めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(8月)―原発事故から2000日、いまも見つかるセシウム汚染食品―

食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。8月中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)~(7)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。原発事故から今日で2000日になりましたが(8)、先月に続き今今月もしっかりセシウム入り食品が見つかっています(9)。今週は基準超えです。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数4,744件中20件の基準超え(全体の0.42%)
  ②平均は、1キログラム当たり3ベクレル、最大440ベクレル(群馬県産イワクマ)。
事故から2000日経て見つかるセシウム汚染食品
  ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(10)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2016年8月)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(11)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

福島産からは基準超えが見つかっていませんが、今週のデータからは福島産について以下の特徴が読み取れ、およそ安心はできません。
 ①岩手、千葉のブリはセシウム入り、でも福島は全数ND
 ②福島県はナシの安全宣言、主産地の福島市産は検査されていません。
 ③福島産ドライフルーツは2年連続セシウム入り、2014年は見つからないに

1.岩手、千葉のブリはセシウム入り、でも福島は全数ND
 以下に岩手産、千葉産そして福島県が検査した福島産ブリの2014年10月以降の検査結果を示します。
岩手や千葉産より低く出る福島産ブリの検査結果
 ※1(1)を集計
 ※2 日付は捕獲日
 ※3 NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)を示す。
 図―2 ブリのセシウム濃度

 岩手産や千葉産ではそこそこセシウムが見つかっていますが、福島産ブリは52件全数で検出限界未満(ND)です。先週の記事(12)で宮城や茨城産より福島産クロダイの検査結果が低く出る事を先週の記事で紹介しました(13)。以下に再掲します。
宮城や茨城では見つかるのに福島産では見つからないクロダイのセシウム検査結果
 ※1(12)をを転載、元データは(1)
 ※2 先週からの追加データの発表はなし(7)
 ※3 日付は捕獲日
 ※4 NDは検出限界未満(セシウムが見つからない事)を示す。
 図―3 クロダイのセシウム濃度

 福島のお魚の検査結果は岩手、宮城、茨城、千葉より低く出ています。汚染源がある(13)福島で低く出るなどおかしな話です。福島産農水産物の検査は厚生労働省の発表(1)を見ると福島県農林水産部に所属する福島県農業総合センター(14)が検査しています。
 福島産は宮城や茨城より低く出る検査機関が検査して「安全」が主張されてる(15)ようです。

2.福島の幸水ナシは出荷ピーク、主産地の福島市産は検査されていません。 
 福島県は果樹王国と言われていますが(16)、福島県内全域で果樹の生産が盛んな訳ではありません。避難地域に次いで汚染が酷く葬式が増えている福島市を中心とする福島盆地が主産地です(17)。8月も下旬になり梨「幸水」が収穫のピークを迎えまました(18)。福島県はナシは全国で第4位の産地ですが、その大部分を福島県福島市で生産します(19)。以下に今年の福島産ナシの検査状況を以下に示します。
福島県内でも避難地域を除けば汚染が酷い福島市産が検査されていない福島のナシ
 ※1(20)の数値データを元に(21)に示す手法で8月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(22)による
 ※3 数値は市町村別のナシの検査数
 ※4 検査数は(1)(23)による
 図-4 福島産ナシの検査状況

 図に示す通り、福島のナシの主産地である福島県福島市のナシの検査結果は無しです。図に示す通りここは国が除染が必要とする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた地域が広がっています(24)。それでも福島県は福島産ナシは「安全」だと主張しています(25)。
 福島市を活動範囲とする農協の自主検査結果を見たのですが、ナシはやはり無しです。福島産は汚染が酷い主産地を避けた検査で「安全」とされ出荷されます。

