めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

南相馬市小高、避難指示解除3ヶ月、帰還者は9,660人中870人

 福島県南相馬市小高区の避難指示が7月12日に解除(1)されてから3ヶ月です。10月12日時点の帰還者は対象9,660人中(2)870人(3)(帰還率9%)です。推移をみると帰還のペースが落ちています。
 福島県南相馬市は福島県沿岸部北部に位置する市です。
除染が必要な場所が広く広がる福島
 ※1(4)の数値データを元に(5)に示す手法で10月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(6)による
 図―1 福島県南相馬市

 福島原発事故によって市の南側は避難区域にしていされましたが、大部分が7月12日に解除されました。
 津浪危険地帯か汚染地帯が大部分の南相馬市小高
 ※1(4)の数値データを元に(5)に示す手法で10月1日時点に換算
 ※2 避難区域は(6)による
 ※3 小高と避難指示解除区域は(2)よる。
 ※4 小高の津波危険地帯は南相馬市のハザードマップによる(7)。
 図―2 小高と7月12日の避難解除区域

図に示し通り海側は津波危険地帯で山側が国が除染が必要とする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(8)地域が広がります。南相馬市小高の大部分は津波危険地帯か除染が必要な場所です。それでも「安全」とされ避難指示が7月12日に解除されました。それから3ヶ月です。南相馬市は小高の10月13日時点の帰還者数を対象9,726人中890人(帰還率9%)と発表しました。以下にこれまでの帰還者の推移を示します。
帰還の動きが止まった南相馬市小高
 ※(2)(3)(過去分を含む)を集計
 図―3 南相馬市小高の帰還者推移

 図に示す様に帰還のペースは落ちています。帰還者数は
  9月15日時点 861人(9)
 10月 9日時点 870人(2)
で、9月15日から10月12日の28日間に帰還したのは僅かに9人です。年間に直すと117人です。南相馬市長は避難指示解除後1年で3千人程度の帰還を見込んでいる旨の発言をしていますが(11)、このペースでは千人程度です。
 9月の会見で小高の学校が来年4月から小高で再開する旨の延べ
「来年 4 月には小・中学校、高校が再開されます。そうすると合わせておおよそ 1,000 人とは言いませんが 800 人程度の小・中、高校生が学校に通学しますので、そこに住む小・中高校生は全てとは言えませんが、小高区内での活性化という点では賑わいが倍増するのではないかと思っています」
との主旨の発言をされました(11)。南相馬市小高にには小学校4校 、中学校1校、高校2校があります(12)。以下に児童生徒数を示します。
小中学生に比べ高校生が多い南相馬市小高
 ※1 小学校は(14)~(17)による。
 ※2 中学校は(18)による。
 ※3 高校は(19)(20)による。
 図―4 南相馬市小高区の学校の児童生徒数

 図に示す通り高校生が多くなっています。南相馬市には高校は4校(原町、相馬農業、小高工業、相馬商業)ありますが、そのうち2校(小高工業、相馬商業)は小高にあります。図―4に示す様に学年別の人数で見ると、小中学生より大幅に多くなっています。概ね小高以外の生徒さんです。小高工業高校と小高商業高校は来年4月に統合され「小高産業技術高」として南相馬市小高にある小高工業高校の校舎を利用し再開されます(21)。小高で再開しても生徒は通学するだけで、小高には住みません。小中学校も再開しますが、児童・生徒の総数は214人です。児童生徒および保護者の総数は400~500人程度になると思いますが、避難先の学校閉鎖に合わせ「転校」する方もいるだろうし、とりあえず避難先から通学もあり得る思います。南相馬市長は学校再開が帰還促進のトリガーなることを期待しているようですが、上手く行くとも思えません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 南相馬市長は学校が戻す事で、帰還を促進したいようです。でも、小高の高校の生徒さんは概ね小高以外に住む方です。小高に移転すれば間違いなく通学の負担が増え、保護者は通学の交通費を負担しなくてはいけません。被ばくリスクの増加と合わせ、高校生の皆さんには一切のメリットはありません。福島県南相馬市は大変な津波被害に襲われました(22)。そして図-2に示す様に事故後にし市の大部分が緊急時避難準備区域に指定されました。小高工業や商業高校の生徒さんの多くも事故か津波または両方に被災した筈です。小高工業や商業高校の小高への統合移転は、被災者の利益より旧避難区域の復興の復興を優先しています。だとしたら福島県民の復興より福島県域の復興が優先されるはずです。安全であろうが無かろうが(23)、「風評被害」が喧伝されるはずです。福島の方が「風評被害」を信用する筈がありません。
 2011年にセシウム汚染品が大量に販売された福島牛(24)を首都圏の卸売業者らに売り込む銘柄「福島牛」懇談会が10月13日に都内で開かれたそうです(25)。福島の牛肉は鮮やかな色合いと良質の霜降りをもつ絶品だそうです(26)。福島県は福島産牛肉は「安全」だと主張しています(27)。でも福島県いわき市のスーパーのチラシには福島産牛肉はありません。
県外産はあっても福島産牛肉が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(28)を引用
 図―5 福島産牛肉が無い福島県いわき市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県いわき市の皆様を見習い「フクシマ産」は食べません。

