めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島アスパラ価格拡大(2016年7月)、当然の結果です。

アスパラガスの7月の東京中央卸売市場の取引価格(1)を生産量日本一の北海道産(2)と福島産を比べると
  2015年7月 北海道産 1,020円、福島産  858円で福島産△162円安
  2016年7月 北海道産 1,402円、福島産1,011円で福島産△222円安
で、価格差は拡大しています。これは消費者が福島産を正しく理解しためであり、当然の結果です。
 福島県は原発事故によって多くの放射性物質に汚染されました。以下に航空機モニタリングも元に作成した福島の放射線量分布を示します。
事故から5年半過ぎて、汚染されたままの福島
※2 避難区域は(5)による
 ※3 「安達広域行政圏」は安達地区と略し、範囲は(6)による。
 ※4 福島盆地の範囲は(7)よる。
 図-1 福島県安達地区と伊達地区

 多くの方が福島産を正しく恐れこれを避けたと思います。福島県や東京電力はこれを「風評被害」と呼んでいますが(8)(9)、消費者の理解が得られたか興味があります。
 福島県が力をいれている野菜にアスパラガス、キュウリ、トマトがあります。キュウリ、トマトの本格シーズンは6月下旬からですが、アスパラガスは4月から本格シーズンで(10)、アスパラガスの価格は福島産野菜の今年一年の価格を見る指標になります。
以下に福島産と生産量が日本一の北海道産の7月の東京中央卸売市場のアスパラガス価格を示します。
事故後も拡大する福島産アスパラの価格差
 ※(1)を集計
 図―2 福島産と北海道産のアスパラガス価格

図に示すとおり原発事故翌年から全国平均や生産量が日本一の北海道産(2)との価格差が開いたままです。
   2015年7月 北海道産 1,020円、福島産  858円で福島産△162円安
  2016年7月 北海道産 1,402円、福島産1,011円で福島産△222円安
で、価格差は拡大しています。
 以下に福島県上位5市の農業生産額を示します。
30万都市と肩を並べる二本松市・伊達市の農業
 ※(15)を集計
 ※(11)を集計
 図―3 福島県農産産物生産額上位5市

 図に示す通り上位5市に二本松市と伊達市がランクインしています。他の3市(郡山市、福島市、いわき市)は人口30万人規模の大きな市ですが、伊達市と二本松市は共に人口6万人程度の市(12)で決して大きくはありません。それでも上位5市にランクインするので、福島の中では農業が盛んな地域です。
 図-1に示す通り二本松市や伊達市は避難地域に接し、原発事故から6年目になった今も国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(13)エリアが広く広がっています。福島では避難地域に次いで汚染が酷い場所です。
二本松市や伊達市が属する安達地区(6)や福島盆地(7)も福島では他所に比べ汚染が酷い伊達も安達も福島のアスパラガスの産地です(14)(15)。
福島産には
 ①農業が盛んなのは避難区域に隣接し、福島でも避難地域の次に汚染が酷い場所である。
 ②農業が盛んで汚染が酷い場所では葬式が増えているが、そうでない所は増えていない。
 ③福島のセシウム検査は他より低い値が出る。
 ④福島のセシウム検査は汚染が酷い場所が避けられている。
 ⑤福島産はストロンチウム90の検査も必要であるが、検査されていない。
 ⑥福島産の栽培中や飼育中の放射線照射がなされる福島産の安全性は確認されていない。
等(16)の特徴があります。消費者が福島産を正しく恐れこれを避けるのは当然の結果です。
 
<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 福島県のローカルTV局のTUFが紹介するとこによると、福島県は全国8位のピーマンの産地で、県内の生産量は三春町が最大だそうです。今も出荷が続いているそうです(17)。
三春町のピーマンを紹介するTUF
 図―4 福島県三春町のピーマンの出荷の様子を伝える福島のローカルテレビ(TUF)

 この辺りのピーマンは緑濃く、肉厚でやわらかいそうです(18)。福島県は福島産ピーマンは「安全」だと主張しています(19)。でも、福島県三春町のスーパーのチラシには福島産ピーマンはありません。

他県産はあっても福島産ピーマンが無い福島県三春町のスーパーのチラシ
 ※(20)を引用
 図―5 福島産ピーマンが無い福島県三春町のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県三春町の皆様も見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)東京都中央卸売市場-統計情報検索を「野菜」⇒「茎葉菜類」⇒「アスパラガス:」で検索
(2)都道府県別アスパラガス収穫量ランキング | 日本一・ランキング 2014
(3)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(4)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(5)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)福島県 - Wikipedia
(7)福島盆地 - Wikipedia
(8)「おいしい ふくしま いただきます!」キャンペーン - 福島県ホームページ
(9)2015年1月16日(いわき市漁協組合員説明会資料)風評被害対策について(PDF 325KB)
(10)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(11)福島県市町村民経済計算 報告書 - 福島県ホームページ
(12)福島県の推計人口(平成28年5月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(13)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(14)特産品情報 | 地区別くらし情報 伊達地区 | JAふくしま未来
(15)特産品情報 | 地区別くらし情報 安達地区 | JAふくしま未来
(16)めげ猫「タマ」の日記 福島産について
(17)スイッチ20160915 TUFchannel
(18)JAたむらのトップセールス « 東京シティ青果株式会社
(19)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(20)ヨークベニマル/お店ガイド
スポンサーサイト
  1. 2016/09/16(金) 19:45:55|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<汚染水が逆流した福島第一原発 | ホーム | 福島県郡山市の今年(1-8月)の葬式は7.2%増(対原発事故前)―いわき市は別―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1933-d87e715b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)