3.福島産ドライフルーツは2年連続セシウム入り、2014年は見つからないに
 福島産果物は消費者に敬遠され、事故後に価格が低下したままです(26)。売れ残った果物はドライフルーツ等の日持ちする加工品にされ1年をかけて売りつくす計画でしょうか?以下に福島産ドライフルーツのセシウム濃度を示します。
2014年は見つからないのに15、16年と見つかる福島産ドライフルーツ
 ※(1)を集計
 図―5 福島産ドライフルーツの検査結果

 ドライフルーツの検査は原発事故3年後の2014年度から始まりました。2014年度はセシウムは見つかりませんでしたが、2015年、16年度とセシウム入りです。福島産はセシウムが見つからなくとも、その後に上昇し下がらない事もあります。
 本年度の検査は今の所、全てがモモのドライフルーツで、2件中1件でセシウム入りです。福島のモモはドライフルーツにするとセシウムが見つかり易くなります。ももともとのモモがセシウム入りで、凝縮されて出てきたと思います。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・セシウム汚染が酷い産地を避けた検査で安全とされる福島産
 ・セシウム濃度が上昇したまま下がらない事もある福島産
 これでは福島産、食べて応援、あの世行です。農業を守った福島・安達地区では葬式が15.3%増えましたが、守らなかった相馬では減っています(28)。福島の皆様は不安だと思います。
 今日(8月31日)まで、福島県は福島産野菜のテレビCMを流しています。そこにはトマトが登場します(29)。テレビCMは今日で終わりですが、福島のトマトの季節はまだまだ続きます(30)。福島県相馬地方のトマトは浜の日差しを浴びることで真っ赤に色づき、しっかりとした甘味とほんのりとした酸味が特徴です(31)。福島県は福島産トマトは「安全」だと主張しています(25)。でも福島県相馬市のスーパーのチラシには福島産トマトはありません。
県外産はあっても福島産トマトが無い福島県相馬市のスーパーのチラシ
 ※(32)を引用
 図―6 福島産トマトが無い福島県相馬市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県相馬市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第992報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)食品中の放射性物質の検査結果について(第993報) |報道発表資料|厚生労働省
(5)食品中の放射性物質の検査結果について(第994報) |報道発表資料|厚生労働省
(6)食品中の放射性物質の検査結果について(第995報) |報道発表資料|厚生労働省
(7)食品中の放射性物質の検査結果について(第996報) |報道発表資料|厚生労働省
(8)’2000
(9)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(2016年7月)―福島キュウリCM、汚染の酷い主産地は検査していません―
(10)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(11)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(12)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(8月4週)―クロダイは宮城も茨城もセシウム入り、でも福島は全数ND―
(13)めげ猫「タマ」の日記 福島第一汚染水(8月4週)―排水路から2,300ベクレルの全ベータ―
(14)農林水産部 - 福島県ホームページ
(15)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(16)果樹王国 - Wikipedia
(17)めげ猫「タマ」の日記 果物作りが盛んな、汚染された福島盆地
(18)トピックス | JAふくしま未来
(19)ナシ - Wikipedia
(20)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(21)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(22)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(23)農林水産物モニタリング情報 - ふくしま新発売。を8月31日に「果物」⇒「日本ナシ」で検索
(24)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(25)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(26)農作物自主検査 | 農業 | JAふくしま未来
(27)めげ猫「タマ」の日記 福島の7月のモモ価格、今年も低迷、今後の回復も見込めません
(28)めげ猫「タマ」の日記 農業を守った福島・安達の葬式は15.3%増、守れなかった相馬は減、過去1年、対事故前
(29)TVCM(ふくしまプライド。「野菜」篇) | ふくしま 新発売。
(30)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(31)特産品情報 | 地区別くらし情報 そうま地区 | JAふくしま未来
(32)Webチラシ情報 | フレスコキクチ中の「相馬店」
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2016/08/31(水) 19:43:08|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<楢葉町60周年―未来は原子力ムラ― | ホーム | 新潟県知事選、告示まで1ヶ月、政党は候補者を決められず>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1916-371e1dd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)