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)避難指示区域の解除について - 南相馬市
(2)南相馬市復興事業等の主な進捗状況 - 南相馬市
(3)避難の状況と市内居住の状況 - 南相馬市
(4)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成27年9月12日~11月4日測定) 平成28年02月02日 (KMZ, CSV)」
(5)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線
(6)区域見直し等について - 福島県ホームページ
(7)地震・津波等ハザードマップを見直しました - 南相馬市中の「○地震・津波等ハザード解説資料 [8711KB pdfファイル
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)(2)中の「
(10)市長記者会見 - 南相馬市
(11)(9)中の「【会見録】8月市長会見 [134KB pdfファイル]
(12)(9)中の「?【会見録】9月市長会見 [152KB pdfファイル]
(13)南相馬市 - Wikipedia
(14)南相馬市立小高小学校 ≫ 児童数生徒数情報|Gaccom[ガッコム]
(15)南相馬市立鳩原小学校 ≫ 児童数生徒数情報|Gaccom[ガッコム]
(16)南相馬市立金房小学校 ≫ 児童数生徒数情報|Gaccom[ガッコム]
(17)南相馬市立福浦小学校 ≫ 児童数生徒数情報|Gaccom[ガッコム]
(18)南相馬市立小高中学校 ≫ 児童数生徒数情報|Gaccom[ガッコム]
(19)在籍数 - 福島県立小高工業高等学校
(20)小高商業高等学校の進学情報 | 高校選びならJS日本の学校
(21)新校名「小高産業技術高」原発事故後統合遅れ | 河北新報オンラインニュース2016/05/24
(22)南相馬市災害記録誌 - 南相馬市
(23)めげ猫「タマ」の日記 福島産について
(24)京都市:放射性物質に汚染された稲わらを食べた可能性のある牛の肉の流通調査結果等について
(25)「福島牛」首都圏へ 都内で懇談会 風評払拭目指す | 県内ニュース | 福島民報
(26)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(27)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(28)平尼子店 | マルト - 店舗情報
スポンサーサイト
  1. 2016/10/14(金) 19:47:43|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<トラブルいっぱい福島原発(10月3週)―2週連続で汚染水漏れ― | ホーム | 食品中の放射性セシウム検査のまとめ(10月2週)―福島で570ベクレルの食事が出される―>>

コメント

タマさんへ

こんばんは。小高区でしいたけ農業を再開している泉景子と申します。鍵付きコメントを先日、2回送信しましたが返事がないようなので鍵無しコメントを致しました。私の名前を間違えるぐらいなのでタマさんが頑張って公開している情報が間違えてる可能性がとてめた高いと思い、タマさんは除染の放射線測定の資格を取ったはずですから、このblogにタマさんの除染資格の県知事の判子入りの【修了書】をすぐに載せてくださいね。
今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2016/10/16(日) 19:55:31 |
  2. URL |
  3. 泉 景子 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タマさんへ

泉景子様

 本記事と貴殿コメントの関連を明示してください。記事と無関係なコメントはご遠慮願います。読者が理解できません。A記事に関するコメントを無関係なB記事にされる方がいます。こうしたコメントに回答する場合は、背景とを併せて記載しないと読者の理解が得られず、膨大な手間がかかります。(=^・^=)一匹で細々と運営している当ブログでは対応不可能です。本記事と関係の無いコメントには回答しかねます。ご理解、宜しくお願いします。

  1. 2016/10/17(月) 19:33:02 |
  2. URL |
  3. mekenekotama #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1963-7c815100
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)