幼稚園児
 ※(16)をキャプチャー
 図―6 福島市でジャガイモ堀りをする幼稚園児

  幼稚園児が扱うものですので、確り検査して欲しいと思います。以下に福島県福島市産ジャガイモの各年7月末までの検査数を示します。
年々減少し今年は0になった福島県福島産ジャガイモの検査結果
 ※1(1)を集計
 ※2 各年とも7月末までの集計
 図―7 福島県福島市産ジャガイモの検査件数

 年々、検査数が減って行き、今年(2016年)は検査がありません。それでも安全とされ幼稚園児に提供されました。
 福島産は検査が実施されていなくても検査され安全とされ(17)、提供されます。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください(一部に拡大しないものもあります)。
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・検査が実施されていなくても検査され安全とされ、提供されまる福島産
 そして福島産、食べて応援、あの世行です(7)。福島の皆様は不安だと思います。
 図―5に示すように福島県はトマトも登場する福島産野菜のCMを流しています(16)。福島はトマトのシーズンのようです。福島市を代表するトマトの産地に福島県白河市があります(18)。トップセールスも行われたそうです(19)。福島県白河市当たりのトマトは引き締まったコクのあるトマトだそうです(20)。福島県は福島産トマトは安全だと主張しています(21)。でも福島県白河市近郊のスーパーのチラシには福島産トマトはありません。
他県産はあっても福島産トマトが無い福島県白河市近郊のスーパーのチラシ
 ※(22)を引用
 図―8 福島産トマトが無い福島県白河市近郊のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県白河市や近郊の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第992報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2016年7月)―福島キュウリCM、汚染の酷い主産地は検査していません―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)めげ猫「タマ」の日記 福島産食べて応援、あの世行き(2016年上半期)―福島産を許容する地域では葬式が8.6%増加―
(8)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV」
(9)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(10)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(11)相馬地方とは | 相馬広域観光案内
(12)農林水産部 - 福島県ホームページ
(13)新じゃがの季節っていつ?普通のじゃがいもとの違いは? | 今日何食べる?
(14)みそかんぷら - 福島市ホームページ
(15)TVCM(ふくしまプライド。「野菜」篇) | ふくしま 新発売。
(16)福島のニュース 福島テレビ(7月29日ひる放送) FTV8
(17)水・食品等の放射性物質検査 - ふくしま復興ステーション - 福島県ホームページ
(18)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(19)トピックス | JA夢みなみ
(20)特産品 - しらかわ | JA夢みなみ
(21)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(22)イオン白河西郷店
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2016/08/02(火) 19:43:30|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<楢葉町の新規転入者は累積246人(2016年6月末)、未来は原子力ムラ | ホーム | 柏崎刈羽停止から5度目の夏―今年も豪雨なし―>>

コメント

ジャガイモ堀って、土も触るし土ぼこりも吸うよね。
土の放射能は調べているのかしら?
国も県も市町村も、個人の命より組織の延命を選んだように見えるんだけど。
親が子供を守らなくて、誰が守るの?
  1. 2016/08/02(火) 20:45:40 |
  2. URL |
  3. なな #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1888-976cb280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)