めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

食品中の放射性セシウム検査のまとめ(9月1週)―宮城産クロダイから21ベクレル、福島は15件全数ND―

食品中の放射性物質の検査結果を厚生労働省は発表しています(1)。また、厚労省以外の発表もあります(2)。9月1週中の食品中の放射性セシウムの検査結果が発表になったので(3)、まとめてみました。お買い物のの参考になればいいかなと思います。先週に続き今週もしっかりセシウム汚染食品が見つかっています(4)。牛肉を除く検査結果の概要は以下の通りです。
  ①検査数1,088件中6件の基準超え(1%)
  ②平均は、1キログラム当たり3ベクレル、最大480ベクレル(宮城県産クマ)。事故から5年半が経過しましたが、セシウム汚染食品は見つかっています。
事故から5年半経っても見つかるセシウム汚染食品
   ※1 牛肉を除く
   ※2 単位については(5)を参照
  図―1 食品中の放射性セシウム検査結果のまとめ(2016年9月1週)

  色分けは以下の通りです。
  マーケットから基準値(6)超えの食品が見つかった県
  出荷制限対象外の地域・品目から基準値超えの食品が見つかった県
  基準値超えの食品が見つかった県

福島産からは基準超えが見つかっていませんが、今週のデータからは福島産について以下の特徴が読み取れ、およそ安心はできません。
 ①宮城産クロダイから21ベクレル、福島は15件全数ND
 ②福島でも、野生キノコが食べらると福島民報、実は出荷制限中
 ③去年は18ベクレル、今年は34ベクレル、上昇する福島県福島市産柿のセシウム濃度

1.宮城産クロダイから21ベクレル、福島は15件全数ND
 以下に今年4月以降のクロダイの検査結果を示します。
福島は全数ND、宮城、茨城ではそこそこセシウム入りのクロダイ検査結果
 ※1(1)を集計
 ※2 NDは検出限界未満(見つからない事)を示す
 ※3 日付けは捕獲日
 図―2 クロダイのセシウム濃度

 9月5日の発表(3)では宮城県産クロダイがら21ベクレルのセシウムが見つかりましたが、今年4月以降の検査結果をみると福島県が検査した福島産は15件全数で検出限界未満です。図に示す通り茨城産からもそこそこセシウムが見つかっています。汚染源がある福島産が低く出るなどおかしな話です。福島産を検査したのは福島県農林水産部に属する福島県農業総合センター(7)。厚生労働省の発表(1)見ると、福島産農水産物の検査は消費地の検査を除き、ここが全てを実施しています。福島産は他所より低く出る検査で「安全」され出荷されます。

2.福島でも、野生キノコが食べらると福島民報、実は出荷制限中
 まだまだ暑い日が続きますが9月に入り秋の気配も感じます。福島県の地方紙の福島民報は福島でタマゴタケが出現したと報じていました(8)。
福島産野生きのこを食べられると報じる福島県の地方紙・福島民報
 ※(9)を引用
 図―3 福島でタマゴタケの出現を報じる福島県の地方紙・福島民報

 記事によれば
 「タマゴタケは<略>食べることもできる。」
との事です(8)。以下に福島県のキノコの出荷制限の状況を示します。
ほぼ全域で出荷制限中の福島産キノコ
 ※1(10)の数値データを元に(11)に示す手法で9月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(12)による
 ※3 出荷制限区域は(13)による。
 図―4 福島県のキノコの出荷制限の状況

 図に示す通り事故から5年半が経ちましたが、福島では国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超える地域が広く広がっており(14)、汚染されたままです。図に示す通りキノコも大部分で出荷制限されています。福島の野生キノコは殆どがセシウムに汚染さた毒キノコです。それでも「食べることもできる。」と報じています。
 福島のマスコミは出荷制限されていても「食べることもできる」と平気で報じます。

3.去年は18ベクレル、今年は34ベクレル、上昇する福島県福島市産柿のセシウム濃度
 福島の秋の果物に柿があります(15)。シーズン到来に合わせてでしょうか?福島県福島市産の柿の検査結果が発表になりました。
去年より高くなった福島市産柿のセシウム濃度
 ※(1)を集計
 図―5 福島県福島市産の柿のセシウム濃度

