めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一廃炉費用も電気代?廃炉費用は東電積立金

 経済産業省は11月2日、東京電力福島第1原発の廃炉費用について、東京電力ホールディングス(HD)が原子力損害賠償・廃炉等支援機構など第三者機関に積み立てる制度を創設する案を示したそうです(1)。一見すれば福島第一原発の廃炉費用は現行と同じく東京電力負担に見えますが、(=^・^=)なりに分析すると、廃炉費用も電気代への上乗せです。
 福島第一原発事故によって、賠償・廃炉と莫大なお金が必要になりました。このお金をどう工面しるかはそこそこ大きな問題です。廃炉費用については東京電力の決算等(2)を見ると、東京電力の経費として東京電力が直接負担しています。賠償費用は「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」(以下、機構と略す)ゆう長ったらしい名前の組織が東京電力にお金を渡し、東京電力が被害者に支払う仕組みになっています。機構は金融機関からお金を借りて資金を調達していますが、これには政府保証がついています。借りたお金は返さなくてはならないので、主に原発を保有する大手電力会社が分担金として機構にお金を治め、機構の借金の返済に充てる計画で進んでいました(3)。ところが福島第一の廃炉費用を東京電力が負担できない可能性が出てきました(4)。賠償費用も大手電力だけでは負担できない懸念が出ていきました(5)。これを受けてだと思いますが、経産省はあらたな案をだしました。
 ①賠償費用は「新電力」も負担する。
 ②廃炉費用は東京電力が費用を出して「基金」を設立し、「基金」で賄う
福島第一廃炉費用は東電積立金でと報じる福島民友
 ※(6)を引用
 図―1 廃炉費用は東京電力積立基金でと報じる福島県の地方紙「福島民友」

以下に概要を示します。
新たな福島第一原発事故後始末の費用負担の仕組み
 ※1(1)(2)(3)で作成
 ※2 赤枠()は新規
 ※3 灰色()は廃止
 図―2 福島第一の廃炉・賠償

 見た目には廃炉費用はこれまで東京電力が直接に負担していたものを、東京電力のお金で機構が基金を作り支払うとの変更で、これまで通り東京電力が負担するのは変り無いように見えます。でも実際は違います。東京電力は現時点では廃炉費用を2兆円としていますが、これを大きく上回ることが確定しれば「損金」扱いが必要で、債務超過の恐れがあります(7)。今回の変更で廃炉費用の最終責任が機構に移るので、東京電力の廃炉費用は基金に積み立てる分だけを「決算」に計上すればよく、債務超過のリスクが回避できます。
 以下に機構への分担金の支払い状況を示します。
東京電力が約半分を支払う賠償分担金
 ※(8)を転載
 図―3 電力各社の機構への分担金支払い状況

 図に示す通りここ3年間は半分以上を東京電力が負担しています。今回の改定で機構は廃炉費用を東京電力から徴収する代わりに、賠償の分担金額を下げることができます。結局は名目を付け替えるだけで、福島第一の廃炉費用も(=^・^=)も支払う電気代に上乗せする仕組みが出来上がってしまいます。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 廃炉費用は継続して東京電力が負担するように見せる為の単なるごまかしです。そして、東京電力の分担金でも廃炉費用が賄えない場合は、東京電力以外も負担せざるを得なくなると思います。このようなごまかしを何故にしたかと言えば、福島第一の廃炉費用を「国民負担」と明示すれば反原発の与論が高まるので、これを避けたと思います。(=^・^=)は廃炉にても賠償にしても東京電力一社で賄うことはできないと思います。ある程度の「国民負担」は不可避です。安倍出戻り内閣はこれを明示せず国民に「嘘」をついています。出戻る前の安倍出総理は「(原発の安全について)御指摘のような事態が生じないように安全の確保に万全を期しているところである。」とまで言っています(9)。でもその後の事故報告書で万全期していない事が明らかになりました(10)(11)。安倍出戻り総理は「嘘」をつくことを生業としています。こんな方が総理をしていては福島の皆様は不安だと思います。
 福島県は福島産米のテレビCMを流しています。その中で福島産米の安全をPRしていました(12)。でも、福島県が福島産米の根拠としてる福島県産米の全数・全袋検査は(=^・^=)が調べた限りでは精度を担保データがありません(13)。福島は新米の季節です。福島県会津若松市産米の全数・全袋検査数が約50万件になりました(14)。同市の人口は約12万人なので(15)、市民が食べるには十分な量です。会津若松市当たりのお米は最高の食味であることが認められているそうです(16)。でも福島県会津若松市のスーパーのチラシに福島産米はありません。
他県産はあっても福島産米が無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ
 ※(17)を引用
 図―4 福島産米が無い福島県会津若松市のスーパーのチラシ

 当然の結果です。(=^・^=)も福島県会津若松市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。



―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島廃炉へ積立金制度=東電が自力捻出-経産省:時事ドットコム
(2)決算短信 バックナンバー|株主・投資家のみなさま|東京電力ホールディングス株式会社
(3)原子力損害賠償・廃炉等支援機構 - Wikipedia
(4)東京新聞:福島第一の廃炉費が拡大見通し 東電の原発事業を分社案:経済(TOKYO Web)
(5)<社説>原発廃炉費負担 国民へのつけ回し許すな - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
(6)福島民友新聞社 みんゆうNet -福島県のニュース・スポーツ-を11月3日に閲覧
(7)東電HD広瀬社長:債務超過の可能性、廃炉費用の一括計上なら - Bloomberg
(8)めげ猫「タマ」の日記 福島賠償、新電力にも負担、だったら東京電力は破綻処理がより安い
(9)衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書
(10)日本政府、事故調、東京電力発表報告書
(11)国会事故調 | 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会のホームページ
(12)TVCM ふくしまプライド。「お米」篇 | ふくしま 新発売。
(13)めげ猫「タマ」の日記 福島産米業務用に好評、TPP早期導入で駆除を!
(14)ふくしまの恵み安全対策協議会 放射性物質検査情報を11月3日に閲覧
(15)会津若松市
(16)会津米 | JA会津よつば
(17)アピタ会津若松店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ
スポンサーサイト
  1. 2016/11/03(木) 19:41:40|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島産ナシの価格差拡大、2016年8,9月―当然です― | ホーム | 福島賠償、新電力にも負担、だったら東京電力は破綻処理がより安い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/1984-3e1b8c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)