 図に示す様に去年よりも上昇しています。1キログラム当たりの最大値で
  去年(2015年) 18ベクレル
  今年(2016年) 34ベクレル
で倍近くになっています。福島市の柿の品種は「平核無柿」や「蜂屋柿」で(15)、共に渋柿です(16)(17)。渋柿を生で食べる方は稀だと思います。概ね渋抜き加工して干柿等にして食べると思います。今年は発表がありませんが、昨年までの福島市産干柿の検査結果を示します。
4年連続で基準値超えの福島県福島市産干し柿
 ※(1)を集計
 図―6 福島県福島市産干し柿のセシウム濃度

 昨年のデータを見ると、1キログラム当たりで柿では18ベクレルですが、干し柿になると最大で210ベクレルで10倍以上に跳ね上がります。今年は34ベクレルなので1キログラム当たり300~400ベクレル程度の干し柿が出来上がりそうです。
 福島産はセシウム濃度が上昇することがあり、それを加工すると基準値(6)を大きく超えるセシウム汚染食品が出来上がります。


<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 ・他所より低くでる検査で安全とされる福島産
 ・出荷制限されていても「食べることもできる」と報じられる福島産
 ・セシウム濃度が上昇する事もある福島産
 これでは福島産、食べて応援、あの世行きです。福島でもキュウリ栽培が盛んな所では葬式が増えています(18)。福島の皆様は不安たと思います。
 福島を代表する夏野菜にトマトがあります。福島県郡山市等が産地です(19)。今日、福島県内にも店舗があるスーパーチェーンの一つに買い物にいったら、福島産トマトが並んでいました。福島はトマトのシーズンの様です。福島のトマトは昼夜の温暖差により引き出される、適度な酸味とあふれる甘みが自慢だそうです(20)。福島県は福島産トマトは「安全」だと主張しています(21)。でも福島県郡山市のスーパーのチラシには福島産トマトはありません。
他県産はあっても福島産トマトが無い福島県郡山市のスーパーのチラシ
 ※(22)を引用
 図―7 福島産トマトが無い福島県郡山市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。スーパーの担当者の方へ!福島ではチラシも載せられないフクシマ産を(=^・^=)の住む街で売らないで下さい。



―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)報道発表資料 |厚生労働省
(2)モニタリング検査結果【詳細】 - 福島県ホームページ
(3)食品中の放射性物質の検査結果について(第997報) |報道発表資料|厚生労働省
(4)めげ猫「タマ」の日記 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(8月)―原発事故から2000日、いまも見つかるセシウム汚染食品―
(5)めげ猫「タマ」の日記 ベクレルとシーベルト
(6)食品中の放射性物質への対応|厚生労働省
(7)農林水産部 - 福島県ホームページ
(8)顔赤らめニョキッ!!タマゴタケ出現 福島の水林自然林 | 県内ニュース | 福島民報
(9)福島民報を9月6日に閲覧
(10)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(11)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(12)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(13)(3)中の「(参考3)PDF 原子力災害対策特別措置法に基づく食品に関する出荷制限等(PDF:289KB) 」(http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11135000-Shokuhinanzenbu-Kanshianzenka/0000123670_22.pdf
(14)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(15)フルーツを食す - 福島市ホームページ
(16)蜂屋柿(ハチヤガキ)とは - コトバンク
(17)平核無柿/ひらたねなしがき/ヒラタネナシガキ:旬の果物百科
(18)めげ猫「タマ」の日記 福島産キュウリ・価格差縮小(7月)、当然の結果です。
(19)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(20)(19)中の「トマト」(https://www.pref.fukushima.lg.jp/download/1/tomakyu1.5.pdf
(21)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(22)イオン郡山フェスタ店
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

  1. 2016/09/06(火) 19:43:07|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<事故後に高齢者の平均余命が縮まった福島県 | ホーム | 福島県南相馬市小高区、避難指示解除1ヶ月半、戻ったのは全体の7.6%の744人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1922-7c75655c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)